MT4&MT5

2021/2/28

MT4やMT5でテトリスが遊べるインジケーターの紹介!

  この記事では、MT4やMT5のチャートでテトリスが遊べるインジケーターを紹介します。 エントリーまでの時間つぶしや息抜きによければ役立ててください!   【MT4・MT5】チャートでテトリスが遊べるインジケーター 遊び方の手順はつぎのとおりです。   step1下記のサイトからインジケーターをダウンロードします mt4-Tetris mt5-Tetris   step2チャートに張り付ける ナビゲーターの「指標→Market」にあるTetrisを選択し、チャート ...

MT4&MT5

2021/3/1

MT5で注文をショートカットキーで発注できるEAツール4選!

  この記事では、MT5で注文をショートカットキーで発注できる便利なEAツールを4つ紹介します! 目次 ショートカットキーで指値・逆指値注文を発注できるEA ショートカットキーでいろいろな注文ができるEA 指定したロット数、利食い幅、損切り幅でエントリーできるスクリプト 決済逆指値・決済指値注文をサクッとチャートに表示できるスクリプト   ショートカットキーで指値・逆指値注文を発注できるEA これは、ショートカットキーを押して指値・逆指値注文を発注することができます。   手 ...

FXトレード

2021/2/27

【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】

  この記事では、ADXやDMIの使い方や見方を解説します。 ADXはトレンドの強さを測定するテクニカル指標で、順張りに適した強いトレンドを捉えたり、弱いトレンドや弱体化したトレンドを識別して順張りトレードを避けたりなど、順張りトレードの精度を上げるのに役立ちます! 目次 ADXやDMIとは?【ADXの基本的な見方】 DMIの特徴や見方をさらに詳しく解説! ADXと相性が良い3つのテクニカル指標とその使い方は? ADXRとは?ADXと合わせて使う便利な指標! ADXで通貨ペアや銘柄のスクリーニン ...

MT4&MT5

2021/2/27

【MT4】ブレイクアウトの無料EAを8つ紹介!

  この記事では、無料で使えるMT4のブレイクアウトEAを8つ紹介します! 目次 移動平均線を使ったブレイクアウトEA フラクタルを使ったブレイクアウトEA 市場レンジのブレイクアウトEA ドンチャンチャネルを使ったブレイクアウトEA はらみ足のブレイクアウトEA プライスアクションを利用したEA 前日高値安値のブレイクアウトEA スーパートレンドのブレイクアウトEA   移動平均線を使ったブレイクアウトEA これは同じ期間のEMAとLWMA(加重移動平均線)で形成する短期チャネルのブ ...

MT4&MT5

2021/3/1

【MT5】トレンドラインに価格がタッチするとアラートが鳴る無料インジケーター3選!

  この記事では、トレンドラインに価格がタッチするとアラートが鳴るMT5インジケーターを3つ紹介します。   トレンドラインのアラートインジ このインジケーターをチャートに張り付けると、トレンドラインが1本チャートに表示されます。 このトレンドラインを選択して、自由な基点で引き直すことができます。 価格がこのラインに到達すると、設定で指定した回数分、ティックごとにアラート音で知らせてくれます。   アラートが有効な状態(アクティブ状態)では、トレンドラインの色が赤色で、アラー ...

FXトレード

2021/2/27

【FX】5分足逆張り手法の勝率を上げる4つのエッジを大公開!

  この記事では、5分足逆張り手法の勝率を上げる4つのエッジを紹介します! FXで逆張りトレードを利用している方はぜひ参考にしてください。   エッジ1:1時間足レジサポラインを利用しよう! 5分足逆張りトレードは、5分足のレジサポラインではなく、1時間足や4時間足のレジサポラインでの反発を利用して仕掛けましょう! 1時間足や4時間足のレジサポラインは資金量の豊富なスイングトレーダーの逆張り注文も市場に集中するため、5分足において反転確率が高く、また逆方向に伸びやすいです。 &nbsp ...

MT4&MT5

2021/3/2

【MT4】チャートのスクリーンショットが簡単にできるインジケーター5選!

  この記事では、チャートのスクリーンショットがサクッとできるMT4インジケーターを5つ紹介します。 トレード時(エントリー&決済)のチャートをすばやくスクショして保存したい方におすすめ! 目次 1クリックでスクショできるインジ ボタンクリックでスクショできるインジ ローソク足が更新されるたびに自動でスクショできるインジ トレード成績つきチャートをスクショできるインジ   1クリックでスクショできるインジ このインジケーターをスクリーンショットしたいチャートに張り付けると、チャートにス ...

MT4&MT5

2021/2/27

【MT4】ボリンジャーバンドのEAを4つ紹介!

  この記事では、ボリンジャーバンドを利用したMT4 EAを4つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのタッチで逆張りするEA【ADXフィルター付き】 ボリンジャートレンドを使った順張りEA ボリンジャーバンドを使った順張り&逆張りEA 平均足スムーズドとボリンジャートレンドを使ったEA ボリンジャーバンドのタッチで逆張りするEA【ADXフィルター付き】 これはボリンジャーバンドを使った逆張りEAで、価格がボリンジャーバンドにタッチしたら逆張りエントリーします。 このとき、ADXをレンジ検知フィ ...

【FX】5分足押し目買い・戻り売りは、1時間足の移動平均線の反発直後を狙おう!

