MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/20

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/15

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

FXトレード

2020/11/21

【決定版】ボリンジャーバンドを極めたい方におすすめの本12選!

  この記事では、ボリンジャーバンドを学べる12冊のおすすめ本を紹介します。 ボリンジャーバンドは、環境認識やトレードの仕掛け、利食い、損切りに使える万能ツールで、ボリンジャーバンドのみで稼いでいる人もいるほどです。 ボリンジャーバンドを学びたい方は、ぜひ参考にしてください!     1.ボリンジャー・バンド入門 オススメ度★★★★★ ボリンジャーバンドの開発者、ジョン・A・ボリンジャー氏が、ボリンジャーバンドの基礎から応用を詳しく解説しています。 どのテクニカル指標にもいえ ...

MT4&MT5

2020/11/15

【MT4】上位足のRSIを表示するMTFインジケーター5選!

  この記事では、上位足のRSIを表示するMT4インジケーターを5つ紹介します。 気に入ったものがあればぜひお試しください!   MTF機能つきRSIインジ 指定した時間足のRSIラインを1本サブウィンドウに表示します。   時間足は設定の「Timeframe」で指定できます。 0=現在の時間足、1 = 1分足、5 = 5分足、15 = 15分足、30 = 30分足、60 = 1時間足、240 = 4時間足、1440 = 日足、10080 = 週足、43200 = 月足 &n ...

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

2020年10月28日

 

この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します!

1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。

トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください!

 

 

 

ミニフラッグとは?定義&発見方法

ミニフラッグとは、小さなフラッグパターンのことです。

具体的に、次の2つの要素で構成されています。

  • トレンド方向に進行する5本以上の一連のローソク足(=ポール)
  • トレンドラインに沿った、押し・戻りの調整(=ミニフラッグ)

 

下の1時間足チャートで実際に見てみましょう。

上昇トレンドでのミニフラッグでは、ポール部分は実体の大きな陽線で勢いよく上昇していることが大切です。

そして、フラッグ部分は下降トレンドラインに沿って、きれいに斜めに下落します。

このとき、フラッグ部分でチャネルラインを引くことができ、そのチャネル内に価格が収まっているとなお良いです。

狭いチャネル内で価格が上下動することでエネルギーが蓄積されると、ブレイクアウトでそのエネルギーが開放されて大きなトレンドにつながります。

 

もうひとつ例をみてみましょう。

下のチャートでは、下降トレンドにおけるミニフラッグが発生しています。

ポール部分は勢いよく下落するトレンド足が並び、フラッグ部分は上昇トレンドライン上で小さなローソク足が斜めに推移しています。

 

 

ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法

ミニレンジの発見法と同じように、ミニフラッグも期間5のボリンジャーバンドで簡単に見つけることができます。

関連:【押し目買いを極める!】ミニレンジを利用して、順張りの精度をUPしよう!

 

ボリンジャーバンドの±2σバンドは、ミニフラッグ部分で次のような形になります。

  • ポール:ローソク足が±2σバンドに沿って推移する、バンドウォーク状態
  • フラッグ:±2σバンドが狭い間隔を保って斜めに平行移動する、スクイーズ状態

 

 

下の2枚のチャートは、期間5のボリンジャーバンドを表示しています。

ミニフラッグでの±2σバンドの形を見てみましょう。

 

例1:上昇トレンドにおけるミニフラッグ

 

例2:下降トレンドにおけるミニフラッグ

では、このパターンを使ったトレード手法を解説します。

 

 

ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法

上位足でのミニフラッグは下位足でエントリータイミングを計りましょう!

上位足で仕掛けるのより速く仕掛けることができ、より大きな利益を獲得することができます。

この手法の手順は、次の4つです。

 

step
1
上位足でトレンドの発生を確認し、ミニフラッグ・パターンを見つける

下のチャートは、オージードル1時間足です。

高値安値を切り上げて、勢いの強い上昇トレンドを形成しています。

※ミニフラッグをローソク足のみで認識するのに慣れないうちは、ボリンジャーバンド5を表示しましょう

 

step
2
フラッグ部分にトレンドラインを引く

このラインは下位足でのブレイクアウト・エントリーで使うため、高い精度が求められます。

機能しやすいトレンドラインを引くコツは、次のとおりです。

  • 上昇トレンド時:スイングハイの高値を基点に、他のローソク足の高値や終値をできるだけ通過するように引く
  • 下降トレンド時:スイングローの安値を基点に、他のローソク足の安値や終値をできるだけ通過するように引く

