FXトレード

2021/4/19

【FX】5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介!

  この記事では、5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介します。 次のようなケースで利用できます! レンジやレジサポラインのブレイクアウトでのエントリーを見逃した ブレイクアウトの成功を確認してからエントリーしたい ブレイクアウト1波の途中で買い増し(売り増し)したい   目次 5分足ブレイクアウト1波=1分足強トレンド ブレイクアウト直後のレジサポラインに注目! ブレイクアウト1波内部でのはらみ足は、飛び乗りエントリーのチャンス 5分足ブレイクアウト1波は、3 ...

FXトレード

2021/4/15

【FX】ドンチャンチャネルの戦略や使い方を徹底解説!

  この記事では、ドンチャンチャネルの使い方や戦略を解説します。 目次 【FX】ドンチャンチャネルとは? ドンチャンチャネルの4つの使い方! ドンチャンチャネルを使ったブレイクアウト手法のテクニック4選 【4つ紹介】フィルター戦略で、ドンチャンチャネルのシグナルの精度を上げよう! ダブルボラティリティ・ブレイクアウトシステム タートルトレーディングシステムの紹介     【FX】ドンチャンチャネルとは? ドンチャンチャネルは、米国の投資家 リチャード・ドンチャン氏によって開発 ...

FXトレード

2021/4/17

無料で仮想通貨のチャートが見れるおすすめサイト7選!

  この記事では、仮想通貨のチャートが見れるおすすめの無料サイトを7つ紹介します。 ソフトをPCにインストールしたり、ネット証券に口座開設する必要なく無料で見ることができます! それぞれデザインや機能が異なるので、今回紹介する7つのサイトを見比べてお好みのチャートをぜひ見つけてください! 目次 おすすめの無料チャート!TradingView スクリーニング機能が優秀な、みんなの仮想通貨 仮想通貨の4つの銘柄のボラティリティを比較できる!DMMビットコイン ビットコインのヒストリカル・ボラティリテ ...

FXトレード

2021/4/11

【FX】注目度の高いフィボナッチの引き方6選!

  この記事では、多くの市場参加者が注目し、レジサポラインとして機能しやすいフィボナッチリトレースメントの引き方を6つ紹介します。 フィボナッチリトレースメントをトレードに活用している方は、ぜひ参考にしてください! 目次 非常に長いヒゲは、フィボナッチの基点として利用されやすい トレンドラインの始点で引いたフィボナッチは、トレンド転換後の押し・戻し水準 前回トレンドの最高値/最安値 埋まらない窓のフィボナッチは強力なレジサポライン! 前の市場の最高値/最安値は、当日のレジサポライン スパイク(急 ...

FXトレード

2021/4/18

【FX】ヘッドアンドショルダーのエントリーポイントは3つ目の山・谷を狙おう!パターン6選!

  この記事では、ヘッドアンドショルダーの3つ目の山・谷でエントリーするパターンを6つ紹介します。 トレンド転換を狙った逆張りや、トレンドの押し・戻しでの順張りで利用でき、ネックライン越えより早く仕掛けることができるのでぜひ参考にしてください。   ウェッジブレイクアウトで発生するヘッドアンドショルダー 下のチャートのように、上昇トレンド相場における上昇ウェッジの下降ブレイクアウト時に、ヘッドアンドショルダーズトップが出現するパターンは、上昇トレンドが終了し下降トレンドへ転換するきっか ...

FXトレード

2021/3/28

押し目買いのエントリータイミングを見極めるパターン7選!

  この記事では、押し目買い・戻り売りのエントリータイミングを見極めるのに役立つプライスアクション(ローソク足パターン)を7つ紹介します。 これらのプライスアクションが押し底や戻り天井で発生すると、価格は反転しトレンド方向へ動き出す確率が高いです。 トレンドやブレイクアウト相場の押し・戻しで仕掛けるトレーダーはぜひ参考にしてください! 目次 はらみ足(インサイドバー)の連続形成 上ヒゲの切り下げ/下ヒゲの切り上げ 上ヒゲ(下ヒゲ)つきはらみ足 切り上げ下げのヒゲ3本 同水準のヒゲの連続 レジサポ ...

FXトレード

2021/3/24

5分足トレーダー必見!3分足を使うメリットを5つ紹介!

  この記事では、5分足FXデイトレーダーが3分足チャートを使うメリットを5つ紹介します。 3分足では、5分足では見逃してしまうエントリーポイントやチャートパターンが出現するので、5分足デイトレーダーの方は3分足もあわせて見てみてはどうでしょうか? 目次 ブレイクアウト相場での超浅い押し・戻しでエントリーできる 3分足で、隠れた押し・戻しを見つけることができる 5分足で認識しずらいチャートパターンを発見できる 3分足を使えば、より早いタイミングで仕掛けることができる じりじりと上昇(下落)する5 ...

