FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【高勝率の秘訣】レンジ内逆張りは、下位足のブレイクアウトを利用せよ!

Pocket

 

今回の記事では、レンジ逆張りトレードの勝率を上げるテクニックのひとつを紹介します。

レンジ上限・下限を利用した逆張り手法の勝率を上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連 【FX】2つのダブルボトムを利用した強力逆張りエントリーを伝授!

 

 

レンジ内逆張り手法の勝率を上げるテクニックとは?

レンジ内逆張りトレードは、レンジ上限や下限水準での反発で即仕掛けるのは騙しに遭う可能性があるのでおすすめできません!

また、次のような逆張りの失敗例もあります。

  • 反発後の切り上げ・切り下げ確認で仕掛けるのも、その直後にレンジ上限・下限水準の試しが入って損切になる
  • レンジ上限・下限できれいに価格が反発するも、勢いが弱く反対側の水準に届かず利益確定し損なう

 

そのため、レンジ内逆張りトレードで仕掛ける場合は、レンジ上限・下限での反発直後の、下位足のチャートパターンブレイクアウトで仕掛けましょう!

ブレイクアウトの勢いを利用することで、価格が加速してきれいにレンジの反対側に水準に到達しやすいです。

 

具体的なトレード方法を次の5つのトレードで詳しく見てみましょう!

下のチャートは、ドル円1時間足です。高値圏でダブルトップとダブルボトムを連続形成しています。

このパターンを形成すると、ダブルトップ高値とダブルボトムの安値で囲まれた価格帯でレンジを形成することが多いので要注意です。

詳細:ダブルトップ・ボトムの派生形|MWレンジパターンとは?3つの使い方!

 

今回の相場でも、長期にわたってレンジを形成しています。

1時間足を使ってレンジ内逆張りトレードもできますが、トレードの確実性を上げるために下位足に落とし込んでエントリータイミングを計りましょう!

 

四角で囲まれた、レンジ下限における2つのポイントを順に5分足で見てみましょう。

1つ目の仕掛けポイント

5分足では、レンジ下限の下ブレイクアウトが騙しになり、直後に下降トレンドラインを上昇ブレイクアウトしています。

 

売り勢力の撤退と買い勢力の新規参入が重なっており、ここで逆張り買いを仕掛けるのもOKですが、その後の反発上昇2波がより確実に仕掛けるエントリーポイントになります。

このポイントでは反発上昇後、ディセンディング・トライアングルパターンを形成しています。

また、内部に2つのダブルボトムを形成し、下値の硬さを作っています。

このディセンディング・トライアングルを上方向にブレイクアウトしたら買いを仕掛けます。

 

また、その直後のネックライン上でのプルバックも買いを仕掛けるポイントになります。

このとき、損切はダブルボトムの安値下に隠すことで損切にかかりにくいです。

 

2つ目の仕掛けポイント

レンジ下限水準で反発上昇後、下降トレンドラインを超えトレンドライン上で上昇チャネルを形成しました。

このチャネルの上昇ブレイクアウトが買いを仕掛けるタイミングになります。

ブレイクアウトの勢いにより、レンジ上限水準まで一気に上昇しています。

 

その後、トレンドラインの始点となる高値水準でブレイク2波の攻防が発生しています。

安値を切り上げ、カウンタートレンドラインをブレイクアウトして、買い勢力側が勝ったのを確認して仕掛けることもできます。

 

下のチャートは、その後の5分足チャートで、レンジ上限に価格が到達しました。

冒頭で述べましたが、レンジ反発後の切り下げで売りを仕掛けるのは失敗しやすいので危険です。

レンジ下限まで一気に下落するだけの勢いがないため、今回のように反転上昇して損切になる可能性があります。

 

その後、レンジ上限下まで価格が回帰し、レンジ上限下でシンメトリカル・トライアングルパターンを形成しました。

このブレイクアウトや、その後のサポートラインでのプルバックが絶好の売りポイントになります。

 

 

次のチャートは、ポンド円1時間足です。

四角で囲ったポイントを15分足で見てみましょう。

 

15分足では、レンジ下限上でトライアングルパターンを形成しています。

このトライアングルのブレイクアウトは、1時間足の下降トレンドラインを上抜けており、ダブル・ブレイクアウトになります。

ここでは、15分足と1時間足の2つの時間足のトレーダーの買い注文が重なるエントリーポイントになります。

 

 

最後に、下位足のパターンブレイクアウトの失敗を利用したトレードを見てみましょう。

下のチャートは、ユーロ円5分足です。

トレンドの高値圏でレンジを形成しています。レンジ上限水準下で反発下落を確認したら、1分足に切り替えます。

 

1分足では、レンジ下限下でシンメトリカルとライアングルを形成しており、この下ブレイクアウトで売りを仕掛けます。

今回は、ブレイクアウトでレンジ下限まで下落せず、トライアングルの中心線の価格水準まで価格が反転上昇し、この仕掛けは失敗になりました。

 

その後、ヘッド&ショルダーズ型フラッグを形成しました。

このフラッグの上昇ブレイクアウトでは、1分足の順張りトレーダーの買いが入ります。ブレイクアウトの失敗が発生したら、逆張り売りを仕掛ける2度目のチャンスになります。

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.