FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

トレンドラインの角度でトレンドの強さを分析する方法&戦略 !【4つのパターンに分類】

2020年11月4日

 

トレンドラインを引いたとき、その角度を測定していますか?

もし角度分析をしていない方は、この記事を読めばチャートの読解力を高めることができます!

 

トレンドラインの角度(傾き)は、次のようなトレンドに関する多くの情報を与えてくれます。

  • トレンドの強さ
  • トレンドの継続性
  • トレンドラインをブレイクアウトしたときの、インパクトの大きさ

 

そこで今回は、トレンドライン角度(トレンドの傾き)を4つのパターンに分け、それぞれの角度でのトレンドの強さや特徴、注意点を解説します。

TradingViewでトレンドラインの角度を調べる方法は『【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ』で解説しています!

 

 

1.トレンドラインの角度:5°~30°

 

特徴1

勢いが弱いトレンドであり、トレンドが継続しにくいです。

押し・戻しで力強く反発しにくく、押し目買い・戻り売りのエントリー時に価格の方向感のない上下動に巻き込まれ、損切りに遭うことが多いです。

利益を大きく伸ばしにくいため、リスクリワードレシオが低いトレードになりやすく、順張りトレードは控えめにするのがベターです。

 

特に5°~15°の傾きでは、トレンドと認識されにくく、トレンドとして扱わないほうが良いです。

 

特徴2

角度5°~30°のトレンドラインは、レジサポラインとして弱く、簡単にブレイクアウトされやすいです。

そのためトレンド時の押し目買い・戻り売りに使うのは、ダマシが多いためおすすめできません。

また、トレンドラインのブレイクアウトではブレイク方向に大きく伸びにくいです。

ブレイクアウトするとトレンドが発生せず、もみ合い相場に移行する傾向があります。

 

私の場合、角度5°~30°のトレンドラインでは、ブレイクアウト手法のトレードは見送るようにしています。

 

特徴3

 

上昇トレンドでの角度5°~30°のトレンドラインはトレンドを維持するのが難しく、ラインが破られるとトレンドに理想の角度30°~50°のトレンドラインに修正されます。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト ×
トレード戦略 様子見

 

 

2.トレンドラインの角度:30°~50°

 

特徴1

角度30°~50°のトレンドは安定しており、順張り(押し目買い・戻り売り)に最適です。

押し・戻しは、フィボナッチ・リトレースメント50%や61.8%の深さで反発する傾向があります。

参考:【FX】フィボナッチリトレースメントの引き方マスター講座【場面別や客観性100%の引き方も】

 

特徴2

角度30°~50°のトレンドラインを引けるトレンドは注目度が高く、上昇トレンドの場合トレンドライン上では押し目買いが集中し、ラインをブレイクアウトするとブレイクアウトトレーダーによる売りが殺到します。

トレンドラインを使ったブレイクアウト手法で、勝率を上げたい(=ダマシを避けたい)場合は、

トレンドラインの角度が30°~50°のときのみ、ブレイクアウトエントリーOK』という条件を、手法のルールに加えるのもよいと思います。

 

特徴3

45度の角度が理論上理想的です。

価格が時間と完全に均衡を維持して、上昇(下降)しており、トレンドが継続しやすいです。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

3.トレンドラインの角度:50°~65°

 

特徴1

トレンドの勢いが強く、浅い押し目(戻り)をつけて上昇(下降)します。

押しや戻しでは、フィボナッチ・リトレースメント23.6%や38.2%で反発することが多いです。

そのため、トレンドラインとフィボナッチ23.6%や38.2%が重なるポイントが、押し目買い・戻り売りを仕掛ける候補になります。

 

特徴2

レンジやトライアングルパターンのブレイクアウトは勢いが強く、50°~65°の角度で上昇・下降することが多いです。

逆に、ブレイクアウトしても上昇(下降)角度が5°~30°の場合は、ブレイクアウトの勢いが弱くダマシの可能性が高いので注意しましょう!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ ○~△
トレンドの勢い ○~△
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

4.トレンドラインの角度:65°~85°

 

特徴1

ブレイクアウトや価格の急上昇・急落時に見られる角度です。

価格の上昇(下降)角度が急すぎるため、ブレイクアウトやトレンドが継続しにくいです。

65°~85°の急角度のブレイクアウトは、30°~65°の角度に比べブレイクアウトの成功率が低いので、できればエントリーを見送るようにしましょう。

 

ブレイクアウトの角度 成功率
角度5°~30°
角度30°~65°
角度65°~85°

 

特徴2

角度65°~85°での急騰・急落は、その反動で大きな戻しが発生しやすいです。

そのため、相場が大きく動いたからといって順張りを仕掛けるのは危険。相場の揺り戻しを狙った逆張りを仕掛けるのが有効です。

※トレンドラインを使った逆張り手法は、『【FX】移動平均線とトレンドラインを使った、順張り&逆張り手法!』で紹介しています!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い ×
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 逆張り

 

TradingViewでは、トレンドラインをローソク足がブレイクアウトしたときにアラートで通知してくれたり、トレンドラインに関する様々な情報を確認できます。

詳しくは→【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ

tradingviewのトレンドライン

 

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.