MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【FX】移動平均線とトレンドラインを使った、順張り&逆張り手法!

2020年5月21日

 

この記事では、移動平均線トレンドラインを組み合わせた、順張り&逆張り手法を紹介します。

目次

  1. トレンドラインと50EMAを組み合わせた逆張り手法
    ・トレンドの後期に絞ってトレードしよう!
    ・トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目!
    ・トレードを避けるべき環境
    ・MTFトレード
  2. トレンドラインと50EMAを使った順張り手法

トレンドラインと50EMAを組み合わせた逆張り手法

トレンド相場において、急角度のトレンドラインに沿って価格が急上昇/急落する局面は、相場が買われすぎ/売られすぎ状態にあります。

このとき、トレンドラインをブレイクアウトすると、長期移動平均線まで価格が回帰する傾向があります。

 

下のチャートで、具体的なエントリーポイントを見てみましょう。

移動平均線とトレンドライン

上の相場では、安値圏でダブルボトムを形成して上昇トレンドが発生しました。

 

上昇2波が50EMAで反発上昇していることから、このトレンドは50EMA上で押し目が入り反発上昇を繰り返すと期待できます。

そのため、トレンド波において急角度のトレンドラインを下ブレイクアウトしたら、短期の逆張り売りを仕掛けるチャンスです。

50EMAに価格が到達したら利益確定します。

 

特に、2つ目の仕掛けポイントでは、トレンドラインのブレイク前のスイングハイで大きな上ヒゲが発生しています。

ここでは、順張りの利益確定売りや、上昇チャネルライン下での逆張り売りで売り圧力が高まっているため、50EMAまできれいに調整下落しやすく、優位性の高い売りポイントになります。

 

補足

このトレンドラインと長期移動平均線を使った逆張り手法は、50期間の移動平均線が最適です。

100期間や200期間のEMAでは、50EMAと比べてライン上まで価格が回帰しにくい傾向があるため、おすすめできません。

 

トレンドの後期に絞ってトレードしよう!

他にも、この逆張り手法の勝率を上げたい場合、トレンドの後期に絞って仕掛けましょう。

トレンドの初期~中期では、トレンド方向の勢いが強いため、50EMAへの回帰力が弱いです。

そのため、トレンドラインを下抜けても50EMAまで下落せずトレンドを再開することが多いので、逆張り手法が機能しません

 

それに対して、トレンド後期では、トレンド方向の勢いが低下し、50EMAへ回帰しやすく逆張りが成功しやすくなります。

特に、押し目で価格が50EMAを下抜けるようになる、上値が重い緩やか上昇トレンドでは、最も50EMAへの回帰力が高い、逆張り売りの絶好ポイントになります。

 

トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目!

また、トレンドラインの傾きや、価格と50EMAの距離に注目しましょう。

上の相場では、逆張りポイントが2つ発生しています。

 

1つ目

  • トレンドラインの傾きが緩やかで、価格と50EMAの距離が近いです
    → トレンドラインを下抜けても押し目に入らず、さらに上昇することが多いです

2つ目

  • トレンドラインの角度が50EMAと比較して急勾配であり、また価格が50EMAから大きく乖離しています
    → 買われすぎの状態であり、この高値圏では買いの需要が低いため、上値が重くなります。絶好の逆張り売りポイントなので、見逃さないようにしましょう!

 

 

トレードを避けるべき環境

ただし、押し目・戻りで50EMAまで価格が回帰しない「勢いの強い」トレンドでは、この逆張り手法が機能しません。

上の相場では、下降2波が50EMAまで戻らず、反発下落している強い下降トレンドが発生しています。

その後、急角度のトレンドラインをブレイクアウトしても、価格が50EMAまで戻らずに反転してトレンドを再開しています。

 

ちなみに、この下降トレンドでは20EMAがレジスタンスラインとして機能しています。

価格が20EMAへの回帰を繰り返していることから、トレンドラインのブレイクアウトを使った逆張り買いができますが、トレンドラインと20EMAの距離が近いため、利食い幅が小さいです。

