MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【FXで勝てなくて悩んでいる方へ】億トレーダー&投資家の名言42選

2019年12月1日

 

FX株の名言格言

相場で成功するには何よりも正しい考え方や心構えが大切だ」と気づいたあなたへ。

 

相場では、正しい考え方や心構えが非常に大切です。トレードに関する考え方や信念が間違っていると、どんなに努力しても成功することは絶対にできません。

そして、相場における正しい考え方や心構えを学ぶには、FXで成功を収めたトレーダー投資家名言に触れることが一番!本物の言葉に触れることで「相場の本質」に気づくことができます。

 

そこで今回は、カテゴリー別にFXで役立つ名言を42個まとめました。トレード初心者の方やなかなか勝てなくて悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

FXや株で勝てない本当の理由とは?

テクニカル分析は自信があるのになぜか勝てない方は、「相場で勝つための考え方・信念」を学びましょう!

考え方を正すことで、一気に勝ち組になれる可能性があります。

 

私が相場で儲けることができるようになったのは、自分のエゴを捨てたからだ。

──マーティン・シュワルツ

引用:「ピット・ブル」パンローリング

マーケットから何かを取ろうなどとしてはいけません。何とかして利益を出そうとするのは、勝てないトレーダーに共通する特徴の1つです。

トレーダーにできることは、マーケットが与えてくれるものをただ受け入れることだけです。

 

日々の取引において、相場で金を儲けようと思うべきではない。むしろ単純に運用システムをなぞるように努力すべきである。その運用システムを忠実に遵守すればするほど、全体としての利益は増加するはずである。

──ラリー・ウィリアムズ

引用:「相場で儲ける法」日本経済新聞社

個々のトレードの勝ち負けに一喜一憂する必要はありません。目先の利益に囚われると、相場で安定した利益を得ることはできません。

お金を稼ぐという結果ではなく、「トレード手法を忠実に実行する」プロセスに全神経を集中させましょう。

 

多くの人が勝てない理由は2つ。まず、銘柄を間違えている。トレードするのは、トレンドがあるものと価格変動率が高い銘柄なのです。次に、負け方を知らない。小さな損を抱え続け、巨額なものにしてしまうのです。

──ジェフ・クーパー

引用:「ヒットエンドラン株式売買法」パンローリング

難しい相場には手を出してはいけません。簡単なトレンド相場のみトレードしてください。

簡単な相場に絞ってトレードするのも勝率を上げるコツです。

難しい相場の後には、簡単な相場が必ずやってきます。トレードで勝てない人は難しい相場に手を出し、取り返せないほどの損失を抱え相場から去ります。

 

取引で損をする主たる理由の1つは行動計画を持たないことである。損をする人はシステムやアプローチについて勘が働くに過ぎないのである。

──ラリー・ウィリアムズ

引用:「相場で儲ける法」日本経済新聞社

相場の経験の浅い人の勘は、ただの山勘です。山勘に頼ったトレードは、暗い夜道をライトもつけずに車で走るようなものです。

まずは明確なトレードルール・資金管理・リスク管理にもとづいてトレードしましょう。正しいトレードを積み重ねると、やがて山勘は「経験に基づく直感」に変わります。

 

ストップに引っかかって損切りさせられたマーケットに、すぐに再参入したい欲求に駆られないこと。そのようなトレードは往々にして最初の損を上乗せする結果になるものである。

──ジャック・D・シュワッガー

引用:「シュワッガーのテクニカル分析」パンローリング

自信をもってエントリーしたポジションが損切りになると、お金を失った怒りや恐怖心の感情が溢れてきます。

しかし、すぐにその損を取り返そうとしてはいけません。「お金を取り戻さないといけない!」「次は絶対勝たなくてはいけない!」といった心の焦りを抱えた状態では、納得のできるトレードはできません。

私の場合、損切りになったら30分パソコンから離れることをルールにしています。

 

常に平常心で相場と向き合いましょう。恐怖心や怒り、欲などの感情があなたのトレードを捻じ曲げます。

関連記事 FXのポジポジ病を克服する『劇薬』【覚悟のある方のみ】

 

恐れや優柔不断から躊躇してはならない。明確なトレーディングシグナルや機会が出現しているのに二の足を踏むというのは、自信のなさの表れであり、自信がないということは、自分が選択したシステムや手法、デイトレーダーとしてのスキルに満足していないということである。

──ジェイク・バーンスタイン

引用:「デイトレード実践」パンローリング

次のような悩みを抱えていませんか?

