MT4&MT5

2020/11/28

【15選!】MT4で使えるRSIインジケーターを紹介!【アラート・矢印・MTF・ダイバ】

  この記事では、MT4で使えるRSIインジケーターを15個紹介します! アラート機能やダイバージェンス検知、MTF機能などいろいろなインジケーターがあるのでぜひ参考にしてください!   RSIのアラートインジ これはRSIのアラートインジケーターで、指定した買われすぎ・売られすぎ水準にRSIが到達すると、アラートで通知してくれます。 現在の時間足のRSIだけでなく、他の時間足のRSIもアラート設定できます! Alert RSI     ローソク足上に、RSIとロー ...

MT4&MT5

2020/11/26

MT4で使えるRSI EAを8個紹介!【MAフィルター・MAクロスのスキャルピングなど】

  この記事では、RSIを使ったMT4 EAを8つ紹介します。 興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 RSIを使ったシンプルなEA エントリー時間を指定できるRSI EA トレーリングストップが使えるRSI EA MAとRSI、ストキャスティクスを使った順張りEA RSIと移動平均線を使った、超短期逆張りEA 2本の移動平均線でフィルタリングするRSI EA RSIを使ったシンプルなEA これは、RSIを利用したシンプルなEAです。 RSIが買われすぎ水準を超える:買いエントリー RSI ...

MT4&MT5

2020/11/23

【MT5】RSIのEAを2つ紹介!【トレンドフィルター・ブレイクイーブン機能など】

  この記事では、MT5で使えるRSI EAを2つ紹介します! トレンドフィルターやブレイクイーブン、トレーリングストップ、リセット機能など、いろいろな機能が利用できるのでぜひお試しください。     MT5版RSI EA このEAは、RSIが買われすぎ水準に到達すると売りを仕掛け、売られすぎ水準に到達すると買いを仕掛けます。 上のチャートでは、4つの売買シグナルが発生しています。 1つ目のシグナルは買いポジションの損切りで、RSIが30%に到達にすると発動しました。 この時 ...

FXトレード

2020/11/30

【ぜひ試してみて!】FXでの一目均衡表のおすすめ設定期間は(7,21,42)!

  一目均衡表のパラメーターは初期設定(9,26,52)を使っていますか?   この記事では、FX相場に適した一目均衡表の設定期間を紹介します。 一目均衡表は奥の深いテクニカル指標。設定期間を変えてみることで、初めて気づくこともあります。 一目均衡表をFXで使うトレーダーは実験的に試してみてはどうでしょうか? 目次 設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFXでおすすめ! 一目均衡表(7.21.42)が本当に機能するのか検証!   設定期間(7.21.42)の一目均衡表がFX ...

FXトレード

2020/11/23

【優秀なロボで自動収益化!】QUOREA FXの使い方・機能・評判を全解説!

  FXで実際にリアルタイムで稼いでいるロボット(EA)で自動売買したい方は、QUOREA(クオレア) FXがおすすめ! QUOREA(クオレア) FXは、自動売買ロボットを利用&作成できるプラットフォームで、ビックデータ解析AIで精選された優秀なロボットで自動売買できます。   この記事では、QUOREA FXの使い方や機能、特徴をまとめて全て解説します! こんな方におすすめ 相場環境にあわせて、いろいろなロボットで自動売買したい!(月利10%超えの方も) EAを自分で作ってみたい! ...

MT4&MT5

2020/11/19

【MT4】エリオット波動のカウントに役立つインジケーター5選!【自動描画・目標水準算出】

  この記事では、エリオット波動のカウントに役立つMT4インジケーターを5つ紹介します! エリオット波動分析の補助ツールとして、ぜひお試しください!   目次 エリオット波動のラベリングに役立つインジ エリオット波動の構造を分析したい方におすすめのインジ エリオット波動3波・5波の目標到達地点を表示するインジ エリオット波動オシレーター エリオット波動を自動カウントするインジケーター MT5でエリオット波動を引くのに役立つツール     エリオット波動のラベリングに ...

