FXトレード

2021/4/19

【FX】5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介!

  この記事では、5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介します。 次のようなケースで利用できます! レンジやレジサポラインのブレイクアウトでのエントリーを見逃した ブレイクアウトの成功を確認してからエントリーしたい ブレイクアウト1波の途中で買い増し(売り増し)したい   目次 5分足ブレイクアウト1波=1分足強トレンド ブレイクアウト直後のレジサポラインに注目! ブレイクアウト1波内部でのはらみ足は、飛び乗りエントリーのチャンス 5分足ブレイクアウト1波は、3 ...

FXトレード

2021/4/15

【FX】ドンチャンチャネルの戦略や使い方を徹底解説!

  この記事では、ドンチャンチャネルの使い方や戦略を解説します。 目次 【FX】ドンチャンチャネルとは? ドンチャンチャネルの4つの使い方! ドンチャンチャネルを使ったブレイクアウト手法のテクニック4選 【4つ紹介】フィルター戦略で、ドンチャンチャネルのシグナルの精度を上げよう! ダブルボラティリティ・ブレイクアウトシステム タートルトレーディングシステムの紹介     【FX】ドンチャンチャネルとは? ドンチャンチャネルは、米国の投資家 リチャード・ドンチャン氏によって開発 ...

FXトレード

2021/4/17

無料で仮想通貨のチャートが見れるおすすめサイト7選!

  この記事では、仮想通貨のチャートが見れるおすすめの無料サイトを7つ紹介します。 ソフトをPCにインストールしたり、ネット証券に口座開設する必要なく無料で見ることができます! それぞれデザインや機能が異なるので、今回紹介する7つのサイトを見比べてお好みのチャートをぜひ見つけてください! 目次 おすすめの無料チャート!TradingView スクリーニング機能が優秀な、みんなの仮想通貨 仮想通貨の4つの銘柄のボラティリティを比較できる!DMMビットコイン ビットコインのヒストリカル・ボラティリテ ...

FXトレード

2021/4/11

【FX】注目度の高いフィボナッチの引き方6選!

  この記事では、多くの市場参加者が注目し、レジサポラインとして機能しやすいフィボナッチリトレースメントの引き方を6つ紹介します。 フィボナッチリトレースメントをトレードに活用している方は、ぜひ参考にしてください! 目次 非常に長いヒゲは、フィボナッチの基点として利用されやすい トレンドラインの始点で引いたフィボナッチは、トレンド転換後の押し・戻し水準 前回トレンドの最高値/最安値 埋まらない窓のフィボナッチは強力なレジサポライン! 前の市場の最高値/最安値は、当日のレジサポライン スパイク(急 ...

FXトレード

2021/4/18

【FX】ヘッドアンドショルダーのエントリーポイントは3つ目の山・谷を狙おう!パターン6選!

  この記事では、ヘッドアンドショルダーの3つ目の山・谷でエントリーするパターンを6つ紹介します。 トレンド転換を狙った逆張りや、トレンドの押し・戻しでの順張りで利用でき、ネックライン越えより早く仕掛けることができるのでぜひ参考にしてください。   ウェッジブレイクアウトで発生するヘッドアンドショルダー 下のチャートのように、上昇トレンド相場における上昇ウェッジの下降ブレイクアウト時に、ヘッドアンドショルダーズトップが出現するパターンは、上昇トレンドが終了し下降トレンドへ転換するきっか ...

FXトレード

2021/3/28

押し目買いのエントリータイミングを見極めるパターン7選!

  この記事では、押し目買い・戻り売りのエントリータイミングを見極めるのに役立つプライスアクション(ローソク足パターン)を7つ紹介します。 これらのプライスアクションが押し底や戻り天井で発生すると、価格は反転しトレンド方向へ動き出す確率が高いです。 トレンドやブレイクアウト相場の押し・戻しで仕掛けるトレーダーはぜひ参考にしてください! 目次 はらみ足(インサイドバー)の連続形成 上ヒゲの切り下げ/下ヒゲの切り上げ 上ヒゲ(下ヒゲ)つきはらみ足 切り上げ下げのヒゲ3本 同水準のヒゲの連続 レジサポ ...

FXトレード

2021/3/24

5分足トレーダー必見!3分足を使うメリットを5つ紹介!

  この記事では、5分足FXデイトレーダーが3分足チャートを使うメリットを5つ紹介します。 3分足では、5分足では見逃してしまうエントリーポイントやチャートパターンが出現するので、5分足デイトレーダーの方は3分足もあわせて見てみてはどうでしょうか? 目次 ブレイクアウト相場での超浅い押し・戻しでエントリーできる 3分足で、隠れた押し・戻しを見つけることができる 5分足で認識しずらいチャートパターンを発見できる 3分足を使えば、より早いタイミングで仕掛けることができる じりじりと上昇(下落)する5 ...

MT4&MT5

2021/3/20

相場のボラティリティを測定するMT4インジケーター4選!

  この記事では、相場のボラティリティを測定するMT4インジケーターを4つ紹介します! 目次 ATRレシオ チャイキンボラティリティ 上位足ボラティリティを測定するインジ 【GARCHモデル】ボラティリティ予測インジケーター ATRレシオ これは、2つのATRの比率を測定表示したインジケーターで、ATRレシオは現在のボラティリティの大きさを把握するのに役立ちます。 計算式 ATRレシオ=短期ATR ÷ 長期ATR×100   下のチャートでは、短期ATR14、長期ATR50のATRレシ ...

