FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】

2020年9月23日

Pocket

 

この記事では、練行足について次の5つの項目を解説します。

 

【FX】練行足とは?【計算方法】

練行足は、相場が一方向に一定の値幅を動くと新しい足が作成される、非時系列チャートの一種です。

一定の時間間隔の値動きをもとに作成されるローソク足と違い、練行足はポイント&フィギュアのように時間に依存しません。

 

練行足の作成方法

step
1
練行足の値幅(=ボックスサイズ)を設定する

たとえば5分足の場合、ボックスサイズは5~10pipsが一般的です。

ただし、通貨ペアによってボラティリティの大きさは異なるため、通貨ペアごとに最適な値幅を選ぶ必要があります。(この解決方法はのちほど紹介します!)

 

※ボックスサイズの大きさにより、練行足とローソク足の関係性は大きく変わります。

ボックスサイズが小さい場合、ローソク足の小さな価格変動で新たな練行足が生成されて頻繁に反転をくりますが、

 

ボックサイズが大きいと、ローソク足の小さな価格変動は無視され、新しい練行足が生成されるのに時間がかかります。

 

step
2
ボックスサイズを超える価格変動が発生すると、その方向に練行足を作成する

下のチャートは、ローソク足上に練行足(値幅10pips)を重ねて表示したものです。

ローソク足の終値が練行足の高値を基準に10pips上昇したら、右上に練行足の陽線が形成されます。

同様に、ローソク足の終値が練行足の安値を基準に10pips下落したら、右下に練行足の陰線が形成されます。

 

計算例

現在の価格が102.40円でボックスサイズ=20pipsの場合、ローソク足終値が102.60円を超えると練行足の陽線が形成します。

終値が102.59円に到達したり、ローソク足高値で102.60円を超えても新たな練行足は作成されません。

注意点として、練行足が横並びすることはありません。

たとえば上の続きで、終値が102.60円を超えたあと、102.40円まで下落しても練行足陰線は作成されません。

さらに下落して、102.20円に終値が到達したら練行足陰線が作成されます。

 

 

練行足の欠点と解決策

練行足の欠点は、次の2つがあります。

 

デメリット1

練行足は終値のみで作成されるため、ローソク足の高値安値の動きは反映されません。

そのため、練行足だけ見てトレードすると、ローソク足の大きな上ヒゲや下ヒゲの発生を見落としてしまいます。

 

ピンバーや十字線など、大きなヒゲで作られるローソク足パターンは、相場の反転や逆張りシグナルとして活用できる重要なシグナルになります。

そのため、練行足でトレードする場合も、ローソク足チャートもあわせて表示するのが良いと思います。

 

デメリット2

上でも述べましたが、通貨ペアごとに市場のボラティリティが異なるため、練行足のボックスサイズは通貨ペアごとに適切な値を設定する必要があります。

また、同じ通貨ペアでも時間の経過によりボラティリティが変動するため、過去の相場でアジャストしたボックスサイズでも現在の相場では適切ではない可能性もあります。

 

この解決策として、ボックスサイズは値幅(pips)ではなく、ATRを利用するのがおすすめです。

ATRは市場のボラティリティを測定する指標であり、時間経過によるボラティリティの変化にあわせてATR値も変動します。

そのため、ATRを使ったボックスサイズは固定ではなく。ボラティリティにあわせてサイズが自動的に変更されるため、トレーダーが手動でパラメーターを微調整する必要性がありません。

 

※ATRの練行足やサブウィンドウに連行足を表示するインジケーターは、次の記事で紹介しています。

【MT5】練行足をチャートに表示するインジケーター4選!

では、練行足の実践的な使い方を見ていきましょう。

 

 

練行足は押し目買い・戻り売りのエントリータイミングに最適!

