MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT5インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!   ハラミ足のローソク足の色を変えるインジケーター このインジケーターは、はらみ足の発生を自動検知し、その2本の足とさらに1つ前の計3本のローソク足を異なる色で区別してくれます。   ハラミ足の1つ前の足が陽線の場合と陰線の場合で、色分けすることができます。 上のチャートでは、はらみ足の1つ前の足が陽線のとき、その3本の ...

FXトレード

2020/7/4

月曜日を給料日に!窓埋めの失敗を狙い撃ちしたFX手法の紹介!

  FXトレーダーのみなさん、窓(ギャップ)を有効活用していますか? 窓によるブレイクアウトは、為替相場で月に3~5回程しかないですが絶好のトレードチャンスです。月曜日の朝だけ早起きするだけの価値が窓にはあります! そこで今回は、「窓埋めの失敗」を利用した順張り&ブレイクアウト手法の実践解説をしたいと思います。「窓の使い方をいろいろ知りたい!」という方、ぜひ読んでみてください! 目次 「窓」は一種の長大線 窓埋めの失敗を狙いうちしたFX手法の紹介! 例1:上位足 調整下落時の下窓は埋まりにくい ...

MT4&MT5

2020/7/5

【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT5インジケーターを2つ紹介します。 関連 【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!     PinBar このインジケーターは、ローソク足パターンの1つピンバーが発生すると、その足を上のチャートのようにマーキングします。   次の設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・MinimalBarSpread:ローソク足の大きさ(=ローソク足の高値-安値)の最小値(pips) たとえ ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】ピンバーの発生を自動検知するインジケーター3選!

  この記事では、ピンバーの発生を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 関連 【MT5】ピンバーを自動発見するインジケーターを2つ紹介!   ピンバーの発生を自動検知するMT4インジケーター これは、ピンバーの発生を自動検知して、その足をマーキングするインジケーターです。   設定 次の3つの設定で、検出するピンバーの定義を自由に決めることができます。 ・Maximum range:ピンバーの大きさ(=高値-安値)の最大値(pips) ・Minimum rang ...

エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】

2019年10月16日

 

エリオット波動のカウントに役立つインジケーター「エリオット波動オシレーター(EWO)」をご存知ですか?

EWOは、エリオット波動の各波の発生・終了のタイミングを捉えるために開発されたインジケーターです。

今回は、このEWOを使ったエリオット波動カウント法(数え方)を紹介します!一貫性&客観的にエリオット波動をカウントしたい方はぜひ参考にしてください!

 

EWOを使ったエリオット波動のカウント方法

エリオット波動オシレーター(EWO)は、エリオット波動(EW)のカウントの補助として利用できます。

EWOの基本的知識については、「エリオット波動オシレーターの使い方&見方」で解説しているのでこちらも参考にしてください。

 

ここでは上昇トレンドで解説しますが、下降トレンドでも同じ考え方でカウントできます。

EW1波の発見

負の領域にあったEWOが0レベルを上抜けて上昇し、1つ目の極大値(山)を形成したら、そのスイング波をエリオット波動1波とカウントします。

エリオット波動のカウント

上のチャートでは、エリオット波動オシレーターにSMA(期間5)を表示しています。EWOと5SMAがデッドクロスしたら、1つ目の山が確定です。

 

EW2波のカウント

エリオット波動2波では、価格が調整下落し、EWOも減少します。EWOと5SMAがゴールデンクロスしたら、2波目が完成です。

EW2波はEW1波のスイングを起点とするフィボナッチリトレースメントで反発する傾向があります。上のチャートでも、38.2%の水準で反発上昇し、EW3波に移行しています。

 

1つ注意点として、EW2波はEW1波の開始点となる安値を下回ってはいけません。もし、EW2波の安値がEW1波の開始点を下回ったら、カウントをリセットします。

上のチャートでは、上昇トレンドのEW1波が発生するも、EW2波が1波の安値を更新し、カウントがリセットされています。

そして、この極小値(谷)は「下降トレンドのEW1波」としてカウントし直されます。

 

EW3波のカウント

EWOの最高点(最も高い山)がエリオット波動3波になります。このとき、価格もEW1の高値を超えて最高値を更新していることを確認しましょう。

 

