FXトレード

2021/7/23

【H1&M5】MTFボリンジャーバンドの見方&エントリーポイントを解説【FX】

  この記事では、5分足と1時間足を組み合わせたボリンジャーバンドの見方やエントリーポイントを紹介します。 ここでは、5分足チャートに次のインジケーターを表示しています。 20期間ボリンジャーバンドの±2σバンド 240期間ボリンジャーバンドの±2σバンド(≒1時間足の20期間BBの±2σバンド) 20EMA 240EMA(≒1時間足の20期間EMA) ※ボリンジャーバンドのミドルバンドは、SMAの代わりに20EMAや240EMAを表示していますが、SMAでもOKです 目次 1時間足ボリバン+1 ...

FXトレード

2021/7/20

ビックチャンスを見逃すな!月曜日に形成したレンジは、ブレイクアウトトレードの大チャンス!

  FX市場や株式相場では、月曜日は様子見のトレーダーが多いため、出来高が少なく狭いレンジを形成する傾向があります。 そして、このレンジをブレイクアウトすると、様子見していたトレーダー達の新規注文が市場に流れ込み、一方向に大きなトレンドが発生することが多いです。 この記事では、この一連の値動きパターンを利用したブレイクアウト手法について解説します。 関連 【FX】5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介! 目次 マンデー・レンジの見つけ方 マンデー・レンジを使ったブレイクア ...

MT4&MT5

2021/7/30

【MT4】ボリンジャーバンドのおすすめインジケーター13選!【MTF・アラート・%B】

  この記事では、MT4で使えるボリンジャーバンドのおすすめインジケーターを13個紹介します! 目次 表示/非表示を切り替えることができるボリバン 過去検証に役立つボリバンインジケーター ボリンジャーバンド%B  MACDやRSIにボリンジャーバンドを表示するインジ ボリバンとATRバンドを表示するインジ BBストップ EMA版ボリンジャーバンド ボリバンとRSIを使った逆張りシグナル 複数時間足のボリバンレベルに水平線を引くインジ 上位足のボリンジャーバンドを表示できるインジ サブウィンドウに ...

MT4&MT5

2021/7/10

【MT5】ボリンジャーバンドのインジケーター15選!【MTF・アラート・%Bなど】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのインジケーターを15つ紹介します。 目次 サブウィンドウにボリンジャーバンドつきチャートを表示するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅とATRでボラティリティを測定するインジ トレンド・レンジを自動判定してバンド間の色で知らせてくれるインジ BBストップ ボリバンのブレイクアウトでアラートが鳴るインジ バンド間で色塗りされたボリバンインジ ボリンジャーバンド%B フィボナッチ・ボリンジャーバンド MACDボリンジャー MTF機能つきボリンジャー ...

FXトレード

2021/6/20

【FX】エリオット波動5波を狙う順張り戦略を解説!

  エリオット波動3波目は取れる値幅は大きく、うまくトレードすれば大きく稼げます。 しかし、トレンドの最初の押し・戻りでのトレードのため、トレンドの初動を捉える技術が必要であり難易度が高いです。   そのため、初心者の方はエリオット波動5波でのトレードがおすすめ!難しい3波ではなく5波を確実に狙うことで勝率を改善することができます。 そこでこの記事では、エリオット波動5波のトレード戦略と、1時間足と5分足を使った実践トレードを解説します。   エリオット波動5波を狙うトレード ...

FXトレード

2021/6/13

【FX】5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップ!

  この記事では、5分足でビックトレンドが発生するセットアップを紹介します。 このセットアップが完成すると大きなトレンドが形成する確率が高く、5分足で順張りトレードを仕掛けるチャンスになります。 目次 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? ビックトレンドが発生する原理 セットアップの4つの注意点! 応用パターン例を4つ紹介! 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? 5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップは、下のような1時間足で形成する値動きパターンになります。 ...

FXトレード

2021/6/5

【FX】ブレイクアウト手法の利食い戦略を9つ紹介!

  ブレイクアウト相場は相場が短時間で一気に動くため、利食いのタイミングが難しいですよね。 テクニカル指標やレジサポライン、チャートパターンを使うことで、客観的にブレイクアウト手法での利食いを行うことができます そこでこの記事では、ブレイクアウト手法の利食いのタイミング方法を9個紹介します。 目次 ブレイクアウト方向のレジサポライン到達 ブレイクアウト方向のボリバンのバンドが閉じたら ブレイクアウトと逆方向のボリバンのバンドが閉じたら ダブルトップやダブルボトム形成 パラボリックでトレーリングス ...

MT4&MT5

2021/7/25

【MT4&MT5】リスクリワードレシオを測定表示するインジケーターの紹介!

  今回は、リスクリワードレシオ(損益比率)を自動計算するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 その他の機能として、利食い幅や損切り幅をpips表示したり、リスク率にもとづくロット数を自動計算してくれるので、ぜひお試しください!   リスクリワードレシオを測定表示するインジケーター このインジケーターは、リスクリワードレシオやロット数を自動計算してくれます。使い方を順に解説します。 ・リスクリワードレシオの測定方法 ・トレードでの実践的な使い方 ・パネルの使い方 ・ロットサイズの ...

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

2020年7月10日

 

東京時間ロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。

この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。

21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください!

 

【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは?

冒頭で述べたように、東京時間(午前中)とロンドン時間(15時~21時)の時間帯の値動きが小さく、レンジ相場を形成した日は、ニューヨーク時間に大きく動く傾向があります。

関連:【FX】東京時間の特徴5選!【レンジ形成しやすい4つのパターン】

 

仕組み

東京レンジのブレイクアウト

step
1
東京~ロンドン市場に形成されたレンジ内に未決済のポジションが蓄積される

step
2
ニューヨーク市場に入ると、NY勢がそのレンジをブレイクアウトしてトレンドを発生させようと、揺さぶりをかけてくる

step
3
レンジ相場を維持しようとする東京・ロンドン勢 vs 損切狩りを狙うNY勢の攻防が発生

step
4
価格が東京・ロンドン時間の最高値(最安値)を超えると、ブレイクアウト発生!