MT4&MT5

2021/3/20

相場のボラティリティを測定するMT4インジケーター4選!

  この記事では、相場のボラティリティを測定するMT4インジケーターを4つ紹介します! 目次 ATRレシオ チャイキンボラティリティ 上位足ボラティリティを測定するインジ 【GARCHモデル】ボラティリティ予測インジケーター ATRレシオ これは、2つのATRの比率を測定表示したインジケーターで、ATRレシオは現在のボラティリティの大きさを把握するのに役立ちます。 計算式 ATRレシオ=短期ATR ÷ 長期ATR×100   下のチャートでは、短期ATR14、長期ATR50のATRレシ ...

【FX】移動平均線とトレンドラインを使った、順張り&逆張り手法!

2020年5月21日

Pocket

 

この記事では、移動平均線トレンドラインを組み合わせた、順張り&逆張り手法を紹介します。

関連 【FX】クロストレンドラインの引き方&使い方【高頻出!】
関連 リバーストレンドラインを使ったブレイクアウト手法を公開!

目次

  1. トレンドラインと50EMAを組み合わせた逆張り手法
    ・トレンドの後期に絞ってトレードしよう!
    ・トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目!
    ・トレードを避けるべき環境
    ・MTFトレード
  2. トレンドラインと50EMAを使った順張り手法

トレンドラインと50EMAを組み合わせた逆張り手法

トレンド相場において、急角度のトレンドラインに沿って価格が急上昇/急落する局面は、相場が買われすぎ/売られすぎ状態にあります。

このとき、トレンドラインをブレイクアウトすると、長期移動平均線まで価格が回帰する傾向があります。

 

下のチャートで、具体的なエントリーポイントを見てみましょう。

移動平均線とトレンドライン

上の相場では、安値圏でダブルボトムを形成して上昇トレンドが発生しました。

 

上昇2波が50EMAで反発上昇していることから、このトレンドは50EMA上で押し目が入り反発上昇を繰り返すと期待できます。

そのため、トレンド波において急角度のトレンドラインを下ブレイクアウトしたら、短期の逆張り売りを仕掛けるチャンスです。

50EMAに価格が到達したら利益確定します。

 

特に、2つ目の仕掛けポイントでは、トレンドラインのブレイク前のスイングハイで大きな上ヒゲが発生しています。

ここでは、順張りの利益確定売りや、上昇チャネルライン下での逆張り売りで売り圧力が高まっているため、50EMAまできれいに調整下落しやすく、優位性の高い売りポイントになります。

 

補足

このトレンドラインと長期移動平均線を使った逆張り手法は、50期間の移動平均線が最適です。

100期間や200期間のEMAでは、50EMAと比べてライン上まで価格が回帰しにくい傾向があるため、おすすめできません。

 

 

トレンドの後期に絞ってトレードしよう!

他にも、この逆張り手法の勝率を上げたい場合、トレンドの後期に絞って仕掛けましょう。

トレンドの初期~中期では、トレンド方向の勢いが強いため、50EMAへの回帰力が弱いです。

そのため、トレンドラインを下抜けても50EMAまで下落せずトレンドを再開することが多いので、逆張り手法が機能しません

 

それに対して、トレンド後期では、トレンド方向の勢いが低下し、50EMAへ回帰しやすく逆張りが成功しやすくなります。

特に、押し目で価格が50EMAを下抜けるようになる、上値が重い緩やか上昇トレンドでは、最も50EMAへの回帰力が高い、逆張り売りの絶好ポイントになります。

関連 知らないと損!FXで押し目買いを仕掛けてはいけないタイミング9選!

 

トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目!

また、トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目しましょう。

上の相場では、逆張りポイントが2つ発生しています。

 

1つ目

  • トレンドラインの傾きが緩やかで、価格と50EMAの距離が近いです
    → トレンドラインを下抜けても押し目に入らず、さらに上昇することが多いです

2つ目

  • トレンドラインの角度が50EMAと比較して急勾配であり、また価格が50EMAから大きく乖離しています
    → 買われすぎの状態であり、この高値圏では買いの需要が低いため、上値が重くなります。絶好の逆張り売りポイントなので、見逃さないようにしましょう!

