FXトレード

2021/7/23

【H1&M5】MTFボリンジャーバンドの見方&エントリーポイントを解説【FX】

  この記事では、5分足と1時間足を組み合わせたボリンジャーバンドの見方やエントリーポイントを紹介します。 ここでは、5分足チャートに次のインジケーターを表示しています。 20期間ボリンジャーバンドの±2σバンド 240期間ボリンジャーバンドの±2σバンド(≒1時間足の20期間BBの±2σバンド) 20EMA 240EMA(≒1時間足の20期間EMA) ※ボリンジャーバンドのミドルバンドは、SMAの代わりに20EMAや240EMAを表示していますが、SMAでもOKです 目次 1時間足ボリバン+1 ...

FXトレード

2021/7/20

ビックチャンスを見逃すな!月曜日に形成したレンジは、ブレイクアウトトレードの大チャンス!

  FX市場や株式相場では、月曜日は様子見のトレーダーが多いため、出来高が少なく狭いレンジを形成する傾向があります。 そして、このレンジをブレイクアウトすると、様子見していたトレーダー達の新規注文が市場に流れ込み、一方向に大きなトレンドが発生することが多いです。 この記事では、この一連の値動きパターンを利用したブレイクアウト手法について解説します。 関連 【FX】5分足ブレイクアウト1波の内部で順張りを仕掛ける方法を4つ紹介! 目次 マンデー・レンジの見つけ方 マンデー・レンジを使ったブレイクア ...

MT4&MT5

2021/7/20

【MT4】ボリンジャーバンドのおすすめインジケーター13選!【MTF・アラート・%B】

  この記事では、MT4で使えるボリンジャーバンドのおすすめインジケーターを13個紹介します! 目次 表示/非表示を切り替えることができるボリバン 過去検証に役立つボリバンインジケーター ボリンジャーバンド%B  MACDやRSIにボリンジャーバンドを表示するインジ ボリバンとATRバンドを表示するインジ BBストップ EMA版ボリンジャーバンド ボリバンとRSIを使った逆張りシグナル 複数時間足のボリバンレベルに水平線を引くインジ 上位足のボリンジャーバンドを表示できるインジ サブウィンドウに ...

MT4&MT5

2021/7/10

【MT5】ボリンジャーバンドのインジケーター15選!【MTF・アラート・%Bなど】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのインジケーターを15つ紹介します。 目次 サブウィンドウにボリンジャーバンドつきチャートを表示するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅とATRでボラティリティを測定するインジ トレンド・レンジを自動判定してバンド間の色で知らせてくれるインジ BBストップ ボリバンのブレイクアウトでアラートが鳴るインジ バンド間で色塗りされたボリバンインジ ボリンジャーバンド%B フィボナッチ・ボリンジャーバンド MACDボリンジャー MTF機能つきボリンジャー ...

FXトレード

2021/6/20

【FX】エリオット波動5波を狙う順張り戦略を解説!

  エリオット波動3波目は取れる値幅は大きく、うまくトレードすれば大きく稼げます。 しかし、トレンドの最初の押し・戻りでのトレードのため、トレンドの初動を捉える技術が必要であり難易度が高いです。   そのため、初心者の方はエリオット波動5波でのトレードがおすすめ!難しい3波ではなく5波を確実に狙うことで勝率を改善することができます。 そこでこの記事では、エリオット波動5波のトレード戦略と、1時間足と5分足を使った実践トレードを解説します。   エリオット波動5波を狙うトレード ...

FXトレード

2021/6/13

【FX】5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップ!

  この記事では、5分足でビックトレンドが発生するセットアップを紹介します。 このセットアップが完成すると大きなトレンドが形成する確率が高く、5分足で順張りトレードを仕掛けるチャンスになります。 目次 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? ビックトレンドが発生する原理 セットアップの4つの注意点! 応用パターン例を4つ紹介! 5分足でビックトレンドが発生するセットアップとは? 5分足でビックトレンドが発生する強力セットアップは、下のような1時間足で形成する値動きパターンになります。 ...

FXトレード

2021/6/5

【FX】ブレイクアウト手法の利食い戦略を9つ紹介!

  ブレイクアウト相場は相場が短時間で一気に動くため、利食いのタイミングが難しいですよね。 テクニカル指標やレジサポライン、チャートパターンを使うことで、客観的にブレイクアウト手法での利食いを行うことができます そこでこの記事では、ブレイクアウト手法の利食いのタイミング方法を9個紹介します。 目次 ブレイクアウト方向のレジサポライン到達 ブレイクアウト方向のボリバンのバンドが閉じたら ブレイクアウトと逆方向のボリバンのバンドが閉じたら ダブルトップやダブルボトム形成 パラボリックでトレーリングス ...

MT4&MT5

2021/7/25

【MT4&MT5】リスクリワードレシオを測定表示するインジケーターの紹介!

  今回は、リスクリワードレシオ(損益比率)を自動計算するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 その他の機能として、利食い幅や損切り幅をpips表示したり、リスク率にもとづくロット数を自動計算してくれるので、ぜひお試しください!   リスクリワードレシオを測定表示するインジケーター このインジケーターは、リスクリワードレシオやロット数を自動計算してくれます。使い方を順に解説します。 ・リスクリワードレシオの測定方法 ・トレードでの実践的な使い方 ・パネルの使い方 ・ロットサイズの ...