  • エントリーすべきポイントでエントリーを躊躇ってしまう
  • 我慢できずに利食いを早めてしまう
  • 損切りを自分に都合のいいように動かしたり、損切りを置かない

これらは自分の手法を信頼していないことであり、また十分に手法のバックテストをしていない証拠でもあります。

 

自分の手法の勝率や損益比、平均トレード回数、最大ドローダウンなどを把握していますか?

バックテストを徹底的に行い、手法の統計データを集めてください。そして、考える必要なくトレードが実行できるレベルになるまでデモトレードで練習を繰り返しましょう。

この2つをクリアしてはじめてリアルトレードをする資格があります。

 

一貫した成績を残し、収益を維持するためには技術が必要とする。そして一貫した成績は、確かな心理的技術の習得から派生するのである。

──マーク・ダグラス

引用:「ゾーン」パンローリング

相場で安定した成績を残すには、トレード技術と心理的技術の2つが必要です。

どんな素晴らしいトレード技術があっても、それを一貫して実行する心理的技術がなければ、相場で食べていくことはできません。

 

実際の相場が相手では、よほどの幸運が連続しない限り、すべての相場変動から利益を上げるのは不可能です。つまり、常に相場に参加しているとパフォーマンスが上がらないということです。

──新井邦宏

引用:「投資の王道」日経BP社

「本当」のトレードチャンスは想像以上に少ないです。

私の場合、5分足をメインとするデイトレードをしていますが、1日の平均トレード回数は今年のデータで0.6回です。つまり、週の平均トレード回数は3回しかありません。

一日のトレード監視時間は8~9時間なので、ほとんどの時間はチャートを監視しているだけになります。

このように、常に相場に参加する必要はありません。待つこともトレードの立派な仕事です。

 

 

相場の格言&名言で学ぶ「相場の本質」

インジケーターの組み合わせやチャートパターンを学ぶだけで、相場を真に理解していると誤解していませんか?

トレード手法やテクニカル分析など、上辺だけの知識でトレードで稼げるほど相場の世界は甘くありません。

相場の本質を知ることで、相場に対する深い理解が得られます。そして、相場に対する深い理解は精度の高いトレードに繋がります。

 

人の心は変わらず、人の心こそが市場を動かすとすれば、市場もまたいつの世も変わらないのだ。

──ジェシー・リバモア

引用:「世紀の相場師 ジェシー・リバモア」角川書店

市場を動かすのは人間の感情です。経済学の理論で動くものではありません。

プロのトレーダーは、テクニカルやファンダメンタルの理論ではなく、人の感情を利用してトレードしているのです。

 

この世を支配するものは不確実であることをしっかり認識せよ。市場には、私たちの利益になるようなことを与え、行う義務はない。

──ジョン・F・カーター

引用:「フルタイムトレーダー完全マニュアル」パンローリング

あるポイントでエントリーして勝てるかどうかはプロでもわかりません。

プロトレーダーが知っていることは、「特定のポイントでエントリーしたときの勝率」や「優位性のあるエントリーポイントがどこにあるか」だけです。

プロトレーダーは、相場の動きを当てようと予測してトレードしていません。確率や期待値に基づいてトレードしているのです。

 

最も重要な要素とは、マーケットは究極的に人間の心理が基となっており、マーケットをチャートに書き写すということは、単にそんな人間の心理をグラフに置き換えているだけなのだということ。

