MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【FX】リバーストレンドラインを使ったブレイクアウト手法を公開!

2020年4月28日

 

この記事では、リバーストレンドラインを使った、ブレイクアウト手法を解説します。

これはどの時間足でも発生頻度の高いプライスパターンになるので、トレードアイデアのひとつとして参考にしてください!

【FX】リバーストレンドラインとは?

リバーストレンドラインとは、トレンドラインと反対側の高値(安値)を起点に引いたラインを指します。

 

定義

  • 上昇トレンドの場合:隣り合う高値2点で引いた上昇ライン
  • 下降トレンドの場合:隣り合う安値2点で引いた下降ライン

 

チャネルラインと似たラインですが、次の点で異なります。

・チャネルライン:トレンドラインと「平行」
・リバーストレンドライン:トレンドラインと「非平行」

そのため、この2つのラインを分けるために、この記事では便宜上「リバース(reverse)トレンドライン」とします。

※「opposite = 向こう側の、反対側」のほうが適していると思いますが、オポジットトレンドラインは語呂が悪いので「リバース」を使います

 

 

リバーストレンドラインを使ったブレイクアウト手法

リバーストレンドラインは、チャネルラインと同様、レジサポラインとして注目されています。

順張りトレーダーの場合、このラインをトレンド方向にブレイクアウトすると、トレンドの勢いが加速したとみて、このタイミングで順張りを仕掛けてきます。

 

上の相場では、上昇トレンドと下降トレンドにおいて、リバーストレンドラインを1本ずつ引いています。

各ラインを大きなローソク足でトレンド方向にブレイクアウトしたとき、出来高が増加していることから、多くのトレーダーがここで買いを仕掛けていることがわかります。

 

順張りの仕掛けポイント

出来高の増加を伴って、リバーストレンドラインをトレンド方向にブレイクアウトしたら順張りを仕掛ける

 

この順張りトレードでの利食いポイントとして、リバーストレンドラインの平行ラインが候補の1つになります。

上の相場では、リバーストレンドラインの基点である安値の1つ前の安値を起点に、平行な下降ラインを引いています。

このラインはサポートラインとして機能するため、価格がこのラインに到達したら売りポジションの利益確定をしましょう。

 

もう1つ、例を見てみましょう。

上の相場では、リバーストレンドラインとトレンドラインが組み合わさり、上昇ウエッジパターンを形成しています。

前回下降トレンドラインの高値を起点とした平行ラインがレジスタンスラインとして機能し、ここが利食いポイントになります。

 

このブレイクアウト手法の重要ポイントは、次の4つがあります。

 

ポイント1

  • ラインの傾きが緩やかほど、ブレイクアウトが成功しやすい

リバーストレンドラインの傾きが急であるほど、ラインをブレイクアウトするのに大きなエネルギーが必要であり、成功確率が低くなります。

 

上の上昇トレンド相場では、トレンドの初期と後期で2本の急勾配のリバーストレンドラインを引いてきます。

トレンド初期では、出来高が大きく上昇力が強いため、急勾配のラインでもブレイクアウトして上昇を維持できます。

 

それに対して、トレンド後期では、出来高が減少して上昇力が低下しているため、ブレイクアウトが失敗しています。(これは逆張りトレードの仕掛けポイントです。詳しくは後ほど解説します。)

 

ポイント2

  • 基点の数が多いほど、価格がトレンド方向に伸びやすい

トレンドラインと同様、基点の数が多いほどラインの注目度が高まり、ブレイクアウトのインパクトは大きくなります。

上の相場では、4つの安値を起点にリバーストレンドラインを引いています。

ブレイクアウト後、価格は1つ目の平行ラインを下抜け、2つ目の平行ラインに到達しています。

 

ポイント3

  • ブレイク後の、リバーストレンドラインでの反発もエントリーポイント

リバーストレンドラインを延長したラインは、ブレイク後の下降トレンドでレジスタンスラインとして機能します。

そのため、このライン下での反発下落は戻り売りを仕掛けるポイントになります。

 