 

では、次の3つのトレードで具体的に見てみましょう!

関連 【MT4】東京・EU市場レンジのブレイクアウトインジケーター!

 

 

例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン

下のチャートは、ユーロドル5分足です。

午前中は停滞した横ばい相場(値幅6.4pips)を形成しています。

ロンドン市場オープンで、この東京市場高値を4回超えようとする試みが入るも失敗し、上昇ブレイクアウトを継続するだけのパワーがないことがわかります。

その後のロンドン時間でもトレンドが発生せず横ばいの動きでもみあい、レンジ相場(トライアングルパターン)を形成しています。

 

そして、ニューヨーク市場オープン直後、ロンドン市場高値を超えようと試みる買いが入るも、ロンドン時間の下降トレンドラインによる抵抗で反転下落しました。

上昇トレンドが難しいと判断すると、NY勢は今度は下降トレンドを発生させようと、東京・ロンドン市場の最安値を下抜けようと売りで大きく仕掛けてきます。

 

その後、東京・ロンドン市場の最安値を同時にローソク足終値で下抜けました。

このブレイクアウトをきっかけに、NY勢や様子見していた東京・ロンドンの順張り派が売りが一斉に入り、大きな下落が発生するため、売りで仕掛けるチャンスになります。

 

補足

30分足では下降トレンドが発生しており、当日の相場は30分足下降チャネルにより上値が重い相場環境になります。

そのため、当日の相場は上昇トレンドが発生しにくく、買いの仕掛けが失敗しやすいので要注意です。

また、下降トレンドが発生すると、チャネルラインをターゲットとした上位足トレーダーの順張り売りも入り、大きな下落が期待できます。

関連:【FXデイトレ】ピボットポイントの性質を利用した東京時間レンジブレイクアウト手法!|note

 

 

例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジのニューヨーク時間ブレイクアウト

2つ目の例は、1つ目のトレード例と似たトレードです。

 

下のチャートは、ユーロドル5分足です。

アセアニア~アジア市場で小さなレンジを形成し、ロンドン市場ではさらに値幅の大きいレンジを形成しました。

ニューヨーク市場オープン直前での今日の値幅*は24.9pipsで、前日の値幅58.8pipsや2日前の値幅68.7pipsと比べ、半分以下の変動幅です。

*この時点での今日の値幅 = EU市場の最高堰 - EU市場の最安値 = 1.11893 - 1.11644 = 0.00249ドル 

 

つまり、直近2日間と比べ、この時点では相場はまだ値動きの余地が20pips以上残っており、ニューヨーク時間に大きな動きが発生する可能性が高いです。

 

では、ニューヨーク市場オープン後の値動きを見てみましょう。

ニューヨーク市場オープン直後、ロンドン市場最高値を超えようととNY勢の買いが入りましたが、上ヒゲで跳ね返され反転下落しました。

この結果を受けて、NY勢は前回トレードと同じように、次はロンドン市場最安値を下抜こうと果敢に売りを仕掛けてくるため、売り目線で固定して売りのチャンスをうかがいましょう

 

ロンドンレンジ中央で発生した戻りがロンドン市場安値をターゲットとした売りの仕掛けチャンスになります。

そして、ロンドン市場安値のブレイクアウトは、2つ目の売りを仕掛けるチャンスになります。

上で述べたように、20pips以上の下落が期待できるため、大きく利を伸ばしたいトレードになります。

関連:【FX】ニューヨーク時間の特徴6選!【順張りで仕掛けてたい4つのパターン】

 

 

例3:エリオット波動5波での東京~ロンドン時間レンジ

下のチャートは、ユーロ円30分足です。

トレンド転換後、エリオット波動5波の途中で、東京~ロンドン時間でレンジを形成しています。

上位足相場が強い下降トレンド相場の流れで発生したレンジであり、下方向にブレイクアウトするとエリオット波動3波の安値を超える大きな下落が発生します。

関連:【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

 

このレンジを5分足で詳しくみてみましょう。

5分足では、前日ニューヨーク市場後半からロンドン市場にかけて、横ばいのレンジを形成しています。

こういった2市場以上にわたる横ばいのレンジ相場では、エネルギーがレンジ内に蓄積されており、ブレイクアウトのインパクトが大きいです。

 

また、横ばいのレンジは上位足トレーダーの参入で買い売りの均衡が崩れ、ブレイクアウトの発生を引き起こすことがよくあります。

今回のケースでは、ロンドン時間後半に、30分足下降トレンドラインにレンジがぶつかり、下降トレンドライン下での30分足トレーダーの戻り売りが入りました。

この大きな売りポジションにより、レンジ内部の形勢は売り派に大きく傾き、さらにその後のニューヨーク市場オープンでのNY勢の新規参入で完全に決着が着き、下方向のブレイクアウトが発生しました。

 

※このブレイクアウト手法は、ニューヨーク市場で活発に動くドルストレート通貨で発生頻度や勝率が高いです。

各ドルストレート通貨のスプレッドは次のとおりです、よければ参考にしてください。

スプレッド一覧 EURUSD  GBPUSD  AUDUSD NZDUSD  USDJPY  USDCAD キャンペーン
XMTrading(Zero口座) 0.2pips 0.4pips 0.4pips 1.0pips 0.2pips 0.5pips 初回入金で100%のボーナス(最大5万円)と追加入金で20%のボーナス(最大50万円)

※2021年1月上旬調査

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.