関連:トレンドラインの角度でトレンドの強さを分析する方法&戦略 !【4つのパターンに分類】

 

トレードを避けるべき環境

ただし、押し目・戻りで50EMAまで価格が回帰しない「勢いの強い」トレンドでは、この逆張り手法が機能しません。

上の相場では、下降2波が50EMAまで戻らず、反発下落している強い下降トレンドが発生しています。

その後、急角度のトレンドラインをブレイクアウトしても、価格が50EMAまで戻らずに反転してトレンドを再開しています。

 

ちなみに、この下降トレンドでは20EMAがレジスタンスラインとして機能しています。

価格が20EMAへの回帰を繰り返していることから、トレンドラインのブレイクアウトを使った逆張り買いができますが、トレンドラインと20EMAの距離が近いため、利食い幅が小さいです。

また、下落の勢いが強いため、20EMAまで回帰しないこともあり勝率がやや悪いため、おすすめできません。

 

同様に、レンジやトライアングルパターンのブレイクアウト2波での逆張りは、失敗になる確率が高いです。

この局面では逆に、上昇トレンドラインを下抜けた直後の押しで引けるカウンタートレンドラインのブレイクアウト買いがチャンスです。

逆張り派は上昇トレンドラインの下抜けで売りを仕掛けますが、ブレイクアウトの勢いが強いためフィボナッチ23.6%水準到達で素早く利益確定しており、カウンタートレンドラインの上抜け時すでに市場から撤退しており、順張り派の買い注文が殺到して大きく上昇し始めます。

関連 【高勝率の秘訣】レンジ内逆張りは、下位足のブレイクアウトを利用せよ!

 

MTFトレード

日足や1時間足など、上位足でこのパターンが発生した場合、下位足では短期~中期のトレンドが発生しており、順張りで仕掛けるチャンスになります。

 

下のユーロ円1時間足では、上昇トレンド相場で50EMAから乖離した、トレンドラインが引けます。

 

四角で囲ったポイントを5分足で見てみましょう。

5分足では、トレンドラインをブレイクアウト後、1時間足50EMAを最終地点とする下降トレンドが発生しています。

トレンドライン下での反発下落やカウンタートレンドラインのブレイクアウト、スイングローでの反発下落が売りを仕掛けるポイントになります。

1時間足50EMAは、5分足で強力なレジスタンラインとして機能するため、このラインに価格が到達するとダブルボトムを形成し、下降トレンドが終了しました。

このダブルボトムのネックライン上での反発は、1時間足トレンド方向に沿った順張りの仕掛けになります。

 

※『ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花』は、相場の節目として注目を集めるキリ番での、大衆トレーダーのストップロスを狩る機関投資家の仕掛けに乗る逆張り手法が解説されています。

大衆心理を利用したラインブレイクアウトの失敗を狙う逆張りに興味がある方におすすめ!

参照:pu-sanfx

 

 

トレンドラインと50EMAを使った順張り手法

カウンタートレンドラインと50EMAを組み合わせることで、押し・戻しの底近くで押し目買い・戻り売りを仕掛けることができます。

 

上の上昇トレンド相場では、調整下落での高値の切り下がりを起点にした、カウンタートレンドラインを3本引いています。

 

エントリーポイント

  • 1つ目:50EMAでローソク足が反発上昇して、その直後にトレンドラインを上抜けて買いを仕掛ける基本パターンです
  • 2つ目:ローソク足が50EMAとカウンタトレンドラインを同時にブレイクアウトしたら買いを仕掛けます
  • 3つ目:50EMAでの反発後、カウンタートレンドラインのブレイクアウトが発生するも失敗になりました

1つ目はトレンドの初動で仕掛けるポイントであり、ラインブレイクすると勢いよく上昇しやすいです。

 

また3本目ではその後、一度50EMAをローソク足が下抜けるも、再度50EMAとカウンタートレンドラインを上抜け、トレンドライン上での反発上昇(プルバック)が入り大きく上昇しました。

このように、カウンタートレンドラインのブレイクアウトのタイミングで買いを仕掛けるのは騙しに遭うこともあります。

そのため、ブレイクアウト後のカウンタートレンドラインでのプルバックで買いを仕掛けるのが、より安全な仕掛けポイントになります。

【私の鉄板】2本の移動平均線(20&50EMA)を使った、押し目買いエントリーパターンを大公開!|note

 

また、下の相場では、上昇トレンドラインと50EMAが重なり、強いサポートラインとして価格を下支えています。

発生頻度は低いですが、上昇圧力が高く、優位性の高い押し目買いポイントになります。

 

ちなみに2つ前の押し目買いポイントでは、2本のカウンタートレンドラインA・Bが引けます。

ラインAのブレイクアウトでは、価格は50EMAの下にあるため、市場参加者の多くは依然売り目線です。そのため、この時点ではまだ価格が上昇すると確信できません。

それに対して、ラインBのブレイクアウトは、50EMAも同時に上抜けており、市場参加者の多くがこのタイミングで買い目線に切り替えるため、きれいに上昇しやすいです。

 

関連 【MT4】移動平均線の無料EAを6つ紹介!【クロス・ADXフィルター・RSI】

 

TradingViewでは、トレンドラインをローソク足がブレイクアウトしたときにアラートで通知してくれたり、トレンドラインに関する様々な情報を確認できます。

詳しくは→【TradingView】トレンドラインの設定&便利機能まとめ

tradingviewのトレンドライン

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.