2020年9月11日

 

トレンド相場における押し目買い・戻り売りを仕掛けおすすめポイントとして、上位足の移動平均線(20EMAや50EMA)での反発直後があります。

この記事では、実際のチャートで具体的なトレード方法や重要ポイントを解説します。

では具体的に見ていきましょう。

 

トレード例1

下のチャートはポンド円1時間足です。

20EMA・50EMA・100EMAがパーフェクトオーダーを作り、上昇トレンドを形成しています。

このように、1時間足で安定した上昇トレンドが発生している場面では、5分足や15分足で押し目買いを仕掛けるのがおすすめです。

ポイントAを見てください。ポイントAでは、20EMA上で大きな陽線できれいに反発し、押し目が入っています。

この陽線高値を価格が超えると、順張り派による新規買いが殺到し、上昇トレンドが加速します。

 

他にも、ポイントB・C・Dにおいて20EMAでローソク足が反発していますが、以下の理由でトレンド方向にきれいに伸びにくいです。

ポイントB

  • 高値圏でレンジを形成しており、20EMAで反発時にこのレンジ内部にあるため、レンジ内の買い売りの攻防に巻き込まれ、レンジ外に抜けにくい状況です

ポイントC

  • 20EMAを下抜けて反発下落していますが、この時点では50EMAと100EMAが上向き上昇中であり、買い優勢な局面なので、勢いよく下落しにくいです

ポイントD

  • 20EMAで反発下落していますが、このとき50EMAが100EMAの上にありパーフェクトオーダーが完成しておらず、下落の力が弱いです

関連 【順張りトレーダー必見!】5分足で大きなトレンドが発生する、強力セットアップ条件は?

 

ポイントAを5分足で見てみましょう。5分足チャートでは、20EMA(赤)と1時間足20EMA(青)を表示しています。

1時間足ローソク足陽線で20EMAを反発した直後の5分足陽線で、その1時間足陽線高値を超えています。

そして、次の長大陰線で急反転するも、その後の5本の足は5分足20EMAで下支えられ、押し目の底の準備ができています。

長大陽線で20EMAを力強く反発するのを確認したら、買いを仕掛けるタイミングになります。

ポイント

1時間足20EMAで反発した直後の5分足では、10EMAや20EMAで押しが入る勢いの強いトレンドが発生する傾向があります

 

その後、今日の当日高値を更新し、2回目の押し目買いポイントが発生していますが、ここは20EMAを下抜けており、一時的に買いの勢いが弱まっている局面なので、このポイントで買いを仕掛けるのはやや危険です。

 

3つ目の押し目買いポイントでは、きれいに20EMAで反発していますが、そのすぐ上にキリ番142.00円と前日高値が隣接するレジスタンスゾーンがあることに注意してください。

レジスタンスゾーンがすぐ上にある場合、このゾーンの抵抗を受けて高値更新できず、押し目買いが失敗する可能性があります。

そのため、このケースでは20EMAの反発で買うのではなく、ゾーンを上抜けた直後に買うのがベターです。

 

 

トレード例2

次のチャートのように、20EMA上で反発するもその陽線の実体が小さかったり、上ヒゲが長い場合は、その陽線高値を次の足で超えてもトレンド方向に伸びにくいです。

四角で囲まれた足を見ると、1本目の陽線は実体は大きいものの上ヒゲが長く(=実体とほぼ同じ長さのヒゲ)、売り圧力が高いことを示唆するため、この高値を超えても順張り派は買いを躊躇します。

2本目の陽線は上ヒゲが短く、実体が大きいため、トレンド方向への勢いが強まっていることを示唆し、順張り派の新規買いを誘います。

 

このポイントを5分足で見てみましょう。

1本目の1時間足陽線高値を5分足でヒゲのみで超え、ブレイクアウトが失敗に終わりました。

2本目の1時間足陽線高値を超えると、ブレイクアウトは成功し、10EMAに沿って勢いよく上昇しました。

この陽線高値はブレイクアウトされると、レジスタンスラインとして注目され、10EMAとクロスするポイントは押し目買いを仕掛けるポイントになります。

 

 

トレード例3

上の2つのトレード例では、セットアップ完了後の5分足10EMAや20EMAでの反発で押し目買いを仕掛けましたが、5分足における安値の切り上げ確認で仕掛けることもできます。

 

具体的に次のポンドドルチャートで見てみましょう。

下の1時間足の囲まれたポイントを見ると、50EMAで価格が反発上昇しています。

 

このポイントを5分足で見てみると、20EMA(青)での押し目買いは大きく相場が上昇した後であり、20EMAで仕掛ける場合大きな値幅を獲得できるチャンスを逃してしまいます。

それに対して今回の5分足では、1時間足50EMA上で反発の時点で同時に安値を切り上げており、1時間足トレンド方向に5分足が方向転換する準備が整っています。

そのため、その後の5分足20EMAでの反発を待たずに、1時間足陽線高値越えで買いを仕掛けてもOKです。

そして、損切ラインは1時間足50EMA下に隠すと、損切りにかかりにくいのでおすすめです。

 

以上で、「5分足押し目買い・戻り売りは、1時間足の移動平均線の反発直後を狙おう!」の解説を終わります。

順張りトレードのテクニックとして、よければ参考にしてください!

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.