MT4&MT5

2021/1/15

【MT5】ボリンジャーバンドを使ったEAを2つ紹介!【ブレイクアウト&逆張り】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのEAを2つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA RSIボリンジャーを使ったブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA このEAは、ボリンジャーバンドをローソク足終値で超えると逆張りでエントリーします。 売り:終値が+2σバンドを上抜ける 買い:終値がー2σバンドを下抜ける   また、設定の「Reversal Signal」をtrueにすると、終値がバンドをブレイクアウトするとその方 ...

FXトレード

2021/1/13

【FX】ニューヨーク時間の特徴6選!【順張りで仕掛けたい4つのパターン】

  この記事では、FX相場のニューヨーク時間の特徴を6つ紹介します。 ニューヨーク時間(夏時間:21時~5時、冬時間:22時~6時)にトレードしている方はぜひトレードに役立ててください! 目次 ニューヨーク時間の後半はボラティリティ低い! アメリカの祝日では、ニューヨーク時間は停滞相場になる! 金曜日の夜はトレード控えめに!【トレードするなら逆張りがおすすめ】 1日で最もボラティリティが高い時間帯は?デイトレするならこの時間帯! ニューヨーク時間でヨーロッパ時間のトレンドが継続しやすいパターン4 ...

MT4&MT5

2021/1/8

【MT5】アラート機能つき移動平均線インジケーターを4つ紹介します!

  この記事では、移動平均線のアラート機能つきMT5インジケーターを4つ紹介します! 目次 価格と移動平均線のクロスでアラート 2本の移動平均線のクロスでアラート 3本の移動平均線のクロスでアラート 上位足の移動平均線に価格のクロスでアラート   価格と移動平均線のクロスでアラート このインジケーターは、価格と移動平均線のクロス(=ローソク足終値がMAを超える)が発生したときに、アラートで知らせてくれます。 Candle Cross MA     2本の移動平均線の ...

MT4&MT5

2021/1/11

【MT4】垂直線を自動で引くインジケーター4選!【便利な5つの使い方も紹介】

  この記事では、垂直線の実践的な使い方と自動で垂直線を引けるMT4インジケーターを5つ紹介します! 目次 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! 指定した時間に垂直線を表示するインジ 一定時間ごとに垂直線を表示するインジ 上位足のローソク足形成時に垂直線が引かれるインジ 指定した3つの時刻に垂直線を引くインジ 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! ローソク足の形成された時間を見る テクニカルとローソク足の関係を見る エントリーしたローソク足に引く 経済指標の発表時間に引く ヨ ...

FXトレード

2021/1/12

【アプリで投資】FBSコピートレードの特徴や機能、評判を丸ごと解説!

  この記事では、海外FX会社FBSのコピートレードについて解説します。 FBSコピートレードの使い方や機能、評判を紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードの評判は? FBSコピートレードのやり方を詳しく解説 →リスクフリー投資でまずはお試しを! FBSコピートレード口座の開設方法 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードは、プロトレーダーの口座と自分の口座を紐づけて、プロトレーダーの取引をコピーして自動売買できるソーシ ...

FXトレード

2020/12/30

【MT5】ADXのインジケーターを7つ紹介!

  この記事では、ADXのMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 ADXをヒストグラム表示するインジ 平滑化ADX ADXをドット表示するインジ ADXのシグナルを矢印表示するインジ ADXでトレンドを識別し、ローソク足の色を変化させるインジ マルチオシレーター 上位足の平滑化ADXを表示するインジ ADXをヒストグラム表示するインジ これは、ADXのラインとヒストグラムの2つを表示するインジケーターです。 ヒストグラムの色は、+DIと-DIの位置関係を表します。 青:+DIが-DIの上に ...

MT4&MT5

2020/12/27

【MT5】垂直線を指定した時刻に自動表示するインジケーター5選!

  この記事では、指定した時刻に垂直線を繰り返し表示するMT5インジケーターを5つ紹介します! 目次 曜日つき垂直線を表示するインジ 垂直線を指定した時刻に自動表示するインジ 上位足のローソク足形成時間に垂直線を表示するインジ 垂直線でチャートを固定するインジ 曜日つき垂直線を表示するインジ これは1日の始まり(0時)に垂直線を繰り返し表示し、当日の曜日もあわせて表示します。 ※1分足~4時間足で利用できます 過去のチャートにおいて、任意のポイントの曜日を調べたい方におすすめのツールです。 Mo ...

FXトレード

2021/1/11

【FX】ピボットポイントの戦略・使い方をまとめて解説!

  この記事では、ピボットポイントの使い方や戦略を解説します! 目次 【FX】ピボットポイントとは? ピボットポイントの5つの使い方 ピボットラインを利用したトレンド判定法 【小技】ピボットポイントの隠れレジサポライン ピボットポイントを使った、分割決済戦略! ピボットポイントの種類を紹介!【フィボナッチ、カマリラ、デマーク、ウディ】 スキャルピングトレーダーは、1時間足ピボットポイントがおすすめ! 【FX】ピボットポイントとは? ピボットポイントは、前日の終値・高値・安値を基に算出される5つの ...