──アル・ウェイス

引用:「新マーケットの魔術師」パンローリング

チャートは人の感情によって形作られます。

インジケーターの組み合わせでチャートを分析したところで、相場の本質はまったく理解できていません。チャートの動きやパターンの裏にある大衆心理を読むことが大切です。

 

トレーディングとは、市場の流れに接し、その流れを利用することのできる大いに規律的なゲームと言える。それができる人々は、市場で大きな金を稼ぐことができるのだ。

──パン・K・タープ

引用:「魔術師たちの心理学」パンローリング

トレードに完璧さを求めてはいけません。正確なことは誰にもわかりません。

確実さを捨てて、確率や期待値を追求してください。

 

もちろん、その株式投資が結果的に成功だったかどうかは未来にならないと分からないものであり、そうした未来を正確に予測することは不可能である。

──ベンジャミン・グレアム

引用:「賢明なる投資家」パンローリング

相場の動きを当てようとしても無駄です。エントリー後に価格が上下どちらに動くのかは誰にも分かりません。

トレーダーができることは、優位性の高いポイントを探し、期待値が正となる手法ルールを構築し、その手法で淡々と機械的にトレードを繰り返すだけです。

相場の世界では、「勝ちたい、儲けたい」という執着心を捨てることで不思議と勝てるようになるのです。

 

短期トレーダーの90%は損をしている。このことはトレーダーの大多数がたいていは間違っていることを意味している。そうだとしてら、どうしたら彼らと常に反対のことをすることができるだろうか。

──ラリー・ウィリアムズ

引用:「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」パンローリング

相場の世界では、世の中の常識や価値観は通用しません。むしろトレードで成功するのにそれらが足かせとなります。

5%の成功者になりたいならば、周りの人と同じことをしていてはいけません。次のようなことに心当たりはありませんか?

  • 高勝率の手法探しに明け暮れている
  • インジケーターを4個も5個も表示して、チャートがカオスになっている
  • ダマシを避けるために、手法ルールが複雑になっている

勇気をもって大衆と同じ行動をやめることが、トレードで成功する第一歩です。

 

「相場のことは相場に聞け」という格言があります。相場は生き物です。私たちが考えているとおりには、なかなか動いてくれません。理屈では考えられない、いわゆる「理外の理」で動くものです。

──中原圭介

引用:「株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる」日本実業出版社

相場は、世界中のトレーダーの感情や思惑、経済情勢、ニュース、要人発言、金利、実需、噂などの全てを織り込んでチャートを形成します。

このような一定の不確定要素が相場に存在します。そのため、チャートの動きを全て正確に理解することはできません。

相場はどの瞬間も唯一無二のものであり、何事も起こりうるものです。

 

「利食いと損切り」はプロでも難しく、先物取引でどんなに成功していたとしても、これらは完全な意味で取得するのは困難で、「永遠の課題」ともいうべきものなのです。
結論を先に言うと、利食いと損切りには定石はありません。だからこそ難しいのです。

──増田丞美

引用:「日経225先物取引 基本と実践」日本実業出版社

相場に絶対的な正解は存在しません。そこが難しいところであり、また相場の面白いところであります。

トレードは生涯をかけて極めるに値する奥の深い世界です。

 

 

トレンドフォロー手法を極める秘訣

トレンドフォロー手法は、初心者の方に一番最初にぜひ極めてもらいたい王道手法です。勝率が高く、利益を大きく伸ばせる特徴があります。

トレンドフォローで勝てる秘訣やコツを偉大なトレーダーの名言から学びたい方へ。

 

トレンドは反転するよりも継続する可能性が高いというダウ理論の基本教義のひとつである。……マーケットが明確なトレンドを示しているときは、高確率のトレードはトレンドと同じ方向に発生する。

──リンダ・ブラッドフォード・ラシュキ

引用:「魔術師たちのトレーディングモデル」パンローリング

トレンドフォロー手法は、逆張り手法より勝率が高くて大きく稼ぎやすいです。

逆張り手法は、相場の反発ポイントをピンポイントで捉えないといけないので難易度が高いです。プロトレーダーの中には、逆張りを捨ててトレンドフォローのみで稼いでいる人もいます。

