FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【MT4】チャートのスクリーンショットが簡単にできるインジケーター5選!

2021年1月31日

 

この記事では、チャートのスクリーンショットがサクッとできるMT4インジケーターを5つ紹介します。

トレード時(エントリー&決済)のチャートをすばやくスクショして保存したい方におすすめ!

 

1クリックでスクショできるインジ

このインジケーターをスクリーンショットしたいチャートに張り付けると、チャートにスクショボタンが表示され、このボタンをクリックすると現在のチャートをスクショできます。

 

下の画像はスクショしたチャートです。

サブウィンドウに表示したオシレーターや横軸(時間)、縦軸(価格)も保存されます。

 

スクショした画像は、データフォルダの「MQL4 → Files」にあるFOLDERファイル内に保存されます。

 

ファイル名には、次の情報が順に記載されています。

通貨ペア名
時間足
スクショした日付
スクショしたときのMT4サーバー時刻

 

MQLTA Take Screenshot

※上のサイトでダウンロードできない場合の解決策はこちら→ MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策

 

 

ボタンクリックでスクショできるインジ

このインジケーターもチャートに表示されたスクショボタンをクリックすると、いつでも簡単にチャートをスクショできます。

 

スクショ方法

  • スクショボタンをクリックして、ファイル名を入力し、「save」をクリック

※チャートを動かしたい場合は、スクショアイコンの「GraphShot Free」の箇所をクリックすると動かせます

 

歯車ボタンをクリックすると、設定ウィンドウが表示されます。

Save screenshots auto:チャックを入れるとファイル名が自動的に決められ、チャックを入れないとファイル名を自分で入力します
Play sound option:チェックを入れると、スクショ時のアラートが有効になります

GraphShot Free

 

※MT4でリアルタイムチャートをワンクリック保存したい方は、 『MT4プロコントローラー改』がおすすめ!

パネル上の「画像保存」ボタンをクリックすると、現在のチャートをサクッと保存することができます。

 

他にも、『MT4プロコントローラー改』では次のような機能が搭載されているので、興味がある方はぜひお試しください!

機能

パラボリックを利用したトレーリング自動決済機能

全保有ポジションの合計獲得pipsに応じた自動で利食いを行うオートクローズ機能
→ 例:ポジション全体で+20pipsに到達したら利益確定

スプレッド急拡大時の画面警告機能
→ 重要経済指標や要人発言、突発的なニュースによるスプレッド急拡大からポジションを守れる

 

 

ローソク足が更新されるたびに自動でスクショできるインジ

このインジケーターをチャートに張り付けると、新しいローソク足が形成されるたびに自動的にスクリーンショットしてくれます。

 

スクショした画像は、データフォルダの「MQL4 → Files」にある「SnapShot(通貨ペア名&時間足)」ファイル内に保存されます。

上の画像では、ポンドドル1分足チャートで1分足が更新されるたびに、チャートがスクショされ保存されています。

 

設定

DelayTicks:何本のローソク足ごとにスクショするか
ShotsPerBar:新しいローソク足が形成し始めてから、何ティックでスクショするか

snapshot

※上のリンクでインジケーターをダウンロードしたら、データフォルダの「MQL4 →Indicators 」にインジを保存してください

 

また、こちらのスクリプトでもローソク足が形成されるたびにスクショできます。

設定の「Continuous」をfalseにすると、このスクリプトをチャートにドラック&ドロップしたときのみスクショできます。

snap-shoter

 

 

トレード成績つきチャートをスクショできるインジ

このインジケーターも、現在のチャートのローソク足が更新されるたびに自動的にスクショされます。

 

このスクショ画面では、次のような情報が記録されます。

  • Profit:今日、昨日、おととい、今週、今月の収益
  • balance:口座残高
  • Equity:有効証拠金(口座残高+未確定損益)
  • FreeMargin:利用可能な証拠金
  • Drawdown:現在のドローダウンと全期間のドローダウン
  • Infoserver:アカウント番号、サーバー名、レバレッジ、通貨ペアのスプレッド

 

 

各情報の表示の有無は、設定で変更できます。

 

スクショした画像は、データフォルダの「MQL4 → Files」にある「Screenshot Customizer」ファイル内に通貨ペア別に保存されます。

Screenshot Customizer

 

TradingViewを使っている方は、次の方法でチャートを簡単に保存できます。

関連:【全解説】TradingViewの使い方&機能

 

step
1
画面右上の「スナップショットを撮影」アイコンをクリック

 

step
2
「画像を保存」をクリック

 

step
3
新しいタブで保存するチャートのプレビュー画面が表示されるので、右クリックして「名前を付けて画像を保存」を選択

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.