MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!   ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MACDヒストグラムの使い方&見方【3種のダイバージェンス】

2020年2月21日

 

MACDヒストグラムの使い方

この記事では、MACDヒストグラム使い方見方を解説します。

これは、MACDのクロスやダイバージェンスの精度を高めることができる便利な指標なので、MACDを利用している方はぜひ参考にしてください!

 

MACDヒストグラムとは?

MACDヒストグラムは、MACD線とシグナル線の距離を数値化した指標です。

 

計算式

MACDヒストグラム = MACD線 - シグナル線
= 短期EMA - 長期EMA - [短期EMA - 長期EMA]のSMA

 

MACD線と同じように、MACDヒストグラムも0レベルを中心に上下に変動します。

MACD線が増加してシグナル線から上方に大きく離れるほど、ヒストグラムは増加します。

逆に、MACD線とシグナル線の距離が収縮すると、ヒストグラムは減少して0に向かいます。

  • MACD線がシグナル線を超える:ヒストグラムは正
  • MACD線がシグナル線を下回る:ヒストグラムは負

 

MACD線とシグナル線のGC:ヒストグラムが0レベルを上抜け
MACD線とシグナル線のDC:ヒストグラムが0レベルを下抜け

また、MACD線とシグナル線の距離が最大になるポイントは、ヒストグラムが極大値・極小値になります。

 

 

トレンドの勢いを解析

MACDヒストグラムの大きさ・方向を見ることで、トレンドの勢いの変化を解析できます。

 

1.ヒストグラムの方向性

上昇トレンドにおいて、MACD線が大きく上昇してシグナル線との距離が離れるほど、トレンド方向への勢いが高まっていることを示唆しています。

このとき、MACDヒストグラムは上昇しています。

逆に、MACD線の上昇率が低下してシグナル線との距離が狭まるのは、価格の上昇力が弱まっていることを示唆しています。

つまり、0レベル以上で上昇していたMACDヒストグラムが減少に転じると、押し目に入る可能性が高いです。

 

上昇トレンド

  • ヒストグラム上昇:上昇の勢い増加中
  • ヒストグラム反転減少:上昇力弱まり、調整下落に移行

 

2.ヒストグラムの極大値・極小値

ヒストグラムの極大値・極小値は、トレンドの高値・安値に対応しています。

そして、トレンド相場において、ヒストグラムが0レベルへ回帰する動きを見せたら、押し目買い・戻り売りの利食いタイミングになります。

※MACDヒストグラムの転換は、上のチャートのようにバーの色が変化するようにすると捉えやすいです

 

また、ヒストグラムの極大値・極小値の大きさは、トレンドの強さを表します。

下のチャートのように、ヒストグラムの山の個数が多かったり、極大値が相対的に大きい場合は、買いが優勢であり上昇トレンドが発生していることが多いです。

 

 

3.トレンド終了の兆候

トレンドの衰退を示唆するシグナルは、次の3つがあります。

これらが発生したら、トレンドの終わりが近いので要注意です。

 

3つのシグナル

  • トレンドと反対方向に、大きなヒストグラムの山(谷)が発生する
  • トレンド方向のヒストグラムが縮小する
  • ダイバージェンスが発生する

 

 

 

MACDヒストグラムのダイバージェンスは3種類あり!

MACDヒストグラムのダイバージェンスは、次の3つがあります。

 

1.MACD線との逆行

ヒストグラムの高値が切り下がっているのに対して、MACD線の高値が切り上がっています。

このとき、価格も切りあがってるので、従来のMACDではダイバージェンスが発生していません。

このように、MACDのダイバでは検知できないトレンド転換をヒストグラムのダイバージェンスが検知してくれます!

 

2.価格との逆行

上昇トレンドで高値が切りあがっているのに対して、ヒストグラムの高値が切り下がっています。

このとき、MACDのダイバも同時に発生していると、ダイバージェンスの信頼性が高まります。

 

3.ヒストグラムの切り上がり・切り下がり

MACDヒストグラムのダイバージェンス

ウェッジパターンのブレイクアウト後、MACD線は上昇しているのに対してヒストグラムは下落しており、2つの動きが逆行しています。

これも相場の勢いが弱まっているシグナルになります。

 

その直後、ブレイクアウトは勢いを失い、トレンド転換しています。

上の2つのダイバージェンスと違い、このダイバはトレンド転換につながることが少ないですが、トレンド途中のレンジ・もみ合い相場に移行するシグナルになることが多いので要注意です。

 

応用

MACDとシグナル線のクロス時に、MACDヒストグラムのダイバージェンスが発生していると、トレンドが終了・反転する確率が高まります。

MACDクロスの精度を上げたい方は、ヒストグラムのダイバが同時に発生しているクロスに絞って利用してみてはいかがでしょうか?

関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

 

ヒストグラムのクロスは早期シグナル!

MACDの欠点の1つとして、ゴールデン/デッドクロスの発生タイミングがやや遅いため、ポジションの仕掛けや手仕舞いが遅れることが挙げられます。

 

MACDヒストグラムとそのSMA(9期間)のクロスは、MACD線&シグナル線のクロスより発生タイミングが早いため、この問題を解決してくれます。

エントリーや利食いでの早期シグナルとしておすすめ!

上の相場では、上昇トレンドが発生しており、押し目買いトレードのチャンスです。

 

MACD線とヒストグラムそれぞれのクロスの発生タイミングを比べてみましょう。

比較

・MACD線のゴールデンクロス:押し目で反発上昇後に遅れてシグナルが発生している
→損切水準から離れたエントリーになるため、損益比率が悪化してしまいます

・ヒストグラムのゴールデンクロス:MACDのクロスより早く、押し目の底に近いポイントで発生している
→損益比率が良い、押し目買いの仕掛け

 

また、ヒストグラムのデッドクロスは、上昇トレンド相場での利食いシグナルとして活用できます。

MACD線のデッドクロスより早く、価格が反転する直後のトレンド高値圏で利益確定できます。

 

注意点

ヒストグラムのクロスは発生タイミングは早いですが、シグナルの精度はMACD線のクロスと変わらないです。

そのため、精度を上げるためにほかのインジケーターを見るなど、ダマシを回避する工夫が必要です。

 

また、ブレイクアウト手法でも利食いシグナルとして利用できます。

上のチャートのように、ブレイクアウト終了直後に利益確定して、大きな利食い幅を確保できます。

関連 MACDヒストグラムを使った順張り手法2選!

 

 

ヒストグラムでMACDのクロスを予測!

MACDヒストグラムの極大値(極小値)は、MACDのGC・DCよりローソク足数本先に発生する傾向があります。

そのため、MACDヒストグラムの極大値(極小値)は、MACDのGC・DCの発生を事前に予測するサインになります。

 

 

MACDヒストグラムのMT4・MT5インジケーター

MT4やMT5でMACDヒストグラムを利用したい方は、下記の記事でインジケーターを紹介しているのでよければ参考にしてください。

【MT4】MACDのおすすめインジケーター9選!
【MT5】MACDインジケーター8選!

 

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.