難しい戦略や相場に手を出さないことも相場で成功するコツの1つです。

 

仕掛けについてのもうひとつの重要ポイントは、ブレイクアウトが出来高の急増を伴っていることにある。

──パン・K・タープ

引用:「魔術師たちの心理学」パンローリング

出来高の急増を伴うブレイクアウトは成功する確率が高いです。逆に、出来高の小さいブレイクアウトは失敗する可能性が高いです。

これは、プレイクアウトのダマシを避けるフィルターとして利用することができます。ダマシを避けるフィルターをブレイクアウト手法に適応することで、ダマシを減らして勝率をあげることができます。

 

トレンドがすべて、である。私がトレードする90%のマーケットはトレンドの方向が強いマーケットである。

──ジェフ・クーパー

引用:「ヒットエンドラン株式売買法」パンローリング

トレンドの有無は、移動平均線やダウ理論・ボリンジャーバンド・ADXなどで確認することができます。個人的には、ダウ理論によるトレンドの定義がシンプルでおすすめです。

ダウ理論によるトレンドの定義

  • 上昇トレンド:高値安値それぞれが、前の高値安値より切り上げている状態
  • 下降トレンド:高値安値それぞれが、前の高値安値より切り下げている状態

 

トレンドの定義に絶対的な正解はありません。自分に合ったトレンドの定義を決めましょう。

 

トレンドの基本概念の1つは、動き始めたトレンドはしばらく継続するということである。当然一度トレンドが、トレンドラインにより決定された一定の傾きなり速度をもつと、その傾きも継続する。

──ジョン・F・マーフィー

引用:「先物市場のテクニカル分析」

トレードの基本は、トレードの方向に仕掛けることです。天井や大底を狙った逆張りは難易度が高くおすすめしません。

トレンドがそろそろ終了するだろうと、安易に逆張りを仕掛けるのはやめましょう。そういった考えで仕掛けた大衆の逆張りの損切りを巻き込み、トレンドが継続します。

トレンドの終わりはだれにも予測できません。トレンドが継続すると考えて素直に順張りトレードするのが、トレンドフォロー手法のコツです。

 

上昇してきた株が保ちあいに入るとき、出来高が細るはずだ。そして、出来高が再度増加し始めると、発射準備完了ということが多い。

──デビット・ライアン

引用:「マーケットの魔術師」パンローリング

出来高の大きさは、トレーダーの行動や心理が反映されてます。

トレンド時に出来高が小さくなるのは、トレンドフォロー派が相場から撤退していることを示唆しています。トレンドが終了または調整段階に入る可能性があるので、一度ポジションを手仕舞うとよいです。

 

一般的に、人々は上げ相場か下げ相場で利益を得ることができる。しかしマーケットには3種類の方向性がある。上昇、下降、横ばいである。
マーケットが急速に上昇したり下降したりするのは全期間の15%~20%である。大部分の期間は横ばいなのだ。

──パン・K・タープ

引用:「魔術師たちの心理学」パンローリング

トレンドフォロー手法は、相場が方向性を失うもみ合い相場では機能せず、ある程度の損失を出します。

全期間のうち80%を占めるレンジ相場では、トレンドフォロー手法はできる限りエントリーを控え、最小限の損失で乗り切る必要があります。

そして長いレンジ相場が終わった後のトレンド相場で、利をできる限り伸ばして大きく稼ぐのが大切なポイントです。

 

プロトレーダーのメンタルを手に入れる7つの名言

「ルール通りにトレードすればメンタルなんていらないでしょ」と考えていませんか?

