MT4&MT5

2021/2/28

MT4やMT5でテトリスが遊べるインジケーターの紹介!

  この記事では、MT4やMT5のチャートでテトリスが遊べるインジケーターを紹介します。 エントリーまでの時間つぶしや息抜きによければ役立ててください!   【MT4・MT5】チャートでテトリスが遊べるインジケーター 遊び方の手順はつぎのとおりです。   step1下記のサイトからインジケーターをダウンロードします mt4-Tetris mt5-Tetris   step2チャートに張り付ける ナビゲーターの「指標→Market」にあるTetrisを選択し、チャート ...

MT4&MT5

2021/3/1

MT5で注文をショートカットキーで発注できるEAツール4選!

  この記事では、MT5で注文をショートカットキーで発注できる便利なEAツールを4つ紹介します! 目次 ショートカットキーで指値・逆指値注文を発注できるEA ショートカットキーでいろいろな注文ができるEA 指定したロット数、利食い幅、損切り幅でエントリーできるスクリプト 決済逆指値・決済指値注文をサクッとチャートに表示できるスクリプト   ショートカットキーで指値・逆指値注文を発注できるEA これは、ショートカットキーを押して指値・逆指値注文を発注することができます。   手 ...

FXトレード

2021/2/27

【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】

  この記事では、ADXやDMIの使い方や見方を解説します。 ADXはトレンドの強さを測定するテクニカル指標で、順張りに適した強いトレンドを捉えたり、弱いトレンドや弱体化したトレンドを識別して順張りトレードを避けたりなど、順張りトレードの精度を上げるのに役立ちます! 目次 ADXやDMIとは?【ADXの基本的な見方】 DMIの特徴や見方をさらに詳しく解説! ADXと相性が良い3つのテクニカル指標とその使い方は? ADXRとは?ADXと合わせて使う便利な指標! ADXで通貨ペアや銘柄のスクリーニン ...

MT4&MT5

2021/2/27

【MT4】ブレイクアウトの無料EAを8つ紹介!

  この記事では、無料で使えるMT4のブレイクアウトEAを8つ紹介します! 目次 移動平均線を使ったブレイクアウトEA フラクタルを使ったブレイクアウトEA 市場レンジのブレイクアウトEA ドンチャンチャネルを使ったブレイクアウトEA はらみ足のブレイクアウトEA プライスアクションを利用したEA 前日高値安値のブレイクアウトEA スーパートレンドのブレイクアウトEA   移動平均線を使ったブレイクアウトEA これは同じ期間のEMAとLWMA(加重移動平均線)で形成する短期チャネルのブ ...

MT4&MT5

2021/3/1

【MT5】トレンドラインに価格がタッチするとアラートが鳴る無料インジケーター3選!

  この記事では、トレンドラインに価格がタッチするとアラートが鳴るMT5インジケーターを3つ紹介します。   トレンドラインのアラートインジ このインジケーターをチャートに張り付けると、トレンドラインが1本チャートに表示されます。 このトレンドラインを選択して、自由な基点で引き直すことができます。 価格がこのラインに到達すると、設定で指定した回数分、ティックごとにアラート音で知らせてくれます。   アラートが有効な状態(アクティブ状態)では、トレンドラインの色が赤色で、アラー ...

FXトレード

2021/2/27

【FX】5分足逆張り手法の勝率を上げる4つのエッジを大公開!

  この記事では、5分足逆張り手法の勝率を上げる4つのエッジを紹介します! FXで逆張りトレードを利用している方はぜひ参考にしてください。   エッジ1:1時間足レジサポラインを利用しよう! 5分足逆張りトレードは、5分足のレジサポラインではなく、1時間足や4時間足のレジサポラインでの反発を利用して仕掛けましょう! 1時間足や4時間足のレジサポラインは資金量の豊富なスイングトレーダーの逆張り注文も市場に集中するため、5分足において反転確率が高く、また逆方向に伸びやすいです。 &nbsp ...

MT4&MT5

2021/3/2

【MT4】チャートのスクリーンショットが簡単にできるインジケーター5選!

  この記事では、チャートのスクリーンショットがサクッとできるMT4インジケーターを5つ紹介します。 トレード時(エントリー&決済)のチャートをすばやくスクショして保存したい方におすすめ! 目次 1クリックでスクショできるインジ ボタンクリックでスクショできるインジ ローソク足が更新されるたびに自動でスクショできるインジ トレード成績つきチャートをスクショできるインジ   1クリックでスクショできるインジ このインジケーターをスクリーンショットしたいチャートに張り付けると、チャートにス ...

MT4&MT5

2021/2/27

【MT4】ボリンジャーバンドのEAを4つ紹介!

  この記事では、ボリンジャーバンドを利用したMT4 EAを4つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのタッチで逆張りするEA【ADXフィルター付き】 ボリンジャートレンドを使った順張りEA ボリンジャーバンドを使った順張り&逆張りEA 平均足スムーズドとボリンジャートレンドを使ったEA ボリンジャーバンドのタッチで逆張りするEA【ADXフィルター付き】 これはボリンジャーバンドを使った逆張りEAで、価格がボリンジャーバンドにタッチしたら逆張りエントリーします。 このとき、ADXをレンジ検知フィ ...

【FX】日足十字線を利用した、デイトレード手法5選!

2019年8月29日

 

 

今回は、FXでの日足十字線をつかったデイトレ戦略をを5つ紹介します。これらは、大きな相場の流れを利用した、5分足の強力なセットアップになります。

日足で十字線が発生した次の日のデイトレードでぜひ使ってみてください!

