TradingView

2021/10/24

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入力すると、チャート上にリスクリワードレシオが表示されます。 Stop Loss ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

TradingView

2021/10/11

TradingView|エリオット波動オシレーターインジケーター9選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエリオット波動オシレーターのインジケーターを9個紹介します! 関連記事 ・【TradingView】エリオット波動を自動カウントするインジケーター5選! ・エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】 目次 エリオット波動オシレーター シグナル線つきEWO 色が変化する機能つきEWO ブレイクアウトバンドつきEWO 出来高ベースのエリオット波動オシレーター EWO&TTMスクイーズ 上位足のエリオット波動オシレータ ...

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

2020年8月1日

 

この記事では、通貨強弱を測定するMT4インジケーターを7つ紹介します!

 

終値を使って通貨の強さを計算表示するインジ

このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。

種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。

 

たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。

上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。

ラインが上向き上昇中は通貨が強く、買われやすい状況にあることを示しています。

 

インジケーターは、各通貨ごとに個別にダウンロードします。

JPY
USD
EUR
GBP
AUD
NZD
CAD
CHF

関連 【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

 

 

8つの主要通貨の強さを数値化するインジ

このインジケーターは、主要通貨8つの強さを数値化し、チャート画面左にその数値を表示します。

下のチャートでは、+の数値は青色で、-の数値は赤色で表示されます。

簡単な見方

・+の数値:通貨が買われている
・ーの数値:通貨が売られている

・1以上:通貨の買い需要が高い
・0.5~1:通貨の買い需要が少しある
・-0.5~0.5:通貨の買い売りの需要が拮抗している
・‐1~-0.5:通貨の売り需要が少しある
・-1以下:通貨の売り需要が高い

各通貨の数値の大きさを比較することで、通貨間の強弱を簡単に調べることができます。

 

また、ある通貨ペアが大きく動くとき、どの通貨によってその変動が引き起こされたか、2つの通貨の数値を見ることでわかります。

たとえば、上の豪ドル/米ドル5分足では、大きな急落が発生しています。

このときのAUD、USDの数値を見てみると、

・AUD:-4.1
・USD:0.4

であり、豪ドルの強い売り需要によって引き起こされたものとわかり、また豪ドル/円も連動して大きな下落が発生していると予想できます。

 

設定

・fontsize:文字のサイズ
・Positive:+の数値の文字の色
・Negative::-の数値の文字の色

Currency Score

関連:【FX】カナダドルの特徴は?【原油相場や政策金利、VIXで大きく動く!】

 

 

複数の通貨ペアのRSIを表示できるインジ

このインジケーターは、最大4つの通貨ペアのRSIをサブウィンドウに表示します。

RSIの数値や位置関係に注目することで、どの通貨ペアが相対的に強いか、または買われすぎ状態にあるかなどを調べることができます。

 

設定

・instrument:表示したい通貨ペア名を入力
・instrument color:各RSIの色
・indicator period:RSIの期間

Currency Strength Meter

関連 【15選!】MT4で使えるRSIインジケーターを紹介!【アラート・矢印・MTF・ダイバ】

 

 

移動平均線の乖離率を使って、通貨の相対的な強さを測定するインジ

このインジケーターは、チャートを構成する2つの通貨の強さを、移動平均線と価格の距離をもとに0~7の数値で評価します。(0が最も弱く、7が最も強いです)

下のドル円チャートでは、日本円と米ドルの強さをサブウィンドウにグラフ化しています。

また、主要な8通貨の強さをダッシュボードで確認することもできます。

 

主な設定

・Histry Bars to Plot:サブウィンドウに表示するデータ数
・MA Period:移動平均線の期間
・First Timeframe:ダッシュボードに表示する通貨の強さの1つ目の時間足
・Second Timeframe:ダッシュボードに表示する通貨の強さの1つ目の時間足

 

Strong and Weak FX Pairs

 

 

20通貨ペアの強弱判定インジ

マーケティングFXの通貨強弱システムでは、20通貨ペアの相対的な強さの数値を時間足毎に測定表示します。

参照:marketing-fx

 

またトレンド一覧システムは、20通貨ペアそれぞれの複数時間足(5分足~日足)のトレンドの相対的な強さを、ボリンジャーバンド、ダウ理論、GMMA、一目均衡表を使って多角的に分析し数値化します。

  • 点数が高い通貨ペアほど、勢いが強くきれいな上昇トレンド
  • 点数が低い通貨ペアほど、勢いが強くきれいな下降トレンド

参照:marketing-fx

この2つの数値化を組み合わせて見ることで、テクニカルと通貨強弱の2つの観点から見て強いトレンドが発生している通貨ペアを選択することができます。

マーケティングFX

 

 

異なる時間足の通貨の強さも見れるインジ

これは、各通貨の強さを価格の変化率で測定表示するインジケーターで、異なる時間足以外の通貨の強弱も見ることができます。

※右端に表示している矢印は、通貨の強さの大小関係から判定した、このチャートの通貨ペアの現在の方向を示します

 

通貨の強さの感度は、移動平均化で滑らかにすることができ、取引スタイルや時間足に合わせて調整することができます。

デイトレードやスイングトレードなど、中~長期の期間での通貨の強弱を追いかけたい場合は、設定でMAの期間を大きくしましょう!

 

主な設定

・fast-ma:短期移動平均線の期間
・slow-ma:長期移動平均線の期間 ※この2本のMAを使って、通貨の強さの感度を調整します
・timeframe:測定したい時間足を指定
・Alerts = true:trueに設定すると、現在のチャートの強さが上下に変化した場合にのみトレーディングターミナルにアラートが送信されます

Multi Currency Trend Strength Indicator Basic

 

 

パネル表示で通貨の強さをチェックできるインジ

このインジケーターは、各通貨の強さをライン表示するのに加え、現在の通貨の強さをヒストグラム表示します。

 

]ボタンで、サブウィンドウに表示する通貨を「全表示/現在のチャートを構成する2つの通貨」に切り替えることができます。

また、[]を押すと、ダッシュボードの表示位置を「メインチャート/サブウィンドウ」に切り替えることができます。

FX Power free

 

※MT4が使える海外FX会社は、XMTrading(Zero口座)がおすすめ!

スプレッド一覧 EURUSD  GBPUSD  AUDUSD NZDUSD  USDJPY  EURJPY  AUDJPY  GBPJPY キャンペーン
XMTrading(Zero口座) 0.2pips 0.4pips 0.4pips 1.0pips 0.2pips 0.6pips 0.8pips 1.1pips 初回入金で100%のボーナス(最大5万円)と追加入金で20%のボーナス(最大50万円)

※2021年3月上旬調査

 

価格の変化率で通貨の強さを調べるインジ

これは、複数通貨ペアの「前日終値に対する、現在の価格の変化率」をチャート左に表示します。

変化率が大きいほど、その通貨ペアが相対的に強く、注目度が高いです。

 

Heatmap

 

 

※FX市場のヒートマップは、『為替ヒートマップ|TradingView』で見ることもできます

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.