FXトレード

2021/7/23

【H1&M5】MTFボリンジャーバンドの見方&エントリーポイントを解説【FX】

  この記事では、5分足と1時間足を組み合わせたボリンジャーバンドの見方やエントリーポイントを紹介します。 ここでは、5分足チャートに次のインジケーターを表示しています。 20期間ボリンジャーバンドの±2σバンド 240期間ボリンジャーバンドの±2σバンド(≒1時間足の20期間BBの±2σバンド) 20EMA 240EMA(≒1時間足の20期間EMA) ※ボリンジャーバンドのミドルバンドは、SMAの代わりに20EMAや240EMAを表示していますが、SMAでもOKです 目次 1時間足ボリバン+1 ...

FXトレード

2021/7/20

ビックチャンスを見逃すな!月曜日に形成したレンジは、ブレイクアウトトレードの大チャンス!

  FX市場や株式相場では、月曜日は様子見のトレーダーが多いため、出来高が少なく狭いレンジを形成する傾向があります。 そして、このレンジをブレイクアウトすると、様子見していたトレーダー達の新規注文が市場に流れ込み、一方向に大きなトレンドが発生することが多いです。 この記事では、この一連の値動きパターンを利用したブレイクアウト手法について解説します。 関連 【FX】5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介! 目次 マンデー・レンジの見つけ方 マンデー・レンジを使ったブレイクア ...

MT4&MT5

2021/7/30

【MT4】ボリンジャーバンドのおすすめインジケーター13選!【MTF・アラート・%B】

  この記事では、MT4で使えるボリンジャーバンドのおすすめインジケーターを13個紹介します! 目次 表示/非表示を切り替えることができるボリバン 過去検証に役立つボリバンインジケーター ボリンジャーバンド%B  MACDやRSIにボリンジャーバンドを表示するインジ ボリバンとATRバンドを表示するインジ BBストップ EMA版ボリンジャーバンド ボリバンとRSIを使った逆張りシグナル 複数時間足のボリバンレベルに水平線を引くインジ 上位足のボリンジャーバンドを表示できるインジ サブウィンドウに ...

MT4&MT5

2021/7/10

【MT5】ボリンジャーバンドのインジケーター15選!【MTF・アラート・%Bなど】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのインジケーターを15つ紹介します。 目次 サブウィンドウにボリンジャーバンドつきチャートを表示するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅とATRでボラティリティを測定するインジ トレンド・レンジを自動判定してバンド間の色で知らせてくれるインジ BBストップ ボリバンのブレイクアウトでアラートが鳴るインジ バンド間で色塗りされたボリバンインジ ボリンジャーバンド%B フィボナッチ・ボリンジャーバンド MACDボリンジャー MTF機能つきボリンジャー ...

FXトレード

2021/6/20

【FX】エリオット波動5波を狙う順張り戦略を解説!

  エリオット波動3波目は取れる値幅は大きく、うまくトレードすれば大きく稼げます。 しかし、トレンドの最初の押し・戻りでのトレードのため、トレンドの初動を捉える技術が必要であり難易度が高いです。   そのため、初心者の方はエリオット波動5波でのトレードがおすすめ!難しい3波ではなく5波を確実に狙うことで勝率を改善することができます。 そこでこの記事では、エリオット波動5波のトレード戦略と、1時間足と5分足を使った実践トレードを解説します。   エリオット波動5波を狙うトレード ...

FXトレード

2021/6/13

【FX】5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップ!

  この記事では、5分足でビックトレンドが発生するセットアップを紹介します。 このセットアップが完成すると大きなトレンドが形成する確率が高く、5分足で順張りトレードを仕掛けるチャンスになります。 目次 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? ビックトレンドが発生する原理 セットアップの4つの注意点! 応用パターン例を4つ紹介! 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? 5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップは、下のような1時間足で形成する値動きパターンになります。 ...

FXトレード

2021/6/5

【FX】ブレイクアウト手法の利食い戦略を9つ紹介!

  ブレイクアウト相場は相場が短時間で一気に動くため、利食いのタイミングが難しいですよね。 テクニカル指標やレジサポライン、チャートパターンを使うことで、客観的にブレイクアウト手法での利食いを行うことができます そこでこの記事では、ブレイクアウト手法の利食いのタイミング方法を9個紹介します。 目次 ブレイクアウト方向のレジサポライン到達 ブレイクアウト方向のボリバンのバンドが閉じたら ブレイクアウトと逆方向のボリバンのバンドが閉じたら ダブルトップやダブルボトム形成 パラボリックでトレーリングス ...

MT4&MT5

2021/7/25

【MT4&MT5】リスクリワードレシオを測定表示するインジケーターの紹介!

  今回は、リスクリワードレシオ(損益比率)を自動計算するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 その他の機能として、利食い幅や損切り幅をpips表示したり、リスク率にもとづくロット数を自動計算してくれるので、ぜひお試しください!   リスクリワードレシオを測定表示するインジケーター このインジケーターは、リスクリワードレシオやロット数を自動計算してくれます。使い方を順に解説します。 ・リスクリワードレシオの測定方法 ・トレードでの実践的な使い方 ・パネルの使い方 ・ロットサイズの ...

【FX】ヘッドアンドショルダーのエントリーポイントは3つ目の山・谷を狙おう!パターン6選!

