FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

2020年11月23日

 

この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します!

トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。

関連:【MT5】ボリンジャーバンドを使ったEAを2つ紹介!【ブレイクアウト&逆張り】

 

MT5版RSI EA

このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。

上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。

1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。

この時点では新規買いポジションはもたず、再度30%を下抜けたタイミング(2つ目のシグナル)で買いエントリーします。

買いポジション保有時は30%下抜けでさらに買いポジションを追加せず、RSI70%到達(3つ目のシグナル)で利益確定売りします。

そして、一旦RSIが70%を下抜けたのち、再度70%を超えたら(4つ目のシグナル)売りを仕掛けます。

 

買われすぎ水準、売られすぎ水準は設定で変更できます。デフォルトではそれぞれ70%、30%になります。

・Over Bought Level:買われすぎ水準
・Over Sold Level:売られすぎ水準

また、エントリー後反対側の水準にRSIが到達するとポジションが決済されるほか、設定の「Stop Loss」「Take Profit」で損切り幅、利食い幅を指定することができます。

※「Risk % per Trade」で、1回のトレードでのリスク率(1回のトレードで資金の何%を賭けるか)を指定できます

RSI Levels

 

 

いろいろカスタマイズできるRSI EA!

これは、カスタマイズ性の高いRSI EAです。

 

エントリー

エントリールールは次の2つから選べます。

1つ目

  • 売りシグナル= RSIが70%に到達したとき
  • 買いシグナル= RSIが30%に到達したとき

 

2つ目

  • 売りシグナル= RSIがいったん70%を上回り、70%を下抜けたとき
  • 買いシグナル= RSIがいったん30%を下回り、30%を上抜けたとき

 

エントリールールは、設定の「RSI Type」で変更できます。

RSI Type

・1つ目:Oversold/bought Situations
・2つ目:Camebacks Oversold/bought

他の設定

・Active RSI:Onにすると、EAが有効化されます
→セッティングは3つあり、最大3つのEAを同時に走らせることができます
・RSI TF:RSIの時間足
・Sell/Buy Level:シグナルの水準を指定
・Reverse signal:trueにすると、エントリー方向が反転します(RSIを順張りEAとして利用したい方向け)
→例:RSIが70%に到達したとき買い、RSIが30%に到達したとき売り
・Sell/Buy Reset Level:リセット水準

 

リセット機能とは?

エントリー後、設定したリセット水準にRSIが到達するまでは、RSIが30%・70%に再度到達しても新規エントリーしません。

たとえば「Sell Reset Level=60」では、RSIが70%に到達して売りを仕掛けたあとは、RSIが60%水準に到達するまでは売りシグナルが無効になります。

 

利益確定

利食い幅と損切り幅をポイント(0.1pips)で指定できます。

・TakeProfit:利食い幅
・StopLoss:損切り幅

「Profit/Loss Behavior」で個別のポジションに適応するか、全ポジションに適応するか指定できます。

・Individual:個々のポジションの利食い・損切りは独立して行う
・Averaging:全ポジションの平均含み損益が、指定した値に到達したら手仕舞い

 

また、ブレイクイーブンやトレーリングストップ機能も利用できます。(trueにすると有効化できます)

 

ブレイクイーブンの設定は、次の2つで指定します。

・Break Start:エントリー価格から何ポイント順行したら実行するか
・Break Step:損切水準を何ポイント動かすか
→ 損益分岐点にストップロスを移したい場合は、「エントリー価格~最初のストップロス価格の差」を入力します

引用:【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

 

トレーリングストップは、「Traling Stop/Step」で設定します。

詳しい設定方法は、『【MT4】自動でトレーリングストップを実行してくれるEA7選!』をご覧ください。

 

資金管理

・Max Spreads:この数値を超えるスプレッド値の場合、エントリーは回避します
・initial Lots Type:ロット計算のタイプ。次の2つがあります

・Fixed Lotsize:ロットサイズを固定します。サイズは「Fixed Lots」で指定します
・Lot Base on XBalance:残高(トレード資金)に応じて、ロットサイズを増やします

 

・XBalance:残高の基本単位
・LotsizePerXBalance: 残高がXBalance分増えるたびに増加するロットサイズを指定

例:XBalance = 100、LotsizePerXBaance = 0.1のとき

残高が100ドルのとき、ロットサイズは0.1。残高が300ドルのとき、ロットサイズは0.3(=0.1+0.1×2)。

 

・Max Lots: 1回の取引での最大ロットサイズ
・Max Daily Trade: 1日の上限取引数
・Trend Filter:トレンドフィルター機能の有効化

 

トレンドフィルター機能とは?

日足ADX値で現在の相場環境を判定します。

ADXが25以上はトレンド相場、20未満はレンジ相場と判定します。

「Trending Market」にすると、トレンド日のみエントリーし、レンジ日ではエントリーしません。

「Range Market」にすると、レンジ日のみ仕掛け、トレンド日は仕掛けません。

 

また、「initial Trade Type」でエントリー方向を限定することができます。

Any Single Side:買い&売り
Long Side Only:買いのみ(売りシグナルは無視)
Short Side Only:売りのみ(買いシグナルは無視)

 

Cap RSI Trader EA MT5

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.