TradingView

2021/10/26

TradingView|ブレイクアウトトレードに役立つインジケーター14選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でブレイクアウトトレードに役立つインジケーターを14個紹介します! 目次 ブレイクアウト水準として注目されるレジサポゾーン検出インジ Breakout in 20 days 標準偏差でレンジの形成やブレイクアウトの発生を見つけるインジ BBケルトナースクイーズ ブレイクアウト足 レンジブレイクアウトをアラートで知らせるインジ オープニング・レンジ・ブレイクアウト ID / ND4ヒストリカルボラティリティブレイクアウト 上位足のフラ ...

TradingView

2021/10/25

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 関連:FXでリスクリワードレシオを自動計算して、チャートに表示する5つの方法 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入 ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

【FX】5分足押し目買い・戻り売りは、1時間足の移動平均線の反発直後を狙おう!

2020年9月11日

 

トレンド相場における押し目買い・戻り売りを仕掛けおすすめポイントとして、上位足の移動平均線(20EMAや50EMA)での反発直後があります。

この記事では、実際のチャートで具体的なトレード方法や重要ポイントを解説します。

では具体的に見ていきましょう。

関連:移動平均線20MAを使ったMTF順張り手法!【1時間足の押し目を5分足で仕掛ける】

 

トレード例1

下のチャートはポンド円1時間足です。

20EMA・50EMA・100EMAがパーフェクトオーダーを作り、上昇トレンドを形成しています。

このように、1時間足で安定した上昇トレンドが発生している場面では、5分足や15分足で押し目買いを仕掛けるのがおすすめです。

ポイントAを見てください。ポイントAでは、20EMA上で大きな陽線できれいに反発し、押し目が入っています。

この陽線高値を価格が超えると、順張り派による新規買いが殺到し、上昇トレンドが加速します。

 

他にも、ポイントB・C・Dにおいて20EMAでローソク足が反発していますが、以下の理由でトレンド方向にきれいに伸びにくいです。

ポイントB

  • 高値圏でレンジを形成しており、20EMAで反発時にこのレンジ内部にあるため、レンジ内の買い売りの攻防に巻き込まれ、レンジ外に抜けにくい状況です

ポイントC

  • 20EMAを下抜けて反発下落していますが、この時点では50EMAと100EMAが上向き上昇中であり、買い優勢な局面なので、勢いよく下落しにくいです

ポイントD

  • 20EMAで反発下落していますが、このとき50EMAが100EMAの上にありパーフェクトオーダーが完成しておらず、下落の力が弱いです

関連 【順張りトレーダー必見!】5分足で大きなトレンドが発生する、強力セットアップ条件は?

 

ポイントAを5分足で見てみましょう。5分足チャートでは、20EMA(赤)と1時間足20EMA(青)を表示しています。

1時間足ローソク足陽線で20EMAを反発した直後の5分足陽線で、その1時間足陽線高値を超えています。

そして、次の長大陰線で急反転するも、その後の5本の足は5分足20EMAで下支えられ、押し目の底の準備ができています。

長大陽線で20EMAを力強く反発するのを確認したら、買いを仕掛けるタイミングになります。

ポイント

1時間足20EMAで反発した直後の5分足では、10EMAや20EMAで押しが入る勢いの強いトレンドが発生する傾向があります

 

その後、今日の当日高値を更新し、2回目の押し目買いポイントが発生していますが、ここは20EMAを下抜けており、一時的に買いの勢いが弱まっている局面なので、このポイントで買いを仕掛けるのはやや危険です。

 

3つ目の押し目買いポイントでは、きれいに20EMAで反発していますが、そのすぐ上にキリ番142.00円と前日高値が隣接するレジスタンスゾーンがあることに注意してください。

レジスタンスゾーンがすぐ上にある場合、このゾーンの抵抗を受けて高値更新できず、押し目買いが失敗する可能性があります。

そのため、このケースでは20EMAの反発で買うのではなく、ゾーンを上抜けた直後に買うのがベターです。

 

※補足:TradingViewでは、上位足の移動平均線を下位足チャートに簡単に表示することができます!

表示方法

①インジケーター検索欄で、「SMA」または「EMA」と入力しクリック

②MAの設定の「Indicator Timeframe」で表示したい時間足を入力

下の5分足チャートでは、1時間足の20SMAを表示しています。

 

 

トレード例2

次のチャートのように、20EMA上で反発するもその陽線の実体が小さかったり、上ヒゲが長い場合は、その陽線高値を次の足で超えてもトレンド方向に伸びにくいです。

四角で囲まれた足を見ると、1本目の陽線は実体は大きいものの上ヒゲが長く(=実体とほぼ同じ長さのヒゲ)、売り圧力が高いことを示唆するため、この高値を超えても順張り派は買いを躊躇します。

2本目の陽線は上ヒゲが短く、実体が大きいため、トレンド方向への勢いが強まっていることを示唆し、順張り派の新規買いを誘います。

 

このポイントを5分足で見てみましょう。

1本目の1時間足陽線高値を5分足でヒゲのみで超え、ブレイクアウトが失敗に終わりました。

2本目の1時間足陽線高値を超えると、ブレイクアウトは成功し、10EMAに沿って勢いよく上昇しました。

この陽線高値はブレイクアウトされると、レジスタンスラインとして注目され、10EMAとクロスするポイントは押し目買いを仕掛けるポイントになります。

 

 

トレード例3

上の2つのトレード例では、セットアップ完了後の5分足10EMAや20EMAでの反発で押し目買いを仕掛けましたが、5分足における安値の切り上げ確認で仕掛けることもできます。

 

具体的に次のポンドドルチャートで見てみましょう。

下の1時間足の囲まれたポイントを見ると、50EMAで価格が反発上昇しています。

 

このポイントを5分足で見てみると、20EMA(青)での押し目買いは大きく相場が上昇した後であり、20EMAで仕掛ける場合大きな値幅を獲得できるチャンスを逃してしまいます。

それに対して今回の5分足では、1時間足50EMA上で反発の時点で同時に安値を切り上げており、1時間足トレンド方向に5分足が方向転換する準備が整っています。

そのため、その後の5分足20EMAでの反発を待たずに、1時間足陽線高値越えで買いを仕掛けてもOKです。

そして、損切ラインは1時間足50EMA下に隠すと、損切りにかかりにくいのでおすすめです。

 

以上で、「5分足押し目買い・戻り売りは、1時間足の移動平均線の反発直後を狙おう!」の解説を終わります。

順張りトレードのテクニックとして、よければ参考にしてください!

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.