MT4&MT5

2020/8/8

【MT5】ローソク足パターンを発見表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足パターン(十字線やかぶせ線、トンカチなど)の発生を自動発見するMT5インジケーターを3つ紹介します! 関連 【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!     ローソク足パターンを発見表示するインジ このインジケーターは、次の4つのローソク足パターンがチャートに出現すると、その足を指定した色でハイライトしてくれます。 ・Shooting star:カラカサ ・Engulfing:包み足 ・Doji:十字線 ・Marubozu:ボ ...

FXトレード

2020/8/6

【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説!

  この記事では、出来高指標「オン・バランス・ボリューム(OBV)」について、次の つの項目を解説します。 出来高を分析・解析する指標として、個人的におすすめな指標なので、出来高分析に興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは? トレンド相場でのOBVの使い方 OBVを使ったブレイクアウト戦略 OBVで機関投資家の資金を追え! OBVを使えば、フラッグやダブルボトムの成否を見極めることができる! アラート機能つき!OBVのMT4・MT5インジケ ...

MT4&MT5

2020/8/3

【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!

  この記事では、ローソク足パターン(トウバや明けの明星、首吊り線など)の発生を自動検出するMT4インジケーターを4つ紹介します!     ローソク足パターンを検知するインジケーター このインジケーターは、次の8つのローソク足パターンを自動検出します。 ・hammer:トンカチ ・Bullish Doji:トンボ ・Bearish Doji:トウバ ・falling star:ピンバー ・morning star:明けの明星 ・Uptake model:切り返し線/かぶせ線 ...

MT4&MT5

2020/8/2

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

  この記事では、通貨の強弱を測定するMT4インジケーターを6つ紹介します!   Power of currency このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。 種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。   たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。 上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。 ラインが上向き上昇中 ...

MT4&MT5

2020/8/1

【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

  この記事では、FXにおける通貨の強弱を測定するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】通貨の強弱を測定表示するインジケーター7選!     Absolute currency strength このインジケーターは、各通貨の強さ(ローソク足始値と終値の差を%化)を測定し、サブウィンドウに表示します。 上のチャートでは、米ドル、ユーロ、ポンド、円、豪ドルの5つの通貨の強さを表示しています。   また、移動平均化で通貨の強さの動きを平滑化することもで ...

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

 

この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。

このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。

 

押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方

上昇トレンド相場では、次の2つの手順でラインを引きます。

 

手順

step
1
上昇トレンドにおける、次の2点を起点にトレンドラインを引く

2つの基点

  • 押し安値
  • 上昇波の前々回高値

 

※このラインは、当サイトではクロストレンドラインと呼称しています。

詳しい使い方は、「【頻出度が高い重要ライン!】クロストレンドラインの引き方&使い方」を参考にしてください。

 

step
2
➊で引いたラインに平行なラインを、前回高値を始点にして引く

※MT4では、トレンドラインを選択し、[CTRL]キーを押しながらドラックするとラインがコピーできます

 

高値を更新して、上昇トレンドが進行するたびに、直近高値を起点に平行ラインを引きましょう。

この平行ライン上で反発上昇を確認したら、押し目買いを仕掛けるタイミングになります。

 

注意点として、トレンドの後半では上昇の勢いが低下して深い押し目が入るため、この平行ライン上で反発上昇しにくくなります。

上の相場では、前回押し目内部の高値(トリプルトップの1つ目の高値)を起点にした平行ラインまで価格が下落し、このライン上で反発上昇しています。

 

また、この平行ラインを延長したラインは、トレンド転換後のレジサポラインとして機能します。

テクニックの1つとして参考にしてください。

 

下降トレンド相場では、次の2つの手順でラインを引きます。

手順

step
1
下降トレンドにおける、次の2点を起点にトレンドラインを引く

2つの基点

  • 戻り高値
  • 下降波の前々回安値

 

上の相場では、ブレイクアウト直前のレンジ内安値とブレイク2波の戻り高値を起点にクロストレンドラインを引いています。

 

step
2
➊で引いたラインに平行なラインを、戻りの前回安値を始点にして引く

この相場では、ブレイク1波の安値を起点に平行ラインを引いています。

このコピーライン下で価格が3度反発下落して、上値の硬さを確認できるので、このポイントでブレイク4波の戻り売りを仕掛けましょう!

