MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/20

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/15

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

FXトレード

2020/11/21

【決定版】ボリンジャーバンドを極めたい方におすすめの本12選!

  この記事では、ボリンジャーバンドを学べる12冊のおすすめ本を紹介します。 ボリンジャーバンドは、環境認識やトレードの仕掛け、利食い、損切りに使える万能ツールで、ボリンジャーバンドのみで稼いでいる人もいるほどです。 ボリンジャーバンドを学びたい方は、ぜひ参考にしてください!     1.ボリンジャー・バンド入門 オススメ度★★★★★ ボリンジャーバンドの開発者、ジョン・A・ボリンジャー氏が、ボリンジャーバンドの基礎から応用を詳しく解説しています。 どのテクニカル指標にもいえ ...

MT4&MT5

2020/11/15

【MT4】上位足のRSIを表示するMTFインジケーター5選!

  この記事では、上位足のRSIを表示するMT4インジケーターを5つ紹介します。 気に入ったものがあればぜひお試しください!   MTF機能つきRSIインジ 指定した時間足のRSIラインを1本サブウィンドウに表示します。   時間足は設定の「Timeframe」で指定できます。 0=現在の時間足、1 = 1分足、5 = 5分足、15 = 15分足、30 = 30分足、60 = 1時間足、240 = 4時間足、1440 = 日足、10080 = 週足、43200 = 月足 &n ...

トレンドラインの角度でトレンドの強さを分析する方法&戦略 !【4つのパターンに分類】

 

トレンドラインを引いたとき、その角度を測定していますか?

もし角度分析をしていない方は、この記事を読めばチャートの読解力を高めることができます!

 

トレンドラインの角度(傾き)は、次のようなトレンドに関する多くの情報を与えてくれます。

  • トレンドの強さ
  • トレンドの継続性
  • トレンドラインをブレイクアウトしたときの、インパクトの大きさ

 

そこで今回は、トレンドライン角度(トレンドの傾き)を4つのパターンに分け、それぞれの角度でのトレンドの強さや特徴、注意点を解説します。

TradingViewでトレンドラインの角度を調べる方法は『【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ』で解説しています!

 

 

1.トレンドラインの角度:5°~30°

 

特徴1

勢いが弱いトレンドであり、トレンドが継続しにくいです。

押し・戻しで力強く反発しにくく、押し目買い・戻り売りのエントリー時に価格の方向感のない上下動に巻き込まれ、損切りに遭うことが多いです。

利益を大きく伸ばしにくいため、リスクリワードレシオが低いトレードになりやすいため、順張りトレードは控えめにするのがベターです。

 

特に5°~15°の傾きでは、トレンドと認識されにくく、トレンドとして扱わないほうが良いです。

 

特徴2

角度5°~30°のトレンドラインは、レジサポラインとして弱く、簡単にブレイクアウトされやすいです。

そのためトレンド時の押し目買い・戻り売りに使うのは、ダマシが多いためおすすめできません。

また、トレンドラインのブレイクアウトではブレイク方向に大きく伸びにくいです。

ブレイクアウトするとトレンドが発生せず、もみ合い相場に移行する傾向があります。

 

私の場合、角度5°~30°のトレンドラインでは、ブレイクアウト手法のトレードは見送るようにしています。

 

特徴3

 

上昇トレンドでの角度5°~30°のトレンドラインはトレンドを維持するのが難しく、ラインが破られるとトレンドに理想の角度30°~50°のトレンドラインに修正されます。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト ×
トレード戦略 様子見

 

 

2.トレンドラインの角度:30°~50°

 

特徴1

角度30°~50°のトレンドは安定しており、順張り(押し目買い・戻り売り)に最適です。

押し・戻しは、フィボナッチ・リトレースメント50%や61.8%の深さで反発する傾向があります。

参考:【FX】フィボナッチリトレースメントの引き方マスター講座【場面別や客観性100%の引き方も】

 

特徴2

角度30°~50°のトレンドラインを引けるトレンドは注目度が高く、上昇トレンドの場合トレンドライン上では押し目買いが集中し、ラインをブレイクアウトするとブレイクアウトトレーダーによる売りが殺到します。

トレンドラインを使ったブレイクアウト手法で、勝率を上げたい(=ダマシを避けたい)場合は、

トレンドラインの角度が30°~50°のときのみ、ブレイクアウトエントリーOK』という条件を、手法のルールに加えるのもよいと思います。

 

特徴3

45度の角度が理論上理想的です。

価格が時間と完全に均衡を維持して、上昇(下降)しており、トレンドが継続しやすいです。

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

3.トレンドラインの角度:50°~65°

 

特徴1

トレンドの勢いが強く、浅い押し目(戻り)をつけて上昇(下降)します。

押しや戻しでは、フィボナッチ・リトレースメント23.8%や38.2%で反発することが多いです。

そのため、トレンドラインとフィボナッチ23.8%や38.2%が重なるポイントが、押し目買い・戻り売りを仕掛ける候補になります。

 

特徴2

レンジやトライアングルパターンのブレイクアウトは勢いが強く、50°~65°の角度で上昇・下降することが多いです。

逆に、ブレイクアウトしても上昇(下降)角度が5°~30°の場合は、ブレイクアウトの勢いが弱くダマシの可能性が高いので注意しましょう!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ ○~△
トレンドの勢い ○~△
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 順張り+ブレイクアウト

 

 

4.トレンドラインの角度:65°~85°

 

特徴1

ブレイクアウトや価格の急上昇・急落時に見られる角度です。

価格の上昇(下降)速度が急すぎるため、ブレイクアウトやトレンドが継続しにくいです。

65°~85°の急角度のブレイクアウトは、30°~65°の角度に比べブレイクアウトの成功率が低いので、できればエントリーを見送るようにしましょう。

 

ブレイクアウトの角度 成功率
角度5°~30°
角度30°~65°
角度65°~85°

 

特徴2

角度65°~85°での急騰・急落は、その反動で大きな戻しが発生しやすいです。

そのため、相場が大きく動いたからといって順張りを仕掛けるのは危険。相場の揺り戻しを狙った逆張りを仕掛けるのが有効です。

※トレンドラインを使った逆張り手法は、『【FX】移動平均線とトレンドラインを使った、順張り&逆張り手法!』で紹介しています!

 

特徴まとめ
トレンドの強さ
トレンドの勢い ×
トレンドラインのブレイク時のインパクト
トレード戦略 逆張り

 

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.