MT4&MT5

2020/9/29

【5ステップ】MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説!

  この記事では、MT4・MT5のデモ口座を開設する手順を解説します。 MT4やMT5でデモトレードしたり、FXチャートを見たい方はぜひ参考にしてください!     MT4・MT5のデモ口座の開設方法   step1XM Trading の公式サイトでデモ口座を開設する 下記サイトを開き、「デモ口座」のボタンをクリックします。 Xm Tradingの公式サイト ※XMデモ口座は最大5口座を開設できるので、デイトレ用、スキャル用、バックテスト用、EA用など使い分けるこ ...

MT4&MT5

2020/9/28

【MT5】アルーンインジケーター5選!

  この記事では、MT5のアルーンインジケーターを5つ紹介します。     MT5アルーンインジケーター これは、アルーンを表示するシンプルなインジケーターです。 関連:【FX】アルーンの使い方&見方【時間に注目してトレンドの勢いを分析する指標!】   設定 ・period of the indicator:アルーンの設定期間n MT5アルーン   また次のインジケーターでは、アルーンアップとアルーンダウンの位置関係に応じて、2本のライン間を色塗り表示しま ...

FXトレード

2020/9/28

騙しを回避!ストキャスティクスのクロス(GC・DC)の精度を上げる8つの方法

  ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスをエントリーシグナルとして使う場合、騙しは避けて通れません。 今回は、クロスのダマシを減らす8つの方法を紹介します。 ストキャスティクスを使った手法の勝率を改善する1つとしてよければ活用してみてください! 目次 パラメーターを大きくして、感度を下げる MACDフィルターで、クロスの精度UP! 過熱ゾーンでのクロスに注目! 1回目のクロスは無視!直後の2回目で仕掛ける ストキャスティクスとボリンジャーバンドは相性バツグン! 3本のストキャスティ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

  この記事では、ローソク足と練行足を組み合わせた手法を紹介します。 練行足を利用している方は、ぜひ参考にしてください! 練行足の使い方は『【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】』をご覧ください     練行足を使った順張りスキャルピング手法 1分足スキャルピングでは、ボックスサイズ10pipsの練行足を使います。   次のオージー円チャートでは、1分足チャートに連行足(10pips)を重ねて表示しています。 相場が10pips上下に動くたびに、その ...

MT4&MT5

2020/9/24

【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

  この記事では、ブレイクイーブンに損切を動かすのに役立つMT5 EAを4つ紹介します! 目次 自動でブレイクイーブン水準に動かすEA ブレイクイーブンの水準にラインを表示するインジ ボタンクリックでブレイクイーブンにストップロスを動かせるEA トレーリングストップつきEA         自動でブレイクイーブン水準に動かすEA このEAでは、ポジションに利益が出たときにストップロス注文をブレイクイーブン(損益分岐点)まで自動で動かしてくれます。 また、こ ...

戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

2019年8月17日

Pocket

 

オシレーターのダイバージェンスを利用しているFXトレーダーのみなさん!

ボリンジャーバンドとローソク足の間でも、ダイバージェンスが発生するのをご存知ですか?

今回は、ボリンジャーバンドで生じたダイバージェンスの見つけ方&使い方を紹介します。ボリンジャーバンドを使っている方はぜひ試してみてください!

【FX】BandWidthが鍵!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方

RSI・MACDなど従来のオシレーターのダイバージェンスは、価格の勢いの低下を捉える「モメンタム・ダイバージェンス」であるのに対して、

ボリンジャーバンドのダイバージェンスは、相場のボラティリティの低下を捉える「ボラティリティ・ダイバージェンスです。

 

このボリンジャーバンドのダイバージェンスは、BandWidthで見つけることができます。

BandWithは、ボリンジャーバンドのバンド間の距離を数値化したテクニカル指標で、式は次のとおりです。

計算式

BandWidth = (+2σバンド ー -2σバンド) ÷ 中心線

 