【徹底比較】FXボリンジャーバンドのおすすめ期間【20・21・25どれがいい?】

2020年1月24日

 

ボリンジャーバンドの期間は20・21・25が有名ですが、どれがおすすめなのでしょうか?

この記事では、いろいろな観点で各期間ボリンジャーバンドの動きを比較して、どの期間がおすすめなのか私なりに検証してみました。

結論をいいますと、総合的に期間20がおすすめ!

 

もし、ボリンジャーバンドの期間をどれにするか悩んでいる方は、よければこの記事を参考にしてみてください!

関連:【決定版】ボリンジャーバンドを極めたい方におすすめの本12選!

期間20 vs 期間21

下のチャートでは、期間20(青)と期間21(オレンジ)の2つのボリンジャーバンドを表示しています。

数mmラインがずれている部分もありますが、ほとんど同じ軌跡を描いているとわかります。

ただし細かく見てみると、期間20のBBのほうが±2σバンドが価格の動きに少し敏感に反応しています。

 

結論

期間20と期間21の各バンドはほとんど同じ動きなので、どちらを使ってもトレードの結果に大きな差はないです。

ただし、期間20のほうが価格の動きに対応しているので、期間20のほうが優れていると考えれらます。

 

以降の記事では、期間20と期間25のボリンジャーバンドをいろいろな観点から比較してみます。

関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

 

スクイーズに移行する早さ

スクイーズ状態に移行する早さは、期間20のボリンジャーバンドのほうが早いです。

fxボリンジャーバンドの期間

価格が横ばいの動きをみせたとき、期間20の±2σバンドが速く縮小して、スクイーズに素早く移行しています。

そのため、スクイーズの早期発見は、期間20のほうが優れています。

 

スクイーズの発生を早く発見できれば、取引機会を増やすことができます。

上の相場では、スクイーズ内での「±2σバンドの反発」を使用した逆張りトレードチャンスは、期間20のほうが1回多いです。

※スクイーズの使い方は、『小次郎講師のボリンジャーバンド解説、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」|みんかぶ』が参考になりますよ!

 

エクスパンション後の「バンド転換」の早さ

ボリンジャーバンドのエクスパンション後の「±2σバンドの転換(山・谷)」は、期間20のほうが早く発生する傾向があります。

ボリンジャーバンドのおすすめ期間

この「±2σバンドの転換」をブレイクアウトの利食いシグナルとして利用している方は、期間20のBBのほうが高値圏(安値圏)で素早く利食いすることができます。

 

また、期間25のバンドは動きが緩やかで、転換点での山・谷の輪郭がぼやけて見つけにくいことがあります。

 

 

トレンド相場での中心線の機能度

FXでは20MAがメジャーなので、20期間のボリンジャーバンドの中心線(20SMA)のほうが、トレンド相場で押し目/戻りで反発されやすいです。

 

もちろんあくまで傾向なので、25期間のBBの中心線がトレンド相場でのレジサポラインとして機能するケースもあります。

 

 

エクスパンションの発生タイミング

エクスパンション(±2σバンドの拡大)の発生タイミングや、エクスパンション時のバンドの傾きは、期間20・25でほぼ同じです。

そのため、ボリンジャーバンドのエクスパンションを利用したブレイクアウト手法では、どちらの期間のBBを使っても大きな違いはありません。

関連 【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!
関連 【MT4】アラート機能付きボリンジャーバンドのインジケーター6選!
関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

バンドウォークでの動き

バンドウォークでトレンド方向に推移しているポイントでは、20期間・25期間の各±2σバンドが重なっており、同じような動きをみせます。

 

ただし、バンドウォーク中では20期間の±2σバンドのほうが、トレンドの勢いの低下に対応しやすく、レジサポラインとして機能しやすいです。

 

 

レンジ相場での±2σバンドの反発のしやすさ

スクイーズでは、2つの期間のBBのバンドがほぼ同じ幅に収まります。

そのため、どちらの±2σバンドでも価格がきれいに反発し、逆張りポイントとして利用できます。

 

同様に、ボラティリティの高いレンジ相場でも、20期間・25期間の各BBバンドはレジサポラインとして機能します。

 

 

±3σバンドの動き

20期間・25期間の±3σバンドは、±2σバンドに比べてどちらも価格の到達率が低いです。

ただし、20期間の±3σバンドのほうが内側で推移することが多く、ローソク足がバンドにタッチしやすいです。

 

 

まとめ

以上の7つの観点から総合的にみて、20・21・25期間のうち、ボリンジャーバンドの期間として「20期間」がおすすめです。

最後に、20期間BBが21・25期間BBより優れている点をまとめます。

  • ±2σバンドは、直近の値動きを反映した動きをとる
  • スクイーズの発生が早く、スクイーズ内の逆張りチャンスが多い
  • エクスパンション後の±2σバンドの転換が早く、ブレイクアウトが大きく反転する前に利食いできる
  • ±3σバンドに価格がタッチしやすい

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.