MT4&MT5

2020/9/29

【5ステップ】MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説!

  この記事では、MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説します。 MT4やMT5でデモトレードしたり、FXチャートを見たい方はぜひ参考にしてください!     MT4・MT5のデモ口座の開設方法   step1XM Trading の公式サイトでデモ口座を開設する 下記サイトを開き、「デモ口座」のボタンをクリックします。 Xm Tradingの公式サイト ※XMデモ口座は最大5口座を開設できるので、デイトレ用、スキャル用、バックテスト用、EA用など使い分けるこ ...

MT4&MT5

2020/9/28

【MT5】アルーンインジケーター5選!

  この記事では、MT5のアルーンインジケーターを5つ紹介します。     MT5アルーンインジケーター これは、アルーンを表示するシンプルなインジケーターです。 関連:【FX】アルーンの使い方&見方【時間に注目してトレンドの勢いを分析する指標!】   設定 ・period of the indicator:アルーンの設定期間n MT5アルーン   また次のインジケーターでは、アルーンアップとアルーンダウンの位置関係に応じて、2本のライン間を色塗り表示しま ...

FXトレード

2020/9/28

騙しを回避!ストキャスティクスのクロス(GC・DC)の精度を上げる8つの方法

  ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスをエントリーシグナルとして使う場合、騙しは避けて通れません。 今回は、クロスのダマシを減らす8つの方法を紹介します。 ストキャスティクスを使った手法の勝率を改善する1つとしてよければ活用してみてください! 目次 パラメーターを大きくして、感度を下げる MACDフィルターで、クロスの精度UP! 過熱ゾーンでのクロスに注目! 1回目のクロスは無視!直後の2回目で仕掛ける ストキャスティクスとボリンジャーバンドは相性バツグン! 3本のストキャスティ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

  この記事では、ローソク足と練行足を組み合わせた手法を紹介します。 練行足を利用している方は、ぜひ参考にしてください! 練行足の使い方は『【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】』をご覧ください     練行足を使った順張りスキャルピング手法 1分足スキャルピングでは、ボックスサイズ10pipsの練行足を使います。   次のオージー円チャートでは、1分足チャートに連行足(10pips)を重ねて表示しています。 相場が10pips上下に動くたびに、その ...

MT4&MT5

2020/9/24

【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

  この記事では、ブレイクイーブンに損切を動かすのに役立つMT5 EAを4つ紹介します! 目次 自動でブレイクイーブン水準に動かすEA ブレイクイーブンの水準にラインを表示するインジ ボタンクリックでブレイクイーブンにストップロスを動かせるEA トレーリングストップつきEA         自動でブレイクイーブン水準に動かすEA このEAでは、ポジションに利益が出たときにストップロス注文をブレイクイーブン(損益分岐点)まで自動で動かしてくれます。 また、こ ...

オプション取引のベガとは?【計算式&グラフ】

2019年12月16日

Pocket

 

この記事では、オプション取引におけるリスク指標の1つ「ベガ(vega)」を紹介します。

これはインプライドボラティリティ(IV)のオプション価格への影響度を測定する指標であり、IVを使う上で欠かさないものです。

 

【金融】ベガとは?【計算式】

オプション取引におけるベガ(vega)は、インプライドボラティリティ(IV)に対する、オプション価格の価格感応度を数値化した指標です。

具体的には、IVが1%変化したときの、オプション価格の変化量(〇〇円上昇/減少)を表します。

関連 【オプション】ギリシャ指標とは?

 

 

計算式

$$Vega=\frac{δC}{δσ}$$

※δC/δσ:σについての偏導関数 C:コールオプション価格 σ:インプライドボラティリティ

数学的には、σについて1回偏微分した一次偏導関数、つまりC‐σグラフの傾きになります。

 

オプション価格(C:コールオプション価格)は、ブラック‐ショールズ方程式より次のように表されるので、

 

 

これをσについて偏微分すると、Vegaの式は次のように表されます。

配当利回りなしのベガ

$$Vega=\frac{S\times\sqrt{T}\times e^{-\frac{(d1)^{2}}{2}}}{\sqrt{2\pi}}$$

配当利回りありのベガ

$$Vega=\frac{S\times\sqrt{T}\times e^{-(qT+\frac{(d1)^{2}}{2})}}{\sqrt{2\pi}}$$

 