テクニックの1つとして、このコピーラインの幅で下降ブレイクアウトの勢いを把握することができます。

  • ラインの幅が拡大する:安値を押し下げようとする売りのパワーが強い
  • ラインの幅が狭くなる:安値を押し下げようとする売りのパワーが弱くなっている

そのため、ラインの幅が狭くなると下落の勢いが低下し、ブレイクアウトの終了が近い可能性があるので気をつけてください。

 

 

トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能!

このコピーラインを使って、トレンドの初押しの底や初戻りの天井を予測することもできます。

 

ケース1:上昇→下降のトレンド転換

step
1
押し安値を価格が下抜けたら、その下落波の安値と押し安値の前の高値を起点にクロストレンドラインを引く

 

step
2
➊で引いたラインに平行なラインを、上昇トレンドの最高値を起点にして引く

このコピーラインが下降トレンドの初戻しの転換点の候補になります。価格がこのラインで上げ止まり、反発下落したら戻り売りを仕掛けます。

 

ちなみに、次の戻り(下降4波)の転換点となるコピーラインは、次の手順で引きましょう。

引き方の手順

  1. 上昇トレンドの最後の押し安値と初戻りの高値を起点にクロストレンドラインを引く
  2. 下降トレンド1波の安値を起点に、➊の平行ラインを引く

 

step
1
ケース2:下降→上昇のトレンド転換

次の相場では、トレンド転換前に安値の切り上げが発生しています。

この場合、ラインの引き方がケース1と少し異なるので注意してください。

 

step
1
戻り高値を価格が上抜けたら、その戻り高値と前の安値を起点にクロストレンドラインを引く

 

step
2
トレンド転換直前の高値を起点に、➊の平行ラインを引く

 

 

トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説

では最後に、この平行ラインを利用したMTFトレードを2つ見てみましょう。

 

step
1
トレード例1

下のチャートは、ポンド/円1時間足です。

トレンドラインを下抜け、下降トレンドにトレンド転換しました。ブレイクアウト直後の安値&高値でクロストレンドラインを引き、さらにその間の安値を起点にその平行ラインを引いています。

四角で囲まれた、平行ライン下のポイントを5分足で詳しくみてみましょう。

 

前日NY市場の最高値を上ブレイクアウトするも、1時間足で引いた平行ラインで上値を抑えられ、大きな下落に転じています。

  • エントリー:前日NY高値水準を下回ったら売りを仕掛ける
  • 損切水準・平行ラインの上に置く

その後、再び平行ラインまで価格が上昇しました。

ここでは、東京市場の高値と前日NY市場の高値を超えようとする買い勢力の仕掛けが入りましたが、再度失敗に終わりました。

このブレイクアウトの失敗で前回と同じ規模の価格の下落が期待できます。

利食い水準

前回の大きな下落の最安値の水準が利食い水準の候補になります。

この価格帯では、大きな下ヒゲが何本も発生して、売りポジの手仕舞いの動きが見られます。下落が終了する可能性があるので、ここで利益確定しましょう。

 

トレード例2

下のチャートは、オージ/ドル1時間足です。

上昇トレンド相場で、クロストレンドラインとその平行ラインを引いています。

四角で囲まれたポイントを5分足で見てみましょう。

 

ポイントAで、平行ライン上できれいに反発していますが、ここで買うのは少し危険です。

理由

その直前に、前日高値の上ブレイクアウトが失敗し、買い勢力が一旦市場から撤退しています。

そのため、2~3時間は上値が重く価格が上昇しにくい相場環境になります。

 

その後、平行ラインを下ブレイクアウトしました。

このブレイクアウトは、その時点での今日の最安値を更新する下落であり、大きな売りポジションが市場に入ります。

しかし、このブレイクアウトは失敗し、V字を作り反転上昇しました。平行ラインの上抜けは、ブレイクアウトの騙しを利用した買いの仕掛けポイントです。

その後の相場

前日高値を超えると、1時間足の順張りトレーダーの参入により、上昇が加速しました。

1時間足上昇トレンド相場において、平行ラインでの反発上昇が成功すると、5分足では大きな上昇が発生するケースがよく見られるので順張り買いを積極的に仕掛けるチャンスです。

 

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.