MT4&MT5

2020/8/8

【MT5】ローソク足パターンを発見表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足パターン(十字線やかぶせ線、トンカチなど)の発生を自動発見するMT5インジケーターを3つ紹介します! 関連 【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!     ローソク足パターンを発見表示するインジ このインジケーターは、次の4つのローソク足パターンがチャートに出現すると、その足を指定した色でハイライトしてくれます。 ・Shooting star:カラカサ ・Engulfing:包み足 ・Doji:十字線 ・Marubozu:ボ ...

FXトレード

2020/8/6

【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説!

  この記事では、出来高指標「オン・バランス・ボリューム(OBV)」について、次の つの項目を解説します。 出来高を分析・解析する指標として、個人的におすすめな指標なので、出来高分析に興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは? トレンド相場でのOBVの使い方 OBVを使ったブレイクアウト戦略 OBVで機関投資家の資金を追え! OBVを使えば、フラッグやダブルボトムの成否を見極めることができる! アラート機能つき!OBVのMT4・MT5インジケ ...

MT4&MT5

2020/8/3

【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!

  この記事では、ローソク足パターン(トウバや明けの明星、首吊り線など)の発生を自動検出するMT4インジケーターを4つ紹介します!     ローソク足パターンを検知するインジケーター このインジケーターは、次の8つのローソク足パターンを自動検出します。 ・hammer:トンカチ ・Bullish Doji:トンボ ・Bearish Doji:トウバ ・falling star:ピンバー ・morning star:明けの明星 ・Uptake model:切り返し線/かぶせ線 ...

MT4&MT5

2020/8/2

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

  この記事では、通貨の強弱を測定するMT4インジケーターを6つ紹介します!   Power of currency このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。 種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。   たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。 上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。 ラインが上向き上昇中 ...

MT4&MT5

2020/8/1

【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

  この記事では、FXにおける通貨の強弱を測定するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】通貨の強弱を測定表示するインジケーター7選!     Absolute currency strength このインジケーターは、各通貨の強さ(ローソク足始値と終値の差を%化)を測定し、サブウィンドウに表示します。 上のチャートでは、米ドル、ユーロ、ポンド、円、豪ドルの5つの通貨の強さを表示しています。   また、移動平均化で通貨の強さの動きを平滑化することもで ...

前日高値でのレンジ相場の上昇ブレイクアウト失敗は、ビックトレードのチャンス!

2019年6月7日

レンジ記事の画像まとめ

 

前日高値は注目度の高いレジサポラインであり、そのラインの上下で買い売りの仕掛けが集中します。

そのため、前日高値で上下に乱高下する「もみ合い相場」が発生することがあります。

今回は、このもみ合い(レンジ)相場でのブレイクアウトの失敗を利用した、売りのエントリーポイントを3つ紹介します。

 

レンジ相場の上放れ失敗は、失望売りの急落相場を引き起こす

前日高値でのもみあい相場のブレイク失敗

上のオージ/ドル5分足チャートでは、前日高値の上下で価格が乱高下しており、レンジ相場を形成しています。レンジを3回上昇ブレイクするも、キリ番(レジスタンスライン)で叩かれ、失敗に終わりました。

このように、レンジすぐ上にレジスタンスラインがある場合、レジスタンスラインが上昇を妨げます。売り圧力を勝る上昇力がないとレジスタンスラインを超えられず、ブレイクアウトが失敗してしまいます。

レンジ上ブレイクの失敗例
その後、レンジを下方向にブレイクアウトし急落しました。前日高値を中心とするレンジ相場の上放れ失敗は多くの市場参加者の失望売りを引き起こし、価格が勢いよく下落する動きが発生します。

前日高値の大衆心理

市場参加者は「今日の相場に上昇力があるのか」を確かめるために、前日高値を価格がしっかり上抜けることができるかを試金石にしています。

今回のように前日安値を超えてもさらに上昇できないようだと、買いで仕掛けるのを控えるトレーダーが増え、ますます上値が重くなります。

次の2つが売りを仕掛けるタイミングです。

  • レンジ下限を終値で下抜けたとき
  • 下降ブレイクアウト後、トレンドライン下での戻り売り

 

3の魔力―3回のブレイク失敗は逆方向に大きく動く引き金となる

相場では、「3」は重要な数字です。レジスタンスラインのブレイクが「3回」失敗に終わると多くの市場参加者は「相場に上昇力はない」と判断し、相場の形勢が売りに大きく傾いて相場が急落します。

下のチャートでは、キリ番113.500円を3度うわ抜けようと試みるも失敗に終わりました。これはレジスタンスラインを超える上昇力が相場にはないことを示唆しており、その後の大きな下降トレンドを引き起こすきっかけとなりました。

レンジを3回ブレイクアウト失敗

 

同様に、前回のオージ/ドル5分足でも同じ現象が見られます。

ブレイク失敗は売りのシグナル

このように3回連続でレンジの上昇ブレイクアウトが失敗すると、下方向のレンジのブレイクアウトの成功率が高くなります。買いポジションの損切りや失望売りで相場が大きく下がる傾向があるので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

3回ブレイクアウト失敗の図

 

レンジ下抜け後のミニフラッグで仕掛ける!

ブレイクアウト後のミニフラッグで仕掛ける

上のチャートは、ドル/円の5分足です。前日高値を中心にレンジを形成しています。今回は、キリ番128.500円がレンジ上限ラインと重なっています。

レジスタンスラインがレンジ上限ラインと重なっているとき、レンジ上限は強い売り圧力があります。レンジの上昇ブレイクアウトは失敗しやすいので、買いを仕掛けるのはリスクが高いです。

 

ブレイクアウト後のミニフラッグで売り
その後レンジを下方向にブレイクすると、その直後にミニフラッグを形成しました。このフラッグのブレイクアウトは、レンジのブレイクに続く「セカンド・ブレイクアウト」です。

レンジ・ブレイクアウトでの下落の強い勢いを味方にした、売りを仕掛ける絶好のタイミングになります。

 

まとめ

  • ・前日高値の水準では、買い売りの攻防が発生し、上下に乱高下する「もみ合い相場」が発生することがあります。
  • ・買いのシグナル(ブレイクアウトや押し目買い)が3回ダマシになれば、売りを仕掛けるチャンス!
  • ・レンジ・ブレイクアウト直後の、ミニフラッグは仕掛けるチャンス!
Pocket

-FXトレード
-

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.