MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【押し目買いを極める!】ミニレンジを利用して、順張りの精度をUPしよう!

2020年6月2日

上のチャートのようなミニレンジを、トレードに有効活用していますか?

トレンドの押し・戻りで発生したミニレンジ(ミニボックス)のブレイクアウトは、押し目買い・戻り売りを仕掛けるよいテクニカルポイントです。

今回は、このレンジを使った実践的なエントリー戦略を紹介します。

 

ミニボックスを使った順張りのメリット

ミニレンジを順張りに利用するメリットは、下位足でエントリーのタイミングを計れることです。

たとえば、5分足の順張りトレードのエントリーで、1分足チャートを使うことができます。

 

主なメリットは、次の3つです。

メリット

  • 損切り幅を狭めることができる→損益比の改善
  • 下位足のブレイクアウトの勢いに乗ってエントリーできる
  • 押し目の底や戻りの天井を、ミニレンジで見極めることができる

では、具体的な戦略を解説していきます。

 

ミニレンジの見つけ方&特徴

ミニレンジの定義は次のとおりです。

定義

トレンドの押し目・戻りのエリアで、小さなローソク足5本以上で価格が横ばいしていること

 

言葉だけではイメージが掴みにくいので、下のポンド/円チャートで実際に見てみましょう。

左は上昇トレンドの押し目でのミニレンジ、右は下降トレンドの戻りでのミニレンジを四角で囲んでいます。

上のチャートを見てわかるように、このレンジは主に次のようなローソク足で構成されていることが特徴の1つです。

構成足

  • 実体の小さい足
  • ヒゲが長い足
  • コマ足や十字線

押し目や戻りで、このようなローソク足が横並びになった場合はミニレンジの可能性があります。

 

ボリンジャーバンドを使った、ミニレンジ発見法

パラメーターの小さなボリンジャーバンドを使って、ミニレンジを見つけることもできます。

ミニレンジの発見方法

ミニレンジ:ボリンジャーバンド(期間5)がスクイーズを形成しているポイント

 

下のチャートは、5期間のボリンジャーバンドを表示しています。

丸で囲ったミニレンジでは、±2σバンドの幅が狭く平行移動しています。

このように、ボリンジャーバンドはレンジを検出するのに適したインジケータです。

ローソク足だけでは見つけるのが苦手な方はぜひ使ってみてください。

 

ミニレンジを使った、押し目買い&戻り売り戦略

押し目買い・戻り売りの仕掛けのタイミングは、短期波の転換をピンポイントで捉える必要があるため意外と難しいです。

そこで、そのタイミングを捉えるのにミニレンジを利用しましょう。

ミニレンジは短期波の天井や底を形成するパターンの1つで、トレンド方向へのブレイクは短期波の転換の引き金になります。

ミニレンジを使ったMTF戦略

押し目買い・戻り売りポイントでミニレンジが発生したら、下位足に切り替えてそのレンジブレイクアウトのプルバックで仕掛ける

 

トレード例1

オージー/円1時間足で、上昇トレンドラインを下ブレイクアウトし、下降トレンドが発生しています。

四角で囲まれたポイントを5分足でみてみましょう。

 

5分足では下降トレンドの戻り売りポイントにおいて、ミニレンジが2つ発生しています。

 

それぞれのミニレンジを1分足で詳しく見てみましょう。

 

1つ目のミニレンジを1分足で見てみると、切り下げ型ダブルトップを作り、そのネックラインを中心に買い売りの激しい攻防でミニレンジが発生しています。

その後、ミニレンジを上抜けて、ダブルトップ高値を超えましたが、ブレイクアウトが失敗しました。

この2つの買いの仕掛けの失敗で、売りが優勢な形勢になっているため、大きなレンジを下ブレイクアウトし、プルバックが入るのを確認したら売りを仕掛けましょう。

 

