FXトレード

2021/1/24

【1か月試してみた】Zulutrade(ズールトレード)の使い方や機能、口座開設方法を解説

  実際に稼いでいる裁量トレーダーやEAをコピーして自動売買したい方は、Zulutradeがおすすめ! ZulutradeはTitanFXで利用できるコピートレードプラットフォームで、ZuluランクやZuluガード、オートメータなど、コピートレードに役立つ機能を無料で利用することができます!   この記事では、Zulutrade(ズールトレード)の使い方や機能、特徴、口座開設方法をまとめて全て解説します! 目次 TitanFXのZulutradeとは?【メリット&デメリット】 【Zul ...

MT4&MT5

2021/1/19

【MT5】ブレイクアウト系EAを7つ紹介!【すべて無料!】

  この記事では、MT5のブレイクアウト系EAを7つ紹介します。 全て無料で利用できるので興味がある方はぜひお試しください! 目次 前日高値安値のブレイクアウトEA インサイドバーのブレイクアウトEA スリーバーのブレイクアウトEA レンジボックスのブレイクアウト 雲のブレイクアウトEA ドンチャンチャネルのブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウトEA     前日高値安値のブレイクアウトEA このEAは前日高値・安値のブレイクアウトで仕掛けるEAです。 買いエ ...

MT4&MT5

2021/1/19

【MT5】ボリンジャーバンドを使ったEAを2つ紹介!【ブレイクアウト&逆張り】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのEAを2つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA RSIボリンジャーを使ったブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA このEAは、ボリンジャーバンドをローソク足終値で超えると逆張りでエントリーします。 売り:終値が+2σバンドを上抜ける 買い:終値がー2σバンドを下抜ける   また、設定の「Reversal Signal」をtrueにすると、終値がバンドをブレイクアウトするとその方 ...

FXトレード

2021/1/20

【FX】ニューヨーク時間の特徴6選!【順張りで仕掛けたい4つのパターン】

  この記事では、FX相場のニューヨーク時間の特徴を6つ紹介します。 ニューヨーク時間(夏時間:21時~5時、冬時間:22時~6時)にトレードしている方はぜひトレードに役立ててください! 目次 ニューヨーク時間の後半はボラティリティ低い! アメリカの祝日では、ニューヨーク時間は停滞相場になる! 金曜日の夜はトレード控えめに!【トレードするなら逆張りがおすすめ】 1日で最もボラティリティが高い時間帯は?デイトレするならこの時間帯! ニューヨーク時間でヨーロッパ時間のトレンドが継続しやすいパターン4 ...

MT4&MT5

2021/1/8

【MT5】アラート機能つき移動平均線インジケーターを4つ紹介します!

  この記事では、移動平均線のアラート機能つきMT5インジケーターを4つ紹介します! 目次 価格と移動平均線のクロスでアラート 2本の移動平均線のクロスでアラート 3本の移動平均線のクロスでアラート 上位足の移動平均線に価格のクロスでアラート   価格と移動平均線のクロスでアラート このインジケーターは、価格と移動平均線のクロス(=ローソク足終値がMAを超える)が発生したときに、アラートで知らせてくれます。 Candle Cross MA     2本の移動平均線の ...

MT4&MT5

2021/1/11

【MT4】垂直線を自動で引くインジケーター4選!【便利な5つの使い方も紹介】

  この記事では、垂直線の実践的な使い方と自動で垂直線を引けるMT4インジケーターを5つ紹介します! 目次 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! 指定した時間に垂直線を表示するインジ 一定時間ごとに垂直線を表示するインジ 上位足のローソク足形成時に垂直線が引かれるインジ 指定した3つの時刻に垂直線を引くインジ 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! ローソク足の形成された時間を見る テクニカルとローソク足の関係を見る エントリーしたローソク足に引く 経済指標の発表時間に引く ヨ ...

FXトレード

2021/1/12

【アプリで投資】FBSコピートレードの特徴や機能、評判を丸ごと解説!

