FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

2020年7月12日

Pocket

 

この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。

自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ

このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。

 

ある時点のデータを過去のデータを用いて回帰するのがARモデルです。

例えば、今日の株価を昨日の株価を用いて単回帰したモデルはARモデルです。今日の株価を昨日と一昨日の株価を用いて重回帰したモデルもまたARモデルです。

引用:時系列分析の基本的なモデルをわかりやすく解説

 

経済指標予測、気象予測、河川流量予測などの複雑な非物理系(システムの細部を厳密に記述できないシステム)のモデルとして、広く使われています。

引用:ARモデルの解説

 

設定

・UseDiff:ARモデルで利用するデータ
→ true=価格差(=隣接する2本の足の終値の差)【差分系列】 false=ローソク足終値【原系列】
・Model coefficient:ARモデルの次数(p)の数値
・Future bars:表示する未来のローソク足の本数
・Past bars in increment of Ncoef:自己回帰係数(φk)に含まれる過去のローソク足の本数

※ARモデルの式は、次の式で表されます。

 

AR extrapolation of price

 

自己回帰モデルを利用した自動売買EAをお探しの方は『Complete One EA』がおすすめ!

このEAは、過去500本のローソク足をを分析して細かくパータン化し、現在の相場と相関性のあるパターンを抽出して、その後の値動きを予測して売買ポイントを見つけ出します。

 

Complete One EA

参照:Complete One EA

 

 

k近傍法で未来のチャートを予測するインジ

このインジケーターは、機械学習アルゴリズムの1つ「k近傍法」を利用して未来のチャートを予測します。

k近傍法の理解|OpenCV

 

具体的には、現在の直近の価格パターンに最も類似しているパターンを1つ過去のチャートから検出し、その過去のパターンのその後の値動きを参考に、未来の値動きを予測します。

このとき、現在のパターンと過去のパターンの類似性を評価するのにピアソンの相関係数を利用します。

 

  • 青いライン:最も類似している価格パターンを現在のチャートに重ねて表示したもの
  • 赤いライン:予測した未来の値動き

 

設定

・Past bars in a pattern:現在の直近の価格パターンの範囲
→ たとえば100では、直近の100本の値動きパターンに類似したパターンを過去のチャートから検索します。

・Future bars in a pattern:未来のチャートをローソク足何本表示するか

 

Price prediction by Nearest Neighbor

 

また、下のインジは上のインジの改良版です。

新しい価格ほど未来のチャートを予測する信頼性が高くなると考え、類似した価格パターンの検出をするときに、より新しいパターンほど大きな重みを与えて、最も類似したパターンを探します。

nearest_neighbor_-_weighted_corr

関連 【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

 

今日のレンジ幅を予測するインジ

これは、前日の価格データをもとに、今日の相場の予想最高値と最安値を予測するインジケーターです。

100%この範囲に価格が収まることはありませんが、今日の相場の値動きを予測するツールの1つとしてよければお試しください!

 

関連 1日の平均レンジ幅を予測するADRの使い方&見方

関連 1日の平均値幅をFXに活かす3つのトレード戦略

 

仕組み

まず、次の計算式でXを求めます。

 

そして、今日の予想最高値と最安値の水準を次の式で算出します。

・今日の予想最安値 = X - 前日最高値
・今日の予想最高値 = 前日最安値 - X

 

Daily Range Projections Full

関連 1日の平均レンジ幅を予測するADRの使い方&見方

 

 

フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ

これは、フーリエ解析を利用してFX相場の周期的な価格変動(市場価格のサイクル)、つまり相場の転換点を予測するインジケーターです。

 

計算式は以下の通りで、

参照:メタクォーツ社

 

価格の動きをフーリエ級数式で近似して表すことができるような、a[h]・b[h]・ w[h]を見つけます。

 

フーリエ解析を詳しく学びたい方は、下記のサイトの記事を参考にしてください。

 

設定

・Past bars , to which trigonometric series is fitted:フーリエ級数に使う価格データの範囲(ローソク足の本数)
・Predicted future bars:表示する未来のローソク足の本数
・Narmonics in model:モデル内の高調波の合計数

 

Fourier extrapolation of price

 

 

特異スペクトル分析を使った価格予測インジ

このインジケーターは、特異スペクトル分析を使って、価格変動の特徴や規則性を見つけ出し、未来のチャートを予測します。

 

特異スペクトル変換は、各時系列を、その変化度スコアの時系列に直す変換である。

変化度スコアが高い位置は、その変数に「何かがあった」時刻を示している。それゆえ、その位置は、変数の因果関係を指し示す重要なキーとなりえる。

引用:非線形変換を利用した時系列データからの知識発見

 

設定

・Algorithm:予測アルゴリズムの種類
→ Vector forecast:ベクトル予測 Recurrent forecast:繰り返し予測
・N: Data fragment:サンプルとなる価格範囲(ローソク足の本数で指定)
・Time-dependent lag:時間依存の遅れ
・Noise High-Freq limit:トレンドのノイズを除去するためのパラメーター(ノイズフィルターのしきい値)
・Recalculate period:インジケーターの再計算期間
・Predictable points:予測するローソク足の本数

※特異スペクトル分析についての理解が浅いため、上の各設定の説明が間違っている可能性があるのでご了承ください。

 

特異スペクトル分析について詳しく学びたい方は、下記の記事を参考にしてください。

特異スペクトル解析法に基づく指標を用いた市場動向の予測

 

SSA Trend Predictor

 

みらいチャート

セントラル短資FXの取引ツール「みらいチャート」では、過去のチャートから現在の値動きパターンと類似した型を3つ見つけ出し、未来のチャートの動きを予測します。

今後の相場シナリオの構築やトレードプラン作成に役立つので、興味がある方はぜひお試しください!

参照:セントラル短資FX

セントラル短資FXの詳細はこちら

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.