MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【MT4&MT5】過去のチャートを動かすインジケーターの紹介!

 

今回の記事では、MT4・MT5で過去チャートにさかのぼってローソク足を動かすインジケーターを紹介します。

過去検証やトレードの練習など、いろいろな使い方が可能なのでぜひお試しください。

関連 【MT4】複数のチャートの時間足を一括で変更するインジケーター!

 

【MT4&MT5】過去のチャートを動かすインジケーターの紹介!

Review Candle Chart Trial」は、任意のポイントまでチャートをさかのぼって、そのポイントからローソク足を再生して動かすことができるインジケーターです。

※無料版はAUDUSD(豪ドル/米ドル)のみ利用可能です

 

方法

step
1
Review Candle Chart Trial をMT4・MT5にインストールする

MT4版
MT5版

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

step
2
チャートに「Review Candle Chart Trial」を張りつける

インストールすると、ナビゲーター内の「インディケータ→Market」にあるので、これを選択してチャートにドラック&ドロップします。

 

step
3
チャート右隅のスタートボタン[ー]をクリック!

すると、最新のローソク足上に垂直線が表示されます。

 

step
4
この垂直線を選択して、任意の日時まで垂直線を左に動かす

この操作で、垂直線より右側のローソク足がすべて消えます。

※スタートボタンを押すと元に戻ります

 

 

step
5
下のキーで、ローソク足を動かす

・X:右に進む
・Z:戻る

キーボードの[X]キーを1回押すと、ローソク足が1本更新されます。[Z]キーを押すと、ローソク足1本分巻き戻すことができます。

[X]キーを長押しすることで、ローソク足を連続で動かせます。

 

また、[F]キーを押すことで、垂直線より右側の未来のローソク足を表示することができます。

もう一度[F]キーを押すと、非表示にできます。

 

他にも、[L]キーを押すと、垂直線を少し先にシフトすることができます。

 

また、同じ通貨ぺアで同期して動かすこともできます。

同期方法

  1. 同期したいチャートすべてに「Review Candle Chart Trial」を張りつける
  2. 各チャートのスタートボタンを押す

以上で、同期することができ、1つのチャートを動かすと残りのチャートも連動して動きます。

 

下の動画では、AUDUSDの1時間足&5分足を同期しており、5分足の動きにあわせて1時間足が上下に動いています。

 

設定

base vertical lineでは、垂直線の種類や幅を変更できます。

「always enabled」をtrueにすると、垂直線が常に表示されます。falseにすると、スタートボタンを押したときのみ表示されます。

 

candlestickでは、再生したローソク足(陽線・陰線・同時選)の各色を変更できます。

「max bar counts」は、このインジケーターで再生できるローソク足の本数です。より過去のチャートを動かしたい場合は、この数値をデフォルト値より大きくしてください。

 

また、ローソク足を動かすキーも設定で変更できます。

・Step count:1度の操作で動かせるローソク足の本数

たとえば、「Step count=5」では[X]キーを1回押すとローソク足5本分右に動きます。

 

・next:ローソク足をStep countの数値分右に動かすキー
・back:ローソク足をStep countの数値分左に動かすキー

・redisplay:不明
・base line:垂直線を少し先にシフトする
・future:未来のローソク足を表示

 

BID price lineの「enabled」をtrueにすると、再生時の売り値が表示されます。

また、ASK price lineの「enabled」をtrueにすると、買い値を表示できます。

 

※過去のチャートをリアルタイムのように動かしてバーチャルトレードの練習を積みたい方は、『MT4裁量トレード練習君プレミアム』がおすすめ!
ローソク足1本1本の形成過程を観察することができ、より実践に近い環境でトレード練習や過去検証ができます。

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.