FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【FX】日足十字線を利用した、デイトレード手法5選!

2019年8月29日

 

 

今回は、FXでの日足十字線をつかったデイトレ戦略をを5つ紹介します。これらは、大きな相場の流れを利用した、5分足の強力なセットアップになります。

日足で十字線が発生した次の日のデイトレードでぜひ使ってみてください!

日足十字線を使ったブレイクアウト手法

日足での短期的な強いトレンド時に発生した十字線は、デイトレードのブレイクアウト手法のセットアップとして利用できます。

日足で十字線を形成した次の日に、5分足でトレンド方向に十字線の高値/安値をブレイクしたらエントリーします。

 

例1

日足十字線のブレイクアウト

左上のチャートは、オージ円の日足です。直近のローソク足が陽線を中心に構成され、高値を切り上げて上昇しています。5EMAも上向き上昇していることから、日足では短期のトレンドが発生しているとわかります。

そして、右のチャートは、日足十字線の翌日の5分足です。十字線の高値(=前日高値)を上抜けたときや、ブレイク後のトレンドラインでの押し目買いで買いを仕掛けます。

 

この手法が機能する理由
このブレイクアウトには、次の2つの優位性があります。

  • 日足が明確な上昇トレンドを発生していると、多くのトレーダーが前日高値のブレイクアウトで買いを狙ってきます。そのため、下位足では強い買い圧力が発生し、ブレイクアウトが成功しやすい相場環境になります。
  • 前日の日足が十字線の場合、前日は買い売りの力関係が拮抗しており、未決済の逆張りポジションが市場に残ったまま、当日の相場を迎えていることになります。そして、当日に前日高値安値をブレイクすると、未決済のポジションの損切り注文が大量に発動し、大きな上昇/下降が発生します。

そのため、1つ目の条件を満たしていない十字線のブレイクアウトでは仕掛けてはいけません。日足のトレンド方向の強い流れに乗ることが秘訣です。

 

例2

次のポンド円日足は大きな陰線を中心に下落しています。日足下降トレンドでの十字線安値を、次の日の5分足で下抜けたら売りを仕掛けます。

前日安値を下抜け

 

 

日足十字線の逆張りトレード

日足チャートが方向感のないレンジ相場では、十字線でのブレイクアウトで仕掛けるのは危険です。

日足がノートレンドだとブレイクアウトトレーダーはエントリーに消極的になるため、十字線の高値安値(=前日高値安値)のブレイクアウトは失敗しやすいです。

そのため、レンジ相場で発生した日足十字線の翌日は、次のようなブレイクのだましを利用した逆張りで仕掛けることがベターです。

 

例1

左の日足チャートでは、十字線を含めて直近10本のローソク足が横ばいしており、方向感がありません。

そして右のチャートは、翌日の5分足です。十字線安値(=前日安値)を下抜けるも失敗し、反発上昇しています。

ブレイク失敗後、ローソク足終値が前日安値の水準を上回ったら、逆張り買いを仕掛けるタイミングになります。

 

例2

逆V字パターン

上のチャートも日足レンジ相場での十字足です。5分足でのブレイクアウト失敗やフィボナッチでの反発は、逆張り売りを仕掛けるチャンスになります。

 

 

十字線内でのレンジ攻略

当日の相場が前日の十字線の範囲にある間は、上下に激しく動くレンジ相場になりやすいです。そのため、十字線の高値安値を外抜けるまでは、逆張り手法が有効です。

 

具体例を見てみましょう。

下のチャートは、日足が十字線のゾーン内でレンジ相場を形成して日のポンド円5分足です。

上のチャートのように、ダブルトップやヘッド&ショルダーズ、逆V字などの反転パターンが機能しやすい相場環境です。新高値/新安値で発生した、これらのシグナルをつかって逆張りを仕掛けましょう。

このように前日十字線での範囲内では、順張りやブレイクアウト手法は控え、逆張りで仕掛けるのがベターです。

関連:【FX】2つのダブルボトムを利用した強力逆張りエントリーを伝授!

 

日足ブレイクアウト相場での十字線

下のような日足のブレイクアウト相場で生じた十字線は、下位足でブレイク方向に仕掛けるセットアップになります。

 

上のドル円日足では、シンメトリカル・トライアングルを下方向にブレイクアウトしています。そのブレイクアウトの2本目と4本目で十字線が出現しています。

それぞれの十字線を翌日の5分足で下方向にブレイクしたら売りを仕掛けるチャンスです。それぞれの5分足を見てみましょう。

 

2本目の十字線の翌日

ブレイク後のボリンジャーバンドのエクスパンションで売りエントリーすることもできます。

 

4本目の十字線の翌日

ブレイク後のフィボナッチ50.0%水準やキリ番110.500円での反発で、戻り売りを仕掛けることもできます。

 

 

ボリンジャーバンド×十字線のコラボ

最後に、日足ボリンジャーバンドと十字線を組み合わしたブレイクアウト・セットアップを2つ紹介します。

 

その1
日足ボリンジャーバンドのエクスパンションでバンドが閉じたとき、価格が中心線(20SMA)まで回帰する傾向があります。

このとき、バンドが閉じた直後に±2σバンド近くに十字線が発生したら、5分足で中心線方向へのブレイクアウトや順張りで仕掛けるチャンスです。

 

その2
ボリンジャーバンドが縮小している環境において±2σバンド上に十字線が発生した場合は、バンドを破ろうとする方向へのブレイクアウトは危険です。縮小中の±2σバンドは強いレジサポラインとして機能するため、ブレイクが失敗する確率が高いです。

このケースでは、逆方向(中心線に回帰する方向)への十字線ブレイクアウトで仕掛けましょう。

上の日足では、+2σバンド下に十字線が発生しています。そのため、翌日5分足(右のチャート)では十字線高値下での売り、または安値のブレイクアウトが仕掛けポイントになります。

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.