MACDヒストグラムを使った順張り手法2選!

Pocket

 

この記事では、MACDヒストグラムを使った手法を2つ紹介します。

トレード戦略の幅が広がるので、MACDを利用している方はぜひ参考にしてください!

 

MACDヒストグラムのブレイクアウト手法

MACDヒストグラムのスクイーズは、ブレイクアウトの発生を予測するパターンとして活用できます。

 

MACDヒストグラムのスクイーズとは?

MACDヒストグラムが収縮して、0水準を中心に小刻みに上下動する動きのこと

 

このパターンが発生したら、ローソク足もまた収縮した値動きを形成しているか確認しましょう。

もし、レンジやトライアングルのチャートパターンを形成していたら、ブレイクアウトトレードのチャンスです。

 

ブレイクアウト手法のセットアップの2つの条件

  1. MACDヒストグラムがスクイーズを形成
    →相場のモメンタム(勢い)が低下して、方向感を失っている
  2. 価格が狭い範囲で上下動し、継続チャートパターンを形成
    →ボラティリティが低下し、買い売りの注文が市場に蓄積されています

これら2つの条件を満たした相場は、ブレイクアウトが発生すると大きな値動きが生まれる可能性が高いです!

 

トレード例1

上のユーロ円30分チャートでは、シンメトリカル・トライアングルパターンを形成しています。

エントリー:ローソク足がトレンドラインをブレイクアウトしたら、売りを仕掛ける
利食い:MACDとシグナル線がゴールデンクロスしたら手仕舞う

 

トレード例2

次のように、MACDヒストグラムのスクイーズが長期間継続している場合は、買い売りの攻防で注文がレンジ内に蓄積され、ブレイクアウトが成功しやすいです。

レンジ上限を長大陽線で超えたら、買いを仕掛けます。

 

トレード例3

MACDヒストグラムがスクイーズを形成していても、ローソク足がレンジやトライアングルなどのチャートパターンを形成していない場合は、

セットアップの注目度が低いため、ブレイクアウトフォローが入りにくいです。

ブレイクアウトが騙しになる可能性が高いので、エントリーは避けるのが無難です。

※ブレイクアウトの騙しでは、上の相場のように逆方向に大きく動くケースがあるので、ここが真のエントリーポイントになります

 

 

トレンド相場での順張り手法

MACDヒストグラムの使い方&見方』でも紹介しましたが、MACDヒストグラムとそのSMA(期間9)のクロスは、

押し目買い・戻り売りポイントにおいて早い段階で仕掛けることができます。

※このSMAは、MACDヒストグラムをもとにした単純移動平均線であり、MACDのシグナル線ではありません

 

トレード例1

下降トレンドラインをブレイクアウトして、上昇トレンドが発生しています。

ブレイク2波・4波の押し目買いポイントで、MACDヒストグラムとSMAがゴールデンクロスしたら買いを仕掛けます。

また、その後のデッドクロスが利益確定のタイミングになります。

 

補足

MACD線とシグナル線のクロスの発生タイミングは遅いので、順張りの仕掛けツールとしては適していません。

MACDを利用している方は、MACDヒストグラムをシグナルとして採用してみてはいかがでしょうか?

 

また、ブレイク6波にあたる押し目買いポイントは、直前にMACDとMACDヒストグラムそれぞれでダイバージェンスが発生しており、トレンドが終了する危険な兆候があります。

そのため、6波での買いは、上昇力がなく損切になる可能性があるのでエントリーは避けるほうがよいです。

macdヒストグラムの手法

 

 

-テクニカル分析

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.