TradingView

2021/10/26

TradingView|ブレイクアウトトレードに役立つインジケーター14選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でブレイクアウトトレードに役立つインジケーターを14個紹介します! 目次 ブレイクアウト水準として注目されるレジサポゾーン検出インジ Breakout in 20 days 標準偏差でレンジの形成やブレイクアウトの発生を見つけるインジ BBケルトナースクイーズ ブレイクアウト足 レンジブレイクアウトをアラートで知らせるインジ オープニング・レンジ・ブレイクアウト ID / ND4ヒストリカルボラティリティブレイクアウト 上位足のフラ ...

TradingView

2021/10/25

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 関連:FXでリスクリワードレシオを自動計算して、チャートに表示する5つの方法 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入 ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

トレンドラインの角度でトレンドの強さを分析する方法&戦略 !【4つのパターンに分類】

2020年11月4日

 

トレンドラインを引いたとき、その角度を測定していますか?

もし角度分析をしていない方は、この記事を読めばチャートの読解力を高めることができます!

 

トレンドラインの角度(傾き)は、次のようなトレンドに関する多くの情報を与えてくれます。

  • トレンドの強さ
  • トレンドの継続性
  • トレンドラインをブレイクアウトしたときの、インパクトの大きさ

 

そこで今回は、トレンドライン角度(トレンドの傾き)を4つのパターンに分け、それぞれの角度でのトレンドの強さや特徴、注意点を解説します。

TradingViewでトレンドラインの角度を調べる方法は『【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ』で解説しています!

 

 

1.トレンドラインの角度:5°~30°

 

特徴1

勢いが弱いトレンドであり、トレンドが継続しにくいです。

押し・戻しで力強く反発しにくく、押し目買い・戻り売りのエントリー時に価格の方向感のない上下動に巻き込まれ、損切りに遭うことが多いです。

利益を大きく伸ばしにくいため、リスクリワードレシオが低いトレードになりやすいため、順張りトレードは控えめにするのがベターです。

 

特に5°~15°の傾きでは、トレンドと認識されにくく、トレンドとして扱わないほうが良いです。

 

特徴2

角度5°~30°のトレンドラインは、レジサポラインとして弱く、簡単にブレイクアウトされやすいです。

そのためトレンド時の押し目買い・戻り売りに使うのは、ダマシが多いためおすすめできません。

また、トレンドラインのブレイクアウトではブレイク方向に大きく伸びにくいです。

ブレイクアウトするとトレンドが発生せず、もみ合い相場に移行する傾向があります。

 

私の場合、角度5°~30°のトレンドラインでは、ブレイクアウト手法のトレードは見送るようにしています。

 

特徴3

 

上昇トレンドでの角度5°~30°のトレンドラインはトレンドを維持するのが難しく、ラインが破られるとトレンドに理想の角度30°~50°のトレンドラインに修正されます。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト ×
トレード戦略 様子見

 

 

2.トレンドラインの角度:30°~50°

 

特徴1

角度30°~50°のトレンドは安定しており、順張り(押し目買い・戻り売り)に最適です。

押し・戻しは、フィボナッチ・リトレースメント50%や61.8%の深さで反発する傾向があります。

参考:【FX】フィボナッチリトレースメントの引き方マスター講座【場面別や客観性100%の引き方も】

 

特徴2

角度30°~50°のトレンドラインを引けるトレンドは注目度が高く、上昇トレンドの場合トレンドライン上では押し目買いが集中し、ラインをブレイクアウトするとブレイクアウトトレーダーによる売りが殺到します。

トレンドラインを使ったブレイクアウト手法で、勝率を上げたい(=ダマシを避けたい)場合は、

トレンドラインの角度が30°~50°のときのみ、ブレイクアウトエントリーOK』という条件を、手法のルールに加えるのもよいと思います。

 

特徴3

45度の角度が理論上理想的です。

価格が時間と完全に均衡を維持して、上昇(下降)しており、トレンドが継続しやすいです。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

3.トレンドラインの角度:50°~65°

 

特徴1

トレンドの勢いが強く、浅い押し目(戻り)をつけて上昇(下降)します。

押しや戻しでは、フィボナッチ・リトレースメント23.8%や38.2%で反発することが多いです。

そのため、トレンドラインとフィボナッチ23.8%や38.2%が重なるポイントが、押し目買い・戻り売りを仕掛ける候補になります。

 

特徴2

レンジやトライアングルパターンのブレイクアウトは勢いが強く、50°~65°の角度で上昇・下降することが多いです。

逆に、ブレイクアウトしても上昇(下降)角度が5°~30°の場合は、ブレイクアウトの勢いが弱くダマシの可能性が高いので注意しましょう!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ ○~△
トレンドの勢い ○~△
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

4.トレンドラインの角度:65°~85°

 

特徴1

ブレイクアウトや価格の急上昇・急落時に見られる角度です。

価格の上昇(下降)速度が急すぎるため、ブレイクアウトやトレンドが継続しにくいです。

65°~85°の急角度のブレイクアウトは、30°~65°の角度に比べブレイクアウトの成功率が低いので、できればエントリーを見送るようにしましょう。

 

ブレイクアウトの角度 成功率
角度5°~30°
角度30°~65°
角度65°~85°

 

特徴2

角度65°~85°での急騰・急落は、その反動で大きな戻しが発生しやすいです。

そのため、相場が大きく動いたからといって順張りを仕掛けるのは危険。相場の揺り戻しを狙った逆張りを仕掛けるのが有効です。

※トレンドラインを使った逆張り手法は、『【FX】移動平均線とトレンドラインを使った、順張り&逆張り手法!』で紹介しています!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い ×
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 逆張り

 

TradingViewでは、トレンドラインをローソク足がブレイクアウトしたときにアラートで通知してくれたり、トレンドラインに関する様々な情報を確認できます。

詳しくは→【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ

tradingviewのトレンドライン

 

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.