日足十字線を使ったブレイクアウト手法

日足での短期的な強いトレンド時に発生した十字線は、デイトレードのブレイクアウト手法のセットアップとして利用できます。

日足で十字線を形成した次の日に、5分足でトレンド方向に十字線の高値/安値をブレイクしたらエントリーします。

 

例1

日足十字線のブレイクアウト

左上のチャートは、オージ円の日足です。直近のローソク足が陽線を中心に構成され、高値を切り上げて上昇しています。5EMAも上向き上昇していることから、日足では短期のトレンドが発生しているとわかります。

そして、右のチャートは、日足十字線の翌日の5分足です。十字線の高値(=前日高値)を上抜けたときや、ブレイク後のトレンドラインでの押し目買いで買いを仕掛けます。

 

この手法が機能する理由
このブレイクアウトには、次の2つの優位性があります。

  • 日足が明確な上昇トレンドを発生していると、多くのトレーダーが前日高値のブレイクアウトで買いを狙ってきます。そのため、下位足では強い買い圧力が発生し、ブレイクアウトが成功しやすい相場環境になります。
  • 前日の日足が十字線の場合、前日は買い売りの力関係が拮抗しており、未決済の逆張りポジションが市場に残ったまま、当日の相場を迎えていることになります。そして、当日に前日高値安値をブレイクすると、未決済のポジションの損切り注文が大量に発動し、大きな上昇/下降が発生します。

そのため、1つ目の条件を満たしていない十字線のブレイクアウトでは仕掛けてはいけません。日足のトレンド方向の強い流れに乗ることが秘訣です。

 

例2

次のポンド円日足は大きな陰線を中心に下落しています。日足下降トレンドでの十字線安値を、次の日の5分足で下抜けたら売りを仕掛けます。

前日安値を下抜け

 

 

日足十字線の逆張りトレード

日足チャートが方向感のないレンジ相場では、十字線でのブレイクアウトで仕掛けるのは危険です。

日足がノートレンドだとブレイクアウトトレーダーはエントリーに消極的になるため、十字線の高値安値(=前日高値安値)のブレイクアウトは失敗しやすいです。

そのため、レンジ相場で発生した日足十字線の翌日は、次のようなブレイクのだましを利用した逆張りで仕掛けることがベターです。

 

例1

左の日足チャートでは、十字線を含めて直近10本のローソク足が横ばいしており、方向感がありません。

そして右のチャートは、翌日の5分足です。十字線安値(=前日安値)を下抜けるも失敗し、反発上昇しています。

ブレイク失敗後、ローソク足終値が前日安値の水準を上回ったら、逆張り買いを仕掛けるタイミングになります。

 

例2

逆V字パターン

上のチャートも日足レンジ相場での十字足です。5分足でのブレイクアウト失敗やフィボナッチでの反発は、逆張り売りを仕掛けるチャンスになります。

 

 

十字線内でのレンジ攻略

当日の相場が前日の十字線の範囲にある間は、上下に激しく動くレンジ相場になりやすいです。そのため、十字線の高値安値を外抜けるまでは、逆張り手法が有効です。

 

具体例を見てみましょう。

下のチャートは、日足が十字線のゾーン内でレンジ相場を形成して日のポンド円5分足です。

上のチャートのように、ダブルトップやヘッド&ショルダーズ、逆V字などの反転パターンが機能しやすい相場環境です。新高値/新安値で発生した、これらのシグナルをつかって逆張りを仕掛けましょう。

このように前日十字線での範囲内では、順張りやブレイクアウト手法は控え、逆張りで仕掛けるのがベターです。

 

 

日足ブレイクアウト相場での十字線

下のような日足のブレイクアウト相場で生じた十字線は、下位足でブレイク方向に仕掛けるセットアップになります。

 

上のドル円日足では、シンメトリカル・トライアングルを下方向にブレイクアウトしています。そのブレイクアウトの2本目と4本目で十字線が出現しています。

それぞれの十字線を翌日の5分足で下方向にブレイクしたら売りを仕掛けるチャンスです。それぞれの5分足を見てみましょう。

 

2本目の十字線の翌日

ブレイク後のボリンジャーバンドのエクスパンションで売りエントリーすることもできます。

 

4本目の十字線の翌日

ブレイク後のフィボナッチ50.0%水準やキリ番110.500円での反発で、戻り売りを仕掛けることもできます。

 

 

ボリンジャーバンド×十字線のコラボ

最後に、日足ボリンジャーバンドと十字線を組み合わしたブレイクアウト・セットアップを2つ紹介します。

 

その1
日足ボリンジャーバンドのエクスパンションでバンドが閉じたとき、価格が中心線(20SMA)まで回帰する傾向があります。

このとき、バンドが閉じた直後に±2σバンド近くに十字線が発生したら、5分足で中心線方向へのブレイクアウトや順張りで仕掛けるチャンスです。

 

その2
ボリンジャーバンドが縮小している環境において±2σバンド上に十字線が発生した場合は、バンドを破ろうとする方向へのブレイクアウトは危険です。縮小中の±2σバンドは強いレジサポラインとして機能するため、ブレイクが失敗する確率が高いです。

このケースでは、逆方向(中心線に回帰する方向)への十字線ブレイクアウトで仕掛けましょう。

上の日足では、+2σバンド下に十字線が発生しています。そのため、翌日5分足(右のチャート)では十字線高値下での売り、または安値のブレイクアウトが仕掛けポイントになります。

関連 フラッグ→ダブルボトム→逆V字パターンの並列の攻略法

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.