MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

ROCを使ったFX手法3選!【順張り&逆張り】

2020年1月22日

 

今回は、ROCを使ったFXのトレード手法を3つ紹介します。

ROCに興味がある方や実際にROCを分析に使っている方は、手法アイデアとしてぜひ参考にしてください。

関連記事 【FX】ROCとは?【トレンドの速度・勢いを解析!】

 

 

 

ピッチフォークとROCを使った、超短期的逆張り手法

アンドリュー・ピッチフォークは逆張りポイントを探すのに適した、チャネル系描画ツールの一種です。

ピッチフォークのチャネルラインに価格が到達した時、相場が行き過ぎているかどうかをROCで見極めることで、相場が反転する可能性が高い逆張りポイントを選別することができます。

関連記事 【FX】アンドリューズ・ピッチフォークの引き方&使い方

 

逆張り売り戦略

  1. 上昇トレンド相場で、アンドリュー・ピッチフォークをチャートに引く
  2. ピッチフォークのチャネルラインに価格がタッチした時、ROCが買われすぎ水準に到達しているかCheck
  3. ②の条件をクリアしていたら、売りエントリー
    損切り:チャネルラインの上におく
    利食い:トレンドライン到達時

上のユーロドル日足では、4.18%の水準ががROCの直近の最大値で買われすぎ水準になります。

チャネルライン到達時、ROCが4.18%を超えローソク足が大きな上ひげでチャネルライン下で反発しているので、このタイミングで売りを仕掛けます。

 

ちなみにここは、上昇ウェッジの延長ラインとピッチフォークラインが重なっており、強い売り圧力のかかる売りポイントになります。

 

また、通常のチャネルでもこの逆張り手法でトレードできます。

 

注意点

チャネルライン到達時、ROCが買われすぎ水準に到達してない場合は上昇余地が残っているので逆張り売りは危険です。

上のトレード例では、チャネルラインで価格が反転するも、トレンドラインに届く前に大きく上昇しています。

 

 

MAとS-ROCを使った順張り手法

ROCと0%水準のクロスは、トレンドでの押し目買い/戻り売りのエントリーシグナルとして使われます。

ただし、ROCは0%とのクロスの発生頻度が高く、シグナルとして騙しが多いという欠点があります。

ROC(10) とS-ROC(10,5)

 

それに対して、ROCをスムージング化した指標「S‐ROC」は、0%とのクロスの発生数が最小限に抑えられ、エントリーシグナルとして利用しやすいです。

※S-ROCのMT4・MT5ダウンロードは、『【MT4・MT5】ROCインジケーター5選』からできます

 

MAとS-ROCを使った押し目買い戦略

  1. 50EMAが上向き上昇&「ローソク足>50EMA」で、上昇トレンドの発生を確認
  2. 上昇していたS-ROC(10,5)が0%を下抜け、再度0%を超えたら買いエントリー
    利食い:前回のスイングハイの水準に価格が到達したら
    損切り:直近安値下に置く

 

ROCのFX手法

上の1時間足では、この戦略による5つの押し目買いポイントが発生しています。

 

補足

トレンド方向のスイング波とリトレース波のROCの上昇幅・下落幅を比べてみましょう。

リトレース波のROCの方が大きい場合は、トレンドと逆方向の勢いが強いことを意味しており、トレンド転換につながる可能性があります。

3つ目のエントリーポイントでは、押し目でのS-ROC下落幅が上昇波のS-ROC上昇幅より大きいので、仕掛けるのはややリスクが高いと考えられます。

今回はきれいに上昇していますが、できればエントリーは避けたいポイントになります。

 

 

ROCボリンジャーを使った、MTFトレード

ROCボリンジャーは、ROCにボリンジャーバンドを表示したテクニカル指標です。

このROCボリンジャーのエクスパンションは、一方向に急騰・急落する相場を捉えることができます。

 

MTF順張り戦略

  1. 1時間足のROCボリンジャーがエクスパンション(縮小→拡大)して、ROCが+2σに沿って上昇している通貨ペアを見つける
  2. 5分足チャートで勢いの強いトレンドが発生しているので、トレンド方向の順張り買いを仕掛ける

 

上のドル円1時間足では、ROCボリンジャーがエクスパンションしているポイントは3つあります。

それぞれの5分足相場で、順張りの仕掛けポイントを見てみましょう!

 

1つ目

5分足では、強い下降トレンドが発生しています。

強いトレンドでは、10EMAの戻り売りカウンタートレンドラインのブレイクアウトなど、シンプルな仕掛けが有効です。

 

2つ目

2つ目の5分足相場は、米雇用統計の発表により荒れた相場になっています。

今回のように経済指標や要人発言などにより、ROCボリンジャーのセットアップを満たしてもトレンドが発生しにくい相場環境になることがあるので注意してください。

関連記事  【完全網羅】経済指標の重要情報を収集できるおすすめサイト18選
関連記事 【為替FX】要人発言の情報収集サイト10選

 

3つ目

10EMAでの押し目買いやS-ROC(20,10)の0%超えが買いポイントになります。

 

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.