TradingView

2021/10/24

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入力すると、チャート上にリスクリワードレシオが表示されます。 Stop Loss ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

TradingView

2021/10/11

TradingView|エリオット波動オシレーターインジケーター9選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエリオット波動オシレーターのインジケーターを9個紹介します! 関連記事 ・【TradingView】エリオット波動を自動カウントするインジケーター5選! ・エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】 目次 エリオット波動オシレーター シグナル線つきEWO 色が変化する機能つきEWO ブレイクアウトバンドつきEWO 出来高ベースのエリオット波動オシレーター EWO&TTMスクイーズ 上位足のエリオット波動オシレータ ...

タイムディケイとは?【オプション取引で押さえておくべきポイント!】

2020年4月19日

 

オプションのタイムディケイ

この記事では、オプションタイムディケイ(時間価値の減衰)について、次の4つの項目を解説します。

タイムディケイとは?|時間価値の減衰

タイムディケイとは、時間経過で満期日が近づくにつれ、オプションの時間価値が低下していく現象のことです。

 

タイムディケイが発生する理由

満期日までの残り時間が少なるほど、オプションがITMになる確率が下がり、その結果オプション買いの需要が低下するため

 

タイムディケイ(時間価値の減衰)は、オプションを取引した直後から始まり、SQ日(満期日)まで継続します。

下のグラフは、時間経過により「ATMオプションの時間価値」がどのように減少しているかを表しています。

満期日までの残り日数の長さで時間価値の減少速度は異なり、時間が経過するほど減少速度は増加します。

  • SQ日までの残り時間が長い:時間価値は緩やかに減少する
  • SQ日まで残り1か月をすぎる:時間価値の低下が加速する

 

 

タイムディケイの数値化

時間価値の減衰率は、ギリシャ指標のセータによって測定されます。

 

セータとは?

1日にオプションの時間価値がどれだけ減少するか

たとえば、セータ=-0.5の場合、1日経過するとオプションの時間価値は0.5円失われると予想できます。

 

上のグラフは、ATM・ITM・OTMオプションの各セータの推移を表しています。

時間経過により、時間価値の減衰率がどのように変化するかがわかります。

 

タイムディケイに影響を与える要因

時間価値の減衰率(=セータ)の大きさは、主に次の3つが大きな影響を与えます。

タイトル

  • 満期日までの残り日数
  • オプションの権利行使価格と原資産価格の距離
  • インプライドボラティリティの大きさ

詳しくは、『【オプション】セータとは?』で解説しています。

 

 

オプションの状態で、タイムディケイの動きは異なる!

ATM・ITM・OTMの各オプション状態で、時間価値の減衰の仕方は異なります。

 

下の図は、ATM・ITM・OTMの各オプションの「時間価値-満期日までの残り日数」のグラフです。

オプションのタイムディケイ

ATMオプション

SQ日が近づくにつれ、減衰率が加速します。残り2か月までは緩やかですが、満期まで1か月を切ると急落します

ITMオプション

時間経過により減衰率は加速しますが、ATMオプションに比べて緩やかに加速します

OTMオプション

2か月前から減衰率が加速し始めますが、1か月前後で減衰率が緩やかに転換します

 

 

タイムディケイがオプション取引に与える影響

最後に、オプショントレーダーがオプション取引で利益を上げるために、タイムディケイについて押さえておくべきポイントを紹介します。

 

・オプション買い:タイムディケイにより、損失を被る
・オプション売り:タイムディケイから恩恵を受ける

 

オプション売りの場合

時間価値が減少すると、売ったオプションは安く買い戻すことができるので、タイム・ディケイはオプション売りの味方です。

特に、満期を迎える残り2週間では、時間価値の減少が急加速するため、オプション売りでは大きな利益を上げるチャンスになります。

 

 

ただし、注意点として、オプション売りでは損失が無限であるためリスクが高いです。

そのため、次のような戦略で方向性リスクを限定することが必須になります。

・クレジットスプレッド
コンドル
・カレンダースプレッド

たとえば、カレンダースプレッドは、長期オプションの買いと短期オプションの売りでポジションが構築します。

短期オプション(=満期日までの残り日数が少ない)は、長期オプションよりセータが大きいため、時間価値の減衰から利益を享受することができます。

【オプション】カレンダー スプレッドとは?【戦略&損益図】

カレンダースプレッドの損益図

 

オプション買いの場合

オプション買いでは、相場が有利な方向に動いても、時間価値の急落で損失を出す可能性があることに注意してください。

たとえば、コールポジションの買いで、原資産価格が上昇して本質的価値が3円上昇しても、タイムディケイにより時間価値が5円減少した場合、2円の損失になります。

 

そのため、オプションの買いで利益を上げるには、本質的価値の上昇が時間価値の減少を上回らないといけません。

注意点

原資産のボラティリティが小さいと、本質的価値の上昇幅が小さくなってしまい、時間価値による損失が上回ってしまう

※原資産のボラティリティの大きさは、ヒストリカルボラティリティ指標で調べることができます。詳しくは、『ヒストリカルボラティリティとは?【使い方&見方】』をご覧ください。

 

オプションの買いの重要ポイント

  • 原資産のボラティリティが十分に大きいトレンド・レンジ相場であるか確認
  • 負のセータの絶対値ができるかぎり小さい長期オプションを購入して、タイム・ディケイの悪影響を抑える
  • オプションの手仕舞いは、時間価値の減衰が加速しない早めの段階で行う

原資産のボラティリティが低い、停滞したレンジ相場では、タイム・ディケイを利用したオプションの売りが有効です。

-オプション取引

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.