2021年4月2日

 

この記事では、ヘッドアンドショルダーの3つ目の山・谷でエントリーするパターンを6つ紹介します。

トレンド転換を狙った逆張りや、トレンドの押し・戻しでの順張りで利用でき、ネックライン越えより早く仕掛けることができるのでぜひ参考にしてください。

 

ウェッジブレイクアウトで発生するヘッドアンドショルダー

下のチャートのように、上昇トレンド相場における上昇ウェッジの下降ブレイクアウト時に、ヘッドアンドショルダーズトップが出現するパターンは、上昇トレンドが終了し下降トレンドへ転換するきっかけになることがよく見られます。

ウェッジの下降ブレイクアウト直後の上昇がウェッジサポートラインの抵抗にあい、直近高値を更新できず高値を切り下げました。

この高値はヘッドアンドショルダーの3つ目の山で、またウェッジブレイクアウト直後のプルバックでもあり、ネックラインを下抜けることで上昇トレンドの転換を狙った逆張り派の売り注文が入り、ブレイクアウト売りと重なることで下落の勢いが加速します。

 

似たパターンをもうひとつ見てみましょう。

次の5分足チャートでは、価格が急騰しておりその高値圏でチャネルを形成しています。(スパイク&チャネル)

今回のチャネルブレイクアウトでは、大きな下ヒゲで押し安値2つを下抜ける「切り下げ型ヘッドアンドショルダーズトップ」を形成しました。

ブレイク後の価格がチャネルラインで反発下落し、3つ目の山を形成したのを確認できたら売りエントリーのチャンスです。

チャネルライン到達時のローソク足を詳しく見てみると、上ヒゲつき陽線の形成でライン下での売り圧力の強さが確認でき、次の足ではこの陽線に包まれたコマ足で、この2本の足ではらみ足を形成しているため、このはらみ足の下方向のブレイクアウトが売りを仕掛けるタイミングになります

※ローソク足数本を使ったエントリータイミングについては、『押し目買いのエントリータイミングを見極めるパターン7選!』でも解説しているのでよければこちらも参考にしてください

 

 

ヘッド&ショルダー内で形成したチャネル

下の5分足チャートでは、高値圏で切り下げ型ヘッド&ショルダーズトップを形成しています。

2つ目の高値を始点とした、右肩下がりのネックラインに平行なラインは、下降チャネルの逆張り売りポイントとして逆張り派が注目しており、3つ目の山はこのチャネルラインで反発下落することがあります。

このチャネルラインで反発下落すると、チャネルサポートライン(ネックライン)に向かって価格は下落します。

関連:【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

 

 

ヘッドアンドショルダー型レンジ

下のユーロ円5分足では、高値圏でレンジボックスが出現しており、レンジ内でスケールの大きなヘッドアンドショルダーズトップを形成しています。

今回のように、3つ目の山は1つ目の山の高値水準に到達すると反発下落することが多いです。

また、3つ目の山ではダブルトップを形成しており、次の3つの水準が連続してブレイクアウトし、大きな下落につながりました。

  • レンジ下限水準
  • ヘッドアンドショルダーズトップのネックライン
  • ダブルトップのネックライン

関連:【押し目買いを極める!】ミニレンジを利用して、順張りの精度をUPしよう!

 

 

フラッグの底で出現するヘッドアンドショルダー

下のドル円5分足では、上昇トレンド相場で上昇フラッグを形成しています。

フラッグ内部では短期下降トレンドが発生していますが、ブレイクアウト時に出現したヘッドアンドショルダーズボトムはこの短期下降トレンドの終了を知らせるシグナルであり、短期売買トレーダーはこの転換シグナルを見て売り目線から買い目線に切り替えます。

その結果、ネックラインの上抜けやネックライン上での反発(エリオット波動4波の押し)で短期売買トレーダーの買いが入り、フラッグブレイクアウトの成功率を高めます。

 

3つ目の谷はフラッグブレイクアウトの初押し目でもあり、フラッグレジスタンスラインで反発したのを確認したら買いエントリーしましょう。

 

次のチャートでも、上昇フラッグのブレイクアウト時にフラッグ底で切り上げ型ヘッドアンドショルダーズボトムを形成しています。

1つ目の谷を起点に引いたネックラインの平行ラインとフラッグレジスタンスラインで、3つ目の谷が反発上昇しており、買いの仕掛けチャンスになります。

関連:【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

 

 

拡大型トライアングルの崩れ

拡大型トライアングルが崩れるとき、ヘッドアンドショルダーが内部に形成することがあります。

 

下のオージー円5分足では、下降トレンドの戻しで拡大型トライアングルが発生しています。

高値Bはレジスタンスラインに届かず、拡大型トライアングルパターンが崩れるとサポートラインをブレイクアウトする傾向があり、下降トレンドが再開します。

高値Bは、高値Aを始点に引いたサポートラインの平行ラインで反転下落して高値を切り下げ、ヘッド&ショルダーズトップの3つ目の山になります。

 

 

ボリンジャーバンドを利用したヘッドアンドショルダーの仕掛け

ヘッドアンドショルダーの2つ目の山(谷)がボリンジャーバンドの+3σ(-3σ)バンドに到達しているケースは、買われすぎ(売られすぎ)状態で、買い売りの需給バランスが一方向に大きく傾いており、相場が反転しやすいです。

 

たとえば下のユーロドル5分足チャートでは、下降トレンド相場の安値圏でヘッドアンドショルダーズボトムを形成しています。

2つ目の谷である安値がボリンジャーバンドの-3σにタッチし、価格の売られすぎ状態になっています。(※RSIやストキャスティクスなどのオシレーターでも売られすぎ状態が確認できるとなお良いです)

その反動で相場は反発上昇しやすく、次の安値(3つ目の谷)がミドルライン(20SMA)で反発すると、トレンド転換を狙った順張り派の買いが入り上昇に転換しました。

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.