FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【FX頻出チャートパターン】スパイク&チャネルとは?4つの特徴を紹介!

2020年12月9日

 

この記事では、チャートパターンの1つ『スパイク&チャネル』について解説します。

FX相場において、どの時間足でも頻出する重要チャートパターンであり、特にトレンドのクライマックスに出現するパターンの1つなので、仕掛けのセットアップや環境認識のツールとしてぜひご利用ください!

参考書籍:プライスアクショントレード入門|パンローリング社

 

【FX】スパイク&チャネルとは?

スパイク&チャネルは、次の2つの値動きが連続発生して形成されます。

  • トレンド方向の急上昇・急落(=スパイク)
  • トレンド方向に進むチャネル(ウエッジでも可)

 

トレンドは、基本的に狭いチャネルの中で推移することもある。その中にはプルバックの足があることも多く、トレンドラインがブレイクされる前に仕掛けたカウンタートレンド派を落とし穴に落とす。

彼らは、このトレンドに強いトレンド足がほとんどなく、足が重なり合っていてヒゲも長く、プルバックの足も多いことを見て弱いトレンドだと判断したのである。

一見弱いトレンドに見えますが、トレンドラインがブレイクされることなく一方向にゆっくりと動いており、強力なトレンドパターンの1つになります。

 

下のチャートでは、スパイク&ウェッジが発生しています。

ウェッジを下抜けると上昇トレンドが終了し、下降トレンドへ転換しています。

 

特徴は次の4つです。

スパイク&チャネルの特徴

  • チャネルブレイクアウト後の到達目標水準はチャネル開始水準
  • フィボナッチエクスパンションがチャネルの最終到達水準
  • オーバーシュートは逆張りシグナル!
  • チャネル開始水準はトレンド継続 or トレンド転換の分水嶺

順に詳しく見ていきましょう!

関連:【FX】スパイク&チャネルの複合型パターン5つを紹介!

 

特徴1:チャネルブレイクアウト後の到達目標水準はチャネル開始水準

スパイク&チャネルは、チャネルをトレンドと反対方向にブレイクアウトすると、価格はチャネル開始水準を試す動きが見られ、その後の動きはトレンド相場で出現する位置によって異なります。

 

スパイク&チャネル後の相場展開

  • トレンド初期~中期に発生:トレンド継続
  • トレンド後期に発生:レンジ移行 or トレンド転換

 

上の上昇トレンドでは、3つのスパイク&チャネルが発生しています。

1つ目

トレンド初期に発生したスパイク&チャネルでは、チャネルを下方向にブレイクアウトせず、上方向にブレイクアウトしてトレンドが継続する傾向があります。

このようなチャネルをトレンド方向にブレイクアウトすることは稀であり、特にブレイクアウト1波で起きやすい動きです。

2つ目

2つ目はトレンド中期で発生したスパイク&チャネルで、チャネルラインをトレンド方向にブレイクアウトするも失敗してチャネルを下抜け、下ヒゲでチャネル開始水準を試す動きが入っています。

その後、反転上昇してトレンドが再開しました。

このように、ブレイクアウト1波やエリオット波動1波以降のトレンド中期でのスパイク&チャネルは、トレンド方向のブレイクアウトが継続するほどのパワーがなく、いったんチャネル開始水準を試したのち、トレンドが再開する傾向があります。

3つ目

3つ目はトレンドの後半、バイイングクライマックスで発生したスパイク&チャネルで、3プッシュ後にチャネルを下降ブレイクアウトし、さらにチャネル開始水準を下抜け&反発下落して下降トレンドへ転換しました。

 

また、市場に動きが発生しにくい東京市場やニューヨーク市場後半(24時~6時)にチャネルをブレイクアウトした場合、トレンド転換せずチャネル開始点付近で横ばい相場になることがよく見られます。

例:ユーロ市場後半~ニューヨーク市場前半でスパイク&上昇チャネルを形成し、その後動きのない横ばい相場

 

 

特徴2:フィボナッチエクスパンションがチャネルの最終到達水準

一般的に、スパイク&チャネルのチャネルは、スパイクのフィボナッチリトレースメント23.6%水準で浅い押しが入りチャネルが開始することが多いです。

そのため、スパイクの押し・戻しがフィボナッチリトレースメント23.6%水準で入る場合は、チャネルを形成する可能性があることに注意してください。

 

また、前回スイング波のフィボナッチエクスパンション100%水準がチャネルの最終到達点になりやすいです。

この水準に到達すると、買いポジションの利食い売りや逆張り売りの需要が高まり、上値が重くなって上昇の勢いが衰え、チャネルが終了し逆方向にブレイクアウトします。

カウンタートレンド方向の仕掛けを探すのはチャネルをブレイクしたあとで、そうなればカウンタートレンド方向の動きがチャネルの始まりを試すほど大きな動きになる可能性が高い。

 

また、チャネル開始水準を超えると、スパイク開始水準を試す動きが入ることもあります。

 

 

特徴3:オーバーシュートは逆張りシグナル!

特徴1で解説しましたが、チャネルのトレンド方向のブレイクアウトは、トレンドやブレイクアウト初期以外では騙しになる確率が高く、ブレイクアウト失敗によるオーバーシュートを狙った逆張りが有効です。

トレンド方向へのブレイクアウトが失敗すると、反対方向にチャネルをブレイクするので、チャネル開始水準に価格が到達したら利益確定します。

トレンドの方向にブレイクアウトした場合、ブレイクアウトは足が5本以内で失敗するのが普通で、そのあと市場は反転する。

特にチャネルは、3回目のプッシュで終わることが多い。

 

 

特徴4:チャネル開始水準はトレンド継続 or トレンド転換の分水嶺

チャネル開始水準は、トレンド継続 or トレンド転換の分水嶺です。

 

下のチャートでは、チャネルのブレイクアウトでチャネル開始水準を下抜けると 下降トレンドへ転換しました。

この下降トレンドはスパイク安値を目指して下落します。

スパイク安値とチャネル高値を起点に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%・50%・61.8%は下降トレンドのレジサポラインとして機能します。

 

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.