ポイント

ベガは、コールオプション・プットオプション共に同じ数値になります。

そのため、上の式ではコールオプション価格(C)を使ってVegaを算出していますが、この数値はプットオプションのベガとしても利用できます。

 

 

ベガの計算&グラフ作成サイトの紹介

ベガのデータは証券会社の取引ツールで確認できますが、他にも下記のサイトで簡単に計算することができます。

 

オプション価格のベガ計算機|マネニュ

 

 

ベガを使った、オプションの価格変動幅の計算方法

オプション取引では一般的に、ファンダメンタルの悪化や株式ニュースなどで相場の先行きが不安定になると、IVが増加しオプション買いの需要が高まります。

このとき、IVの増加により理論上価格が何円動くかを、ベガを使って算出することができます。

 

計算式

オプション価格の変化量 = Vega × IVの変化量

 

計算例1

vega=3.0、現在のオプション価格=110円でIVが25%から26%まで上昇した場合、

価格の変化量=3.0 × (26-25) = 3.0 円

つまり、IVが1%上昇すると、オプション価格は理論上3円上昇して113円に到達します。

 

計算例2

vega=3.0、現在のオプション価格=110円でIVが25%から22%まで減少した場合、

価格の変化量=3.0 × (22-25) = -9.0 円

つまり、IVが3%減少すると、オプション価格は理論上9円減少して107円まで低くなります。

 

ポイント

・vegaが小さい:インプライドボラティリティのオプション価格への影響度小
→保有オプションのボラティリティ変動によるリスク小

・vegaが大きい:インプライドボラティリティのオプション価格への影響度大
→保有オプションのボラティリティ変動によるリスク大

 

 

グラフで見る、ベガに影響を与える5つの要因

次の5つは、ベガの数値に影響を与える要因です。

  • 満期日までの残り日数
  • 有効期限
  • オプションの期限
  • 原資産価格
  • インプライドボラティリティ

それぞれのベガとの関係性を、順にグラフで見てみましょう。

 

満期日までの残り日数とベガの関係

ベガはオプション価格と同じように、時間の経過(満期日までの残り日数)とともに数値が変化します。

オプション取引のベガ

上の画像は、「縦軸:Vega、横軸:満期日までの残り日数」のグラフです。

満期日までの残り日数が多い時期では、Vegaは時間とともに増加しますが、有効期限が近づくと減少し、最終的に0になります。

 

権利行使価格とベガの関係

権利行使価格の「IVの変化に対する感応度」は、価格に応じて異なります。

原資産価格に近い行使価格のオプションはIVの変化に敏感ですが、イン・ザ・マネー(ITM)やアウト・オブ・マネー(OTM)のオプションはIVの影響を受けにくいです。

上の画像は、「原資産価格=100円での縦軸:Vega,横軸:権利行使価格」のグラフです。

アット・ザ・マネー(ATM)のとき、ベガは最大値をとります。

そして、権利行使価格が現在の原資産価格から近いほどベガは増加し、権利行使価格が現在の原資産価格から離れるほどベガは減少します。

 

オプションの期限とベカの関係

一般的に、短期オプションはインプライドボラティリティの影響を受けにくく、長期オプションはより影響を受けやすいです。

そのため、長期オプションはIVの変化に対して、価格がより大きく動く傾向があります。

上の画像は、「期限1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の各オプションそれぞれの、Vega‐権利行使価格」のグラフです。

長期オプションは、短期オプションよりもVegaの数値が全体的に大きくなっています。

 

Vega(ATM)

アット・ザ・マネー(ATM)におけるベガは、次の式で表されます。

$$Vega=\frac{S\times\sqrt{T}}{2000}$$

この式より、ATMにおけるVega(上のグラフの頂点)は、「S:原資産価格」と「T:満期日までの日数」に比例して大きくなります。

 

原資産価格とベガの関係

上のVega(ATM)の式で見たように、ATMにおけるベガの数値は原資産価格に比例します。

そのため、下のグラフのように、原資産価格が大きくなる(グラフが右にシフトする)ほど、ベガの最大値は大きくなります。

 

インプライドボラティリティの大きさとベガの関係

上の画像は、「10%・30%・50%のIVそれぞれの、Vega‐権利行使価格」のグラフです。

インプライドボラティリティが大きいほど、行使価格が原資産価格から離れたときのベガの減少率は低くなります。

また、アット・ザ・マネー(ATM)のオプションのベガは、IVの大きさに関わらずただ1つの数値になっています。

-オプション取引

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.