TradingView

2021/10/24

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入力すると、チャート上にリスクリワードレシオが表示されます。 Stop Loss ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

TradingView

2021/10/11

TradingView|エリオット波動オシレーターインジケーター9選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエリオット波動オシレーターのインジケーターを9個紹介します! 関連記事 ・【TradingView】エリオット波動を自動カウントするインジケーター5選! ・エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】 目次 エリオット波動オシレーター シグナル線つきEWO 色が変化する機能つきEWO ブレイクアウトバンドつきEWO 出来高ベースのエリオット波動オシレーター EWO&TTMスクイーズ 上位足のエリオット波動オシレータ ...

【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!

2020年5月29日

 

この記事では、ボリンジャーバンドのバンドの山・谷を利用した、ブレイクアウト手法を紹介します。

この手法では、チャートパターンやレジサポラインで見つけられない、ブレイクアウトポイントでエントリーすることができます。

ボリンジャーバンドを利用している方は、トレードアイデアの1つとしてぜひ参考にしてください。

関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

【FX】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法

ボリンジャーバンドの±2σバンドの山(谷)を起点にトレンドラインを引き、そのトレンドラインを価格と±2σバンドがブレイクアウトしたら仕掛けます。

 

具体的なトレード方法を下のチャートで見てみましょう。

 

20期間ボリンジャーバンドの+2σバンドの切り下がった3つの山に下降トレンドラインを引いています。

このトレンドラインを上方向に、価格と+2σバンドが越えたら買いを仕掛けます。

 

このとき、バンドの山の間にボリンジャーバンドのスクイーズが2つ以上あることが大切です。

この圧縮された値動きがないと、トレンドラインをブレイクアウトしても価格は大きく伸びにくいです。

 

また、バンドの山の間ではなく、山の外側にスクイーズがある場合もOKです。

上の相場では、1つ目の山の左側でスクイーズが発生しています。

 

上昇トレンド中に、トレンド方向へブレイクアウトするケースは、成功確率が高いパターンの1つになります。

急上昇後、+2σバンドの転換や中心線に価格が到達したタイミングが、利益確定のタイミングになります。

 

下のチャートで、エントリーを避けるべきパターンを見てみましょう。

+2σバンドの山を起点にトレンドラインを引いていますが、スクイーズが1つしか発生していません。

こういったケースでは、トレンドラインをブレイクアウトしても失敗に終わることが多いので、このポイントで買いを仕掛けてはいけません。

 

また、ブレイクアウト後のプルバックもエントリーポイントになります。

上の相場のように、ブレイクアウト直前にあるスクイーズの高値の水準がブレイクアウト後のレジスタンスラインとして注目されます。

価格がこの水準まで下落し、下ヒゲをつけて反発上昇したのを確認して買いを仕掛けます。

ブレイクアウトの成功を確認して安全にエントリーできるため、ブレイク1波の騙しを避けることができるメリットがあります。

関連:【FX】ブレイクアウト手法の利食い戦略を9つ紹介!

 

勝率を上げる3つのポイント

このブレイクアウト手法で、勝率を上げるポイントを次の3つのトレードで見てみましょう。

 

ポイント1

バンドの山の間隔が広いほど、ブレイクアウト時のインパクトが大きいです。

 

上の相場では、小さな山を無視して大きな3つの山でトレンドラインを引いています。

価格は、+2σバンド転換後も大きく上昇しており、利益を大きく伸ばせるトレードになりました。

今回のトレードのように、大きな上昇が期待できるケースでは、+2σバンド転換時にポジションを半分決済し、残り半分をトレイリングストップで利益を引き上げる戦略が有効です。

 

ちなみに、上のチャートのように、広い間隔でトレンドラインを引きたい場合は、チャートを一段階縮小してボリンジャーバンドの山を探すと引きやすいですよ!

 

ポイント2

上位足のトレンド方向に逆らったブレイクアウトは騙しの確率が高いのでエントリーは避けましょう。

 

下のユーロドル30分足チャートでは、上昇トレンドが発生しています。

 

四角で囲まれたポイントを5分足で見てみましょう。

-2σバンドの谷で引いたトレンドラインを価格がブレイクアウトしましたが、相場は急反転して、ブレイクアウトは失敗になりました。

スクイーズが発生しており、好エントリーポイントに思えますが、30分足は上昇トレンド継続中なのでここでの売りはリスクが高いです。

 

その後、バンドの山で引いたトレンドラインを上抜け、価格は大きく上昇しました。

上位足のトレンド方向に逆らったブレイクアウトが騙しになった直後は、今回のように逆方向に大きく相場が動くケースが多いので、このブレイクアウトで買いを仕掛けましょう。

 

 

ポイント3

特にこの手法は、上位足で発生したブレイクアウトを下位足で仕掛けるのがおすすめです。

 

下のユーロ円1時間足では、バンドの谷を起点に上昇トレンドラインが引けます。

 

このポイントを5分足で見てみましょう。

5分足でこのラインを下抜けて、下降トレンドラインが発生したら売りを仕掛けるチャンスになります。

注意点として、このブレイクアウトポイントでは、1時間足トレーダーの買い売りの注文が激しくぶつかるため、5分足では相場が荒れやすいです。

そのため、ブレイクアウト1波でエントリーするのは騙しに遭う可能性が高いので避けましょう。

ブレイク2波のポイントを見ると、価格は20SMA下で2回反発し、上値がしっかり押さえられているのが確認できるので、ここで売りを仕掛けます。

 

他にも、バンドの谷で引いたトレンドラインをブレイクアウトしたポイントも売りを仕掛けるチャンスになります。

関連 FXボリンジャーバンドのおすすめ期間【20・21・25どれがいい?】
関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.