MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

TradingViewのRSIにボリンジャーバンドを表示する方法

2019年9月18日

 

tradingviewでのRSIボリンジャー

この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のRSIにボリンジャーバンドや移動平均線を表示する方法を解説します。

MT4でRSIにボリンジャーバンドを表示する方法とは少し違うので、RSIボリンジャーを使っている方はぜひ参考にしてください。

TradingView

 

TradingViewのRSIにボリンジャーバンドを追加する方法

追加する方法は次の2つがあります。

 

方法1

step
1
RSIをサブウィンドウに表示する

tradingviewチャート

step
2
RSIの右横にある矢印マークをクリックし、「RSIにインジケータを追加」を選択

step
3
インジケータ検索画面が表示されるので、「ボリンジャーバンド」を選択

検索ボックスに「ボリンジャーバンド」と入力すると、ボリンジャーバンドが見つかります。

これで、適用価格(ソース)がRSIに設定されたボリンジャーバンドがRSIに表示されます。

tradingviewでのRSIボリンジャー

 

方法2

step
1
RSIとボリンジャーバンドをチャートに表示

ボリンジャーバンドを表示すると、通常メインウィンドウ上に表示されます。

方法2では、次の手順2でボリンジャーバンドをRSIと同じサブウィンドウに表示するように配置を変更します。

step
2
ボリンジャーバンドの右横にある矢印マークをクリックし、「移動→下の既存ペインへ」を選択

下の既存ペインへ」をクリックすると、ボリンジャーバンドが下のRSI画面に移動します。

ただし、この時点ではボリンジャーバンドがRSIの標準偏差バンドとなっていないので、次の手順3で修正します。

step
3
ボリンジャーバンドの設定で、ソースを「終値」から「RSI」に変更

ソースとは適用価格のことで、どの数値データをもとにボリンジャーバンドを表示するかを指定します。

今回は、RSIの標準偏差をσバンドで表示したいので、ソースを「RSI」にしましょう。これで完了です!

 

※今回紹介した方法を使えば、RSIに移動平均線を追加することももちろん、ATRやMACDなどにMAやボリンジャーバンドなどのトレンド指標を追加することができるので、自由につかってみてください!

 

関連記事 【TradingView】サブウィンドウにローソク足チャートを表示する方法

Pocket

-TradingView

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.