ボリンジャーバンドのバンド幅は、ボラティリティの拡大率を示します。

±2σバンドは標準偏差に基づいており、標準偏差はボラティリティが増減するにつれて変化します。

そのため、ボラティリティが増加するとバンドは拡大し、ボラティリティが減少するとバンドは縮小します。

BandWidthが高い数値はバンド幅が広い、つまり相場が高ボラ状態であることを示し、低い数値はバンド幅が狭い、つまり相場が低ボラ状態であることを示しています。

例えばバンド幅が広がっていけば、上昇、下降にかかわらずトレンドが発生することを意味し、 逆にバンド幅が次第に狭まっていればトレンドは収束に向かっていると判断することができます。

引用:BANDWIDTHの活用|FXブロードネット

参照:FXブロードネット

※BandWidthは、FXブロードネットの取引ツール(本番口座)で利用できます

 

ボリンジャーバンドのダイバージェンスは、価格とボラティリティの乖離によって生じます。具体的な定義は次のとおりです。

定義

  • 上昇トレンド:価格の高値が切り上げているのに対して、BandWidthの山(極大値)が切り下げている
  • 下降トレンド:価格の安値が切り下げているのに対して、BandWidthの山(極大値)が切り下げている

オシレーターのダイバージェンスと違い、ボリンジャーバンドのダイバージェンスは上昇トレンド・下降トレンドともに、BandWidthの極大値の切り下げに注目します!

 

下のチャートはドル円の5分足です。

上昇トレンドで高値(スイングハイ)を切り上げています。

各高値に対応するBandWidthの山を見てみると、極大値が切り下げており、ボラティリティが低下していることが分かります。

 

これはトレンド方向への勢いが失っていることを示唆しており、その後トレンド転換や深い調整相場に移行する可能性が高いです。

注意ポイント

上のチャートのように、価格の高値(安値)とBandWidthの極大値が少しズレていることがあります

 

下のチャートは、下降トレンドにおけるダイバージェンスです。BandWidthは谷(極小値)ではなく、山(極大値)に注目します。

・価格の安値の切り下げ:売り勢力が下降トレンドを継続させようと試みている
・BandWidthの山の切り下げ:下落時のボラティリティが低下している

ボリンジャーバンドのダイバージェンスの発生は、従来のダイバージェンスと同じように、ポジションの利益確定シグナルなので、このタイミングで売りポジションを手仕舞いましょう。

 

また、ヒドゥン・ダイバージェンスも発見することができます。

定義

  • 上昇トレンド:価格の高値が切り下げているのに対して、BandWidthの山が切り上げている
  • 下降トレンド:価格の安値が切り上げているのに対して、BandWidthの山が切り上げている

ヒドゥン・ダイバージェンスはトレンド方向に動く余地がまだ残っていることを示唆しています。

トレンド転換を狙った逆張りトレードは避け、順張りで仕掛けることが大切です。

 

上の相場でも、ヒドゥン・ダイバージェンス発生直後の中心線(20SMA)での反発上昇が、買いのエントリーポイントになります。

※ダイバージェンスについて詳しく学びたい方は、『ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?|みんかぶ』がおすすめです!

 

ダブル・ダイバージェンスでトレンド転換の信頼度UP

BandWidthのダイバージェンスも、オシレーターのダイバージェンスと同じように、順張りポジションの利食いや逆張りのタイミングを計るのに利用できます。

 

このとき、オシレーターのダイバージェンスも合わせて見るのがおすすめ!

ボラティリティとモメンタムの両方が価格と乖離していると、ダイバージェンスの信頼度が上がります。

 

下の2つのチャートは、それぞれMACD&BandWith、RSI&BandWithのダブル・ダイバージェンスです。

注意点として、下降トレンドのダイバージェンスは、BandWidthの極大値の切り下げを確認するのに対し、RSIなどのオシレーターは極小値が切り上げていることを確認します。

関連 ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.