また、リバーストレンドラインのブレイク後の高値(安値)を起点にした平行ラインも、その後のトレンドにおける押し目買い(戻り売り)ポイントになります。

 

ポイント4

  • 上位足のリバーストレンドラインは、下位足の重要ブレイクアウト水準

 

1時間足チャートのリバーストレンドラインを引いたポイントを5分足で見てましょう。

5分足ではこのラインを勢いよくブレイクアウトしています。

ブレイク2波(初押し目)とブレイク後のプルバックが買いの仕掛けポイントになります。

このように、1時間足のリバーストレンドラインは、5分足で強力なサポートラインとして機能しており、順張り買いを仕掛けるツールとして利用できます!

 

また、ブレイク後の高値を起点として、1時間足のリバーストレンドラインに平行に引いたラインも、ブレイクアウト水準になります。

 

 

リバーストレンドラインでのブレイク失敗を利用した逆張り手法

上で述べたように、急勾配のリバーストレンドラインは逆張りの仕掛けポイントになります。

 

fxトレンドラインのブレイクアウト

上の下降トレンド相場では、1本目の緩やかなリバーストレンドラインは価格が下抜け、下降トレンドが加速していますが、

2本目の急勾配のラインでは、ブレイクアウトが失敗し大きく上昇しています。

このポイントは、順張り売り注文の損切による買い戻しで勢いよく反発上昇する傾向があるので、ここが逆張り買いのタイミングになります。

 

利食いポイントは、下降トレンドライン到達時です。

また、トレンド後期でこのパターンが発生した場合、トレンド転換につながり、上昇トレンドへ移行する可能性があります。

そのため、ポジションの半分をトレンドライン到達時に手仕舞い、もう半分を長期保有する戦略も可能です。

 

注意点

「ブレイクアウトの失敗がない」ライン上での反発で逆張りを仕掛けるのは危険です。

トレンド方向の勢いが強いため、価格がトレンドラインまで回帰せず、すぐにリバーストレンドラインをブレイクする可能性が高いです。

そのため、通常の反発で逆張りを仕掛けるのは避けたほうがよいです。

 

応用パターンを3つ紹介します。

パターン1

下の相場では、チャネルラインとリバーストレンドラインの2本を引いています。

丸で囲んだポイントは、次の2つの売りが重なるポイントであり、売り圧力が高いです。

  • ああ上昇チャネルライン下での反発下落
  • ああリバーストレンドラインの上抜け失敗

 

 

ちなみに、このポイントではミニリバーストレンドラインでの上ブレイクアウト失敗が発生しており、1分足トレーダーの逆張り売りも入っています。

 

パターン2

重要レジサポラインとリバーストレンドラインのダブルのブレイクアウトの失敗は、大量の損切注文により、逆方向に大きく動くチャートパターンになります。

 

上の相場では、東京市場の最高値とリバーストレンドラインの2つのレジスタンスラインを連続でブレイクアウトしました。

価格が東京市場の最高値下に回帰し、ブレイクアウトの失敗を確認したら売りを仕掛けます。

 

もうひとつトレード例をみてみましょう。

前日安値とリバーストレンドラインのダブルのブレイクアウトが騙しになっています。

下降トレンドの押し安値を起点に引いた平行ラインと前日安値が重なるポイントでの反発上昇は買いを仕掛ける良いタイミングになります。

 

パターン3

トレンドでの深めの押し・戻しでの順張りトレードでも利用できます。

 

深めの押しでの短期の調整下落で、次の2つの仕掛けポイントが重なっています。

  • リバーストレンドラインの下抜け失敗による逆張り買い
  • フィボナッチ・リトレースメント38.2%上での押し目買い

 

上の相場では、上昇トレンドラインのブレイクアウトで、大きな下降スパイクが発生しています。

このスパイクでのフィボナッチ・リトレースメント50%水準でリバーストレンドラインのブレイク失敗が2回連続で発生しています。

ここが戻り売りを仕掛けるポイントになります。

※特に2回目は、同時にフィボナッチ50%水準を上抜け失敗しており、反転下落につながる可能性が高いポイントになります

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.