MT4&MT5

2020/11/28

【15選!】MT4で使えるRSIインジケーターを紹介!【アラート・矢印・MTF・ダイバ】

  この記事では、MT4で使えるRSIインジケーターを15個紹介します! アラート機能やダイバージェンス検知、MTF機能などいろいろなインジケーターがあるのでぜひ参考にしてください!   RSIのアラートインジ これはRSIのアラートインジケーターで、指定した買われすぎ・売られすぎ水準にRSIが到達すると、アラートで通知してくれます。 現在の時間足のRSIだけでなく、他の時間足のRSIもアラート設定できます! Alert RSI     ローソク足上に、RSIとロー ...

MT4&MT5

2020/11/26

MT4で使えるRSI EAを8個紹介!【MAフィルター・MAクロスのスキャルピングなど】

  この記事では、RSIを使ったMT4 EAを8つ紹介します。 興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 RSIを使ったシンプルなEA エントリー時間を指定できるRSI EA トレーリングストップが使えるRSI EA MAとRSI、ストキャスティクスを使った順張りEA RSIと移動平均線を使った、超短期逆張りEA 2本の移動平均線でフィルタリングするRSI EA RSIを使ったシンプルなEA これは、RSIを利用したシンプルなEAです。 RSIが買われすぎ水準を超える:買いエントリー RSI ...

MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/30

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/28

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

【FX】平滑型RSIとは?メリット・使い方・エントリーシグナルを紹介!

2020年6月21日

 

この記事では、平滑型RSIの使い方を解説します。

RSIとの相性がよく、RSIと組み合わせて使うのに適したテクニカル指標です。RSIを使っているトレーダーはぜひ参考にしてください!

 

平滑型RSIとは?【計算式】

平滑型RSIは、RSIの動きを滑らかにした改良型RSIです。

 

計算式は、次のとおりです。

 

※また、移動平均化することでRSIをスムージング化する方法もあります。

  • 平滑型RSI = RSIの移動平均線 = ( 当日のRSI + 1日前のRSI + ・・・ + n-1日前のRSI ) ÷ n

 

では、実践的な使い方やメリットを4つ順に解説します。

 

 

RSIのノイズ的な動きを減らす

RSIは価格の動きに敏感で、価格のノイズ的な動きも捉えてしまいます。

その結果、RSIは小さな山や谷を形成し、中期的なモメンタム(価格の勢い)の方向を捉えるのが苦手です。

関連 モメンタム指標の使い方&戦略を徹底解説!

 

たとえば、RSIラインの転換で相場の転換点を捉えようとすると、何度も騙しに遭ってしまいます。

それに対して、平滑型RSIはスムージング化することで、RSIのノイズ的な動きを排除し、RSIの中期的な方向性を把握することができます。

 

見方

  • 平滑型RSIが上向き上昇中:上昇の勢いが加速している
  • 平滑型RSIが下向き下落中:下落の勢いが加速している

 

 

 

平滑型RSIでレンジ・トレンド相場の見つけ方

平滑型RSIが50%水準近くで横ばい or 上下動している場合、上昇の勢いと下落の勢いが拮抗してレンジ相場を形成していることを示唆しています。

上のように、レンジ幅の小さなボックスを形成することが多く、レンジ内逆張りトレードは難しいです。

しかし、この圧縮されたレンジでは、ブレイクアウトが発生すると、その方向に大きく動く傾向があります。

ポイント

ブレイクアウトトレード用のレンジ発見シグナルとして利用できます!

 

また、平滑型RSIと50%水準の位置関係で、トレンドの発生を簡単に見つけることができます。

トレンドの見つけ方

  • 上昇トレンド:平滑型RSIが50%より上で推移
  • 下降トレンド:平滑型RSIが50%より下で推移

上のチャートでは、長期上昇トレンド相場が発生しています。

価格の上昇時は平滑型RSIは上向き上昇し、押し目時は下向き下落しています。

 

注意点として、50%水準を下抜けるのは、上昇の勢いが低下&下落の勢いが増加しており、次の3つのいずれかの局面に移行します。

  1. 深めの調整下落
  2. レンジ相場へ移行
  3. トレンド転換

このように、平滑型RSIが50%水準を下抜けるのは、上昇トレンドの衰退を示す兆候なので、この動きが発生したらトレンド終了を警戒してください。

 

上の相場では、上昇トレンドにおいて平滑型RSIが50%水準を下抜けると、レンジ相場に移行しています。

また、その前の下降トレンド相場では、平滑型RSIが50%水準を上抜けると、トレンド転換し、上昇トレンドが発生しています。

 

 

RSIの買われすぎ・売られすぎの詳細分析

RSIが70%水準を超えたとき、同時に平滑型RSIも70%水準を超えているかどうかで、買われすぎ状態を次の2つに分けることができます。

RSIが70%水準より上にあり

  • 平滑型RSIも70%水準を超えている:強い買われすぎ状態
  • 平滑型RSIは70%水準をより下にある:弱い買われすぎ状態

 

同様に、売られすぎ状態も次の2つに分けられます。

RSIが30%水準より下にあり

  • 平滑型RSIも30%水準を下回っている:強い売られすぎ状態
  • 平滑型RSIは30%水準より上にある:弱い売られすぎ状態

 

上の下降トレンド相場で見られるように、弱い売られすぎ状態では、下降トレンド相場の一時的な反転上昇に過ぎず、トレンドが継続することが多いです。

RSIが30%を下回ったからといって、トレンド転換を狙った逆張り売りを仕掛けるのは危険です。(戻りまでの調整上昇を狙った、短期逆張り買いはOK!)

 

逆に、トレンドの終盤での「RSIの強い売られすぎ状態」の発生は、下降トレンドの底に対応することが多いので注意してください。

上の相場では、RSIダイバージェンスやRSIトレンドラインのブレイクアウトなど、他の買いシグナルが同時発生して、優位性が重なる逆張り買いポイントになります。

 

 

エントリーシグナルを2つ紹介!

RSIと平滑型RSIを組み合わせたエントリーシグナルは、次の2つがあります。

トレード手法のルール構築のアイデアとして参考にしてください。

 

上昇トレンドの押し目買い

平滑型RSIが50%より上で上向き上昇し、このときRSIが平滑型RSIのライン上で反発上昇したら買い

また、RSIが平滑型RSIをいったん下抜け、平滑型RSIを再度上抜けたら買うのもありますが、こちらのシグナルは騙しが発生しやすいのでおすすめできません。

 

価格の急騰後の短期的逆張り

RSIが急上昇(平滑型RSIから大きく乖離)して70%水準を超え、70%水準を下抜けたら売り

また、RSIが急落(平滑型RSIから大きく乖離)して30%水準を下抜け、その後30%水準を上抜けたら、逆張り買いを仕掛けるチャンスです。

 

関連 【精度UP】RSIのゴールデンクロス・デッドクロスの4つの使い方!
関連 コナーズRSIとは?【見方&使い方】

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.