MT4&MT5

2020/8/8

【MT5】ローソク足パターンを発見表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足パターン(十字線やかぶせ線、トンカチなど)の発生を自動発見するMT5インジケーターを3つ紹介します! 関連 【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!     ローソク足パターンを発見表示するインジ このインジケーターは、次の4つのローソク足パターンがチャートに出現すると、その足を指定した色でハイライトしてくれます。 ・Shooting star:カラカサ ・Engulfing:包み足 ・Doji:十字線 ・Marubozu:ボ ...

FXトレード

2020/8/6

【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説!

  この記事では、出来高指標「オン・バランス・ボリューム(OBV)」について、次の つの項目を解説します。 出来高を分析・解析する指標として、個人的におすすめな指標なので、出来高分析に興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは? トレンド相場でのOBVの使い方 OBVを使ったブレイクアウト戦略 OBVで機関投資家の資金を追え! OBVを使えば、フラッグやダブルボトムの成否を見極めることができる! アラート機能つき!OBVのMT4・MT5インジケ ...

MT4&MT5

2020/8/3

【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!

  この記事では、ローソク足パターン(トウバや明けの明星、首吊り線など)の発生を自動検出するMT4インジケーターを4つ紹介します!     ローソク足パターンを検知するインジケーター このインジケーターは、次の8つのローソク足パターンを自動検出します。 ・hammer:トンカチ ・Bullish Doji:トンボ ・Bearish Doji:トウバ ・falling star:ピンバー ・morning star:明けの明星 ・Uptake model:切り返し線/かぶせ線 ...

MT4&MT5

2020/8/2

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

  この記事では、通貨の強弱を測定するMT4インジケーターを6つ紹介します!   Power of currency このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。 種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。   たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。 上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。 ラインが上向き上昇中 ...

MT4&MT5

2020/8/1

【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

  この記事では、FXにおける通貨の強弱を測定するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】通貨の強弱を測定表示するインジケーター7選!     Absolute currency strength このインジケーターは、各通貨の強さ(ローソク足始値と終値の差を%化)を測定し、サブウィンドウに表示します。 上のチャートでは、米ドル、ユーロ、ポンド、円、豪ドルの5つの通貨の強さを表示しています。   また、移動平均化で通貨の強さの動きを平滑化することもで ...

MT4|サブウィンドウに表示したインジケーターの名前や数値の消し方!

2019年6月30日

 

サブウィンドウ左上の、オシレーターの名前や数値を消したいと思ったことはありませんか?
MT4サブウィンドウ

下の画像のように、オシレーターのラインと重なって見えにくいことが稀にありますよね。

今回は、MetaEditor(メタエディター)を使った消し方を紹介します。ぜひサブウィンドウをすっきり見やすくしてみてください!

mt5のサブウィンドウ

 

MT4サブウィンドウ左上の、インジケータの名前や数値を消す方法

今回はRSIを使って解説していきます。MACDやATRなど、他のオシレーターでも同じ方法で消すことができます。

 

step
1
MT4メニューの「表示→ナビゲーター」を選択し、ナビゲーターウィンドウを開く

step
2
ナビゲーター内の「Examples→RSI」を右クリックし、「修正」をクリック

手順1:ナビゲータ

※「オシレーター→Relative Strength 」では、右クリックしても「修正」ボタンが表示されません。そのため、Relative Strength」では設定を変更できないので注意してください。

 

step
3
MetaEditor(メタエディター)が開くので、RSI.mq4 ファイル内のコードを次のように書き換える

//--- name for DataWindow and indicator subwindow label

という項目を探してください。RSIでは、39行目にあります。

インジケータのコード修正

 

その下に、

short_name="RSI("+string(InpRSIPeriod)+")";

というコードがあります。この中の

RSI("+string(InpRSIPeriod)+")

を消してください。

 

変更後のコード: short_name=""; 

これで、サブウィンドウの、オシレーターの名前や数値を消すことができます。

 

主なオシレーターの「short_name=」のコードがある行は下記のとおりです。コード修正時に参考にしてください。

ATR:34行目
RSI:40行目
MACD:43行目
ストキャスティクス:49行目

※MACDでは、「short_name=」ではなく「IndicatorShortName」というコードになっています。

mt4のコードの行数

 

1つ注意点として、コードを修正したけどやっぱり元に戻したい場合に備え、削除するコードをメモ帳などに保存しておくといいですよ。

 

step
4
コードが変更できたら、MetaEditorメニューの「ファイル→保存」をクリックして保存

最後に、MT4を再起動すれば完了です。これで、サブウィンドウ左上のオシレーターの名前や数値を消すことができます。

 

また下の画像のように、オシレーターの数値だけ消すこともできます。どのオシレーターを使っているかわかるように、サブウィンドウに名前だけ残したい方におすすめです。

オシレーターの数値のみ消す方法

step
1
MetaEditor(メタエディター)を開き、RSI.mq4ファイル内のコードを次のように修正する

SetIndexLabel(0,short_name);

というコードを探してください。このコードは、上で解説したコード「short_name=」の2つ下にあります。

メタエディターの訂正

この中の、short_nameというコードを、NULLに変更します。

 

変更後のコード: SetIndexLabel(0,NULL);

これで、数値のみ消すことができます。

 

step
2
コードを書き換えたら、MetaEditorメニューの「ファイル→保存」をクリックして保存

最後に、MT4を再起動すれば完了です。

 

以上、「MT4の|サブウィンドウに表示したインジケーターの名前や数値の消し方を紹介!」という記事でした。

 

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.