MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【FX】日足十字線を利用した、デイトレード手法5選!

2019年8月29日

 

十字線内でのレンジ相場

今回は、FXでの日足十字線をつかったデイトレ戦略をを5つ紹介します。これらは、大きな相場の流れを利用した、5分足の強力なセットアップになります。

日足で十字線が発生した次の日のデイトレードでぜひ使ってみてください!

日足十字線を使ったブレイクアウト手法

日足での短期的な強いトレンド時に発生した十字線は、デイトレードのブレイクアウト手法のセットアップとして利用できます。

日足で十字線を形成した次の日に、5分足でトレンド方向に十字線の高値/安値をブレイクしたらエントリーします。

 

例1

日足十字線のブレイクアウト

左上のチャートは、オージ円の日足です。直近のローソク足が陽線を中心に構成され、高値を切り上げて上昇しています。5EMAも上向き上昇していることから、日足では短期のトレンドが発生しているとわかります。

そして、右のチャートは、日足十字線の翌日の5分足です。十字線の高値(=前日高値)を上抜けたときや、ブレイク後のトレンドラインでの押し目買いで買いを仕掛けます。

 

この手法が機能する理由
このブレイクアウトには、次の2つの優位性があります。

  • 日足が明確な上昇トレンドを発生していると、多くのトレーダーが前日高値のブレイクアウトで買いを狙ってきます。そのため、下位足では強い買い圧力が発生し、ブレイクアウトが成功しやすい相場環境になります。
  • 前日の日足が十字線の場合、前日は買い売りの力関係が拮抗しており、未決済の逆張りポジションが市場に残ったまま、当日の相場を迎えていることになります。そして、当日に前日高値安値をブレイクすると、未決済のポジションの損切り注文が大量に発動し、大きな上昇/下降が発生します。

そのため、1つ目の条件を満たしていない十字線のブレイクアウトでは仕掛けてはいけません。日足のトレンド方向の強い流れに乗ることが秘訣です。

 

例2

次のポンド円日足は大きな陰線を中心に下落しています。日足下降トレンドでの十字線安値を、次の日の5分足で下抜けたら売りを仕掛けます。

前日安値を下抜け

 

 

日足十字線の逆張りトレード

日足チャートが方向感のないレンジ相場では、十字線でのブレイクアウトで仕掛けるのは危険です。

日足がノートレンドだとブレイクアウトトレーダーはエントリーに消極的になるため、十字線の高値安値(=前日高値安値)のブレイクアウトは失敗しやすいです。

そのため、レンジ相場で発生した日足十字線の翌日は、次のようなブレイクのだましを利用した逆張りで仕掛けることがベターです。

 

例1

左の日足チャートでは、十字線を含めて直近10本のローソク足が横ばいしており、方向感がありません。

そして右のチャートは、翌日の5分足です。十字線安値(=前日安値)を下抜けるも失敗し、反発上昇しています。

ブレイク失敗後、ローソク足終値が前日安値の水準を上回ったら、逆張り買いを仕掛けるタイミングになります。

 

例2

逆V字パターン

上のチャートも日足レンジ相場での十字足です。5分足でのブレイクアウト失敗やフィボナッチでの反発は、逆張り売りを仕掛けるチャンスになります。

 

 

十字線内でのレンジ攻略

当日の相場が前日の十字線の範囲にある間は、上下に激しく動くレンジ相場になりやすいです。そのため、十字線の高値安値を外抜けるまでは、逆張り手法が有効です。

 

例1
下のチャートは、2019年5月22日のオージ円5分足です。十字線のゾーン内でレンジ相場を形成しています。

十字線内でのレンジ相場

上のチャートのように、ダブルトップやヘッド&ショルダーズなどの反転パターンが機能しやすい相場環境です。新高値/新安値で発生した、これらのシグナルをつかって逆張りを仕掛けましょう。

 

例2
下のチャートは、ポンド円5分足です。

こちらも新高値での逆V字や前日高値下のダブルトップ、切り上げ型のダブルボトムなどの逆張りシグナルが発生しています。

このように前日十字線での範囲内では、順張りやブレイクアウト手法は控え、逆張りで仕掛けるのがベターです。

 

 

日足ブレイクアウト相場での十字線

下のような日足のブレイクアウト相場で生じた十字線は、下位足でブレイク方向に仕掛けるセットアップになります。

 

上のドル円日足では、シンメトリカル・トライアングルを下方向にブレイクアウトしています。そのブレイクアウトの2本目と4本目で十字線が出現しています。

それぞれの十字線を翌日の5分足で下方向にブレイクしたら売りを仕掛けるチャンスです。それぞれの5分足を見てみましょう。

 

2本目の十字線の翌日

ブレイク後のボリンジャーバンドのエクスパンションで売りエントリーすることもできます。

 

4本目の十字線の翌日

ブレイク後のフィボナッチ50.0%水準やキリ番110.500円での反発で、戻り売りを仕掛けることもできます。

 

 

ボリンジャーバンド×十字線のコラボ

最後に、日足ボリンジャーバンドと十字線を組み合わしたブレイクアウト・セットアップを2つ紹介します。

 

その1
日足ボリンジャーバンドのエクスパンションでバンドが閉じたとき、価格が中心線(20SMA)まで回帰する傾向があります。

このとき、バンドが閉じた直後に±2σバンド近くに十字線が発生したら、5分足で中心線方向へのブレイクアウトや順張りで仕掛けるチャンスです。

 

その2
ボリンジャーバンドが縮小している環境において±2σバンド上に十字線が発生した場合は、バンドを破ろうとする方向へのブレイクアウトは危険です。縮小中の±2σバンドは強いレジサポラインとして機能するため、ブレイクが失敗する確率が高いです。

このケースでは、逆方向(中心線に回帰する方向)への十字線ブレイクアウトで仕掛けましょう。

上の日足では、+2σバンド下に十字線が発生しています。そのため、翌日5分足(右のチャート)では十字線高値下での売り、または安値のブレイクアウトが仕掛けポイントになります。

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.