FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

MT4&MT5

2023/2/3

トレンド方向が瞬時にわかるMT4インジケーターを5つ紹介!

  この記事では、トレンド方向が簡単にわかるMT4インジケーターを5つ紹介します! 関連:【MT4&MT5】上位足のローソク足をミニチャートで確認できるインジケーター! 目次 トレンドモニター スキャルシグナル付きオメガトレンド トレンドとレンジを識別するインジケーター MACDでトレンド方向を判定するインジケーター【MTF】 2本のSMAの傾きでトレンド方向を判定するインジケーター 1.トレンドモニター このインジケーターは、移動平均線の角度からトレンドのボラティリティを計算したオシレーターで ...

MT4&MT5

2023/2/1

多機能MT4インジの紹介!値動き予測・通貨強弱・レジサポ帯・トレンド検知・ボラ測定

  この記事では、チャート分析に役立つ5つのMT4インジケーターを紹介します! 関連:【MT4】高値安値にラインを自動表示するインジケーター4選! 目次 チャートプロジェクション テクニカル指標ベースの通貨強弱インジケーター ローソク足単位のPOCを表示するインジケーター ローソク足別買い・売りの出来高測定インジケーター 1.チャートプロジェクション これは、次の7つの機能を搭載したインジケーターです。 ジグザグを使用して直近の値動きを予測する サブウィンドウに通貨の強さを表示 サポートゾーンと ...

MT4&MT5

2023/2/3

便利なMT4インジ5つ紹介!ロット自動計算・通貨ペアワンクリック変更など

  この記事では、ロット計算ツールなどの取引効率を上げるMT4インジケーターを5つ紹介します! 関連:【MT4】ボリンジャーバンドのおすすめインジケーター13選!【MTF・アラート・%B】 目次 損益を表示するインジケーター ロット計算インジケーター2選! スプレッド統計インジケーター 通貨ペアをワンクリックで変更できるインジケーター 1.損益を表示するインジケーター このインジケーターは、現在保有しているポジションにおける、任意の価格での評価損益をチャートに表示します。 水平線を上下に動かすこ ...

FX業者の評判・口コミ

2023/1/22

【株】松井証券の評判は?リアルな口コミ52選!フリーズやシステム障害多い!?

  この記事では、松井証券の評判について、松井証券を実際に利用している投資家の口コミをまとめました! 目次 松井証券の評判は? 松井証券のネットストック・ハイスピードの口コミ 松井証券の悪い口コミ! 松井証券のアプリは使いやすい?  1.松井証券の評判は? 私はQUICK情報で、年初来安値銘柄を調べて、いい優待をやっていて、安値を付けた銘柄を、新しく買う銘柄の候補にしています。 今月3日の朝、松井証券の口座にログインして、無料のQUICK情報を見ようとしたら、なんと、今月から有料になっていました ...

FX業者の評判・口コミ

2023/1/25

【株】マネックス証券の評判は?リアルな口コミ35選!

  この記事では、マネックス証券の評判について、マネックス証券を実際に利用している投資家の口コミをまとめました! 目次 マネックス証券の評判は? マネックス証券の悪い口コミ  1.マネックス証券の評判は? マネックス証券での米株取引 メリット トレステアプリ見やすい 約定早い サーフィントレード出来る 取引銘柄多い マネックス証券アプリ便利 全決済ボタンある! 逆指値やトレーリングストップ注文出来る プレ、アフターマーケットみれる — レイエス (@mdjptjag) August 26, 20 ...

FX業者の評判・口コミ

2023/1/18

【株】SBI証券の評判は?リアルな口コミ65選!悪い口コミも!

  この記事では、SBI証券の評判について、SBI証券を実際に利用している投資家の口コミをまとめました! 目次 SBI証券の評判は? SBI証券の悪い口コミ! SBI証券の取引ツールは使いやすい? SBI証券はシステム障害が起きやすい?  1.SBI証券の評判は? SBI証券から資産管理ツール「My資産」の提供開始されましたね✨ 資産残高,実現損益,資産推移,配当/分配金などを自動でチャート形式で見える化。 僕自身、エクセルシートに手打ちで資産をまとめていたので乗り換え候補になるか ...

FX業者の評判・口コミ

2023/1/20

【株】SBIネオモバイル証券の評判は?リアルな口コミ40選!

  この記事では、SBIネオモバイル証券の評判について、SBIネオモバイル証券を実際に利用している投資家の口コミをまとめました! 目次 SBIネオモバイル証券の評判は? SBIネオモバイル証券の悪い口コミ  1.SBIネオモバイル証券の評判は? ネオモバイル証券(S株) ・SBI証券のS株は㌽ ・T㌽ ・50万円まで月額220円 ※毎月200T㌽付与のため実質20円 ・リアルタイム取引(前場始値/後場始値/引値) ・指値注文 つまり 毎月継続的に(月合計4000〜5714円以上)取引を行うなら最 ...

FX業者の評判・口コミ

2023/1/18

【株】PayPay証券の評判は?リアルな口コミ42選!つみたてロボ貯蓄は稼げる?