 

step
3
下位足にチャートを切り替え、手順2で引いたトレンドラインをトレンド方向にブレイクしたらエントリー

エントリー方法は具体的に次の3つがあります(。

エントリーポイント

・ブレイクアウト1波:トレンドラインを終値で完全に抜けたとき
・ブレイクアウト2波:ブレイクアウト後の初めての押し・戻りで仕掛ける
・ブレイクアウト・プルバック:ブレイクアウト後、トレンドラインで反発したとき

ブレイクアウト1波は3つの中で、最も速く仕掛けることができますが、騙しになる確率が高いです。

確実性を重視する場合は、ブレイクアウト成功後のブレイクアウト2波やプルバックで仕掛けましょう。

また、損切水準はフラッグ最安値下に置きます。

 

step
4
利食い水準の候補は次の2つ!

このトレードは、上位足トレンドでの押し目・戻り売りポイントを下位足で仕掛ける順張りトレードでもあります。

そのため、利食い水準は上位足チャートの波動にもとづいて算出することができます。

 

利食い候補

  • 候補1:フラッグの開始点となる高値 or 安値
  • 候補2:ポールの始点・終点を基点に引いたフィボナッチエクスパンション100%

 

下の画像は、5分足でのエントリー後のチャートです。上位足で引いた上の2つの利食い水準を表示しています。

FE100%に価格が到達すると、買いポジションの利食いが入って上昇の勢いが失われます。

上の5分足でも、FE100%に到達後は小さな陽線で横ばいしています。

そのため、FE100%よりさらに大きく利益を伸ばすのはリスクが高いので、この水準で全ポジションを手仕舞いましょう。

 

またこのトレードは、下位足(5分足)では長期トレンドが発生するのでトレーリング戦略で利益を伸ばす戦略も有効です。

関連:【FX】実践的なトレーリングストップ戦略を8つ紹介!【長所&短所】

 

※上のトレード手順の解説では、上位足に1時間足、下位足に5分足を使いましたが他の組み合わせでも有効です。

この手法の時間足の組み合わせ

  • 上位足:4時間足や日足
    下位足:15分足
  • 上位足:30分足や1時間足
    下位足:5分足
  • 上位足:15分足や5分足
    下位足:1分足

 

FXでプロと同じトレードをする方法

TitanFXのZuluTradeでは、実際に利益を上げている裁量プロトレーダーをフォローして、同じタイミングでトレードすることができます。

トレーダーの成績や評価も公開されているので、自分のスタイルや好みにあったトレーダーや取引戦略を選ぶことができます。

 

 

ミニフラッグブレイクアウト手法の勝率を高めるコツ

上位足のフラッグ部分で、トレンドラインや移動平均線、フィボナッチリトレースメントなどの反発があると優位性が高まります。

上位足の押し目買い(戻り売り)注文が集中し、ミニフラッグのトレンド方向へのブレイクアウトを後押しします。

 

下の1時間足チャートで、実例を見てみましょう。

  • 1つ目のミニフラッグ:上昇トレンドラインで下支えられている
  • 2つ目のミニフラッグ:20EMAで下支えられている
  • 3つ目のミニフラッグ:20EMAで押さえつけれている

 

具体例1

上の5分足は、上の1時間足チャートの1つ目のミニフラッグを拡大したものです。

フラッグをブレイクする前に、上昇トレンドラインの下方向へのブレイクが騙しになっています。

この騙しで売りを仕掛けたポジションは損切りになり、売り勢力は総撤退します。その結果、直後のフラッグ・ブレイクアウトで勢いよく上昇しました。

 

具体例2

また、下位足のフラッグ部分でダブルトップ(ボトム)などのリバーサルパターンを形成したり、ブレイク直前に逆方向へのブレイクが騙しになっているのも、ブレイクアウトの成功率を高めます。

上の相場ではフラッグ部分の底で、ダブルボトム(Wwパターン)を形成しています。これは5分足下降トレンドの転換シグナルでもあります。

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.