FXトレード

2020/10/28

【上位足のトレンドに乗る!】1時間足ミニフラッグを5分足で仕掛けるMTF×ブレイクアウト手法!

  この記事では、上位足のミニフラッグのブレイクアウトを下位足で仕掛けるMTF×ブレイクアウトト手法を紹介します! 1時間足や4時間足のトレンドの押し・戻しを、5分足や15分足で仕掛ける高リスクリワードレシオのトレードになります。 トレンド相場の押し・戻りで頻出のパターンなので、ブレイクアウトトレーダーの方はセットアップの1つとしてぜひ利用してみてください! 目次 ミニフラッグとは?定義&発見方法 ボリンジャーバンドを使った、ミニフラッグの発見方法 ミニフラッグを使ったMTFブレイクアウト手法 ...

FXトレード

2020/10/25

【FX】ナローレンジとは?ブレイクアウト手法に使えるセットアップ!

  この記事では、ブレイクアウト手法のセットアップの1つである、ナローレンジパターンについて紹介します。 目次 【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジを使ったトレード戦略 ナローレンジを使ったブレイクアウト手法例   【FX】ブレイクアウト手法のセットアップに使えるナローレンジの定義! ナローレンジ(NR)はローソク足4本以上で構成するプライスアクションパターンの1つです。 ロジックはボリンジャーバンドのスクイーズと似ており、ボラティリティが ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT4】トレンド分析に役立つインジケーター9選!【強さ・判定・転換】

  MT4のトレンドインジケーター この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT4インジケーターを9つ紹介します! トレンド相場でトレードする方はぜひお試しください! 目次 スーパートレンド ADXでトレンド方向を判定するインジ ボリンジャーバンドのバンド幅で、現在の相場状況を分析するインジ トレンドの強さ・角度を表示するインジ 複数の時間足のトレンドの情報を分析するインジ 複数の通貨ペアのトレンド方向を確認できるインジ トレンド相場での損切りやエントリーに役立つインジ &nbsp ...

FXトレード

2020/10/22

【FX初心者向け】ボリンジャーバンド×ストキャスティクスの順張り手法!

  トレンドフォロー手法で大切なことは、トレンドの波に乗ることです。 トレンドを掴むことが、トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)で勝率を上げる最大のポイントです。   トレンドフォローの勝率を上げようと、エントリータイミングのルールを複雑にするのは逆効果! 複雑なルールだと、トレンド発生時にうまくエントリーできずにチャンスを逃す可能性が高いです。   そのため、トレンドフォロー手法で大切なのは、「シンプル」であることです。 この記事では、ボリンジャーバンドとストキャスティ ...

MT4&MT5

2020/10/22

【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター

  この記事では、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するMT4&MT5インジケーターを紹介します。 2つのバンドの位置関係は、ブレイクアウト手法やボラティリティ分析に役立つので、よければ参考にしてください! 詳細:ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!     【MT4&MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター これは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの各バンドの位置関係をサブウィン ...

前日安値上で発生したレンジ

FXトレード

2020/10/20

【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

    この記事では、前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介します。 前日高値安値をトレードに利用している方は、トレード手法のアイデアとしてぜひ参考にしてください! 目次 前日高値安値でのトレード戦略の基本! 手法1:前日安値下レンジの上昇ブレイク失敗は、売りの大チャンス! 手法2:前日高値上のレンジは、スキャルピング逆張り買い! 手法3:前日高値下のレンジは、逆張り売りに徹する!       前日高値安値でのトレード戦略の基本! 一般 ...

MT4&MT5

2020/10/24

【MT5】トレンドの強さや発生・転換を判定するインジケーター7選!

  この記事では、トレンドの発生や強さを分析するのに役立つMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 パラボリックのようにトレンド方向を把握するインジ トレンドの強さを測定するオシレーター RSIで短期的なトレンド方向を把握するインジ プライスアクションでトレンド方向を見つけるインジ トレンド方向でローソク足の色が変化するインジ ボリンジャーバンドの標準偏差を利用してトレンドを解析するインジ 特定期間の最高値安値を結んだライン     パラボリックのようにトレンド方向を把握 ...

FXトレード

2020/10/22

【FX】NDD方式について徹底解説【ECNやSTP方式の違いも】

  この記事では、NDD方式について次の4つの項目を解説します。 NDDのメリットや特徴について知りたい方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】NDD方式とは? NDD方式のメリットは3つ! NDD方式には2種類あり!ECNとSTPの違いや特徴は? NDD方式のFX会社の選び方は?   【FX】NDD方式とは? NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX会社のディーリングデスクを介さず、市場(リクイディティプロバイダーや銀行、インターバンク市場)に注文を ...

前日高値安値を使ってFXトレードするなら、2日前の高値安値にも注目せよ!

