MT4&MT5

2020/11/28

【15選!】MT4で使えるRSIインジケーターを紹介!【アラート・矢印・MTF・ダイバ】

  この記事では、MT4で使えるRSIインジケーターを15個紹介します! アラート機能やダイバージェンス検知、MTF機能などいろいろなインジケーターがあるのでぜひ参考にしてください!   RSIのアラートインジ これはRSIのアラートインジケーターで、指定した買われすぎ・売られすぎ水準にRSIが到達すると、アラートで通知してくれます。 現在の時間足のRSIだけでなく、他の時間足のRSIもアラート設定できます! Alert RSI     ローソク足上に、RSIとロー ...

MT4&MT5

2020/11/26

MT4で使えるRSI EAを8個紹介!【MAフィルター・MAクロスのスキャルピングなど】

  この記事では、RSIを使ったMT4 EAを8つ紹介します。 興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 RSIを使ったシンプルなEA エントリー時間を指定できるRSI EA トレーリングストップが使えるRSI EA MAとRSI、ストキャスティクスを使った順張りEA RSIと移動平均線を使った、超短期逆張りEA 2本の移動平均線でフィルタリングするRSI EA RSIを使ったシンプルなEA これは、RSIを利用したシンプルなEAです。 RSIが買われすぎ水準を超える:買いエントリー RSI ...

MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/30

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/28

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

【FX】アルーンの使い方&見方【時間に注目してトレンドの勢いを分析する指標!】

2020年8月19日

 

この記事では、トレンド分析指標『アルーン』について、次の4つの項目を解説します!

 

 

【FX】アルーンとは?

アルーンは、トレンドの発生・終了やレンジ相場入りのタイミング、またトレンド相場の強さを判断するトレンド分析指標で、

シャンデモメンタムオシレーター(CMO)を開発したトゥシャール・シャンデ氏が開発しました。

 

アルーンは、直近n本のローソク足において、最高値(最安値)を記録したローソク足の期間数(=最高値・安値に到達してからの経過時間)をもとにトレンドの勢い・方向性を分析します。

 

アルーンは次の2つの計算式で構成されており、アルーンアップは上昇の強さを測定し、アルーンダウンは下落の強さを測定します。

計算式

  • アルーンアップ = (期間n – 最高値を記録したローソク足の期間X) ÷ 期間n × 100
  • アルーンダウン = (期間n – 最安値を記録したローソク足の期間Y) ÷ 期間n × 100

※パラメーターnは25が一般的です

 

簡単な計算例を見てみましょう。

上のチャートでは、直近25本(n=25)のローソク足において、過去13本前の足(X=13)で最高値を記録し、1本目(現在の足 Y=1)の足で最安値を記録しています。

・アルーンアップ = (25-13) ÷ 25 × 100 = 48%
・アルーンダウン = (25-1) ÷ 25 × 100 = 96%

このように、価格の変化率に注目する従来のオシレーター(RSIやモメンタム)と違って、アルーンは時間に注目して相場の勢い・方向性を分析する珍しい指標になります。

 

※アルーンやアルーンオシレーターが利用できるFX会社は、次の2社があります。興味がある方はぜひお試しください!

 

アルーンの見方

アルーンは0~100%の範囲を振幅します。

  • アルーンの数値が高い(80~100%):直近の新しい足で最高値・最安値を更新している
  • アルーンの数値が低い(0~20%):最高値・最安値を直近の足で更新していない

 

上のチャートでは、アルーンアップが100%に近い水準で張り付いています。これは直近数本のローソク足において、連続して高値を更新していることを表し、強い買い圧力が発生していることを示唆しています。

また、アルーンダウンは下向き下落しており、売りの勢いが失われていることがわかります。

 

このように、アルーンアップやアルーンダウンの数値や方向で相場の勢いや方向性を調べることができます。

では、具体的な見方・使い方を見ていきましょう!