トレードのパフォーマンスは、トレーダーのメンタルに左右されます。

どんなに素晴らしい手法でも、それを正しく実行できなければ宝の持ち腐れです。一貫性のあるトレードを行うには、トレーダーとして適切なメンタルが必要です。

勝てないトレーダーは、メンタルの重要性を理解していないために勝てないのです。

 

人間関係では感情も大切であるが、トレードでは感情を押し殺すことも大切である。

──ジェイク・バーンスタイン

引用:「バーンスタインのデイトレード実践」パンローリング

トレードに感情は必要ありません。むしろ感情が足かせとなり、パフォーマンスを悪化させます。

トレードルールをできる限りシステマチックにしましょう。裁量性は全体の10%以下にします。

感情をコントロールすることも大切ですが、欲望や不安・恐怖といった感情がトレード時にできる限り生じないようにすることも大切です。

 

1回に売買する金額が大きくなると、精神的に大変なプレッシャーがかかります。

──高田康行

引用:「株で毎日が給料日」中経出版

デモトレードと違い、リアルトレードでは1回のトレードでお金を失う恐怖心や不安の感情が付きまといます。

いきなりリアルトレードで大きな資金を動かすと、プレッシャーに押しつぶされトラウマとなってしまいます。

まずデモトレードで完璧にトレードが実行できるように練習しましょう。その後、リアルトレードで少しずつ枚数を大きくしていき、お金を失うプレッシャーに心を慣らしましょう。

 

間違うことの恐怖心と正しくなければならないことに対する治療法はこうです。まず、あなたの市場心理から「正しい」「間違っている」という考え方を排除してください。

──トニー・ターナー

引用:「ターナーの短期売買入門」パンローリング

トレードに正しさはありません。あるのは確率です。

何時間かけて分析を行ったトレードでも、その勝敗はエントリーしてみないとわかりません。

トレードに正しさを求めると、間違うことに対する恐怖心に襲われ、一貫性のあるトレードができなくなります。

 

トレーディングにおけるストレスは何かがうまくいってない証拠である。

──ジャック・D・シュワッガー

引用:「ジャック・D・シュワッガーのテクニカル分析」パンローリング

・リスクを大きく取りすぎていませんか?
・毎日のスキャルピングで精神がぼろぼろになっていませんか?
・損切りが苦痛に感じていませんか?

トレードのストレスは改善すべき問題点を教えてくれます。ストレスの原因を洗い出して見ましょう。

問題点を解決することでトレーダーとして成長することができます。

 

本当にリスクを受け入れた状態とは、精神的不快感や恐れなしに、自分のトレードの結果を受け入れることである。

──マーク・ダグラス

引用:「ゾーン」パンローリング

損切り時に怒りや恐怖心、焦りの感情が生じるなら、リスクを受け入れることができていません。

本当にリスクを受け入れることができているトレーダーは、勝っても負けてもそのトレード結果を淡々と受け入れることができています。

 

取引時間中に株価を見ることができる人に注意してもらいたいのは、「株価を見ていると、ついつい買いたくなってしまう」という気持ちが起こることです。

──渋谷高雄

引用:「株チャートパターン投資術」ダイアモンド社

チャートを長時間監視しているとついエントリーしてしまった、ということはありませんか?

衝動はトレーダーの大敵です。衝動的にエントリーしてしまったトレードは、損失と後悔しか残りません。

 

不安、失望、罪悪感という感情で損切りできずに下落している株を持ち続けるのです。

──トニー・ターナー

引用:「ターナーの短期売買入門」パンローリング

損切り水準に価格が近づくと恐怖心や不安の感情に襲われます。恐怖心や不安の感情を断ち切って損切りするのは難しいです。

事前に逆指値注文を入れて、損切りが自動でできるようにするのがおすすめです。

 

 

相場を学ぶ正しい心構えを身につけたい方へ

あなたは相場を学ぶ上での正しい姿勢や心構えは身につけていますか?