【徹底比較】FXボリンジャーバンドのおすすめ期間【20・21・25どれがいい?】

2020年1月24日

Pocket

 

ボリンジャーバンドの期間は20・21・25が有名ですが、どれがおすすめなのでしょうか?

この記事では、いろいろな観点で各期間ボリンジャーバンドの動きを比較して、どの期間がおすすめなのか私なりに検証してみました。

結論をいいますと、総合的に期間20がおすすめ!

 

もし、ボリンジャーバンドの期間をどれにするか悩んでいる方は、よければこの記事を参考にしてみてください!

関連:【決定版】ボリンジャーバンドを極めたい方におすすめの本12選!

期間20 vs 期間21

下のチャートでは、期間20(青)と期間21(オレンジ)の2つのボリンジャーバンドを表示しています。

数mmラインがずれている部分もありますが、ほとんど同じ軌跡を描いているとわかります。

ただし細かく見てみると、期間20のBBのほうが±2σバンドが価格の動きに少し敏感に反応しています。

 

結論

期間20と期間21の各バンドはほとんど同じ動きなので、どちらを使ってもトレードの結果に大きな差はないです。

ただし、期間20のほうが価格の動きに対応しているので、期間20のほうが優れていると考えれらます。

 

以降の記事では、期間20と期間25のボリンジャーバンドをいろいろな観点から比較してみます。

関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

 

スクイーズに移行する早さ

スクイーズ状態に移行する早さは、期間20のボリンジャーバンドのほうが早いです。

fxボリンジャーバンドの期間

価格が横ばいの動きをみせたとき、期間20の±2σバンドが速く縮小して、スクイーズに素早く移行しています。

そのため、スクイーズの早期発見は、期間20のほうが優れています。

 

スクイーズの発生を早く発見できれば、取引機会を増やすことができます。

上の相場では、スクイーズ内での「±2σバンドの反発」を使用した逆張りトレードチャンスは、期間20のほうが1回多いです。

※スクイーズの使い方は、『小次郎講師のボリンジャーバンド解説、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」|みんかぶ』が参考になりますよ!

 

エクスパンション後の「バンド転換」の早さ

ボリンジャーバンドのエクスパンション後の「±2σバンドの転換(山・谷)」は、期間20のほうが早く発生する傾向があります。

ボリンジャーバンドのおすすめ期間

この「±2σバンドの転換」をブレイクアウトの利食いシグナルとして利用している方は、期間20のBBのほうが高値圏(安値圏)で素早く利食いすることができます。

 

また、期間25のバンドは動きが緩やかで、転換点での山・谷の輪郭がぼやけて見つけにくいことがあります。

 

 

トレンド相場での中心線の機能度

FXでは20MAがメジャーなので、20期間のボリンジャーバンドの中心線(20SMA)のほうが、トレンド相場で押し目/戻りで反発されやすいです。

 

もちろんあくまで傾向なので、25期間のBBの中心線がトレンド相場でのレジサポラインとして機能するケースもあります。

 

 

エクスパンションの発生タイミング

エクスパンション(±2σバンドの拡大)の発生タイミングや、エクスパンション時のバンドの傾きは、期間20・25でほぼ同じです。

そのため、ボリンジャーバンドのエクスパンションを利用したブレイクアウト手法では、どちらの期間のBBを使っても大きな違いはありません。

関連 【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!
関連 【MT4】アラート機能付きボリンジャーバンドのインジケーター6選!
関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

バンドウォークでの動き

バンドウォークでトレンド方向に推移しているポイントでは、20期間・25期間の各±2σバンドが重なっており、同じような動きをみせます。

 

ただし、バンドウォーク中では20期間の±2σバンドのほうが、トレンドの勢いの低下に対応しやすく、レジサポラインとして機能しやすいです。

 

 

レンジ相場での±2σバンドの反発のしやすさ

スクイーズでは、2つの期間のBBのバンドがほぼ同じ幅に収まります。

そのため、どちらの±2σバンドでも価格がきれいに反発し、逆張りポイントとして利用できます。

 

同様に、ボラティリティの高いレンジ相場でも、20期間・25期間の各BBバンドはレジサポラインとして機能します。

 

 

±3σバンドの動き

20期間・25期間の±3σバンドは、±2σバンドに比べてどちらも価格の到達率が低いです。

ただし、20期間の±3σバンドのほうが内側で推移することが多く、ローソク足がバンドにタッチしやすいです。

 

 

まとめ

以上の7つの観点から総合的にみて、20・21・25期間のうち、ボリンジャーバンドの期間として「20期間」がおすすめです。

最後に、20期間BBが21・25期間BBより優れている点をまとめます。

  • ±2σバンドは、直近の値動きを反映した動きをとる
  • スクイーズの発生が早く、スクイーズ内の逆張りチャンスが多い
  • エクスパンション後の±2σバンドの転換が早く、ブレイクアウトが大きく反転する前に利食いできる
  • ±3σバンドに価格がタッチしやすい

※ボリンジャーバンドについて詳しく学びたい方は、DVD『ボリンジャーバンド完全マニュアル』を参考にしてください

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.