MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【使いこなせば高勝率も!】拡大型トライアングルの使い方を5つ紹介!

2020年6月16日

 

この記事では、チャートパターンの1つ、拡大型トライアングルのトレードテクニックを5つ紹介したいと思います。

このパターンは逆張りはもちろん、順張りやブレイクアウトで活用できる便利なチャートパターンなので、ぜひ活用してみてください!

 

【FX】上位足のトレンドと逆行する逆張りは、利食いポイントに要注意!

具体例を、次のトレードで見てみましょう。

 

下のチャートは、ドル円30分足です。下降トレンドの戻り売りポイントでレンジを形成し、下方向にブレイクアウトしています。

ブレイクアウト直後のポイントを5分足で見てみましょう。

 

5分足では、レンジ下限下で拡大型トライアングルを形成しています。

ローソク足が5点目においてサポートライン上できれいに反発しており、ここが逆張り買いポイントになります。

ただし、拡大型トライアングルのレジスタンスライン下に、30分足のレンジ下限ラインがあり、この水準では強い売り圧力が発生するため、レジスタンラインまで届くことなく反転下落する可能性が高いです。

そのため、今回のように上位足のトレンドに逆らう逆張り買いトレードは、上位足のレジスタンスライン到達、またはトライアングル4点目の高値水準到達で利益確定しましょう!

 

ポイント1

上位足の相場の流れに逆行する、拡大型トライアングルの5点目での逆張りは、4点目の高値(安値)が利食い水準!

 

 

ブレイクアウトの騙しをエントリートリガーとして利用しよう!

下のチャートは、上の5分足相場のその後です。

30分足レンジ下限下で、さらに大きな拡大型トライアングルを形成しています。

5点目をみてください。レジスタンスラインで一度きれいに反発下落していますが、その直後に反発上昇してこの仕掛けは失敗になりました。

こういったレジスタンスライン下での素直な反発は騙しに遭いやすいので、エントリーするのはおすすめできません。

 

その後、レジスタンスラインをブレイクアウトするも上昇が続かず、拡大型トライアングルのブレイクアウトが騙しになりました。

このブレイクアウトの騙しをトリガーに、逆張りを仕掛けましょう!

この逆張り売りは、上位足が下降トレンドの流れでの売りの仕掛けなので、その後勢いよく下落し、レジスタンスラインまで到達しやすいです。

そして、サポートラインに到達したら、利益確定します。

 

また、より安全に仕掛けたい場合は、反発下落でレジスタンスラインに向かう途中での戻り売りがおすすめ!

今回は、直前の短期上昇トレンドの押し安値がレジスタンスラインとして、戻り売りポイントを提供しています。

 

ちなみに、6点目のサポートラインでの逆張り買いは、30分足レンジブレイクアウトの勢いに逆らった仕掛けであり、成功確率が低いのでエントリーは避けましょう。

 

ポイント2

拡大型トライアングルのレジサポラインのブレイクアウトの失敗が、逆張りを仕掛ける良好なエントリートリガー!

 

 

レジサポライン上でのダブルトップ・ボトムで仕掛けるのもOK!

下のチャートは、ドル円30分足です。

上昇トレンドの高値圏で、拡大型トライアングルを形成しているので、このポイントを5分足で見てみましょう。

 

5分足では、5点目においてレジスタンスライン下でトリプルトップを形成しており、サポートライン下での売り圧力が確認できます。

このネックラインを下抜けたら逆張り売りを仕掛けましょう。

ただし、このトレードは30分足上昇トレンドに逆らった売りの仕掛けなので、サポートライン到達ではなく、4点目安値の水準に到達したらすばやく利益確定しましょう。

 

その後、8点目においてサポートライン上で切り下げ型ダブルボトムを形成しました。

このとき、同時に、フィボナッチ50%の下ブレイクアウト騙しも発生しており、優位性の高い買いのセットアップになります。

ネックラインを超えてプルバックが入ったら買いを仕掛けましょう。

 

ポイント3

ダブルトップ(ボトム)の発生で、レジサポラインの強度を確認して逆張りを仕掛けるのもOK!

 

 

拡大型トライアングル逆張り失敗を利用したブレイクアウトトレード

下のチャートはオージードル30分足です。上昇チャネルのブレイクアウト直後にレンジを形成しています。

このレンジ内で拡大型トライアングルを形成しているので、5分足で詳しく見てみましょう。

 

5点目においてサポートライン下で反発上昇していますが、ここで買いを仕掛けるのは危険です。

直前に、30分足レンジをブレイクアウトしており、反発上昇後、レンジ下限ライン下で強い売りの抵抗にあっています。

 

このポイントは、30分足トレーダーのレンジブレイクアウトプルバックの売りと、5分足トレーダーの拡大型トライアングルの逆張り買いがぶつかるエリアになります。

こういった上位足と下位足トレーダーの攻防が発生するエリアでは、最終的に資金量の大きい上位足トレーダーが勝つことが多いです。

今回もダブルトップネックラインを完全に下抜け、買い売りの攻防が決着したのを確認したら、売りを仕掛けましょう。

 

さらに、翌日の5分足チャートを見てみましょう。

翌日の5分足では、大きな上昇トレンドを形成し、拡大型トライアングルのレジスタンスラインに到達しています。

当日の相場の重要テーマは、前日高値をこの上昇トレンドが越えるどうかであり、

この前日高値水準を超えようとする買いと、超えさせまいとする逆張り売りの攻防が発生しています。

そのため、前日に発生した拡大型トライアングルは、次の日の相場では注目度が低く、このレジスタンスラインでの逆張り売りは機能しにくいので注意してください。

 

ポイント4

上位足のトレンドに逆行した、拡大型トライアングルの逆張りは避けよう!その逆張りの仕掛けの失敗を利用したブレイクアウトトレードが真のチャンス!

 

 

拡大型トライアングルの内部のレジサポラインにも注目!

拡大型トライアングルのレジスタンスラインに平行なラインを、2点目・4点目・6点目の各安値を起点に引いたラインも重要なレジサポラインになります。

同様に、拡大型トライアングルのサポートラインに平行なラインを、3点目・5点目・7点目の各高値から引いたラインも重要なレジサポラインになります。

また、拡大型トライアングルの2本のラインの交点を起点とする水平線も、価格が反発を繰り返す水準です。

 

5分足で詳しく見てみると、内部のレジサポラインで価格が何度も反転を繰り返しています。

拡大型トライアングル内部での、5分足順張りや逆張りの仕掛けや利食い水準として、ぜひ活用してみてください!

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.