MT4&MT5

2020/11/28

MT5で使えるRSIインジケーター紹介!【13選】

  この記事では、MT5で使えるRSIインジケーターを13個紹介します。 次のようにいろいろな機能があるので、気になるものがあればぜひお試しください! 目次 RSIのダイバージェンスを検知するインジ 2本のRSIの差を調べたい方におすすめのインジ RSIのローソク足を表示するインジ RSIにエンベロープを表示するインジ 出来高を計算式に組み込んだRSI MTF&アラート機能を搭載したRSI 移動平均線をRSIに表示するインジ 複数通貨ペアのRSI値を監視したい方におすすめのインジ RSIボリンジ ...

株式投資

2020/11/12

株式相場のブレイクアウト手法9選!【株デイトレーダー必見!】

  今回は、株式相場で使えるブレイクアウト手法を紹介します。 具体的に次の9つを紹介します。ブレイクアウト手法のアイデアとしてよければ参考にしてください! 目次 月~火曜日に形勢したレンジブレイクアウト! 前日高値安値はブレイクアウトの鉄板水準! 2日前の高値安値もブレイクアウト手法に使える! 午後の寄り付きのギャップ・ブレイクアウト 前日後場レンジのギャップブレイクアウト 長期間の移動平均線を使ったブレイクアウト手法 前日相場で形勢した継続チャートパターンに注目 日経平均株価の連動性を利用せよ ...

【MT4】FX通貨ペアの相関関係を測定表示するインジケーター7選!

2020年8月16日

 

この記事では、FX通貨ペア間の相関関係を測定表示するMT4インジケーターを7つ紹介します!

 

2つの通貨ペアの相関関係をCheckするインジ

このインジケーターは、現在のチャートの通貨ペアと指定した通貨ペアの2つの間の相関関係の数値の推移をサブウィンドウに表示します。

上のドル円チャートでは、ユーロドルとの相関関係を表示しています。

1に近いほど正の相関性が強く、-1に近いほど負の相関性が強いです。0に近いほど、その2つの通貨ペア間に相関性はほとんどありません。

 

設定

・OtherChart:調べたい通貨ペアを入力します 例:ユーロドル=EURUSD
・n:相関性を調べる期間
・UseOpen(Close,High,Low):相関係数を算出する対象 例:Close=ローソク足終値
→対象を1つ選んでtrueにし、残りはfalseにします
・CalcBars:バーを表示する期間

 

Correlation

 

 

ピアソンの相関係数を表示するインジ

これは、ピアソンの相関係数を利用して、現在のチャートの通貨ペアと5つの通貨ペアの相関関係をサブウィンドウに表示します。

下のドル円チャートでは、サブウィンドウにオージー円との相関関係がライン表示されています。

また、5つの通貨ペア名と各相関係数を表示したパネルが表示されるので、他の通貨ペアとの現在の相関係数を確認することもできます。

パネルの通貨ペア名をクリックすると、その通貨ペアとの相関関係にグラフを切り替えることができます。

※目安として、70を超えると強い正の相関関係で、-70を下回ると強い負の相関関係になります

 

設定

・TimeF:相関関係を見たい時間足
・Price:ピアソンの式に利用する価格データの種類
・CorPeriod:計算期間
・Persent:閾値 ※閾値を超えた通貨ペアのパネルは緑色(赤色)に変化します
・Currency1~5:5つの通貨ペアを入力

 

Currency Correlation B

 

 

全通貨の相関関係の数値を表示するインジ

このEAは、現在の通貨ペアと気配値に表示された通貨ペアとの相関係数をパネル表示します。

相関性が高い通貨ペアほど、テキストの文字が大きく表示されます。

また、閾値(デフォルトでは80)を超える強い正の相関係数をもつ通貨ペアは緑色で、負の相関性を持つ通貨ペアは赤色で表示されます。

※相関性を見たい通貨ペアを加えたい場合は、気配値でその通貨ペアを追加します

詳しい方法は→ MT4通貨ペア追加および削除の方法を解説

 

設定

・ShowOnlyMarketWatchSymbols:true=気配値の通貨のみ表示 false:ブローカーが提供する全通貨を表示
・StrongCorrelationAbove:相関性の強い通貨を識別する閾値。たとえば80だと、80以上の通貨は緑色、-80以下の通貨は赤色で表示されます
・period:相関性を調べる期間