練行足では、トレンド相場での押し目買い・戻り売りの仕掛けのタイミングを計るシグナルとして優秀です。

 

具体例を下のドル円30分足チャートで見てみましょう。

長期的な下降トレンドが発生しており、戻り売りを仕掛けるチャンスです。

ポイントAは戻り売りを仕掛ける局面ですが、105.120円下でしばらく上下動し、仕掛けるタイミングの見極めが難しいです。

この値動きに対応する練行足(ポイントB)を見ると、105.120円下で4本連続の陽線(青色)→陰線(赤色)できれいに反転下落しており、戻り売りを仕掛けるタイミングが明確です。

 

練行足の戻り売りシグナル

  • 練行足陽線が2本以上連続して相場の戻しが入ったのを確認し、その後陰線で反転したら売る

このシグナルを使えば、前回・前々回の戻り売りも安全に仕掛けることができます。

また、その後陰線が連続して下落したのち陽線が出現して反転したら、このタイミングで利益確定します。

 

このように練行足では、小さな価格変動の情報を除外して、相場の主要な動きのみに集中します。

値動きが複雑で情報量の多いローソク足を使っていて小さな値動きに振り回される方は、練行足で仕掛けのタイミングを計るのもよいと思います。

 

ポイント

練行足の仕掛けシグナルの精度を上げたい場合は、練行足の陽転・陰転時にダブルボトム・ダブルトップの出現を確認してから仕掛けましょう。

また、練行足の陽転・陰転後、トレンド方向への足が2本連続で出現するのを確認してから仕掛けるのもありです。

かんたんな具体例を下の上昇トレンド相場でみてみましょう。

ポイントAでは、押し目の底において、練行足が陽転して陽線が1本のみ出現していますが、押し目買いは失敗になりました。

陽転後2本連続で陽線が出現して、トレンド方向の強さを確認してから仕掛けるのが安全です。

 

 

練行足はチャートパターンやトレンドラインが見つけやすい!

練行足でチャート構造を簡素化することで、チャートパターンが発見しやすくなります。

 

下のオージードルでは、練行足が0.726010ドルの水準で2回反発し、きれいなダブルボトムを形成しました。

このとき、ローソク足チャートでもダブルボトムを形成しましたが、ダブルボトムのほうが形がきれいで見つけやすいです。

 

下の練行足チャートでは、エリオット波動1~5波や拡大型ウェッジ、ヘッド&ショルダーズトップ、トライアングルが発生しています。

 

また、練行足チャートは相場の高値安値がはっきりとしているため、レジサポラインやトレンドラインが引きやすいです。

 

例1:ダブルトップ高値の水準がレジスタンスラインとして機能している

その後、この水準で練行足が3度反発下落しています。

 

例2:トレンドの高値で引いた下降トレンドライン

練行足ではローソク足と違いヒゲがないため、トレンドラインが引きやすいです。

 

 

練行足を使った環境分析

ローソク足に重ねた練行足は、相場の環境認識に利用することができます。

たとえば、練行足の方向性でトレンド方向を把握することができます。

定義

  • 上昇トレンド中:練行足陽線が2本以上連続発生
  • 下降トレンド中:練行足陰線が2本以上連続発生

 

上昇トレンド中に、連行足陰線が1本だけ発生するもすぐにその陰線高値を価格が越える場合は、トレンド途中の調整下落に過ぎず、再び上昇トレンドが再開します。

しかし、2本連続で連行足陰線が発生した場合は、調整下落ではなく下降トレンドへ転換した可能性があるので気を付けてください。

 

また、平均以上の横幅をもつ練行足はレンジ相場になります。

練行足の幅が平均値を超えたら、「レンジ相場へ突入したのでは?」と注意してください。

 

他にも、練行足の横幅や縦幅で相場のボラティリティや勢い(モメンタム)を調べることができます。

ボラの分析

  • 各連行足の縦幅が狭い:ボラティリティ大きい
  • 各連行足の縦幅が広い:ボラティリティ小さい

モメンタムの分析

  • 各練行足の横幅が狭い:相場の勢い強い
  • 各連行足の横幅が広い:相場の勢い弱い

 

下の相場では、練行足陽線の横幅が広く、勢いが緩やかな上昇トレンドを形成しています。

トレンド方向に一気に動かず、深めの押しが入る傾向があるので、損切り幅は広くするのが安全です。

 

次の相場では、練行足陰線の横幅が狭く、強い下降トレンドが発生しています。

また、練行足の縦幅が圧縮されており、ボラティリティの高い急落相場であるとわかります。

 

関連 【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.