  この記事では、PayPay証券の評判について、PayPay証券を実際に利用している投資家の口コミをまとめました! 関連:DMM株の評判は?リアルな口コミ35選! 目次 PayPay証券の評判は? PayPay証券の悪い口コミ! PayPay証券のつみたてロボ貯蓄は稼げる?  1.PayPay証券の評判は? 【ペイペイ証券のメリットデメリット】 ◯超有名な日本株や米国株、ETFが1000円で買える 例:テスラやアマゾン、VTI、VYM、トヨタ、オリエンタルランドなど ✗入金が振込手数料がかかっ ...

戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

2019年8月17日

 

オシレーターのダイバージェンスを利用しているFXトレーダーのみなさん!

ボリンジャーバンドとローソク足の間でも、ダイバージェンスが発生するのをご存知ですか?

今回は、ボリンジャーバンドで生じたダイバージェンスの見つけ方&使い方を紹介します。ボリンジャーバンドを使っている方はぜひ試してみてください!

【FX】BandWidthが鍵!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方

RSI・MACDなど従来のオシレーターのダイバージェンスは、価格の勢いの低下を捉える「モメンタム・ダイバージェンス」であるのに対して、

ボリンジャーバンドのダイバージェンスは、相場のボラティリティの低下を捉える「ボラティリティ・ダイバージェンスです。

 

このボリンジャーバンドのダイバージェンスは、BandWidthで見つけることができます。

BandWithは、ボリンジャーバンドのバンド間の距離を数値化したテクニカル指標で、式は次のとおりです。

計算式

BandWidth = (+2σバンド ー -2σバンド) ÷ 中心線

 

ボリンジャーバンドのバンド幅は、ボラティリティの拡大率を示します。

±2σバンドは標準偏差に基づいており、標準偏差はボラティリティが増減するにつれて変化します。

そのため、ボラティリティが増加するとバンドは拡大し、ボラティリティが減少するとバンドは縮小します。

BandWidthが高い数値はバンド幅が広い、つまり相場が高ボラ状態であることを示し、低い数値はバンド幅が狭い、つまり相場が低ボラ状態であることを示しています。

例えばバンド幅が広がっていけば、上昇、下降にかかわらずトレンドが発生することを意味し、 逆にバンド幅が次第に狭まっていればトレンドは収束に向かっていると判断することができます。

引用:BANDWIDTHの活用|FXブロードネット

参照:FXブロードネット

 

ボリンジャーバンドのダイバージェンスは、価格とボラティリティの乖離によって生じます。具体的な定義は次のとおりです。

定義

  • 上昇トレンド:価格の高値が切り上げているのに対して、BandWidthの山(極大値)が切り下げている
  • 下降トレンド:価格の安値が切り下げているのに対して、BandWidthの山(極大値)が切り下げている

オシレーターのダイバージェンスと違い、ボリンジャーバンドのダイバージェンスは上昇トレンド・下降トレンドともに、BandWidthの極大値の切り下げに注目します!

 

下のチャートはドル円の5分足です。

上昇トレンドで高値(スイングハイ)を切り上げています。

各高値に対応するBandWidthの山を見てみると、極大値が切り下げており、ボラティリティが低下していることが分かります。

 

これはトレンド方向への勢いが失っていることを示唆しており、その後トレンド転換や深い調整相場に移行する可能性が高いです。

注意ポイント

上のチャートのように、価格の高値(安値)とBandWidthの極大値が少しズレていることがあります

 

下のチャートは、下降トレンドにおけるダイバージェンスです。BandWidthは谷(極小値)ではなく、山(極大値)に注目します。

・価格の安値の切り下げ:売り勢力が下降トレンドを継続させようと試みている
・BandWidthの山の切り下げ:下落時のボラティリティが低下している

ボリンジャーバンドのダイバージェンスの発生は、従来のダイバージェンスと同じように、ポジションの利益確定シグナルなので、このタイミングで売りポジションを手仕舞いましょう。

 

また、ヒドゥン・ダイバージェンスも発見することができます。

定義

  • 上昇トレンド:価格の高値が切り下げているのに対して、BandWidthの山が切り上げている
  • 下降トレンド:価格の安値が切り上げているのに対して、BandWidthの山が切り上げている

ヒドゥン・ダイバージェンスはトレンド方向に動く余地がまだ残っていることを示唆しています。

トレンド転換を狙った逆張りトレードは避け、順張りで仕掛けることが大切です。

 

上の相場でも、ヒドゥン・ダイバージェンス発生直後の中心線(20SMA)での反発上昇が、買いのエントリーポイントになります。

※ダイバージェンスについて詳しく学びたい方は、『ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?|みんかぶ』がおすすめです!

 

関連 ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!
関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

 

ダブル・ダイバージェンスでトレンド転換の信頼度UP

BandWidthのダイバージェンスも、オシレーターのダイバージェンスと同じように、順張りポジションの利食いや逆張りのタイミングを計るのに利用できます。

 

このとき、オシレーターのダイバージェンスも合わせて見るのがおすすめ!

ボラティリティとモメンタムの両方が価格と乖離していると、ダイバージェンスの信頼度が上がります。

 

下の2つのチャートは、それぞれMACD&BandWith、RSI&BandWithのダブル・ダイバージェンスです。

注意点として、下降トレンドのダイバージェンスは、BandWidthの極大値の切り下げを確認するのに対し、RSIなどのオシレーターは極小値が切り上げていることを確認します。

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2023 All Rights Reserved.