【エントリーの見極め方を学ぶ!】トレンドラインを使った押し目買いトレード解説【米雇用統計】

2020年6月4日

 

この記事では、「カウンタートレンドラインを使った押し目買い」の実践トレード解説をします。

カウンタートレンドラインで仕掛けるべきポイントとエントリーを見送るべきポイントを紹介しているので、よければ参考にしてください。

 

 

カウンタートレンドラインを使った押し目買いトレード解説

 

下のチャートは、2020年5月8日のドル円5分足です。

日本時間21時30分に発表される米雇用統計を控え、値動きが収縮して、5分足ではトライアングルパターンを形成しています。

このとき1分足では、直近の価格でレンジを形成しています。

そのため、米雇用統計の発表で相場が動くと、この2つのチャートパターンをブレイクアウトすることになり、相場が一方向に大きく動くと期待できます。

 

 

ただし、雇用統計発表時はスプレッドが急拡大し、約定力が低下するため、発表時に仕掛けるのは危険です。

発表直後のブレイクアウト2波・4波で順張りを仕掛けましょう。

 

では、雇用統計発表時の5分足を見てみましょう。

発表前にトライアングルパターンを下抜けるも、雇用統計の発表でV字パターンを作って、下方向のブレイクアウトが騙しになり、上昇ブレイクアウトが発生しました。

トライアングルパターンの高値の水準がレジスタンスラインとして機能するため、この水準で価格が反発したらブレイク2波の買いを仕掛けます。

関連 フラッグ→ダブルボトム→逆V字パターンの並列の攻略法

 

1分足でこのレジスタンスライン上で2本の下ヒゲで反発したので、次の足で陽線が出現したのを確認して買いを仕掛けます。

 

20分後の1分足です。

ブレイク2波は、10期間EMAで押し目が入り反発上昇しました。

そのため、ブレイク4波も10期間EMAで押し目が入ると予想されます。

 

ただし、ブレイク4波はブレイク2波と比べ、上昇の勢いが少し低下しているため、20期間EMAまで調整下落が続く可能性もあります。

そのため、10期間EMAでの反発ではなく、その後カウンタートレンドラインをブレイクアウトし、再度10期間EMA上で反発して下値の堅さを確認したら、このタイミングで買いを仕掛けます。

 

そして、トライアングルパターンの幅を高値に足した水準が利食い水準です。

 

その後1分足で、この水準に価格が到達しました。この水準を超えようとする買いの試しが2回失敗しており、上値が重いと判断できるため、ここで利益確定しましょう。

 

ターゲット水準に到達後、相場は急落し、ブレイクアウトの開始点と終点を起点に引いたフィボナッチ38.2%の水準で下げ止まり、反発上昇しています。

カウンタートレンドラインでのブレイクアウトプルバックが買いを仕掛けるポイントですが、

高値圏でダブルトップを作り、押し安値とさらに前の安値を下抜けて、売りの勢いが強いと判断できるため、ここでの買いは危険です。

 

その後、上昇するも高値を更新できず、再度フィボナッチ38.2%水準に回帰しました。

買い勢力は、フィボナッチ38.2%での反発上昇を期待して、トレンドラインの上抜けで買いますが、このポイントも前と同じ理由で買いを仕掛けるのは見送りましょう。

 

下降トレンドライン下での売り圧力に負け、上昇ブレイクアウトは失敗になりました。

フィボナッチ38.2%水準を長大陰線で勢いよく下抜けており、買い勢力が一斉に損切していると考えられるので、ここが売りエントリーポイントになります。

また、フィボナッチ61.8%水準近くでカウンタートレンドラインが引けますが、下降トレンドラインから乖離しているため、この下抜けで売りを仕掛けてはいけません。

しっかりとトレンドラインまで価格を引き付けて、そのラインでの反発下落を確認して売りましょう。

 

今回は、下降トレンドライン下で価格が反発することなく上抜けました。

上昇ブレイクアウト後もカウンタートレンドラインが引けますが、この下抜けで売ってはいけません。

下降トレンドラインを上抜けて買い優勢な局面なので、その後に引ける下向きのカウンタートレンドラインの上抜けでブレイク2波の押し目買いを狙いましょう。

 

また、ブレイク4波ではカウンタートレンドライン上抜けのタイミングでエントリーしてはいけません。

ここも価格がトレンドラインから乖離しており、トレンドラインに回帰するまで上昇の勢いは鈍いので、トレンドラインに到達し、2本のラインが重なるポイントで反発したら買いを仕掛けます。

 

その後の上昇トレンドでも、トレンドラインやチャネルとカウンタートレンドラインがクロスするポイントが押し目買いのポイントになります。

反発強度が高いため、おすすめのエントリーポイントになります!

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.