EW2波後の、EWOと5SMAのゴールデンクロス近くの安値が3波の開始点、デッドクロスの近くの高値が3波の終点になります。

 

例外
EWOの2つ目の山が1つ目の山より低い場合は、この時点で3波目は終了していません。この高値は3波目の途中にある高値にすぎません。

次の3つ目のEWOの山が最高点を形成しており、このタイミングでEW3波が完成です。

 

EW4波の特定

EW3波後の谷がエリオット波動4波にあたります。

EW4波はEW2波に比べて押し目が深くなりやすいので、4波のEWOの谷は2波のより低くなる傾向があります。

EWOと5SMAのゴールデンクロスは、エリオット波動5波を狙った押し目買いのエントリーシグナルです。

 

また、エリオット波動4波のEWOは0ラインを下抜けて、負の領域で谷を形成するケースもあります。

 

EW5波のカウント

エリオット波動5波では、価格は新高値を更新しますが、EWOは3波の極大値より高くありません。

つまり、価格とEWOの間でダイバージェンスが発生したら、EW5波が完成したとみなします。

5波でのダイバージェンス

上のチャートでは、EW5の山の手前にもうひとつ山がありますが、価格が高値を更新していないのでEW5の山ではありません。

これはEW4を構成するabc調整波のb波です。

そして、5波が完了すると上昇トレンドは終わり、逆方向のトレンドまたはABC波が始まります。

 

例外:3波の拡張
3つ目の山が2つ目より高い場合は、これは5波ではなく延長した3波(エクステンション波)としてカウントします。

このとき、延長した3波は小さな1~5波の波で構成されています。

 

例外2:5波の拡張
上で解説したようにEWOでは、エリオット波動1~5波は基本3つの山で構成されます。しかし例外として、5波が拡張(エクステンション)した場合は5波のEWOは複数の山で構成されます。

 

推進5波後の2つのパターン

エリオット波動5波の上昇が終わると、主に次の2つの波動パターンが発生します。

  • abc波による調整下落
  • 逆方向の推進5波

順に見ていきましょう。

 

abc波

上のチャートでは5波による上昇後、abc波による調整下落が発生しています。

c波は、5つの上昇波の最高値&最安値を起点に引いたフィボナッチ38.2%で下げ止まり、その後上昇を再開し、再び上昇の推進5波を形成しました。

 

このとき、EWOは負の領域で3つの谷を形成しています。c波後の買いを仕掛けるタイミングは次の2つです。

  • 3つ目の切り上がった谷の発生時
  • EWOが0ラインを超えたとき (=5SMAと35SMAのゴールデンクロス)

ちなみに、c波のEWOの谷はa波の谷よりも低いです。3波を特定するのと同じ考えですね。

 

逆方向の推進5波

上昇5波動の後、トレンド転換して推進5波の下降トレンドが発生しています。

今回は3つ目の波の安値がフィボナッチ61.8%を下抜けているため、これはc波でなく3波と考えられます。

3波とc波の見分け方

  • 3波:3つ目の波の安値が61.8%の下にある
  • c波:3つ目の波の安値が61.8%の上にある

※1つ前の安値Zは3波の終点となる安値ではありません。なぜなら、EWOの谷は1波の谷より高いため、この時点ではまだ3波は完成していません。

その次の安値は、対応するEWOの谷が最も低く、3波の安値になります。

そしてその後、レンジの一種「拡大型トランアングル」へと相場は移行しました。上のチャートを見てもらうとわかるように、レンジ・もみ合い相場では、EWOは正・負の領域を交互に行き来する特徴があります。

 

EWOで見る!エリオット波動のフラクタル構造

最後に、エリオット波動のフラクタル構造を見てみましょう。

上の波動は、大きなスケールでの推進5波です。EWOの一連の山の集合体が、それぞれ1波・3波・4波・5波に対応しています。

各波をEWOで細かく見てみると、それぞれ小さなエリオット波動で構成されてることがわかります。

波のフラクタル構造

・1波:上昇5波
・2波:abc波
・3波:上昇5波
・4波:下降5波
・5波:上昇5波

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.