FXトレード

2020/9/28

騙しを回避!ストキャスティクスのクロス(GC・DC)の精度を上げる8つの方法

  ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスをエントリーシグナルとして使う場合、騙しは避けて通れません。 今回は、クロスのダマシを減らす8つの方法を紹介します。 ストキャスティクスを使った手法の勝率を改善する1つとしてよければ活用してみてください! 目次 パラメーターを大きくして、感度を下げる MACDフィルターで、クロスの精度UP! 過熱ゾーンでのクロスに注目! 1回目のクロスは無視!直後の2回目で仕掛ける ストキャスティクスとボリンジャーバンドは相性バツグン! 3本のストキャスティ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】連行足とローソク足を組み合わせた手法【順張り&ブレイクアウト】

  この記事では、ローソク足と練行足を組み合わせた手法を紹介します。 練行足を利用している方は、ぜひ参考にしてください! 練行足の使い方は『【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】』をご覧ください     練行足を使った順張りスキャルピング手法 1分足スキャルピングでは、ボックスサイズ10pipsの練行足を使います。   次のオージー円チャートでは、1分足チャートに連行足(10pips)を重ねて表示しています。 相場が10pips上下に動くたびに、その ...

MT4&MT5

2020/9/24

【MT5】ブレイクイーブン(損益分岐点)に損切を動かすのに役立つEA4選!

  この記事では、ブレイクイーブンに損切を動かすのに役立つMT5 EAを4つ紹介します! 目次 自動でブレイクイーブン水準に動かすEA ブレイクイーブンの水準にラインを表示するインジ ボタンクリックでブレイクイーブンにストップロスを動かせるEA トレーリングストップつきEA         自動でブレイクイーブン水準に動かすEA このEAでは、ポジションに利益が出たときにストップロス注文をブレイクイーブン(損益分岐点)まで自動で動かしてくれます。 また、こ ...

FXトレード

2020/9/26

【FX】練行足とは?【欠点とその解決策、使い方を解説】

  この記事では、練行足について次の5つの項目を解説します。 目次 【FX】練行足とは?【計算方法】 練行足の欠点と解決策 練行足は押し目買い・戻り売りのエントリータイミングに最適! 練行足はチャートパターンやトレンドラインが見つけやすい! 練行足を使った環境分析   【FX】練行足とは?【計算方法】 練行足は、相場が一方向に一定の値幅を動くと新しい足が作成される、非時系列チャートの一種です。 一定の時間間隔の値動きをもとに作成されるローソク足と違い、練行足はポイント&フィギュ ...

MT4&MT5

2020/9/21

【厳選】MT4インジケーターおすすめ11選!【全無料】

  この記事では、無料で使えるおすすめMT4インジケーターを11個紹介します。 MT4でのトレードやチャート分析を効率化&快適にするインジケーターがあるので、 ぜひお試しください! 目次 チャートにフリーハンドでいろいろ描けるインジ 上位足・下位足のローソク足の形を確認できるインジ 複数のチャートで、ラインを同期するインジ フィボナッチリトレースメントやトレンドラインを自動で引いてくれるインジ 東京・ヨーロッパ市場レンジのブレイクアウトトレードに役立つインジ アラート機能でスプレッドの急拡大を知 ...

【MT4】高値安値にラインを自動表示するインジケーター4選!

2020年1月28日

Pocket

 

この記事では、次のような高値安値のラインを自動表示するMT4インジケーターを4つ紹介します。

関連 【MT5】高値安値にラインを自動表示するインジケーター6選!

 

 

1本前の1時間足・4時間足の高値・安値

このインジは、1時間足・4時間足・日足・週足の各時間軸における、1本前の足の高値・安値の水準をチャートに表示してくれます。

※日足の水準は前日の高値安値、週足の水準は先週の高値安値になります

 

これらの水準は、下位足でレジサポラインとして機能します。

また、MTF分析など、現在の価格と上位足のローソク足の高値安値の位置関係を調べたい方におすすめです!

 

設定

各水準は、設定で個別に色を変更できます。

 

Previous Candle Hi-Lo

 

 

前日・先週・先月の終値・高値・安値

これは、前日・先週・先月の終値・高値・安値の水準をチャートに表示するインジケーターです。

上の1時間足では、前日高値安値と先週の高値安値の4つの水準を表示しています。

 

設定

・Precision:ここは無視してOKです

・Period:期間の指定。前日(Previous day)、先週(previous week)、先月(previous month)の3つから選びます

1つのインジケーターで、上の3つのうち1つの期間の水準のみチャートに表示できます。

前日・先週・先月の3つの水準をすべて表示したい場合は、このインジを3つチャートに張り付けて、「Period」を上の3つに割り当ててください。

 

・Periods to calculate:水平線を表示する数

たとえば「Period=Previous day、Periods to calculate=3」にすると、直近3日間において各前日高値・安値・終値がチャートに表示されます。

このパラメーターを大きくすれば、過去にさかのぼって前日高値安値などの各水準をチャートに表示できるので、過去検証やチャート研究に役立ちますよ!

 

・Hours(Minutes) shift:水平線を時間単位(分単位)で左右にシフトする。ここは0にします
・Buffer visibility:終値・高値・安値の水準の表示の有無。いずれかを非表示にしたい場合は、「false」にします
・Probe visility:各水準の価格表記を非表示にしたい場合は、「false」にします

 

各ラインの色は、設定の「色の設定」タブで変更できます。

 

High, Low and Close of the previous day, week or month

※MT4内では、「common sr」という表記になっています

 

2日前や3日前の最高値・最安値の水準にラインを表示したい場合は、「3DaysHiLo」というインジケーターがおすすめです。

詳しくは、「3DaysHiLo|前日高値安値や2日前の高値安値を自動で引くMT4インジケーター」で紹介しています。

 

 

直近n日間における最高値・最安値

これは、直近n日間における最高値・最安値に水平線を引いてくれるインジケーターです。

最高値は緑の点線、最安値は赤い点線でチャートに表示されます。

上の30分足チャートでは、直近3日間における最高値・最安値にラインが引かれています。

また、画面左上でその2つの水準の価格が確認することもできます。

 

設定

Days:最高値・最安値の期間n

たとえば「Days=2」では、当日&前日における最高値・最安値を表示し、「Days=5」では当日を含め直近5日間の最高値・最安値を表示します。

※バグなのか、「Days=1」は当日の最高値・最安値ではなく、「Days=2」と同じように当日&前日における最高値・最安値を表示してしまうので注意してください

 

Custom High Low

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

 

東京・EU・NY市場の高値・安値

これは、東京・EU・NYの3つの市場をボックスで囲んでくれるインジケーターです。

ボックスの上限下限は、各市場の高値安値の水準になります。

 

設定

・NumberOfDays:ボックスを表示する日数

各市場の始まり・終わりの時間も調整できます。時間はGMT+2/+3で設定します。

たとえば、各市場の時間帯を次のようにしたい場合、

市場の時間帯

・東京市場:9時~14時
・EU市場:15時~22時
・NY市場:22時~6時

 

以下のように設定します。(GMT+3)

・AsiaBegin:02:00
・AsiaEnd:07:00
・EurBegin:08:00
・EurEnd:15:00
・USABegin:15:00
・USAEnd:23:00

 

i-Sessions

 

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.