  この記事では、海外FX会社FBSのコピートレードについて解説します。 FBSコピートレードの使い方や機能、評判を紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードの評判は? FBSコピートレードのやり方を詳しく解説 →リスクフリー投資でまずはお試しを! FBSコピートレード口座の開設方法 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードは、プロトレーダーの口座と自分の口座を紐づけて、プロトレーダーの取引をコピーして自動売買できるソーシ ...

MT4&MT5

2021/1/24

【MT5】ADXのインジケーターを7つ紹介!

  この記事では、ADXのMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 ADXをヒストグラム表示するインジ 平滑化ADX ADXをドット表示するインジ ADXのシグナルを矢印表示するインジ ADXでトレンドを識別し、ローソク足の色を変化させるインジ マルチオシレーター 上位足の平滑化ADXを表示するインジ ADXをヒストグラム表示するインジ これは、ADXのラインとヒストグラムの2つを表示するインジケーターです。 ヒストグラムの色は、+DIと-DIの位置関係を表します。 青:+DIが-DIの上に ...

騙しを回避!ストキャスティクスのクロス(GC・DC)の精度を上げる8つの方法

2020年9月28日

 

ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスをエントリーシグナルとして使う場合、騙しは避けて通れません。

今回は、クロスのダマシを減らす8つの方法を紹介します。

ストキャスティクスを使った手法の勝率を改善する1つとしてよければ活用してみてください!

 

パラメーターを大きくして、感度を下げる

ストキャスティクスの初期パラメーター(5,3,3)は価格に非常に敏感であるため、価格の小さな動きにも反応してしまう欠点があります。

こうした小さな反転でのクロスを取り除きたい場合は、ストキャスティクスのパラメーターを大きくすることが効果的です。

 

具体的には、初期パラメーター(5,3,3)のそれぞれの数値を2倍にした(10,6,6)がおすすめ!

上のチャートでは、パラメーターを大きくすることで騙しのクロスが減っています。

 

 

MACDフィルターで、クロスの精度UP!

ストキャスティクスとMACDを組み合わせて使うことは、「ディナポリレベル」で有名なジョー・ディナポリ氏も推奨しています。

参考:ディナポリの秘数フィボナッチ売買法

 

ここでは、MACDを使ってストキャスティクスのクロスを厳選するフィルターを紹介します。

シンプルなルールなので簡単に手法に組み込むことができます。

ストキャスティクスのクロスをシグナルとして使っているなら、バックテストでトレード成績が改善するか確かめてみてはどうでしょうか?

 

MACDのフィルター・ルール

  • MACD線>0 & MACD線が上向き上昇のとき
    →ゴールデンクロスのみ、シグナルとして有効
  • MACD線<0 & MACD線が下向き下降のとき
    →デッドクロスのみシグナルとして有効

このフィルターは、トレンド相場における順張りのシグナルとしてストキャスティクスのクロスを使いたい場合におすすめ!

上のチャートでも、フィルターを通して押し目買いや戻り売りのシグナルを見つけることができます。

ただし、MACDのフィルター条件を満たしていても、20%水準近くでのDCや80%近くでのGCは機能しにくいので注意してください。

関連:【MT4】ストキャスティクスのインジケーター12選!【アラート・矢印・MTF】

 

 

過熱ゾーンでのクロスに注目!

過熱ゾーンは、ストキャスティクスでは次の2つがあります。

  • 買われすぎゾーン:80%~100%
  • 売られすぎゾーン:0%~20%

 

この閾値内で発生したクロスは、閾値内(20%~80%)よりもクロスの信頼性が高いです。

特にレンジ相場では、20%~80%の範囲内で騙しのクロスが多発します。

こういったノイズでエントリーをしてしまうと、損切りの連続になる可能性が高いので注意しましょう。

 

 

1回目のクロスは無視!直後の2回目で仕掛ける

ストキャスティクスの閾値を超えたクロスでも、騙しになることはもちろんあります。

さらに、精度を高めたい場合は1回目のクロスは無視して、直後の2回目で仕掛けましょう。

 

  • メリット:2回目のクロスは、1回目のクロスより騙しになる確率が低い
  • デメリット:クロスの発生頻度が1回目より少ないので、エントリーチャンスは減ってしまう

 

下のチャートは、5分足のレンジ相場です。2回目のシグナルで仕掛ける逆張りのチャンスがいくつかあります。

ちなみに、3回目のクロスで仕掛ける戦略もありますが、2回目のクロスよりさらに発生頻度が少ないので実用的ではありません。

 

 

ストキャスティクスとボリンジャーバンドは相性バツグン!

