FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【MT4&MT5】過去のチャートを動かすインジケーターの紹介!【リプレイ機能】

2020年5月22日

 

今回の記事では、MT4・MT5で過去チャートにさかのぼってローソク足を動かすインジケーターを紹介します。

過去検証やトレードの練習など、いろいろな使い方が可能なのでぜひお試しください。

関連 【MT4】複数のチャートの時間足を一括で変更するインジケーター!

 

【MT4&MT5】過去のチャートを動かすインジケーターの紹介!

Review Candle Chart Trial」は、任意のポイントまでチャートをさかのぼって、そのポイントからローソク足を再生して動かすことができるインジケーターです。

※無料版はAUDUSD(豪ドル/米ドル)のみ利用可能です

 

方法

step
1
Review Candle Chart Trial をMT4・MT5にインストールする

MT4版
MT5版

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

step
2
チャートに「Review Candle Chart Trial」を張りつける

インストールすると、ナビゲーター内の「インディケータ→Market」にあるので、これを選択してチャートにドラック&ドロップします。

 

step
3
チャート右隅のスタートボタン[ー]をクリック!

すると、最新のローソク足上に垂直線が表示されます。

 

step
4
この垂直線を選択して、任意の日時まで垂直線を左に動かす

この操作で、垂直線より右側のローソク足がすべて消えます。

※スタートボタンを押すと元に戻ります

 

 

step
5
下のキーで、ローソク足を動かす

・X:右に進む
・Z:戻る

キーボードの[X]キーを1回押すと、ローソク足が1本更新されます。[Z]キーを押すと、ローソク足1本分巻き戻すことができます。

[X]キーを長押しすることで、ローソク足を連続で動かせます。

 

また、[F]キーを押すことで、垂直線より右側の未来のローソク足を表示することができます。

もう一度[F]キーを押すと、非表示にできます。

 

他にも、[L]キーを押すと、垂直線を少し先にシフトすることができます。

 

また、同じ通貨ぺアで同期して動かすこともできます。

同期方法

  1. 同期したいチャートすべてに「Review Candle Chart Trial」を張りつける
  2. 各チャートのスタートボタンを押す

以上で、同期することができ、1つのチャートを動かすと残りのチャートも連動して動きます。

 

下の動画では、AUDUSDの1時間足&5分足を同期しており、5分足の動きにあわせて1時間足が上下に動いています。

 

設定

base vertical lineでは、垂直線の種類や幅を変更できます。

「always enabled」をtrueにすると、垂直線が常に表示されます。falseにすると、スタートボタンを押したときのみ表示されます。

 

candlestickでは、再生したローソク足(陽線・陰線・同時選)の各色を変更できます。

「max bar counts」は、このインジケーターで再生できるローソク足の本数です。より過去のチャートを動かしたい場合は、この数値をデフォルト値より大きくしてください。

 

また、ローソク足を動かすキーも設定で変更できます。

・Step count:1度の操作で動かせるローソク足の本数

たとえば、「Step count=5」では[X]キーを1回押すとローソク足5本分右に動きます。

 

・next:ローソク足をStep countの数値分右に動かすキー
・back:ローソク足をStep countの数値分左に動かすキー

・redisplay:不明
・base line:垂直線を少し先にシフトする
・future:未来のローソク足を表示

 

BID price lineの「enabled」をtrueにすると、再生時の売り値が表示されます。

また、ASK price lineの「enabled」をtrueにすると、買い値を表示できます。

 

※過去のチャートをリアルタイムのように動かしてバーチャルトレードの練習を積みたい方は、『MT4裁量トレード練習君プレミアム』がおすすめ!

ローソク足1本1本の形成過程を観察することができ、より実践に近い環境でトレード練習や過去検証ができます。

MT4裁量トレード練習君プレミアムの詳細はこちら

 

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.