スポーツでは、間違ったフォームで練習を重ねても上手くなれません。

トレードも同じです。誤った姿勢や心構えでどんなに研究や訓練をしても上達できません。

 

ノウハウが分かったと思っても、それを確かめるために現実にお金を賭けるのはやめたほうがいい。必要なだけの時間をかけて、学んだことを全部まず紙の上で練習してみるべきだ。

──リチャード・W・ワイコフ

引用:「ストックマーケットテクニック」パンローリング

新しい手法アイデアを思いつくとリアルトレードで試したくなります。しかし、まずは過去のチャートデータを何年も遡って、その手法に優位性があるのか検証を重ねてください。

最低でも2年以上のデータでバックテストを行い、いろいろな相場で手法の統計データを集めましょう。

 

トレードする経験が長く回数が多いほど、多くのことを学びます。習得中は小さいサイズでトレードし、回数を多くします。忘れてはいけないのは、初心者の最初の課題はトレードの仕方を習得することであって、儲けることではないことです。

──アレキサンダー・エルダー

引用:「投資苑2」パンローリング

相場の世界では1年以内に初心者の9割が相場から去るといわれています。初心者ははじめから稼ごうとせず、相場で生き残ることに専念することが大切です。

リアルトレードを行う前にできれば下の2つを実践しましょう。

  • デモトレードで資金を2倍にする
  • 1年以上小さなポジションサイズでトレードする

かなり大変ですが、安全にトレードの経験を積むことができるおすすめの方法です。

 

マーケットから学ぶのは時間が掛かることである、と理解すること。トレーディングの世界に浸りきって、他の全てのことを忘れること。

──リンダ・ブラッドフォード・ラシュキ

引用:「新マーケットの魔術師」パンローリング

数ヶ月トレードの勉強をしただけで勝てるほどトレーディングの世界は甘くありません。

トレードを学習する段階でお金を儲けようとすると、誤った技術や考え方、癖が身についてしまいます。稼げるレベルになるまでは、トレードの正しい技術やメンタル、知識の習得に集中しましょう。

 

判断を間違えたにもかかわらず結果的に成功してしまったときに、自分が正しかったと勘違いしてはいけません。

──オリバー・べレス

引用:「デイトレード」日経BP社

良いトレードとは、自分が決めたトレーディングルールをしっかり守ったトレードのことです。勝ちトレードでもルールを破った場合、良いトレードとはいえません。

同様に、負けトレードでも忠実にルールを守ったトレードは良いトレードです。

個々の勝ち負けではなく、ルールを守れたトレードができたかどうかに焦点を当てることが、相場で安定した成績を残す秘訣です。

 

自信が持てるまでは、つもり売買や小額で試したりすると良い。使用すべきテクニックが見つかるだろう。手法を決めたら、それを来る日も来る日も一貫して使用するのだ。期間・トレード数・リスク金額についてのルールに従い、トレードする。

──ジェイク・バーンスタイン

引用:「バーンスタインのデイトレード実践」パンローリング

一貫したトレードができるまで、デモトレードで練習をしましょう。

デモトレードで何度も失敗してください。トレードは失敗の数だけうまくなります。

 

失敗を分析し、2度と同じ失敗をしないように対策する。トレードの技術の習得はこの繰り返しです。

 

システムを過剰に調整しすぎるというのは、よく言われる落とし穴だね。自由度が多ければ多いほど、システムは過去の価格に適応できるんだ。

──ウィリアム・エックハート

引用:「新マーケットの魔術師」パンローリング

勝率を無理やり上げようとしたりダマシを回避しようとして、手法のルールを複雑にしてはいけません。

勝てない人の手法ほど複雑です。実は相場で稼いでいる人の手法は想像以上にシンプルです。シンプルなほどいろいろな相場に対応し、時の試練に耐えることができます。

 

階段を一段ずつあがってゆくように、ひとつ研究して、それを身につけ、そしたら次に進む、というやり方しか上達する道はないことを知って、それを実行してもらいたいのである。

──林輝太郎

引用:「酒田罫線法」同友館

トレードは職人技です。相場の世界に必勝法や聖杯は存在しません。

何年もかけてトレードの技術を習得し、実践経験を積み上げていくことが唯一の上達の道です。

 

「簡単に誰でも稼げる!」という甘い言葉に惑わされてはいけません。繰り返しになりますが、相場の世界に近道は決してありません。

 

 

資金管理やリスク管理の重要性

「資金管理やリスク管理ってトレードに必要なの?後回しでいいか」と思っていませんか?