 

Correlation Statistics

※『MT4・MT5インジケーターがダウンロードできない場合の解決策』で紹介した方法でMT5にインストールした場合、このEAファイルは「MQL4→indicators」に保存されうまく機能しません

そのため、このファイルを「MQL4→Experts」に移してください

 

 

オーバーレイチャートで通貨ペア間の連動性を分析しよう

オーバーレイチャートインジケーターは、異なる通貨ペアのローソク足をチャートに重ねて表示できます。

上のチャートのように、ローソク足1本1本の動きや一連の流れを比較して、通貨ペア間の相関性を視覚的に分析することができます。

詳しくは→ 【MT4】複数の通貨ペアを重ねて表示する「オーバーレイチャート」インジケーター5選!

※相関性の高い通貨ペア間の動きを利用したトレード戦略は、『FXで相関関係を利用したトレード方法6選!【リスク分散や騙しの回避!】』で紹介しているのでこちらもよければ参考にしてください!

 

補足

MT4利用可能な海外FX会社は、XMTradingがおすすめ!

XMではゼロカットシステムを採用しており、どれだけ損失を出しても入金額以上の損失は発生しません!

参照:XM

 

 

相関係数をテーブル表示するインジ

このインジでは、3つの通貨ペアのそれぞれの相関係数をテーブル表示します。

たとえば、上のチャートでは、ユーロドル・ポンドドル・ドル円を組み合わせた計6つの相関関係を確認できます。

通貨ペアの指定は、設定の「Underlyings」で行えます

 

Netsrac Correlation Dashboard Free

 

マルチ機能相関係数インジケーター

これは、次の3つの機能を搭載したインジケーターです。

  • 相関係数の推移をライン表示(移動平均線つき)
  • 全通貨ペアの現在の相関係数を表示
  • 他の通貨ペアをサブウィンドウにヒストグラム表示

 

設定

・IndicatorType:上の3つの機能のいずれかを指定

・CorrelationOverTime:相関係数の推移をライン表示(移動平均線つき)
・ParcentagesPanel:全通貨ペアの現在の相関係数を表示
・Secondchart:他の通貨ペアをサブウィンドウにヒストグラム表示

・period:相関性を調べる期間
・CompareTo:通貨ペアを入力
・HistoricalThresholdPeriods:移動平均線の期間
・StrongCorrelationThreshold:相関係数の閾値を設定
・PanelDisplayedInstuments:パネルでの表示する通貨を選択
→MarketWatch=気配値の通貨ペアのみ All=全通貨ペア
・PanelInstrumentsVisibility:AboveThreshold=閾値を超えた通貨ペアのみ表示 BellowThreshold=閾値以下の通貨ペアのみ表示

Correlation Statistics Pro

 

 

Oanda Correlation Matrix

OANDA Japanのオリジナルインジケーター「Oanda Correlation Matrix」は MT5上で通貨ペアごとの相関関係をパネル表示します。

具体的には、2つの通貨ペアの相関関係を-100から+100の数値で表示して、通貨ペア同士の相関性、逆相関性を確認できます!

Oanda Correlation Matrixでは相関性の強さを色で分けて表示しています。

緑:相関性がほぼ無い。(0から±25)
青:相関性が薄い(±25から±50)
オレンジ:相関性がある(±50から±75)
赤:相関性が強い(±75から±100)

引用:OANDA Japan

 

また、「Oanda Correlation Trader」では、相関性のある通貨ペアをチャート下部に表示して、注文が出せるツールです。

相関性を利用して取引する方におすすめのツールです。

OANDA Japanで口座開設している方は無料で利用できるので、ぜひお試しください!

 

複数の通貨ペアの相関係数をグラフ化するインジ

このインジケーターは、最大8つの通貨ペアの相関係数をサブウィンドウにグラフで表示することができます。

上のドル円チャートでは、ドル円と8つの通貨ペア(ポンドドルやオージー円など)の相関係数の変動を見ることができます。

 

設定

PZ Correlation

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.