FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【使い方解説】5分足~週足のストキャスティクスで、簡単にMTF分析できるMT4インジケーター!

2020年11月6日

 

この記事では、複数の時間軸のストキャスティクスの状況を1つのチャートで確認できるMT4インジケーターを紹介します

これを使えば、つぎのようなことに利用できます。

  • 上位足の方向や値動き余地の確認 (MTF分析)
  • エントリーするかどうかのフィルター機能
  • エントリー目線の固定

ストキャスティクスを使ったMTF分析に興味がある方はぜひ参考にしてください!

 

 

「StochPosition」のダウンロード&インストール

下記サイトからダウンロードできます。

StochPosition

 

ダウンロードできたら、MT4にインストールしましょう。

参考:MT4にインジケータをインストールする方法

 

 

「StochPosition」の概要

このインジケーターは、8つの時間軸(5分足~週足)のストキャスティクスの位置(数値)や方向を教えてくれます。

 

「StochPosition」で得られる3つのデータ

  • Direction:ストキャスティクスのメイン(%Dライン)の方向を矢印で表示
  • Main:メイン(%Dライン)の数値
  • Signal:シグナル(%SDライン)の数値

 

実際のチャートを使って、具体的に見てみましょう。下の画像は、「StochPosition」を表示した5分足です。

1時間足の項目を見てみると、

・Direction:ストキャスティクスは上向き
・Main:メインの数値=27
・Signal:シグナルの数値=23

であることがわかります。

この3つのデータだけでは1時間足のストキャスティクスの状況がイメージしにくいので、参考までにこのときの1時間足のストキャスティクスと比較してみましょう。

 

他にも、次の2つの便利な機能があります。

  • 羅針盤:買い勢力と売り勢力どちらが優勢かを教えてくれる
  • AVG:8つの時間軸のストキャスティクスの平均の数値を表示

この2つを見れば、「現在の相場の優勢な方向」が簡単にわかります。エントリー目線を固定する1つの情報として参考にしてください。

上の5分足チャートでは、売り優勢な局面です。売り目線で固定し、売りを仕掛けるチャンスを待ちましょう。

 

このように「StochPosition」では、ストキャスティクスに関する多くの情報が得られます。

情報量が多すぎてどう処理してよいのか難しいと思うので、実践的な使い方を紹介します。

 

 

「StochPosition」の使い方

「StochPosition」の具体的な使い方を2つ紹介します。よければトレードプランの作成に活用してください。

 

エントリー目線の固定

トレードをする前に、必ず目線を固定することが大切です。

目線を固定していないと、相場の値動きに振り回されて無駄なポジションをもってしまうことが増えます。

 

目線を固定するために、「現在の相場の優勢な勢力」を確認しましょう。次の2つをチャックします。

  • 羅針盤の向き
  • 「AVG」の矢印の向き

たとえば上の2つが上向きなら、買い勢力が強い相場環境と考えられるので、買い目線でトレードプランを立てます。

また、2つの矢印の向きが一致しないときは、方向感が不安定な相場なのでトレードするのは控えましょう!

関連:【FX】私が使っているデイトレードの目線(エントリー方向)の決め方を解説 !|note

 

上位足の方向や値動き余地の確認

目線が決まったら、上位足の相場環境を調べます。

たとえば5分足デイトレードの場合、次の2つを見ます。

  • 15分足から週足のストキャスティクスの方向をCheck!
  • 1時間足のストキャスティクスの数値で値動き余地を調べる

順番に、簡単に説明します。

 

15分足から週足のストキャスティクスの方向をCheck!

6つのうち、4つ以上の時間足のストキャスティクスが同じ方向を向いていることが理想的です。

これは、複数の上位足の方向が一致していることを意味しており、5分足のトレンドやブレイクアウトが伸びやすい相場環境です。

 

特に、1時間足・4時間足・日足の方向が一致しているとき、強い値動きが生まれやすいです。

逆に、上位足のストキャスティクスの方向がバラバラのときは、上位足の買いポジションや売りポジションがぶつかるため、相場が大きく上下動して素直に一方向に動きにくいです。

 

1時間足のストキャスティクスの数値で値動き余地を調べる

エントリーする方向に値動き余地がないと、エントリーしてもあまり伸びない微妙なトレードになってしまいます。

5分足での値動き余地は、1時間足ストキャスティクスのメイン線の数値で調べることができます。

メイン線の数値で見る、上昇値動き余地の目安

  • 50以下:上昇の値動き余地は大きく、買いを仕掛ける良い相場環境です。勝率を上げたい場合は、50以下でのみ仕掛ける戦略をとりましょう。
  • 50~80:上昇の値動き余地はありますが、80に近づくにつれ上値が重くなり、売り圧力が高まります。
  • 80以上:相場のポジションが買いに大きく傾いており、売り圧力が高いです。買いを仕掛けると相場が逆行することが多いので、買いを仕掛けるのは危険です。

 

次のチャートは、トレードは様子見したほうがよい相場局面の1例です。

 

 

「StochPosition」の設定

「StochPosition」の設定画面では、パラメーターや色を変更できます。

・K Line Period:%K期間
・D Line Period:%D期間
・Slowing:スローイング
・MA Method:%Dや%SDの計算時の移動平均線の種類
→「Simple」が一般的に使われています
・Price Field:ストキャスティクスを計算する基準
→「Low/High」が一般的に使われています

 

・Arrow Up Color:上向き矢印の色
・Arrow Down Color:下向き矢印の色
・Arrow Side Way Color:横向き矢印の色
・Feild Text Color:テキストの色
・Time Zone Color:時刻の色。海外の時間が表示されるので、「White」にして非表示にしましょう
・Suggest Buy or Sell Text Color:買いor売りのシグナルの色

・SoundAlerts:「True」にすると、エントリーシグナル時にアラードで知らせてくれます
・MsgAlerts:「True」にすると、エントリーシグナル時にメッセージ画面が表示されます
・EmailAlerts:「True」にすると、エントリーシグナル時にメールで知らせてくれます

 

 

「StochPosition」のMetaEditorの修正

1つ注意点として、このインジケーターを表示すると、デフォルトでは「Direction」の矢印マークがうまく表示されません。

これはMetaEditorでコードを少し書き換えれば、簡単に修正できるので気軽にチャレンジしてみてください。

 

解決方法

step
1
ナビゲーターを開いて、ナビゲーター内の「StochPosition」を右クリックし、「修正」を選択します

 

step
2
MetaEditorが起動するので、「StochPosition.mq4」ファイルの次の6つのコードを変更します

212行目&329行目:「CharToStr(236)」→「CharToStr(221)」
227行目&340行目:「CharToStr(238)」→「CharToStr(222)」
239行目&351行目:「CharToStr(232)」→「CharToStr(220)」

 

step
3
コードを書き換えたら、メニューの「ファイル→保存」で設定を保存し、MetaEditorを閉じます

MT4を再起動すれば、矢印がうまく表示されます。

-FXトレード, MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.