MT4&MT5

2020/10/19

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/18

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/17

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

MT4&MT5

2020/10/15

【MT5】ドンチャンチャネルのインジケーターを6つ紹介!

  この記事ではドンチャンチャネルのMT5インジケーターを6つ紹介します。     ドンチャンチャネルのMT5インジケーター このインジは、ドンチャンチャネルの2本のラインを表示するMT5インジケーターです。 ドンチャンチャネルの期間は設定の「period」で変更できます。 上のチャートでは、期間50、つまり直近50本のローソク足の最高値最安値をライン表示しています。 Donchian Channel   また、次のインジケーターでは、ミドルラインも表示します。 タ ...

FXトレード

2020/10/13

【5分で完了】XM口座の開設手順を画像付きでわかりやすく解説!

  この記事では、XM Tradingの口座開設方法を解説します。 XMは最大レバレッジ888倍、追証なし、NDD方式(業者によるストップ狩りなし)採用で、多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社です! ※XM口座は約5分で開設できます \ 新規口座開設で3000円のボーナスGET!/ XM Tradingの口座を開設する     XM Tradingの口座開設の手順を解説 まず最初に、XM口座を開設するために『XM口座開設ページ』を開きます。 XM口座開設ページ &nbs ...

FXトレード

2020/10/20

前日高値安値を使ってFXトレードするなら、2日前の高値安値にも注目せよ!

  デイトレーダーのみなさん、前々日の高値安値(2日前の最高値・最安値)をレジスタンス&サポートラインとして活用していますか? 2日前の高値安値は、特に前日高値安値の近くにある日は注目度が高く、デイトレやスキャルで重要な水準になります。 そこで今回は、前日高値安値と前々日高値安値を組み合わせた使い方を6つ紹介します。 目次 隣接するゾーンは、強力なレジサポ帯になる! オーバラップ・レジサポラインについて 前日高値安値で作るレンジ相場に注目! ブレイクアウトの利食いの目標&継続の分岐点 トレンドラ ...

FXトレード

2020/10/9

【高勝率の秘訣】レンジ内逆張りは、下位足のブレイクアウトを利用せよ!

  今回の記事では、レンジ内逆張りトレードの勝率を上げるテクニックのひとつを紹介します。 レンジ上限・下限を利用した逆張り手法の勝率を上げたい方は、ぜひ参考にしてください。 関連 【FX】2つのダブルボトムを利用した強力逆張りエントリーを伝授!     レンジ内逆張り手法の勝率を上げるテクニックとは? レンジ内逆張りトレードは、レンジ上限や下限水準での反発で即仕掛けるのは騙しに遭う可能性があるのでおすすめできません! また、次のような逆張りの失敗例もあります。 反発後の切り上 ...

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

2020年8月1日

Pocket

 

この記事では、通貨強弱を測定するMT4インジケーターを7つ紹介します!

 

終値を使って通貨の強さを計算表示するインジ

このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。

種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。

 

たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。

上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。

ラインが上向き上昇中は通貨が強く、買われやすい状況にあることを示しています。

 

インジケーターは、各通貨ごとに個別にダウンロードします。

JPY
USD
EUR
GBP
AUD
NZD
CAD
CHF

関連 【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

 

 

8つの主要通貨の強さを数値化するインジ

このインジケーターは、主要通貨8つの強さを数値化し、チャート画面左にその数値を表示します。

下のチャートでは、+の数値は青色で、-の数値は赤色で表示されます。

簡単な見方

・+の数値:通貨が買われている
・ーの数値:通貨が売られている

・1以上:通貨の買い需要が高い
・0.5~1:通貨の買い需要が少しある
・-0.5~0.5:通貨の買い売りの需要が拮抗している
・‐1~-0.5:通貨の売り需要が少しある
・-1以下:通貨の売り需要が高い

各通貨の数値の大きさを比較することで、通貨間の強弱を簡単に調べることができます。

 

また、ある通貨ペアが大きく動くとき、どの通貨によってその変動が引き起こされたか、2つの通貨の数値を見ることでわかります。

たとえば、上の豪ドル/米ドル5分足では、大きな急落が発生しています。

このときのAUD、USDの数値を見てみると、

・AUD:-4.1
・USD:0.4

であり、豪ドルの強い売り需要によって引き起こされたものとわかり、また豪ドル/円も連動して大きな下落が発生していると予想できます。

 

