TradingView

2021/10/24

Tradingview|リスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーター5選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)でリスクリワードレシオ(損益比率)の計算に役立つインジケーターを6個紹介します! 目次 損益比率計算ツール リスクリワードレシオパネル BTST Risk & Reward ATRベースの利食い水準&価格水準をチャートに表示するインジ 乖離率バンド 1.損益比率計算ツール このインジケーターは、設定の以下の2つのパラメーターに損切り幅と利食い幅を入力すると、チャート上にリスクリワードレシオが表示されます。 Stop Loss ...

TradingView

2021/10/23

TradingView|アラート機能付き移動平均線インジケーター10選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つき移動平均線インジケーターを10個紹介します! 関連:【TradingView】移動平均線のインジケーター28選! アラート条件 価格が移動平均線に接近する トレンド方向のMAクロス マルチアラート移動平均線 価格がMAにタッチ ローソク足のヒゲがMAに到達 上位足の2本のMAのクロス RSIのMAクロス 価格が移動平均線に接近する 1.2本のMAのクロス このインジケーターは、2本の移動平均線をチャートに表示 ...

TradingView

2021/10/22

TradingViewで使えるエンベロープインジケーター11選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエンベロープのインジケーターを11個紹介します! 目次 3×エンベロープ エンベロープ(ピップス) エンベロープを使ったトレンド検出インジ 上位足エンベロープ DMAエンベロープ ツーカラ―エンベロープ マルチタイプエンベロープ アラート機能付きエンベロープ ATRエンベロープ 1.3×エンベロープ このインジケーターは、3つの%バンドのエンベロープをチャートに表示します。 Triple Envelope   また ...

TradingView

2021/10/18

TradingViewで価格帯別出来高を表示するインジケーター8選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)のチャートで価格帯別出来高を表示するインジケーターを8個紹介します! 関連:【FX】価格帯別出来高の使い方&見方10選! 目次 1日の価格帯別出来高 ローソク足単位で範囲を指定できる価格帯別出来高 価格帯別出来高ヒートマップ 時間足ベースの価格帯別出来高 範囲を指定できる価格帯別出来高 買い注文と売り注文それぞれの価格帯別出来高が見れるインジ 1.1日の価格帯別出来高 このインジケーターは、1日の相場を範囲とした価格帯別出来高を表示 ...

TradingView

2021/10/17

TradingViewで使えるアルーンインジケーター14選!【MTF・アラート】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアルーンインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 アルーンクロスハイライト 始値終値で算出したアルーン アルーンオシレーター MTFアルーン 二値化アルーン アルーンシグナル【パーフェクトオーダー検知】 アルーン&ADX&CMO アラート機能つきアルーン 1.アルーンクロスハイライト このインジケーターは、アルーンアップとアルーンダウンのクロスが発生すると、背景をハイライトします。 ゴールデンクロスは緑色で、 ...

TradingView

2021/10/16

TradingView|オーサムオシレーターのインジケーター14選!【アラート・MTF・ダイバ】

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるオーサムオシレーターインジケーターのインジケーターを14個紹介します! 目次 色が変化するオーサムオシレーター オーサムオシレーターを3つ表示するインジ シグナル線つきオーサムオシレーター オーサムオシレーターの順張りシグナル MACD&オーサムオシレーター ローソク足の色がオーサムオシレーターの増減で変化するインジ オーサムオシレーターのダイバージェンス自動検知インジ オーサムオシレーター&アクセレーター アラート機能付き ...

TradingView

2021/10/12

TradingView|アラート機能つきMACDインジケーター7選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるアラート機能つきMACDインジケーターのインジケーターを7個紹介します! 関連:【TradingView】いろんな機能を搭載したMACDインジケーター27選! 目次 MACD線とシグナル線のクロス MACDヒストグラムと0レベルのクロス MACD線と0レベルのクロス MACDヒストグラムの方向転換 MACD線とMACDヒストグラム間のダイバージェンス MACDとRSI、MFIを使った逆張りシグナル MACDとRSIの逆張り買 ...

TradingView

2021/10/11

TradingView|エリオット波動オシレーターインジケーター9選!

  この記事では、TradingView(トレーディングビュー)で使えるエリオット波動オシレーターのインジケーターを9個紹介します! 関連記事 ・【TradingView】エリオット波動を自動カウントするインジケーター5選! ・エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】 目次 エリオット波動オシレーター シグナル線つきEWO 色が変化する機能つきEWO ブレイクアウトバンドつきEWO 出来高ベースのエリオット波動オシレーター EWO&TTMスクイーズ 上位足のエリオット波動オシレータ ...

ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドは相性抜群!使い方4選!

2020年7月26日

 

ケルトナーチャネルボリンジャーバンドは相性がよく、組み合わせて使うことができます。

この記事では、この2つのテクニカル指標を組み合わせた使い方をいくつか紹介します。

チャート分析やトレード手法のアイデアとして 、よければ参考にしてください。

 

【逆張り】ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの乖離幅に注目!

価格の急騰・急落で、ボリンジャーバンドの±2σバンドがケルトナーチャネルの±2×ATRバンドから大きく乖離するほど、その反動で相場が逆方向に大きく反転しやすいです。

関連 ケルトナーチャネルの使い方講座【環境認識・トレイリングストップ戦略・ブレイクアウト手法】

下のオージードル30分足では、ボリンジャーバンド(期間20)とケルトナーチャネル(20EMA,20ATR,ATR係数2)の2つを表示しています。

※ケルトナーチャネルの中心線20EMAは非表示にしています

ポイントBのように、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの乖離幅が大きい急騰は、上昇トレンドのバイイング・クライマックスになることが多く、その直後に勢いよく下落しやすいです。

価格が+2×ATRバンドを終値で下回ったら、逆張り売りを仕掛けるチャンスになります。

逆に、乖離幅が小さいと、ポイントA・C・Dのように反対方向に大きくことが稀で、もみあい相場に一旦移行しやすいです。

 

また、レンジ相場で発生した場合も、価格の行き過ぎを捉えた逆張りシグナルとして有効です。

乖離幅の大きい逆張りシグナルは、レンジ相場内で発生頻度は少ないですが、その分成功確率が高いので、エントリー精度を高めたい方は参考にしてください。

関連 【バンドの山を使う!】ボリンジャーバンドを使ったブレイクアウト手法を大公開!

関連 戦略の幅が広がる!ボリンジャーバンドのダイバージェンスの見つけ方&使い方!

 

 

レジサポラインの強さUP

ボリンジャーバンドやケルトナーチャネルの各バンドは、レジサポラインとして注目されますが、特に2本のバンドが重なるとき、強いレジサポラインとして機能しやすいです。

※2本のバンドが隣接して、ローソク足始値・終値で±2σバンドを反発し、高値安値(ヒゲ)で±2×ATRバンドを反発しているケースもOKです

ボリンジャーバンドの±2σバンドでの反発時に、同時にケルトナーチャネルの±2×ATRバンドでも反発しているケースは、していないケースと比べ、反発の成功確率が少し高いです。

 

また、レンジ相場での±2σバンド反発での逆張りでは、±2×ATRバンドが損切注文を置く水準として活用できます。

ケルトナーチャネルを使うことで、損切位置を一貫したルールで置くことができます。

関連 【MT4】ケルトナーチャネルのインジケーター3選!
関連 【MT5】ケルトナーチャネルのインジケーター4選!

 

 

ブレイクアウトトレードで活躍!

ボリンジャーバンドのスクイーズでは、±2×ATRバンドは±2σバンドの外側にあり、ケルトナーチャネルもスクイーズを形成しています。

このとき、ローソク足終値が±2σバンドと±2×ATRバンドを超えたら、ブレイクアウトで仕掛けるタイミングになります。

 

逆に、ボリンジャーバンドのエクスパンション時、ローソク足終値がケルトナーチャネルのバンドを超えていない場合、この時点では騙しの可能性があるので要注意です。

先ほど解説してように、ケルトナーチャネルの±2×ATRバンドもレジサポラインとして機能するため、ブレイクアウトの進行を妨げることがあります。

 

また、スクイーズ時にケルトナーチャネルのバンド幅が広い場合、値動きの縮小が十分でなく、ブレイクアウトが発生しても伸びにくい可能性があります。

 

 

ボラティリティの大きさの判定方法

ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの位置関係で、ボラティリティの大きさを簡単に識別できます。

  • ±2×ATRバンドが±2σバンドの外側:低ボラティリティ
  • ±2×ATRバンドが±2σバンドの内側:高ボラティリティ

 

※トレンド相場では、トレンド方向のバンドの位置関係を見ます

そして、±2×ATRバンドと±2σバンドのクロスは、相場のボラティリティが変化するシグナルになります。

上の相場でも、±2σバンドが±2×ATRバンドを外抜けると、相場の動きが強まり、ボラティリティの高いレンジやトレンドが発生しています。

 

※2つのインジケーターの位置関係をヒストグラム化した指標をお探しの方は、『【MT4・MT5】ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドの位置関係を視覚化するインジケーター』で紹介しているのでよければ参考にしてください!

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.