FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

MACDヒストグラムを使った順張り手法2選!

2020年2月26日

 

この記事では、MACDヒストグラムを使った手法を2つ紹介します。

トレード戦略の幅が広がるので、MACDを利用している方はぜひ参考にしてください!

 

MACDヒストグラムのブレイクアウト手法

MACDヒストグラムのスクイーズは、ブレイクアウトの発生を予測するパターンとして活用できます。

 

MACDヒストグラムのスクイーズとは?

MACDヒストグラムが収縮して、0水準を中心に小刻みに上下動する動きのこと

このパターンが発生したら、ローソク足もまた収縮した値動きを形成しているか確認しましょう。

もし、レンジやトライアングルのチャートパターンを形成していたら、ブレイクアウトトレードのチャンスです。

 

ブレイクアウト手法のセットアップの2つの条件

  1. MACDヒストグラムがスクイーズを形成
    →相場のモメンタム(勢い)が低下して、方向感を失っている
  2. 価格が狭い範囲で上下動し、継続チャートパターンを形成
    →ボラティリティが低下し、買い売りの注文が市場に蓄積されています

これら2つの条件を満たした相場は、ブレイクアウトが発生すると大きな値動きが生まれる可能性が高いです!

 

トレード例1

上のユーロ円30分チャートでは、シンメトリカル・トライアングルパターンを形成しています。

また、MACDヒストグラムも高値の切り下げ&安値の切り上げで、トラインアングルを形成しています。

エントリー:ローソク足とMACDヒストグラムがトレンドラインをブレイクアウトしたら、売りを仕掛ける
利食い:MACDとシグナル線がゴールデンクロスしたら手仕舞う

 

トレード例2

次のように、MACDヒストグラムのスクイーズが長期間継続している場合は、買い売りの攻防で注文がレンジ内に蓄積され、ブレイクアウトが成功しやすいです。

レンジ上限を長大陽線で超えたら、買いを仕掛けます。

 

トレード例3

MACDヒストグラムがスクイーズを形成していても、ローソク足がレンジやトライアングルなどのチャートパターンを形成していない場合は、セットアップの注目度が低いため、ブレイクアウトフォローが入りにくいです。

ブレイクアウトが騙しになる可能性が高いので、エントリーは避けるのが無難です。

また、ブレイクアウトの騙しを見極める方法として、ブレイク1波に対応するMACDヒストグラムの極大値が直近の大きなMACDイストグラム極大値を超えているかどうかを確認します。

もし超えていない場合は、ブレイクアウトの勢いが弱く、トレンドを継続させるパワーがないことを示唆しています。

 

上の相場でも、上昇ブレイクアウトでは極大値が前回極大値を超えることができておらず、失敗に終わっています。そして、直後の下ブレイクアウトでは、MACDヒストグラムが前回極小値を大きく下回っています。

 

 

トレンド相場での順張り手法

MACDヒストグラムの使い方&見方』でも紹介しましたが、MACDヒストグラムとそのSMA(期間9)のクロスは、

押し目買い・戻り売りポイントにおいて早い段階で仕掛けることができます。

※このSMAは、MACDヒストグラムをもとにした単純移動平均線であり、MACDのシグナル線ではありません

 

トレード例1

下降トレンドラインをブレイクアウトして、上昇トレンドが発生しています。

ブレイク2波・4波の押し目買いポイントで、MACDヒストグラムとSMAがゴールデンクロスしたら買いを仕掛けます。

また、その後のデッドクロスが利益確定のタイミングになります。

 

ちなみに、ブレイク4波では、MACDヒストグラムの極小値が前回極小値を下回っており、売り勢力の価格を押し下げようとする力が強まっています。

ブレイク3波の高値に対応するMACDヒストグラム極大値は、ブレイク1波の極大値とほぼ同じ大きさであることから、上昇力は低下していないため、ここでの買いはOKですが、少し売り圧力が強まっていることに注意してください。

 

そして、ブレイク5波では高値を更新するも、MACDヒストグラムは大きく切り下がっています。

これは上昇力が失われているサインであり、ブレイク2波・4波での買いポジションはこのタイミングで利益確定するのがベストです。

 

補足

MACD線とシグナル線のクロスの発生タイミングはMACDヒストグラムのクロスと比べて遅く、損切水準から離れた水準でエントリーすることになります。

そのため、順張りの仕掛けツールとしては適していません。

MACDを利用している方は、MACDヒストグラムをシグナルとして採用してみてはいかがでしょうか?

 

また、ブレイク6波にあたる押し目買いポイントは、直前にMACDとMACDヒストグラムそれぞれでダイバージェンスが発生しており、トレンドが終了する危険な兆候があります。

そのため、6波での買いは、上昇力がなく損切になる可能性があるのでエントリーは避けるほうがよいです。

macdヒストグラムの手法

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.