2020年10月11日

Pocket

 

デイトレーダーのみなさん、前々日の高値安値(2日前の最高値・最安値)をレジスタンス&サポートラインとして活用していますか?

2日前の高値安値は、特に前日高値安値の近くにある日は注目度が高く、デイトレやスキャルで重要な水準になります。

そこで今回は、前日高値安値と前々日高値安値を組み合わせた使い方を6つ紹介します。

 

 

隣接するゾーンは、強力なレジサポ帯になる!

2日前の高値安値が前日高値安値に隣接している場合は、そのエリアは強力なレジスタンス帯・サポート帯になります。

 

fx前日高値

上のチャートは、ドル円の1時間足&5分足です。

5分足では下降トレンドで大きく下落していますが、このサポート帯にぶつかると勢いを失いトレンドが終了しています。

このようにトレンドが転換する可能性が高いので、このゾーン近くでの順張りは危険です。

 

また、このレジサポ帯は逆張り派が積極的に仕掛けてくるポイントでもあり、逆張りの損切り注文がその裏にたまりやすいです。

そのため、価格がこのゾーンを突き抜けると、大きく相場が動くケースが見られます。

ブレイクアウト手法のセットアップとして利用してみてください。

関連:前日高値でのレンジ相場の上昇ブレイクアウト失敗は、ビックトレードのチャンス!

 

 

オーバラップ・レジサポラインについて

2日前の高値安値が前日高値安値と重なっている、または1~3pipsしか間隔がない場合は、その価格水準は強力なレジサポラインになります。

 

上のチャートでは、前日高値と前々日高値が近接しており、「オーバーラップ・レジスタンスライン」となっています。

この水準は、前日高値&前々日高値それぞれで売ろうとするトレーダーがおり、売り圧力が高いです。

そのため、価格がこの水準を上抜けることが難しく、上のようにブレイク失敗のダブルトップや逆V字が出現することがあります。

 

これらのパターンは、逆張り売りで仕掛けるチャンスです。このように、今日はオーバーラップラインを背にした売りが有効な相場になります。

 

 

前日高値安値で作るレンジ相場に注目!

前日高値安値と2日前の高値安値が10~20pipsほど離れている場合は、このゾーンで相場がレンジを形成することが多いです。

下のチャートでは、価格がこのゾーンに侵入すると上下動を繰り返しています。

また、このレンジは最終的に2日前の高値安値側にブレイクアウトして、トレンド相場に移行することが多いです。

なぜなら、前日高値安値のほうが多くの市場参加者が使用しているためライン強度が高く、こちら側からブレイクするのは難しいからです。

今回の場合もブレイクアウトで仕掛けるなら、2日前安値のブレイク後のプルバックや戻り売りで仕掛けるのがベターです。

関連 【FX】前日高値安値で発生したレンジ相場のブレイクアウト手法を紹介!

 

 

ブレイクアウトの利食いの目標&継続の分岐点

2日前の高値安値が前日高値安値の遠い外側(30pips以上)にあるときは、前日高値安値ブレイクアウトの利食い目標になります。

 

下のチャートのように、価格が2か前の高値安値に到達すると、ポジションの利食いが入りブレイクの勢いが失われます。

そのため、この水準でポジションを一度利益確定するのが無難です。

 

また、2日前の高値安値はブレイクアウトが継続するかどうかの分岐点でもあります。

たとえば日足上昇トレンドでこの水準を勢いよく超えた場合は、順張り派がさらに買い増しするため、上昇トレンドが加速しやすいです。

 

 

トレンドラインの起点にもなる!

2日前の高値安値と前日高値安値は、トレンドラインを引くための起点としても注目されます。

特に、これらの高値安値が1時間足チャートで相場の山谷(スイングハイ/ロー)になっている場合は注目度が高いです。

 

これらのトレンドラインは、当日の重要なレジスタンス&サポートになり、順張り・逆張りの仕掛けポイントとして利用できます。

 

次のチャートでは、今日の窓でトレンドラインをブレイクアウトし、その後このトレンドライン下で何度も反発し逆張り売りを仕掛ける

 

 

日足ハラミ足でのフィボナッチ・リトレースメント

次の条件を満たすとき、2日前の高値安値を起点にフィボナッチ・リトレースメントを引きましょう。

 

  • 「2日前の高値>前日高値&2日前の安値<前日安値」= 2日前と前日の2つの日足ローソク足でハラミ足形成

上で紹介したトレンドラインと同じように、当日のレジサポラインとして機能します。

特にフィボナッチゾーン内に価格が入ると、レンジ相場になりやすいです。

相場が上下動しやすいので、振り回されないように気をつけてください。

関連:【FX】日足十字線を利用した、デイトレード手法5選!

 

関連 【MT4】前日高値安値や2日前の高値安値を自動で引くインジケーター

mt4チャート

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.