MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【無料の検証ツール】MT4でEA(自動売買)のバックテストをする方法!

2019年10月12日

 

MT4では、ストラテジテスターという検証ツールがあります。

このツールを使えば、誰でも無料でEA(自動売買)のバックテストが簡単にできます。数年間分の過去検証がたった数秒でできる最強ツールなので、ぜひ使いこなしてください!

 

具体的に、次の3つができます。

  • 過去データでのEAの成績を調べることができる
  • 勝率や期待値、最大ドローダウンなど、そのシステムの特徴を詳しく理解できる
  • パフォーマンスが最大になるパラメーターの最適化も可能

 

 

ストラテジーテスターを使った、EAのバックテスト方法

手順は次の3つです。

 

step
1
ストラテジーテスター画面を表示する

ストラテジーテスターは、次の2通りで表示することができます。

・メニューの「表示→ストラテジーテスター」をクリック
・ショートカットキー[Ctrl+R]

 

step
2
ストラテジーテスター画面で、バックテストの各設定をする

具体的に、次のような設定を行えます。

EXpert Adviser:バックテストを行うEA(自動売買システム)を選択

今回は、デフォルトで使える「MACD Sample」というEAのバックテストをしてみます。

 

通貨ペア:バックテストしたい通貨ペアを選択

バックテストできる通貨ペアは、気配置画面に表示されている通貨ペアです。バックテストした通貨ペアがない場合は、気配置で通貨ペアを追加してください。

 

期間:EAを実行したい時間足を指定

次の7つの時間足が利用できます。
→1分足 5分足 15分足 30分足 1時間足 4時間足 日足

 

スプレッド:取引時のスプレッドを設定します

スプレッドは、次の7つから選べます。
→現在値 2pips 5pips 10pips 30pips 50pips 100pips

 

モデル:バックテストの精度と実行時間を次の3つから選択します

  • 全ティック:最も精度が高い結果を出すが、バックテストの時間は最も遅いコントロールポイント
  • :全ティックより時間が速いですが、精度は落ちる
  • 始値のみ:バーの始値のみで売買するEA向き。最も時間が速い

詳しくは、「メタトレーダー5における検証の原則|MQL5」を参考にしてください。

 

期間を指定:チェックを入れると、バックテストを行う期間(開始日・終了日)を指定できます

 

ビジュアルモード:チャックを入れると、バックテスト中のEAの動作をチャート上でリアルタイムで見ることができる

横にあるバーを左右に動かすことで、ローソク足の生成速度を調整できます。

 

エキスパート設定:EAの設定を行えます

※バックテストでは、「最適化」は設定する必要ありません。「最適化」はEAのパラメータの最適化を行うときに設定します。

 

初期資金:初期資金の金額を入力。単位を円にしたい場合は、「JPY」と入力

 

ポジション:Only Long=買いのみ実行、Only Short=売りのみ実行、Long&Short=買い売りどちらもトレードする

 

パラメータ入力」タブでは、インジケータの期間やロット数、損切り幅などを設定できます。

 

通貨ペアのプロパティ:バックテストする通貨ペアの取引条件を確認できます

下の画像は、ドル/円の取引条件です。

 

エキスパートの編集:MetaEditorを開いて、EAのコード編集を行えます

 

step
3
EAの設定が完了したら、「スタート」ボタンをクリックしてバックテスト開始 

スタートボタンがストップボタンに変わります。再びスタートボタンになったら、バックテスト完了です。

 

EAバックテストの結果

 

個々のトレード結果

個々のトレード結果は、「結果」タブから確認できます。また、個々の取引記録をダブルクリックすると、トレードしたポイントをチャートで見ることができます。

 

資金曲線

バックテストでの資金曲線は、「グラフ」タブから確認できます。ライン上でダブルクリックすると、そのポイントでのトレードの内容を見ることができます。

横軸はトレード回数、縦軸は総資金です。

 

EAのパフォーマンス

EAのパフォーマンスは、「レポート」タブから確認できます。

テストバー数:テストで利用したローソク足の数
モデルティック数:テストで利用したティック数
モデリング品質:バックテストの精度。
不整合チャートエラー:バックテストした時間足の不整合数。0が正常
初期証拠金:バックテスト開始時の証拠金
純益:総利益ー総損失
総利益:勝ちトレードの合計利益
総損失:負けトレードの合計損失
プロフィットファクター:総利益 ÷ 総損失
期待利得:総純損益÷総トレード数
絶対ドローダウン:初期証拠金からの最大ドローダウン額
最大ドローダウン:最大ドローダウン額
相対ドローダウン:「各ドローダウン ÷ ドローダウン前の最大資産」の最大比率
総取引数:トレードした回数
売りポジション(勝率%):売りポジションの数とその勝率
買いポジション(勝率%):買いポジションの数とその勝率
最大 勝トレード:勝ちトレードでの最大利益
最大 負トレード:負けトレードでの最大損失額
平均 勝トレード:勝ちトレードの平均利益
平均 負トレード:負けトレードの平均損失
最大 連勝(トレード数):連勝時の総利益と最大連勝回数
最大 連負(トレード数):連負時の総損失と最大連敗回数
平均 連勝:平均の連勝回数
平均 連負:平均の連負回数

 

操作履歴

「操作履歴」タブでは、バックテストでエラーが発生していないか確認できます。

左のアイコンは、下記のように動作状況を表します。

黄色の三角形:正常
赤の三角形や丸:エラー発生

エラーが発生したときは、メッセージにエラーの内容がコードで表示されます。

主なMT4のエラーコード

error 1:処理結果が保証できない
error 2:不明なエラー。MT4を再起動する必要あり
error 3:不正な通貨ペアやロット数など、無効なトレードパラメーター
error 4:サーバーが混雑している
error 6:サーバーに接続されていない。
error 129:注文価格が適正でない
error 130:決済注文(指値/逆指値)の価格が適正でない
error 131:取引枚数が適正でない
error 134:証拠金不足

 

関連 【実践解説】MT4でEAの最適化をする方法とコツ!

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.