FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【徹底比較】FXボリンジャーバンドのおすすめ期間【20・21・25どれがいい?】

2020年1月24日

 

ボリンジャーバンドの期間は20・21・25が有名ですが、どれがおすすめなのでしょうか?

この記事では、いろいろな観点で各期間ボリンジャーバンドの動きを比較して、どの期間がおすすめなのか私なりに検証してみました。

結論をいいますと、総合的に期間20がおすすめ!

 

もし、ボリンジャーバンドの期間をどれにするか悩んでいる方は、よければこの記事を参考にしてみてください!

関連:【決定版】ボリンジャーバンドを極めたい方におすすめの本12選!

期間20 vs 期間21

下のチャートでは、期間20(青)と期間21(オレンジ)の2つのボリンジャーバンドを表示しています。

数mmラインがずれている部分もありますが、ほとんど同じ軌跡を描いているとわかります。

ただし細かく見てみると、期間20のBBのほうが±2σバンドが価格の動きに少し敏感に反応しています。

 

結論

期間20と期間21の各バンドはほとんど同じ動きなので、どちらを使ってもトレードの結果に大きな差はないです。

ただし、期間20のほうが価格の動きに対応しているので、期間20のほうが優れていると考えれらます。

 

以降の記事では、期間20と期間25のボリンジャーバンドをいろいろな観点から比較してみます。

関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

 

スクイーズに移行する早さ

スクイーズ状態に移行する早さは、期間20のボリンジャーバンドのほうが早いです。

fxボリンジャーバンドの期間

価格が横ばいの動きをみせたとき、期間20の±2σバンドが速く縮小して、スクイーズに素早く移行しています。

そのため、スクイーズの早期発見は、期間20のほうが優れています。

 

スクイーズの発生を早く発見できれば、取引機会を増やすことができます。

上の相場では、スクイーズ内での「±2σバンドの反発」を使用した逆張りトレードチャンスは、期間20のほうが1回多いです。

※スクイーズの使い方は、『小次郎講師のボリンジャーバンド解説、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」|みんかぶ』が参考になりますよ!

 

エクスパンション後の「バンド転換」の早さ

ボリンジャーバンドのエクスパンション後の「±2σバンドの転換(山・谷)」は、期間20のほうが早く発生する傾向があります。

ボリンジャーバンドのおすすめ期間

この「±2σバンドの転換」をブレイクアウトの利食いシグナルとして利用している方は、期間20のBBのほうが高値圏(安値圏)で素早く利食いすることができます。

 

また、期間25のバンドは動きが緩やかで、転換点での山・谷の輪郭がぼやけて見つけにくいことがあります。

 

 

トレンド相場での中心線の機能度

FXでは20MAがメジャーなので、20期間のボリンジャーバンドの中心線(20SMA)のほうが、トレンド相場で押し目/戻りで反発されやすいです。

 

もちろんあくまで傾向なので、25期間のBBの中心線がトレンド相場でのレジサポラインとして機能するケースもあります。

 

 

エクスパンションの発生タイミング

エクスパンション(±2σバンドの拡大)の発生タイミングや、エクスパンション時のバンドの傾きは、期間20・25でほぼ同じです。

そのため、ボリンジャーバンドのエクスパンションを利用したブレイクアウト手法では、どちらの期間のBBを使っても大きな違いはありません。

関連 【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!
関連 【MT4】アラート機能付きボリンジャーバンドのインジケーター6選!
関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

バンドウォークでの動き

バンドウォークでトレンド方向に推移しているポイントでは、20期間・25期間の各±2σバンドが重なっており、同じような動きをみせます。

 

ただし、バンドウォーク中では20期間の±2σバンドのほうが、トレンドの勢いの低下に対応しやすく、レジサポラインとして機能しやすいです。

 

 

レンジ相場での±2σバンドの反発のしやすさ

スクイーズでは、2つの期間のBBのバンドがほぼ同じ幅に収まります。

そのため、どちらの±2σバンドでも価格がきれいに反発し、逆張りポイントとして利用できます。

 

同様に、ボラティリティの高いレンジ相場でも、20期間・25期間の各BBバンドはレジサポラインとして機能します。

 

 

±3σバンドの動き

20期間・25期間の±3σバンドは、±2σバンドに比べてどちらも価格の到達率が低いです。

ただし、20期間の±3σバンドのほうが内側で推移することが多く、ローソク足がバンドにタッチしやすいです。

 

 

まとめ

以上の7つの観点から総合的にみて、20・21・25期間のうち、ボリンジャーバンドの期間として「20期間」がおすすめです。

最後に、20期間BBが21・25期間BBより優れている点をまとめます。

  • ±2σバンドは、直近の値動きを反映した動きをとる
  • スクイーズの発生が早く、スクイーズ内の逆張りチャンスが多い
  • エクスパンション後の±2σバンドの転換が早く、ブレイクアウトが大きく反転する前に利食いできる
  • ±3σバンドに価格がタッチしやすい

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.