注意点として、直前に安値圏でトリプルボトムを形成しています。

大きな下ヒゲが発生しており、強い買い圧力がこの価格帯で発生しているので、ブレイクアウトでこのゾーンに到達したら素早く利益確定しましょう。

 

では次に、2つ目のミニレンジを1分足で見てみましょう。

1分足では、このレンジ上限を見てみると、そこそこ大きい上ヒゲで何度も反発下落しており、売りの強さが見られます。

逆に、レンジ下限では、下ヒゲが小さく価格を押し上げようとする買いの力が弱いです。

これら2つのプライスアクションから、レンジ内では売り勢力が優勢であり、最終的にレンジ下限をブレイクアウトすると予測できます。

 

このミニレンジもブレイクアウト後のプルバックで売りを仕掛けましょう。

このとき、損切ラインはレンジ下限上に置くことができます。

それに対して、5分足で仕掛けた場合、戻り高値上に損切水準を置くことになります。

そのため、5分足と比較して、1分足のミニレンジで仕掛けたほうが損切幅を狭めることができ、リスクリワードレシオを大幅に改善することができます!

 

トレード例2

下のチャートは、オージー/円1時間足です。

安値圏でヘッド&ショルダーズボトムを形成し、上昇トレンドが発生しました。

四角で囲った2つのポイントを、順に5分足で見てみましょう。

 

1つ目のポイントの5分足では、押し目の底でミニレンジを形成しています。

 

1分足で詳しく見てみましょう。

1分足では、フィボナッチリトレースメント50.0%~61.8%のゾーン内で上下動し、レンジを形成しています。

フィボナッチ50%の上抜け失敗や、フィボナッチ61.8%の下抜け失敗が両方とも何度も発生しており、レンジ内での買い売りのパワーバランスは拮抗しています。

そのため、レンジ内でのプライスアクションから、レンジの真のブレイクアウトの方向性を予測するのは難しいですが、

今回のケースでは、5分足と1時間足の2つの上位足がともに上昇トレンドで方向性が一致しており、1分足ミニレンジは上方向のブレイクアウトが成功しやすい環境になっています。

レンジを上ブレイクアウトし、プルバックが入ったのを確認したら買いで仕掛けましょう。

 

2つ目のポイントでは、5分足における上昇トレンドの高値圏で、ミニレンジを形成しています。

 

今回もブレイクアウト後、3回レンジ上限ライン上でプルバックが入っていますが、3つともレンジ上限ラインを少し下抜けています。

プルバックでローソク足がレンジ上限ラインを少し破った場合は、売り勢力の抵抗が依然残っている証拠であり、この水準でしばらくもみ合う傾向があるので注意してください!

そのため、このプルバックでは完全に買い売りの攻防の決着がついておらず、ここで仕掛けるのは少しリスクが高いです。

 

その後、レンジ上限でディセンディングトライアングルパターンを形成しました。

そのブレイクアウトで完全に買い勢力側が勝ったのを見届け、直近最高値水準で反発上昇したのを確認して買いを仕掛けましょう。

 

トレード例3

最後に、ユーロ円のトレードを見てみましょう。

ユーロ円1時間足では、強い上昇トレンドが発生しています。

四角で囲まれたポイントを5分足で見てみましょう。

 

5分足では、1時間足トレンドライン上でレンジを形成しています。

 

レンジブレイクアウト後、今回もプルバックでレンジ上限ラインを少し割っており、しばらくもみあったのち、ブレイクアウトで大きく上昇しました。

その後、上昇トレンドの押し目の底でミニレンジが発生したので、1分足でエントリータイミングを計ります。

 

1分足では、レンジの下ブレイクアウトが発生するも、失敗に終わりました。

これは、大衆が飛び乗り売りを仕掛けたことで発生した、騙しのブレイクアウトです。

この大衆の振り落としをきっかけに、その直後に真の上昇ブレイクアウトが発生したので、そのプルバックで買いを仕掛けます。

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.