 

 

アルーンを使った、トレンドの発見&解析法

アルーンアップとアルーンダウンの関係性で、トレンド相場を簡単に識別することができます。

 

トレンド判定法

  • アルーンアップが70~100%間にあり、ADが0~30%間で推移:上昇トレンド発生中
  • アルーンダウンが0~30%間にあり、ADが70~100%間で推移:下降トレンド発生中

 

下の上昇トレンド相場で、具体的に見てみましょう。

上昇トレンドでは、大部分においてアルーンアップがアルーンダウンより上にあります。

 

アルーンアップが下落して70%水準を下回ると、押し(調整下落)に入ります。

アルーンアップがアルーンダウンを下抜けて、再度上抜け(=ゴールデンクロス)たら、押し目買いを仕掛けるタイミングになります。

 

また、アルーン・ダウンの転換(山の形成)は、押しの底とリンクすることが多く、この発生で押し目買いを仕掛けることもできます。(ゴールデンクロスよりエントリータイミングが早いです)

メモ

アルーンアップとアルーンダウンのクロスは、買い売りのパワーバランスが逆転したことを意味します。

上昇トレンドにおいてアルーンアップ<アルーンダウンの局面は、一時的に売り派の力が買い派を上回っているので、AUがADを再度上回るまでは買いを仕掛けるのは控えましょう。

注意点として、アルーンアップが100%水準で張り付いている場面は、浅い押し目で上昇するので、押し目買いを仕掛ける場合は乗り遅れないように気を付けましょう。

 

他にも、アルーンアップの100%水準の張り付き度合い(=高値の連続更新)で、上昇トレンドの強さを測定することができます。

ポイントAでは、アルーンアップが70%以上で約8個の山を作って上昇の強さを見せていますが、ポイントBでは山が2つ、ポイントC・Dでは1つになり、上昇の勢いが弱くなっていることがわかります。

また、押し目でのアルーンアップを見ると、トレンド初期では50~70%以内にとどまっていますが、トレンド後半では30%を下回っています。

ポイントEのように、押し目でアルーンアップが0%水準に張り付くと、押し目が失敗しずるずると下落する可能性が高いので注意してください。

 

注意点

トレンド相場では、アルーンは逆張りシグナルや利食いシグナルとして機能しにくいです。

たとえば、アルーンアップが100%に到達しても、価格が反転下落することなく、そのまま価格が上昇するケースがよくみられます。

また、アルーンアップの70%下抜けやアルーンダウンとのデッドクロスでは利食いシグナルとしては発生タイミングが遅いためおすすめできません。

 

ちなみにレンジ相場では、アルーンの100%到達→反転下落(山形成)は逆張りエントリーシグナルとして活用できます。

レンジ相場でのシグナル

  • レンジ相場の高値圏:AUが100%近くに到達したら逆張り売りの仕掛けチャンス
  • レンジ相場の安値圏:ADが100%近くに到達したら逆張り買いの仕掛けチャンス

 

期間50のアルーンでトレンドを見つけることもできます。

アルーン(50)の場合、中期~長期上昇トレンド中は、アルーンアップがアルーンダウンより常に上にあり、アルーンダウンは50%下で推移しています。

アルーンダウンが上昇して50%を超え、アルーンアップを超えたら上昇トレンド終了が近いので気を付けてください。

関連 5分足で大きなトレンドが発生する、強力セットアップ条件は?

 

 

アルーンを使った、レンジの見つけ方&ブレイクアウト戦略

下の相場のように、アルーンアップとアルーンダウンが平行に下降して0%水準へ向かうポイントはミニレンジになります。

その後、方向転換して100%水準に到達した方向がエントリーを仕掛ける方向になります。

上のミニレンジでは、アルーンアップが100%水準に到達したら、買いを仕掛けるタイミングになります。

関連 【押し目買いを極める!】ミニレンジを利用して、順張りの精度をUPしよう!

 

また、アルーンアップとアルーンダウンがともに50%未満で推移しているポイントもレンジ相場になります。

両方のアルーン(25)が50%未満であるのは、直近13本のローソク足で25本の最高値・最安値を更新していないことを意味しており、相場が横ばいであることを示しています。

 

ちなみに、スケールの大きなレンジ相場を見つけたい場合は、アルーンの期間を大きくしましょう。

たとえば、下のチャートでは期間100のアルーンを表示しています。

 

 

アルーンオシレーターとは?

アルーンオシレーター(AO)は、アルーンアップとアルーンダウンの差を測定する指標です。

 

計算式

AO = アルーンアップ - アルーンダウン

AOの範囲は-100~100で、AOと0%水準のクロスはアルーン・アップとアルーン・ダウンのクロスに対応しています。

 

基本的な見方

  • AO>0:アルーンアップ>アルーンダウン → 買い圧力が勝る相場環境
  • AO<0:アルーンアップ<アルーンダウン → 売り圧力が勝る相場環境
  • AOが0水準を中心に上下動:方向感のないレンジ相場を形成
  • AOが50%水準を上回る:価格の急上昇が発生中
  • AOが50%水準を下回る:価格の急落が発生中

関連 【MT4】アルーンインジケーターを3つ紹介!

Pocket

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.