MT4&MT5

2020/8/8

【MT5】ローソク足パターンを発見表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足パターン(十字線やかぶせ線、トンカチなど)の発生を自動発見するMT5インジケーターを3つ紹介します! 関連 【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!     ローソク足パターンを発見表示するインジ このインジケーターは、次の4つのローソク足パターンがチャートに出現すると、その足を指定した色でハイライトしてくれます。 ・Shooting star:カラカサ ・Engulfing:包み足 ・Doji:十字線 ・Marubozu:ボ ...

FXトレード

2020/8/6

【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説!

  この記事では、出来高指標「オン・バランス・ボリューム(OBV)」について、次の つの項目を解説します。 出来高を分析・解析する指標として、個人的におすすめな指標なので、出来高分析に興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは? トレンド相場でのOBVの使い方 OBVを使ったブレイクアウト戦略 OBVで機関投資家の資金を追え! OBVを使えば、フラッグやダブルボトムの成否を見極めることができる! アラート機能つき!OBVのMT4・MT5インジケ ...

MT4&MT5

2020/8/3

【MT4】ローソク足パターンを自動検出するインジケーター4選!

  この記事では、ローソク足パターン(トウバや明けの明星、首吊り線など)の発生を自動検出するMT4インジケーターを4つ紹介します!     ローソク足パターンを検知するインジケーター このインジケーターは、次の8つのローソク足パターンを自動検出します。 ・hammer:トンカチ ・Bullish Doji:トンボ ・Bearish Doji:トウバ ・falling star:ピンバー ・morning star:明けの明星 ・Uptake model:切り返し線/かぶせ線 ...

MT4&MT5

2020/8/2

【全無料】通貨の強弱を測定表示するMT4インジケーター7選!

  この記事では、通貨の強弱を測定するMT4インジケーターを6つ紹介します!   Power of currency このインジケーターは、通貨の相対的な強さを、終値をベースに算出します。 種類は、日本円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドルの8つです。   たとえば、日本円の強さは、上の8つの通貨の組み合わせペア(ドル円やユーロ円など)の終値を計算に使います。 上のチャートでは、日本円と豪ドルの強さをライン表示しています。 ラインが上向き上昇中 ...

MT4&MT5

2020/8/1

【MT5】通貨の強弱を測定するインジケーター3選!

  この記事では、FXにおける通貨の強弱を測定するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】通貨の強弱を測定表示するインジケーター7選!     Absolute currency strength このインジケーターは、各通貨の強さ(ローソク足始値と終値の差を%化)を測定し、サブウィンドウに表示します。 上のチャートでは、米ドル、ユーロ、ポンド、円、豪ドルの5つの通貨の強さを表示しています。   また、移動平均化で通貨の強さの動きを平滑化することもで ...

ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!

2020年7月26日

 

ケルトナーチャネルボリンジャーバンドは相性がよく、組み合わせて使うことができます。

この記事では、この2つのテクニカル指標を組み合わせた使い方をいくつか紹介します。

チャート分析やトレード手法のアイデアとして 、よければ参考にしてください。

 

【逆張り】ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの乖離幅に注目!

価格の急騰・急落で、ボリンジャーバンドの±2σバンドがケルトナーチャネルの±2×ATRバンドから大きく乖離するほど、その反動で相場が逆方向に大きく反転しやすいです。

関連 ケルトナーチャネルの使い方講座【環境認識・トレーリングストップ戦略・ブレイクアウト手法】
下のオージードル30分足では、ボリンジャーバンド(期間20)とケルトナーチャネル(20EMA,20ATR,ATR係数2)の2つを表示しています。

※ケルトナーチャネルの中心線20EMAは非表示にしています

ポイントBのように、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの乖離幅が大きい急騰は、上昇トレンドのバイイング・クライマックスになることが多く、その直後に勢いよく下落しやすいです。

価格が+2×ATRバンドを終値で下回ったら、逆張り売りを仕掛けるチャンスになります。

逆に、乖離幅が小さいと、ポイントA・C・Dのように反対方向に大きくことが稀で、もみあい相場に一旦移行しやすいです。

 

また、レンジ相場で発生した場合も、価格の行き過ぎを捉えた逆張りシグナルとして有効です。

乖離幅の大きい逆張りシグナルは、レンジ相場内で発生頻度は少ないですが、その分成功確率が高いので、エントリー精度を高めたい方は参考にしてください。

関連 【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!

関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

 

レジサポラインの強さUP

ボリンジャーバンドやケルトナーチャネルの各バンドは、レジサポラインとして注目されますが、特に2本のバンドが重なるとき、強いレジサポラインとして機能しやすいです。

※2本のバンドが隣接して、ローソク足始値・終値で±2σバンドを反発し、高値安値(ヒゲ)で±2×ATRバンドを反発しているケースもOKです

ボリンジャーバンドの±2σバンドでの反発時に、同時にケルトナーチャネルの±2×ATRバンドでも反発しているケースは、していないケースと比べ、反発の成功確率が少し高いです。

 

また、レンジ相場での±2σバンド反発での逆張りでは、±2×ATRバンドが損切注文を置く水準として活用できます。

ケルトナーチャネルを使うことで、損切位置を一貫したルールで置くことができます。

 

 

ブレイクアウトトレードで活躍!

ボリンジャーバンドのスクイーズでは、±2×ATRバンドは±2σバンドの外側にあり、ケルトナーチャネルもスクイーズを形成しています。

このとき、ローソク足終値が±2σバンドと±2×ATRバンドを超えたら、ブレイクアウトで仕掛けるタイミングになります。

 

逆に、ボリンジャーバンドのエクスパンション時、ローソク足終値がケルトナーチャネルのバンドを超えていない場合、この時点では騙しの可能性があるので要注意です。

先ほど解説してように、ケルトナーチャネルの±2×ATRバンドもレジサポラインとして機能するため、ブレイクアウトの進行を妨げることがあります。

 

また、スクイーズ時にケルトナーチャネルのバンド幅が広い場合、値動きの縮小が十分でなく、ブレイクアウトが発生しても伸びにくい可能性があります。

 

 

ボラティリティの大きさの判定方法

ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの位置関係で、ボラティリティの大きさを簡単に識別できます。

  • ±2×ATRバンドが±2σバンドの外側:低ボラティリティ
  • ±2×ATRバンドが±2σバンドの内側:高ボラティリティ

 

※トレンド相場では、トレンド方向のバンドの位置関係を見ます

そして、±2×ATRバンドと±2σバンドのクロスは、相場のボラティリティが変化するシグナルになります。

上の相場でも、±2σバンドが±2×ATRバンドを外抜けると、相場の動きが強まり、ボラティリティの高いレンジやトレンドが発生しています。

 

関連 【MT4】ケルトナーチャネルのインジケーター3選!
関連 【MT5】ケルトナーチャネルのインジケーター4選!

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.