FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

2020年7月10日

Pocket

 

東京時間ロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。

この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。

21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください!

 

【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは?

冒頭で述べたように、東京時間(午前中)とロンドン時間(15時~21時)の時間帯の値動きが小さく、レンジ相場を形成した日は、ニューヨーク時間に大きく動く傾向があります。

 

仕組み

東京レンジのブレイクアウト

step
1
東京~ロンドン市場に形成されたレンジ内に未決済のポジションが蓄積される

step
2
ニューヨーク市場に入ると、NY勢がそのレンジをブレイクアウトしてトレンドを発生させようと、揺さぶりをかけてくる

step
3
レンジ相場を維持しようとする東京・ロンドン勢 vs 損切狩りを狙うNY勢の攻防が発生

step
4
価格が東京・ロンドン時間の最高値(最安値)を超えると、ブレイクアウト発生!

 

では、次の3つのトレードで具体的に見てみましょう!

関連 【MT4】東京・EU市場レンジのブレイクアウトインジケーター!

 

 

例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン

下のチャートは、ユーロドル5分足です。

午前中は停滞した横ばい相場(値幅6.4pips)を形成しています。

ロンドン市場オープンで、この東京市場高値を4度超えようとする試みが入るも失敗し、ロンドン時間でもトレンドが発生せず、レンジ相場(トライアングルパターン)を形成しています。

ポイント

この値動きにより、東京時間のレンジ内の売りポジションは解消されました。

→ 東京・ロンドンのレンジ内には、未決済の売りポジションはロンドン市場分しかないため、上昇トレンドを生むだけの燃料は少ないです

逆に、未決済の買いポジションは東京・ロンドン市場ともに残っており、ニューヨーク市場オープンでNY勢によるストップ狩りで下方向にブレイクアウトすると、大きな下落が発生する可能性があります。

なぜ、ブレイクアウト初動に優位性があるかというと、単純に説明すると、大衆がそこでパニックになっているからです。

そして、そのパニック相場を勝ち組のトレーダーが狙っているからです。

引用:トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

 

そして、ニューヨーク市場オープン直後、ロンドン市場高値を狩ろうとする上昇が入るも、ロンドン時間の下降トレンドラインによる抵抗で反転下落しました。

上昇トレンドが難しいと判断すると、NY勢は今度は下降トレンドを発生させようと、東京・ロンドン市場の最安値下にある損切ポジションを狙ってきます。

 

その後、東京・ロンドン市場の最安値を同時にローソク足終値で下抜けました。

このブレイクアウトをきっかけに、NY勢や様子見していた東京・ロンドン勢の売りが一斉に入り、大きな下落が発生するため、売りで仕掛けるチャンスになります。

 

補足

30分足では下降トレンドが発生しており、当日の相場は30分足下降チャネルにより上値が重い相場環境になります。

そのため、当日の相場は上昇トレンドが発生しにくく、買いの仕掛けが失敗しやすいので要注意です。

また、下降トレンドが発生すると、チャネルラインをターゲットとした上位足トレーダーの順張り売りも入り、大きな下落が期待できます。

 

 

例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジのニューヨーク時間ブレイクアウト

2つ目の例は、1つ目のトレード例と似たトレードです。

 

下のチャートは、ユーロドル5分足です。

アセアニア~アジア市場で小さなレンジを形成し、ロンドン市場ではさらに値幅の大きいレンジを形成しました。

ニューヨーク市場オープン直前での今日の値幅*は24.9pipsで、前日の値幅58.8pipsや2日前の値幅68.7pipsと比べ、半分以下の変動幅です。

*この時点での今日の値幅 = EU市場の最高堰 - EU市場の最安値 = 1.11893 - 1.11644 = 0.00249ドル 

 

つまり、直近2日間と比べ、この時点では相場はまだ値動きの余地が20pips以上残っており、ニューヨーク時間に大きな動きが発生する可能性が高いです。

 

では、ニューヨーク市場オープン後の値動きを見てみましょう。

ニューヨーク市場オープン直後、ロンドン市場最高値をブレイクアウトしようとするNY勢の仕掛けが入りましたが、上ヒゲで跳ね返され、ブレイクアウトは失敗に終わりました。

この結果を受けて、NY勢は前回トレードと同じように、次はロンドン市場最安値を下抜こうと果敢に売りを仕掛けてきます。

 

そのため、ロンドンレンジ中央で発生した戻りがロンドン市場安値をターゲットとした売りの仕掛けチャンスになります。

そして、ロンドン市場安値のブレイクアウトは、2つ目の売りを仕掛けるチャンスになります。

上で述べたように、20pips以上の下落が期待できるため、大きく利を伸ばしたいトレードになります。

 

 

例3:エリオット波動5波での東京~ロンドン時間レンジ

下のチャートは、ユーロ円30分足です。

トレンド転換後、エリオット波動5波の途中で、東京~ロンドン時間でレンジを形成しています。

上位足相場が強い下降トレンド相場の流れで発生したレンジであり、下方向にブレイクアウトするとエリオット波動3波の安値を超える大きな下落が発生します。

 

このレンジを5分足で詳しくみてみましょう。

5分足では、前日ニューヨーク市場後半からロンドン市場にかけて、横ばいのレンジを形成しています。

こういった2市場以上にわたる横ばいのレンジ相場では、エネルギーがレンジ内に蓄積されており、ブレイクアウトのインパクトが大きいです。

 

また、横ばいのレンジは上位足トレーダーの参入で買い売りの均衡が崩れ、ブレイクアウトの発生を引き起こすことがよくあります。

今回のケースでは、ロンドン時間後半に、30分足下降トレンドラインにレンジがぶつかり、下降トレンドライン下での30分足トレーダーの戻り売りが入りました。

この大きな売りポジションにより、レンジ内部の形勢は売り派に大きく傾き、さらにその後のニューヨーク市場オープンでのNY勢の新規参入で完全に決着が着き、下方向のブレイクアウトが発生しました。

 

※このブレイクアウト手法は、ニューヨーク市場で活発に動くドルストレート通貨で発生頻度や勝率が高いです。

各ドルストレート通貨の、主なFX会社それぞれでのスプレッドは次のとおりです、よければ参考にしてください。

FX会社別スプレッド一覧 米ドル/円 ユーロ/米ドル ポンド/米ドル 豪ドル/米ドル NZドル/米ドル
DMM FX 0.2pips 0.4pips 1.0pips 0.9pips 1.6pips
みんなのFX 0.2pips 0.3pips 0.7pips 0.8pips 1.6pips

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.