設定

・fontsize:文字のサイズ
・Positive:+の数値の文字の色
・Negative::-の数値の文字の色

Currency Score

 

 

複数の通貨ペアのRSIを表示できるインジ

このインジケーターは、最大4つの通貨ペアのRSIをサブウィンドウに表示します。

RSIの数値や位置関係に注目することで、どの通貨ペアが相対的に強いか、または買われすぎ状態にあるかなどを調べることができます。

 

設定

・instrument:表示したい通貨ペア名を入力
・instrument color:各RSIの色
・indicator period:RSIの期間

Currency Strength Meter

 

 

移動平均線の乖離率を使って、通貨の相対的な強さを測定するインジ

このインジケーターは、チャートを構成する2つの通貨の強さを、移動平均線と価格の距離をもとに0~7の数値で評価します。(0が最も弱く、7が最も強いです)

下のドル円チャートでは、日本円と米ドルの強さをサブウィンドウにグラフ化しています。

また、主要な8通貨の強さをダッシュボードで確認することもできます。

 

主な設定

・Histry Bars to Plot:サブウィンドウに表示するデータ数
・MA Period:移動平均線の期間
・First Timeframe:ダッシュボードに表示する通貨の強さの1つ目の時間足
・Second Timeframe:ダッシュボードに表示する通貨の強さの1つ目の時間足

 

Strong and Weak FX Pairs

MT4が使える海外FX会社は?

MT4が使える海外FX会社は、XMTradingがおすすめ!

XMで取引するとXMポイントが貯まり、貯まったXMポイントは現金化したりトレード資金に追加することができます!

 

 

Symbol Kyojaku

FXTFのオリジナルインジケーター「Symbol Kyojaku」は、移動平均線の比率をもとに通貨の強弱を表示します。

本ツールの通貨の強弱は、通貨ごとに、EURなら対USD+対GBP+対AUD+対NZD+対CHF+対CAD+対JPY)の短期(3期間)と長期(5期間)の移動平均(SMMA:平滑移動平均線)の比率(短期÷長期)を対7通貨それぞれ計算し、それらを合算した値を相対的な強さとして数値にしてチャート表示したものです

引用:FXTF

参照:FXTF

 

主な機能

・JPY(円)、USD(ドル)、EUR(ユーロ)、GBP(ポンド)、AUD(豪ドル)、NZD(NZドル)、CAD(カナダドル)、CHF(スイスフラン)の8つの通貨の強さを表示できる
・表示したい通貨ペアは任意に選択できる
・各通貨のラインの色は自由に設定できる
・表示チャートの通貨ペアのラインの色が強調される
・MT4ストラテジーテスターでも利用可能

※このインジケーターはFXTFのMT4専用です。他社の提供するMT4上では稼動しません

FXTFの詳細はこちら

 

 

異なる時間足の通貨の強さも見れるインジ

これは、各通貨の強さを価格の変化率で測定表示するインジケーターで、異なる時間足以外の通貨の強弱も見ることができます。

※右端に表示している矢印は、通貨の強さの大小関係から判定した、このチャートの通貨ペアの現在の方向を示します

 

通貨の強さの感度は、移動平均化で滑らかにすることができ、取引スタイルや時間足に合わせて調整することができます。

デイトレードやスイングトレードなど、中~長期の期間での通貨の強弱を追いかけたい場合は、設定でMAの期間を大きくしましょう!

 

主な設定

・fast-ma:短期移動平均線の期間
・slow-ma:長期移動平均線の期間 ※この2本のMAを使って、通貨の強さの感度を調整します
・timeframe:測定したい時間足を指定
・Alerts = true:trueに設定すると、現在のチャートの強さが上下に変化した場合にのみトレーディングターミナルにアラートが送信されます

Multi Currency Trend Strength Indicator Basic

 

 

パネル表示で通貨の強さをチェックできるインジ

このインジケーターは、各通貨の強さをライン表示するのに加え、現在の通貨の強さをヒストグラム表示します。

 

]ボタンで、サブウィンドウに表示する通貨を「全表示/現在のチャートを構成する2つの通貨」に切り替えることができます。

また、[]を押すと、ダッシュボードの表示位置を「メインチャート/サブウィンドウ」に切り替えることができます。

FX Power free

 

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.