また、下落の勢いが強いため、20EMAまで回帰しないこともあり勝率がやや悪いため、おすすめできません。

 

同様に、レンジやトライアングルパターンのブレイクアウト2波での逆張りは、失敗になる確率が高いです。

この局面では逆に、トレンドラインの騙しのブレイクアウトを利用した順張りがおすすめです。

逆張り派は、上昇トレンドラインの下抜けで売りを仕掛けており、ライン下に多くの売りポジションが蓄積されています。

そして、ブレイク2波の高値で引いたカウンタートレンドラインを価格が上抜けて、上昇トレンドラインのブレイクが騙しになると、その逆張り売りの損切を巻き込み価格が急騰します。

 

MTFトレード

日足や1時間足など、上位足でこのパターンが発生した場合、下位足では短期~中期のトレンドが発生しており、順張りで仕掛けるチャンスになります。

 

下のユーロ円1時間足では、上昇トレンド相場で50EMAから乖離した、トレンドラインが引けます。

 

四角で囲ったポイントを5分足で見てみましょう。

5分足では、トレンドラインをブレイクアウト後、1時間足50EMAを最終地点とする下降トレンドが発生しています。

トレンドライン下での反発下落やカウンタートレンドラインのブレイクアウト、スイングローでの反発下落が売りを仕掛けるポイントになります。

1時間足50EMAは、5分足で強力なレジスタンラインとして機能するため、このラインに価格が到達するとダブルボトムを形成し、下降トレンドが終了しました。

このダブルボトムのネックライン上での反発は、1時間足トレンド方向に沿った順張りの仕掛けになります。

関連 【FX】クロストレンドラインの引き方&使い方【高頻出!】
関連 リバーストレンドラインを使ったブレイクアウト手法を公開!

 

トレンドラインと50EMAを使った順張り手法

カウンタートレンドラインと50EMAを組み合わせることで、押し・戻しの底近くで押し目買い・戻り売りを仕掛けることができます。

 

上の上昇トレンド相場では、調整下落での高値の切り下がりを起点にした、カウンタートレンドラインを3本引いています。

 

エントリーポイント

  • 1つ目:50EMAでローソク足が反発上昇して、その直後にトレンドラインを上抜けて買いを仕掛ける基本パターンです
  • 2つ目:ローソク足が50EMAとカウンタトレンドラインを同時にブレイクアウトしたら買いを仕掛けます
  • 3つ目:50EMAでの反発後、カウンタートレンドラインのブレイクアウトが発生するも失敗になりました

 

3本目ではその後、一度50EMAをローソク足が下抜けるも、再度50EMAとカウンタートレンドラインを上抜け、トレンドライン上での反発上昇(プルバック)が入り大きく上昇しました。

このように、カウンタートレンドラインのブレイクアウトのタイミングで買いを仕掛けるのは騙しに遭うこともあります。

そのため、ブレイクアウト後のカウンタートレンドラインでのプルバックで買いを仕掛けるのが、より安全な仕掛けポイントになります。

 

また、下の相場では、上昇トレンドラインと50EMAが重なり、強いサポートラインとして価格を下支えています。

発生頻度は低いですが、上昇圧力が高く、優位性の高い押し目買いポイントになります。

 

ちなみに2つ前の押し目買いポイントでは、2本のカウンタートレンドラインA・Bが引けます。

ラインAのブレイクアウトでは、価格は50EMAの下にあるため、市場参加者の多くは依然売り目線です。そのため、この時点ではまだ価格が上昇すると確信できません。

それに対して、ラインBのブレイクアウトは、50EMAも同時に上抜けており、市場参加者の多くがこのタイミングで買い目線に切り替えるため、きれいに上昇しやすいです。

 

押し目買い・戻り売り手法のEAをお探しなら、『レンジ/トレンドHybrid型MT4自動売買システム|Trendgrabber ver3.0』がおすすめ!フィボナッチとMAを使った、シンプルなロジックに基づく安定性の高いEAです。

参照:lmworks

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.