MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!   ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

【MT4】サブウィンドウに複数のチャートを表示する方法

2019年12月17日

 

mt4サブウィンドウチャート

この記事では、1つのチャートに複数の時間足のミニチャートを、サブウィンドウなどに表示するMT4インジケータを2つ紹介します。

1つのチャートで複数のチャートを見ることができるので、簡単にMTF分析ができたり、印刷も1つのチャートで済むなどのメリットがあります。

関連 【MT4】複数のチャートの時間足を一括で変更するインジケーター!
関連 【TradingView】サブウィンドウにローソク足チャートを表示する方法

 

Mini Charts|複数のミニチャートを自由に表示できる!

mt4に複数チャート

Mini Charts」は、チャート内に他の時間足のミニチャートを複数表示することができるMT4インジケーターです。

上の5分足では、右端に15分足~4時間足の4枚のチャートが表示されています。

メインウィンドウやサブウィンドウに表示することができたり、ミニチャートの並べ方を変更できるなど、カスタマイズ性が高いです。

 

設定

重要な設定は、次の20個です。ここで紹介していない設定は、デフォルトのままでOKです。

 

ミニチャートの配置

Corner :ミニチャートを表示する位置を指定。次の4つがあります。

・(Right,upper) :チャートの右上
・(Right,lower) :チャートの右下
・(Left,upper) :チャートの左上
・(Left,lower) :チャートの左下

 

Columns :チャートを表示する列
Rows:チャートを表示する行

[Columns,Rows]の組み合わせで、ミニチャートの配置を決定します。

 

例1:Corner=(Right,lower) 、[Columns,Rows]=[4,1]

※「Columns」の数値4は、ミニチャートの総数

この設定では、チャートの右下に横並びでミニチャートが並びます。

 

例2:Corner=(Right,upper) 、[Columns,Rows]=[2,3]

チャートの右端に、6つのミニチャートが2列3行で配置されています。

 

CornerX:各チャートが数値分左右にシフト
CornerY:各チャートが数値分上下ににシフト
ChartWidth:チャートの横幅を調整
ChartHeight:チャートの縦幅を調整

ChartWidth」と「ChartHeight」の数値を変更することで、各ミニチャートの大きさを変えることができます。

 

表示するチャート数や時間足の設定

Symbol:空白でOK。「通貨ペア名と時間足」が各チャートの上に表示される
→例:EURJPY M15
TimeFrame:ミニチャートの時間足を変更する。1分足~月足の9種類あり

TimeFrame」を「1分足~月足」のいずれかにしたものだけ、ミニチャートとして表示されます。「curennt」に設定したものはミニチャートとして表示されません。

上の設定では、15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足の計5つのミニチャートが表示されます。

※チャートの最大表示数は15枚です

 

ローソク足の設定

CandleMode:チャートの種類。true=ローソク足、false=バーチャート
ShowLastBidLine:「true」にすると、現在の価格(売値)水準が表示される(リアルタイムで動きます)
ColorLB:現在の売値水準のラインの色
BarsToDisplay:表示するローソク足の本数(最新のローソク足含めない本数)
→たとえば15だと、「15本+現在の足」の合計16本の足が表示される

LineColor:十字線の色
BullColor:陽線の色
BearColor:陰線の色
ScaleColor :チャートの縦軸の色
BarSpacingX:ローソク足間の距離を調整

ShowChartsHL:「true」にすると、チャートに表示された範囲での最高値・安値の価格を表記される
PriceFontSizeHL:最高値・安値の数字のフォントの大きさ

 

Mini Charts

※上のサイトで、インジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」を参考にしてください

 

 

FFx Bollinger Bands|チャートをサブウィンドウに表示するインジ

FFx Bollinger Bands」は、複数の時間足のチャートをサブウィンドウに表示するMT4インジケーターです。

各チャートに、その時間足でのボリンジャーバンドも確認することができます。

 

設定

Timeframes:表示したい時間足。例:M5(5分足)、H1(1時間足)
Candles_per_TF:ローソク足の本数
BackgroundColor:チャートの背景色
BorderColor:チャートの枠の色
TimeframeColor:時間足の表記の色
BullCandleColor:陽線の色
BearCandleColor:陰線の色

※ボリンジャーバンドの設定は、『MT4|ボリンジャーバンドの設定方法を徹底解説!』で詳しく解説しています

 

Timeframes」を1つの時間足を追加して、「Candles_per_TF」を大きくすると、下のチャートのようにサブウィンドウに大きなチャートを表示することもできます。

また、サブウィンドウのチャートでも、トレンドラインやフィボナッチなどのツールを使うことができます。

 

ボリンジャーバンドの各ラインの色は、設定の「色の設定」タブで変更できます。

#0:+2σバンドの色
#1:中心線の色
#2:-2σバンドの色

 

FFx Bollinger Bands

 

※また、ボリンジャーバンドの他に、移動平均線や一目均衡表をチャートに表示するバージョンもあります。

FFx Moving Average

 

FFx Ichimoku

 

関連 【MT4&MT5】上位足のローソク足を簡単Checkできるインジケーター!

上位足のローソク足を見るMT4インジケーター 

 

チャート画面を分割できるマルチチャート機能を搭載したFXスマホアプリは、次の2つがおすすめ!

複数の時間足や異なる通貨ペアなど、複数のチャートを同時表示できるので、マルチタイムフレーム分析や通貨ペア間の連動性の把握に役立ちます!

複数チャートをスマホアプリで表示できるFX会社

JFX:2・4分割可能

DMM FX:4分割可能

 

下のチャートは、JFXのスマホアプリの画面です。

下の4画面のように、たとえばドル円・ユーロ円・ポンド円・オージー円の4つの5分足チャートを同時に監視できます。

参照:JFX

 

また、DMM FXのスマホアプリでは、画面右上の[]をタップすると、4分割チャートにサクッと切り替えることができます!

参照:DMM FX

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.