MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【MT4&MT5】「マーケットプロファイル」インジケーターの紹介!

2019年11月29日

 

マーケットプロファイル分析は、各価格帯の取引量、つまりどれだけローソク足が各価格にとどまっていたかをチャートの縦軸にヒストグラムで表示したものです。

これを見ることで、過去に多くの取引が行われた価格帯や多くの市場参加者が注目している価格帯を調べることができます。

 

この記事では、「マーケットプロファイル」のMT4MT5インジケーターを紹介します。興味がある方はぜひお試しください!

 

1.Market Profile|MT4版

mt4マーケットプロファイル

これは、指定した範囲におけるローソク足データを集計した「マーケットプロファイル」を表示するMT4インジケーターです。

数値が大きい価格帯は過去の取引量が多く、数値が小さい価格帯は取引量が少ないことを示しています。

取引量が多い価格帯は強いレジサポラインになりやすく、注目度が高いです。

 

設定

MAX_HISTORY:指定範囲をローソク足本数で入力します。たとえば「50」だと、直近50本のローソク足をもとにマーケットプロファイルが表示されます。

STEP:ヒストグラムの間隔。数値が大きいほど間隔が大きくなります。デフォルトの「1」推奨

 

注意点

ヒストグラムの色は、上の設定画面で変更しても反映されない仕様になっています。色を変更するには、次のようにmq4ファイルのコード(116行目)を書き換えます。

修正前:ObjectSet(ObjName, OBJPROP_COLOR, Red);

修正後:ObjectSet(ObjName, OBJPROP_COLOR, DeepSkyBlue);

デフォルトでは赤色でしたが、修正後は青色でヒストグラムが表示されています。

関連記事 MT4|インジケーターの色が変更できない場合の解決策!

 

Market Profile|MT4

 

2.MarketProfile|MT5版

これは1日のマーケットプロファイルを表示するMT5インジケーターです。ヒストグラムの大きさが、その価格で多くの取引が行われていたことを示しています。

また、アジア市場・ヨーロッパ市場・NY市場の各時間帯での取引量が色分けされているので、市場毎のマーケットプロファイル分析が可能です。

各市場でどの価格帯で活発に取引が行われたのか、ポジションの偏りを把握できます。

※このインジは、15分足と30分足チャートのみ表示できます

 

設定

マーケットプロファイルを表示する個数は、「CountProfile」で指定します。たとえば「5」だと、過去5日間のそれぞれの取引量をヒストグラムで表示します。

 

また、各市場のヒストグラムの色も変更できます。

・AziaColor:アジア市場
・EuropaColor:ヨーロッパ市場
・AmericaColor:NY市場
・MedianaColor:ヒストグラムが最大となる価格水準に引かれる水平線の色

 

MarketProfile|MT5

※ダウンロードファイルは2つありますが、上のファイルをダウンロードしてください。下のインジでは、5分足でも表示できますが、市場別に出来高を色分け表示されません

 

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.