FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【FX】フラクタルを使った、ブレイクアウト手法3選!

2020年1月10日

 

フラクタルブレイクアウト手法

フラクタルインジケーターは相場の転換点を表示しますが、その中には重要なブレイクアウト水準となる高値・安値も含まれています。

今回の記事では、MA・ATR・MTF分析を使ってこのフラクタル高値安値を特定する、フラクタルブレイクアウト手法を3つ紹介します。

※フラクタルの基本や使い方は、『【FX】フラクタルの5つの使い方』で詳しく解説しています

 

 

フラクタル(20,20)のブレイクアウト手法

フラクタルインジケーターのパラメーターは(2,2)が一般的です。

しかしこれは相場の細かな波をカウントするのが得意な反面、小さな転換点も捉えてしまうため、すべてのフラクタル高値安値が重要なブレイクアウト水準として機能しにくいです。

 

相場の重要な転換点をフラクタルで識別することができるようになるには、フラクタルのパラメーターを大きくすることが有効です。

 

下のチャートでは、パラメーター(20,20)のフラクタルを表示しています。これは以下のように、フラクタルポイントを定義します。

フラクタル(20,20)

  • 強気のフラクタル:真ん中のローソク足の安値<左右それぞれの20本のローソク足の安値
  • 弱気のフラクタル:真ん中のローソク足の高値>左右それぞれの20本のローソク足の高値

※MT4にデフォルトである「Fractals」はパラメーターを変更できません。上のチャートでは、パラメーターを変更できるインジ「Adjustable Fractal」を使用しています。

詳しくは、『【MT4】フラクタルインジケーター7選!』を参考にしてください。

 

このフラクタル(20,20)の高値安値は、トレンド相場において重要なブレイクアウト水準として機能します。

 

では、フラクタル(20,20)と50EMA&50WMAを利用した、ブレイクアウト手法のルールを解説します。

※WMA=加重移動平均線 →加重移動平均線(WMA)の使い方5選【トレンド相場で重宝】

 

買いエントリーの手順

 

step
1
50WMA>50EMAの位置関係で、どちらも上向き上昇していることを確認

①の条件をみたすとき、下のように長期トレンドが発生しています。

 

step
2
1つ目のフラクタル高値が50WMA上で発生したら、その高値に水平線を引く

この水準がブレイクアウトの水準になります。

 

step
3
②で引いた水準をローソク足が上抜けたら、買いエントリー

損切りは、ブレイク直前の安値の下にストップロス注文を置きます。

また、フラクタル高値が再び出たら手仕舞うのが安全な利食いのタイミングです。

 

他にも、MACDのダイバージェンスの発生50WMA&50EMAのデッドクロスなども、利食いシグナルとして利用できます。

 

下のオージ円チャートで、売りのトレード例を見てみましょう。

2つ目や3つ目のフラクタル安値もブレイクアウト水準として利用できますが、1つ目と比べて成功確率が低くなります。

 

 

フラクタルとATRを使ったブレイクアウト手法

フラクタル(2,2)がある価格帯で密集して出現している場合、レンジを形成しています。

 

このうち、ボラティリティが大きく低下しているレンジは、価格が圧縮された反動によりブレイクアウトで大きく伸びる可能性が高いです。

このレンジ内でのボラの大きさを分析するのに、ATRボリンジャーを使うのがおすすめです。

関連記事 相場のボラティリティを解析!ATRボリンジャーの使い方を徹底解説!

 

買いエントリーの手順

 

step
1
フラクタルの高値安値が上下に頻繁に発生しているのを見つける

 

step
2
①のレンジ内で、ATRボリンジャーが低水準でスクイーズを形成しているのを確認

下のチャートでは、ATRボリンジャーのバンドが拡大しており、ボラティリティーが低い状態ではありません。

そのため、このレンジではブレイクアウトしても大きく相場は動きにくいです。

 

step
3
レンジ内の最も高いフラクタル高値をローソク足終値で超えたら買いエントリー

利食い:ATRラインがボリンジャーバンドの中心線をタッチしたら
損切り:レンジ下限ラインの下

 

 

上位足のフラクタルを使った手法

上位足チャートのフラクタル高値安値は、下位足で重要なレジサポラインとして注目されています。

特に、次の2つの上位足フラクタルの高値安値を下位足でブレイクアウトしたら、トレードのチャンスになります。

ブレイクアウト水準

  • フラクタル(20,20)の高値安値
  • フラクタル(2,2)が3つ以上重なっている水準

上の2つのトレード例をそれぞれ見てみましょう。上位足が1時間足で、下位足が5分足です。

 

例1

1時間足

・50WMA>50EMAであり、上昇トレンド中
・50WMA上でフラクタル(20,20)の高値が2つ発生し、これらはブレイクアウト水準になる

5分足

・1時間足フラクタル高値のブレイクアウト水準を終値で超えたら買い
・または、ブレイク後の反発で買うのもOK

 

例2

3つ以上のフラクタル(2,2)が同水準で連続して発生しているポイントは、重要なブレイクアウト水準になります。1つのフラクタルではブレイクアウト水準として弱いです。

フラクタルfx手法

1時間足

・20EMAが上向き上昇中で、中期の上昇トレンド発生中
・4つのフラクタル高値が連続して発生したので、この水準に水平線を引く(=ブレイクアウト水準)

5分足

・5分足では、ブレイクアウト水準の下でたくさんのフラクタル高値が出現している
・ブレイク後の5分足フラクタル安値出現は、初押し目買いのタイミング

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.