MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。     ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の足が水色になり、陰線のとき緑色で区別されます。 ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/4

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

MT4&MT5

2020/6/28

【MT5】ローソク足の大きさをpips表示するインジケーター3選!

  この記事では、ローソク足の大きさをpips表示したり、サブウィンドウに表示するMT5インジケーターを3つ紹介します。   Candle Size Info このインジケーターは、各ローソク足上に、次の3つの大きさをpipsで表記してくれます。 ※数値がチャートに表示されるのに1~2秒かかります ・上ヒゲ ・実体 ・下ヒゲ   ローソク足の各大きさを数値化できるため、たとえば次のように客観的なトレードに役立ちます。 エントリー方向のヒゲの大きさが5pips以上の足が発生した ...

【おすすめ】出来高のMT5インジケーター7選

2019年12月21日

 

MT5出来高インジケーター

この記事では、出来高(Volume)のMT5インジケーターを7つ紹介します。

価格帯別出来高や出来高の比率、時間と曜日を考慮した出来高の平均値など、様々なインジケーターがあるのでぜひ参考にしてください!

 

 

 

1.LT Volume

このインジは、出来高のバーの色を次のような条件で色分け表示することができます。

・Candle color and size:出来高の色が、ローソク足の陽線・陰線にあわせて変化する
・Volume change:前の出来高と比べて増加したか減少したかで、色が変化する
・Cross Moving Average:移動平均線を出来高が超えると、色が変化する
・Cross level:指定した水準を超えると、出来高の色が変化する
・Fixed:単色

 

色分け方法は、設定の「Color scheme」で指定できます。

※色分け表示する出来高バーの対象数は「Bars to calculate」で指定できます。この数字が大きすぎると、MT4の動作が重くなるのであまり大きな数値にしないようにしましょう

 

LT Volume

※上のサイトでインジケーターをダウンロードできない場合は、「MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策」をご覧ください

 

 

2.VROC

これは、出来高の変化率を数値化したインジケーターです。現在の出来高をそのn本前のローソク足の出来高と比較します。

VROCが大きな正の数をとるローソク足は、過去のローソク足と比べて出来高が急増していることを示しており、重要な足だと考えられます。

 

設定

 

VROC

VROCの詳しい使い方は、『【FX】出来高の変化率を測定する指標 VROCの使い方!』で解説しています。

先週の同じ曜日と比べた出来高の変化率を調べたり、出来高からみた「環境認識」など、さまざまな利用方法があります。

 

 

3.Average Volumes

 

このインジは、時間と曜日を考慮した平均値(移動平均線)を出来高に表示します。

たとえば、1時間足チャートの火曜日の11時の出来高平均値は、過去(先週や先々週・・・)の火曜日11時のローソク足の出来高の平均値になります。

他にも、日足チャートでは曜日別の出来高の平均値を見ることができます。

 

設定

平均値をとる週の数は、設定の「Number of weeks for averaging」で変更できます。

 

Average Volumes

 

 

4.Range_Volume_Ratio_S

RVRは、ローソク足の大きさと出来高の比率を算出するインジケーターです。

 

ローソク足の大きさの計算方法は次の2つから選ぶことができます。

RVRの計算方法

・Open/Close:RVR=|ローソク足終値ー始値|÷出来高
・High/Low:(ローソク足高値-安値)÷出来高

※ローソク足の計算方法は、設定の「Calculation type」で変更できます

 

Range_Volume_Ratio_S

 

 

その他の出来高インジケーター

他にも次のようなものがあります。

この3つのインジケーターの詳しい設定方法は、『【MT4】出来高インジケーターおすすめ6選』で解説しています。

 

1.Volume Profile + Range v6.0

これは、2本の垂直線で囲まれた範囲における価格帯別出来高を表示します。

垂直線を動かすことで、価格帯別出来高を調べる集計範囲を自由に変えられます。

 

Volume Profile + Range v6.0

 

2.Cumulative Delta MT5

このインジは、各ローソク足における買い売りそれぞれの出来高をヒストグラムで表示します。

また、買い売りの出来高の比率を見ることもできます。

 

Cumulative Delta MT5

 

3.PipTick Volume MT5

これは、移動平均線を出来高に表示することができます。

そして、そのMAを基準に出来高の大きさを評価して、ヒストグラムの色を6つに分けて表示します。

 

PipTick Volume MT5

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.