MT4&MT5

2020/11/28

【15選!】MT4で使えるRSIインジケーターを紹介!【アラート・矢印・MTF・ダイバ】

  この記事では、MT4で使えるRSIインジケーターを15個紹介します! アラート機能やダイバージェンス検知、MTF機能などいろいろなインジケーターがあるのでぜひ参考にしてください!   RSIのアラートインジ これはRSIのアラートインジケーターで、指定した買われすぎ・売られすぎ水準にRSIが到達すると、アラートで通知してくれます。 現在の時間足のRSIだけでなく、他の時間足のRSIもアラート設定できます! Alert RSI     ローソク足上に、RSIとロー ...

MT4&MT5

2020/11/26

MT4で使えるRSI EAを8個紹介!【MAフィルター・MAクロスのスキャルピングなど】

  この記事では、RSIを使ったMT4 EAを8つ紹介します。 興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 RSIを使ったシンプルなEA エントリー時間を指定できるRSI EA トレーリングストップが使えるRSI EA MAとRSI、ストキャスティクスを使った順張りEA RSIと移動平均線を使った、超短期逆張りEA 2本の移動平均線でフィルタリングするRSI EA RSIを使ったシンプルなEA これは、RSIを利用したシンプルなEAです。 RSIが買われすぎ水準を超える:買いエントリー RSI ...

MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/30

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/28

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

【無料の検証ツール】MT4でEA(自動売買)のバックテストをする方法!

2019年10月12日

 

MT4では、ストラテジテスターという検証ツールがあります。

このツールを使えば、誰でも無料でEA(自動売買)のバックテストが簡単にできます。数年間分の過去検証がたった数秒でできる最強ツールなので、ぜひ使いこなしてください!

 

具体的に、次の3つができます。

  • 過去データでのEAの成績を調べることができる
  • 勝率や期待値、最大ドローダウンなど、そのシステムの特徴を詳しく理解できる
  • パフォーマンスが最大になるパラメーターの最適化も可能

 

 

ストラテジーテスターを使った、EAのバックテスト方法

手順は次の3つです。

 

step
1
ストラテジーテスター画面を表示する

ストラテジーテスターは、次の2通りで表示することができます。

・メニューの「表示→ストラテジーテスター」をクリック
・ショートカットキー[Ctrl+R]

 

step
2
ストラテジーテスター画面で、バックテストの各設定をする

具体的に、次のような設定を行えます。

EXpert Adviser:バックテストを行うEA(自動売買システム)を選択

今回は、デフォルトで使える「MACD Sample」というEAのバックテストをしてみます。

 

通貨ペア:バックテストしたい通貨ペアを選択

バックテストできる通貨ペアは、気配置画面に表示されている通貨ペアです。バックテストした通貨ペアがない場合は、気配置で通貨ペアを追加してください。

 

期間:EAを実行したい時間足を指定

次の7つの時間足が利用できます。
→1分足 5分足 15分足 30分足 1時間足 4時間足 日足

 

スプレッド:取引時のスプレッドを設定します

スプレッドは、次の7つから選べます。
→現在値 2pips 5pips 10pips 30pips 50pips 100pips

 

モデル:バックテストの精度と実行時間を次の3つから選択します

  • 全ティック:最も精度が高い結果を出すが、バックテストの時間は最も遅いコントロールポイント
  • :全ティックより時間が速いですが、精度は落ちる
  • 始値のみ:バーの始値のみで売買するEA向き。最も時間が速い

詳しくは、「メタトレーダー5における検証の原則|MQL5」を参考にしてください。

 

期間を指定:チェックを入れると、バックテストを行う期間(開始日・終了日)を指定できます

 

ビジュアルモード:チャックを入れると、バックテスト中のEAの動作をチャート上でリアルタイムで見ることができる

横にあるバーを左右に動かすことで、ローソク足の生成速度を調整できます。

 

エキスパート設定:EAの設定を行えます

※バックテストでは、「最適化」は設定する必要ありません。「最適化」はEAのパラメータの最適化を行うときに設定します。

 

初期資金:初期資金の金額を入力。単位を円にしたい場合は、「JPY」と入力

 

ポジション:Only Long=買いのみ実行、Only Short=売りのみ実行、Long&Short=買い売りどちらもトレードする

 

パラメータ入力」タブでは、インジケータの期間やロット数、損切り幅などを設定できます。

 

通貨ペアのプロパティ:バックテストする通貨ペアの取引条件を確認できます

下の画像は、ドル/円の取引条件です。

 

エキスパートの編集:MetaEditorを開いて、EAのコード編集を行えます

 

step
3
EAの設定が完了したら、「スタート」ボタンをクリックしてバックテスト開始 

スタートボタンがストップボタンに変わります。再びスタートボタンになったら、バックテスト完了です。

 

EAバックテストの結果

 

個々のトレード結果

個々のトレード結果は、「結果」タブから確認できます。また、個々の取引記録をダブルクリックすると、トレードしたポイントをチャートで見ることができます。

 

資金曲線

バックテストでの資金曲線は、「グラフ」タブから確認できます。ライン上でダブルクリックすると、そのポイントでのトレードの内容を見ることができます。

横軸はトレード回数、縦軸は総資金です。

 

EAのパフォーマンス

EAのパフォーマンスは、「レポート」タブから確認できます。

テストバー数:テストで利用したローソク足の数
モデルティック数:テストで利用したティック数
モデリング品質:バックテストの精度。
不整合チャートエラー:バックテストした時間足の不整合数。0が正常
初期証拠金:バックテスト開始時の証拠金
純益:総利益ー総損失
総利益:勝ちトレードの合計利益
総損失:負けトレードの合計損失
プロフィットファクター:総利益 ÷ 総損失
期待利得:総純損益÷総トレード数
絶対ドローダウン:初期証拠金からの最大ドローダウン額
最大ドローダウン:最大ドローダウン額
相対ドローダウン:「各ドローダウン ÷ ドローダウン前の最大資産」の最大比率
総取引数:トレードした回数
売りポジション(勝率%):売りポジションの数とその勝率
買いポジション(勝率%):買いポジションの数とその勝率
最大 勝トレード:勝ちトレードでの最大利益
最大 負トレード:負けトレードでの最大損失額
平均 勝トレード:勝ちトレードの平均利益
平均 負トレード:負けトレードの平均損失
最大 連勝(トレード数):連勝時の総利益と最大連勝回数
最大 連負(トレード数):連負時の総損失と最大連敗回数
平均 連勝:平均の連勝回数
平均 連負:平均の連負回数

 

操作履歴

「操作履歴」タブでは、バックテストでエラーが発生していないか確認できます。

左のアイコンは、下記のように動作状況を表します。

黄色の三角形:正常
赤の三角形や丸:エラー発生

エラーが発生したときは、メッセージにエラーの内容がコードで表示されます。

主なMT4のエラーコード

error 1:処理結果が保証できない
error 2:不明なエラー。MT4を再起動する必要あり
error 3:不正な通貨ペアやロット数など、無効なトレードパラメーター
error 4:サーバーが混雑している
error 6:サーバーに接続されていない。
error 129:注文価格が適正でない
error 130:決済注文(指値/逆指値)の価格が適正でない
error 131:取引枚数が適正でない
error 134:証拠金不足

 

関連 【実践解説】MT4でEAの最適化をする方法とコツ!

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.