これらはあなたの大切な資金を守るために必要な知識です。

資金管理やリスク管理のないトレードは、ただのギャンブルです。行き着く先は破滅の道しかありません。

 

ソロスの父が彼に教えたリスク管理の3つのルールは、今日でもソロスを導いている。
1.リスクをとるのはかまわない
2.リスクをとるのはかまわないが、すべてを賭けてはいけない
3.いつも急いで逃げる準備をしておけ

──マーク・ティアー

引用:「バフェットとソロス 勝利の投資学」ダイアモンド社

ポジションを持つとは、リスクを取ることです。リスクを避けるのではなく、コントロールする必要があります。

そして、1回のトレードでのリスク(損失)を限定することが大切です。

 

大もうけを狙ってトレードを始めれば、必ず絶望する。こういった考え方でトレードすれば、口座が破綻するのは時間の問題だ。

──ジョン・F・カーター

引用:「フルタイムトレーダー完全マニュアル」パンローリング

マスコミで取り上げられる、短期間で何億と稼いだ人たちはトレーダーではありません。ギャンブラーです。

トレードはギャンブルではありません。 勝ちと負けを繰り返し資金をコツコツと積みあげていく地味な仕事です。

短期間で簡単に何億も稼げると勘違いすると、資金の全てをあっという間に失ってしまいます。

 

最初のルールはリスク管理である。何か問題が起きた場合の対処法をいつも考えていなければならない。悲観的な見方かもしれない。だが、きちんとしたリスク管理はデイトレードに不可欠なものである。

──トニー・オズ

引用:「オズの実践トレード日誌」パンローリング

何連敗したらその日のトレードを強制終了するのか。
1週間でどれだけ損失を出したら、その週のトレードは休むのか。

いろいろな状況を想定して、損失を最小限に抑えるために事前に対策をとることが大切です。

 

優秀な商品トレーダーは、自らの損失を限定化するのである。……リスクを取り過ぎるな、という資金管理の聖なる教えを破ってはならないのである。

──ラリー・ウィリアムズ

引用:「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」パンローリング

損失を1回のトレードで取り戻そうとリスク率を大きくしたりしていませんか?リスク率は2%が上限です。それ以上大きくするのは破産の危険があるのでやめましょう。

1回のトレードのリスク率は1%がおすすめです。プロトレーダーの多くが採用しています。

 

システムトレーダーとは違って、自由裁量のトレーダーは負けが込んできたら何日かトレードを休むべきである。

──コートニー・スミス

引用:「魔術師たちのトレーディングモデル」パンローリング

  • 頻繁にトレードしないと不安になる
  • 毎日トレードしないと気が休まらない
  • ルールにあてはまらないポイントでエントリーしてしまう

上のような症状に当てはまる方は、トレード中毒になっています。一度相場から離れることをおすすめします。

 

トレードは精神的ストレスがたまりやすいです。トレードを休むことも1つの戦略。定期的にガス抜きしてリフレッシュしましょう!

 

ポジションをフォローしていく唯一の方法は、常にストップ・ロス・オーダーを置いておくことである。それも取引の最初からだ。

──ラリー・ウィリアムズ

引用:「相場で儲ける法」日本経済新聞社

損切りを手動で行うのは絶対にやめてください!

「お金を失いたくない」という恐怖心や、「このトレードで何が何でも勝ちたい」という執着心などの心理的問題で、損切りを実行できないことがあります。

損切り注文は逆指値注文を入れて、自動で損切りできるようにするのがおすすめ。損切りによる精神的負荷がグッと軽くなりますよ。

 

関連記事:「マーケットの魔術師」から成功の秘訣を学ぶ

トレードで成功を収めるために必要な次の5つを学びたい方におすすめです。

「マーケットの魔術師」から学ぶ23の成功の秘訣 [おすすめの名言まとめ]

Pocket

-トレードのメンタル&マインド強化

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.