MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

【MT4&MT5】窓(ギャップ)の発生を自動検出するインジケーターの紹介!【アラート機能も】

2020年6月12日

 

この記事では、(ギャップ)の発生を検出するMT4&MT5インジケーターを紹介します。

関連 月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

 

 

i-GAP

これは、現在のローソク足始値が1つ前のローソク足終値と乖離したとき、その足を矢印表記で知らせてくれるMT4インジケーターです。

上のチャートのように、市場オープン時の窓はもちろん、その後の小さな窓も検知してくれます。

ミニ窓を利用したギャップトレードを行うトレーダーの方におすすめです!

 

設定

・SizeGAP:ギャップの幅を指定します。数値が大きいほど、ギャップ幅が大きいローソク足を検知します
・NumberOfBars:ギャップ足を検知する範囲(ローソク足の本数)を指定します

 

また、矢印の設定は、「色の設定」タブで変更できます。

矢印を大きくしたい場合は、幅の数値を大きくします。

i-GAP

関連 上窓と下窓の2つで形成する、株式相場のトレンド転換を示唆するパターン!アイランドリバーサルとは?
関連 【埋まらない窓はない】ギャップアップ失敗の窓埋めを利用した、株デイトレ手法を紹介!

 

GAP Finder

このインジケーターも、ギャップが発生した足に矢印を表示してくれます。

そのほかの機能として、窓発生時にアラートで知らせてくれる機能や窓が閉じたときにチェックマークを表記する機能が搭載されています。

上窓は上向きの矢印で、下窓は下向きの矢印で表示されます。

 

設定

・Min gap size in points:窓の最小幅を指定します

たとえば、5では窓の最小幅が0.5pipsになります。そのため、0.5pipsより小さい幅の窓は検出されません。

・Hide closed gaps:窓が発生するも、その足で窓埋めした足を表記するかどうかを指定します。
・Show Alerts:アラート機能の有効化

GAP Finder

 

 

GapFinder(MT5版)

これは、現在のローソク足始値が1つ前のローソク足終値と一致せず窓が発生したときに、その足を矢印表記で知らせてくれるMT5インジケーターです。

上窓には上向きの矢印が、下窓には下向きの矢印が表示されます。

また、ギャップ領域には色付きの長方形のオブジェクトでハイライトされます。

 

設定

・Minimum gap size:現在のローソク足始値と1つ前のローソク足終値の最小幅を指定します。これより狭い窓は検出されません。
・Whether to draw a gap area:窓の領域をハイライトするかどうか
・Color of the gap area up :上向き矢印の色
・Color of the gap area down :下向き矢印の色

GapFinder

 

 

Gaps

窓が発生したとき、サブウィンドウにそのギャップ幅をヒストグラム表示してくれるMT5インジケーターです。

初期設定では、上窓は赤色で、下窓は青色で色分けされます。

 

設定

inpBigGap:入力した数値の水準がサブウィンドウに表示されます

この水準により、各窓のギャップ幅と基準値との大小関係を視覚化できます。

たとえば、上のチャートでは、「inpBigGap=5」つまりギャップ幅=0.5pipsの水準に水平線が引かれています。

Gaps

 

※FX相場では早朝(6時~7時)はスプレッドが拡大しやすく、取引コストの増加や思わぬロスカットに遭う危険性があります。

そのため、月曜日の窓を利用してトレードする場合は、早朝時のスプレッドが広がりにくいFX会社を選ぶことが大切です!

朝のスプレッドが広がりにくいFX会社2選!

参照:DMM FX

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.