FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!

2020年5月29日

 

この記事では、ボリンジャーバンドのバンドの山・谷を利用した、ブレイクアウト手法を紹介します。

この手法では、チャートパターンやレジサポラインで見つけられない、ブレイクアウトポイントでエントリーすることができます。

ボリンジャーバンドを利用している方は、トレードアイデアの1つとしてぜひ参考にしてください。

関連 【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

 

【FX】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法

ボリンジャーバンドの±2σバンドの山(谷)を起点にトレンドラインを引き、そのトレンドラインを価格と±2σバンドがブレイクアウトしたら仕掛けます。

 

具体的なトレード方法を下のチャートで見てみましょう。

 

20期間ボリンジャーバンドの+2σバンドの切り下がった3つの山に下降トレンドラインを引いています。

このトレンドラインを上方向に、価格と+2σバンドが越えたら買いを仕掛けます。

 

このとき、バンドの山の間にボリンジャーバンドのスクイーズが2つ以上あることが大切です。

この圧縮された値動きがないと、トレンドラインをブレイクアウトしても価格は大きく伸びにくいです。

 

また、バンドの山の間ではなく、山の外側にスクイーズがある場合もOKです。

上の相場では、1つ目の山の左側でスクイーズが発生しています。

 

上昇トレンド中に、トレンド方向へブレイクアウトするケースは、成功確率が高いパターンの1つになります。

急上昇後、+2σバンドの転換や中心線に価格が到達したタイミングが、利益確定のタイミングになります。

 

下のチャートで、エントリーを避けるべきパターンを見てみましょう。

+2σバンドの山を起点にトレンドラインを引いていますが、スクイーズが1つしか発生していません。

こういったケースでは、トレンドラインをブレイクアウトしても失敗に終わることが多いので、このポイントで買いを仕掛けてはいけません。

 

また、ブレイクアウト後のプルバックもエントリーポイントになります。

上の相場のように、ブレイクアウト直前にあるスクイーズの高値の水準がブレイクアウト後のレジスタンスラインとして注目されます。

価格がこの水準まで下落し、下ヒゲをつけて反発上昇したのを確認して買いを仕掛けます。

ブレイクアウトの成功を確認して安全にエントリーできるため、ブレイク1波の騙しを避けることができるメリットがあります。

関連:【FX】ブレイクアウト手法の利食い戦略を9つ紹介!

 

このブレイクアウト手法で勝率を上げるポイントとして、バンドの山の間隔が広いほどブレイクアウト時のインパクトが大きいです。

上の相場では、小さな山を無視して大きな3つの山でトレンドラインを引いています。

価格は、+2σバンド転換後も大きく上昇しており、利益を大きく伸ばせるトレードになりました。

今回のトレードのように、大きな上昇が期待できるケースでは、+2σバンド転換時にポジションを半分決済し、残り半分をトレイリングストップで利益を引き上げる戦略が有効です。

 

ちなみに、上のチャートのように、広い間隔でトレンドラインを引きたい場合は、チャートを一段階縮小してボリンジャーバンドの山を探すと引きやすいですよ!

 

またこの手法は、上位足で発生したブレイクアウトを下位足で仕掛けることもできます。

下のユーロ円1時間足では、バンドの谷を起点に上昇トレンドラインが引けます。

 

このポイントを5分足で見てみましょう。

5分足でこのラインを下抜けて、下降トレンドラインが発生したら売りを仕掛けるチャンスになります。

注意点として、このブレイクアウトポイントでは、1時間足トレーダーの買い売りの注文が激しくぶつかるため、5分足では相場が荒れやすいです。

そのため、ブレイクアウト1波でエントリーするのは騙しに遭う可能性が高いので避けましょう。

ブレイク2波のポイントを見ると、価格は20SMA下で2回反発し、上値がしっかり押さえられているのが確認できるので、ここで売りを仕掛けます。

 

他にも、バンドの谷で引いたトレンドラインをブレイクアウトしたポイントも売りを仕掛けるチャンスになります。

関連 FXボリンジャーバンドのおすすめ期間【20・21・25どれがいい?】
関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.