レンジ相場やもみ合い相場での逆張りトレードでストキャスティクスを使う場合は、ボリンジャーバンドと組み合わせて使うのがおすすめ!

価格の行き過ぎ(過熱感)をボリンジャーバンドとストキャスティクスの2つで捉えます。

 

買いシグナル:次の2つの条件を満たしたとき

  • ローソク足が-2σバンドにタッチ
  • ストキャスティクスが売られすぎゾーンでゴールデンクロス

売りシグナル:次の2つの条件を満たしたとき

  • ローソク足が+2σバンドにタッチ
  • ストキャスティクスが買われすぎゾーンでデッドクロス

 

ただし、ボリンジャーバンドがエクスパンション中でのストキャスティクスのクロスは危険です。

価格の急騰・急落で一方向に大きく動く傾向があるので、逆張りをしかけるのは避けましょう。

 

ちなみにRSIとの併用は、どちらも相場の過熱感を数値化したオシレーターであり組み合わせても互いの欠点をカバーできないため、あまり効果的ではないと思います。

 

 

3本のストキャスティクスのラインを使う

ストキャスティクスに表示した期間50の移動平均線は、ストキャスティクスの優位な方向を教えてくれます。

これをクロスの騙しを回避するフィルターとして使うことができます。

 

具体的には、次のとおりです。

  • MA(50)>50%水準:買い勢力が優勢な局面
    →ゴールデンクロスのみ有効。デッドクロスはシグナルとして無効
  • MA(50)<50%水準:売り勢力が優勢な局面
    →デッドクロスのみ有効。ゴールデンクロスはシグナルとして無効
  • MA(50)の上下を行き来しているとき:方向感のない局面
    →ゴールデンクロス、デッドクロスともにシグナルとして無効

ただし上のチャートでわかるように、このフィルターはトレンドに対立するシグナルは排除できますが、優勢な方向のシグナルは全て拾ってしまいます。

そのため、これ1つでクロスの精度を上げるのは難しいので、上で紹介した他のテクニックと合わせて使うのがおすすめです。

 

 

GC・DCはローソク足の確定直後

ストキャスティクスは、価格の上下動に応じてリアルタイムで数値が変動します。

そのため、ローソク足形成中にクロスが発生するも、ローソク足が確定するとクロスしていないという現象が稀に発生します。

シグナルとしてGC・DCを使うなら、必ずローソク足が確定したのを確認しましょう。

 

関連:【決定版】ストキャスティクスの使い方が学べるおすすめ本9選!

 

 

ストキャスティクスのクロスの角度に注目

最後に小ネタですが、ストキャスティクスのクロスの角度に注目してみましょう。

鋭い角度でのクロス

価格が急反転していることを意味しています。上下に乱高下するレンジ相場や、押し・戻りの浅い強いトレンド相場でよく出現します

緩やかな角度でのクロス

価格がゆったりと時間をかけて反転していることを意味しています。押し・戻りの深い緩やかなトレンドでよく出現します

手法のエントリーシグナルにストキャスティクスのクロスを使っている場合は、クロスの角度で勝率が変わるか検証してみてはどうでしょうか?

たとえば、緩やかなトレンドでの押し目買いを狙った手法を検証してみると、急角度のクロスによる買いシグナルは緩やかなクロスに比べ勝率が悪いかもしれません。

 

以上、ストキャスティクスのクロスの精度を上げる8つの方法を紹介しました。

これらを組み合わせて使うとより効果的です。気に入ったものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

関連 【MT4】ストキャスティクスのクロスを矢印で表示するインジケーター【アラート機能付き】

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.