MT4&MT5

2020/7/16

【MT4】未来チャートを予測するインジケーター3選!

  この記事では、未来のチャートを予測するMT4インジケーターを3つ紹介します。 フーリエ解析や自己回帰モデル、ニューラルネットワークなど、様々なツールで未来の値動きを予測します。興味がある方はぜひお試しください! 目次 解析学で未来のチャートを予測するインジケーター ニューラルネットワークを使って、未来のチャートを予測するインジ ニューラルネットワークを使って価格予測するインジ-2   解析学で未来のチャートを予測するインジケーター これは、次の6つのいずれかの方法を使って、未来の値 ...

FXトレード

2020/7/14

【FX】トレンドラインのコピーラインで、押し目の底を予測する方法!

  この記事では、トレンドラインのコピーラインを利用して、押し目の底や戻りの天井となるポイントを予測する方法を紹介します。 このラインは、押し目買いや戻り売りを仕掛けるツールとして利用できるので、ぜひ参考にしてください。 目次 押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 トレンド転換後の初押し・初押し目を捉えることも可能! トレンドラインのコピーを利用した実践MTFトレード解説   押し目の底をピタッと捉える!コピートレンドラインの引き方 上昇トレンド相場では、次の2つの ...

MT4&MT5

2020/7/16

【MT5】未来の値動きを予測してチャートに表示するインジケーター5選!

  この記事では、未来の値動きを予測してチャートに表示するMT5インジケーターを5つ紹介します。 目次 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ k近傍法で未来のチャートを予測するインジ 今日のレンジ幅を予測するインジ フーリエ解析で未来の値動きを予測するインジ 特異スペクトル分析を使った価格予測インジ 自己回帰モデルで、未来のチャートを予測するインジ このインジケーターは、自己回帰モデル(ARモデル)を利用して、相場の未来の動きを予測します。   ある時点のデータを過去のデー ...

FXトレード

2020/7/10

【FX手法】東京&ロンドン時間のレンジ相場は、NY時間のブレイクアウトで大きく動く!

  東京時間とロンドン時間に値動きのないレンジ相場を連続して形成したとき、ニューヨーク時間にそのレンジのブレイクアウトで大きく動く傾向があります。 この記事では、この特徴を利用したブレイクアウト手法を解説します。 21時~24時の時間帯に発生するトレードチャンスになるので、この時間帯にトレードしている方はぜひ参考にしてください! 目次 【FX】東京&ロンドン時間のボックスレンジブレイクアウト手法とは? 例1:東京-レンジ&ロンドン-トライアングルパターン 例2:アジア-レンジ&ロンドン-レンジの ...

MT4&MT5

2020/7/8

【MT4】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!

  この記事では、はらみ足(インサイドバー)を自動検出するMT4インジケーターを3つ紹介します。 目次 アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ はらみ足をボックス表示するインジ MTF機能つき!はらみ足発見インジ 関連 【MT5】はらみ足を自動発見するインジケーター3選!     アラート機能付き!はらみ足自動発見インジ これは、はらみ足の発生を自動検出し、そのはらみ足の2本目の足の高値安値に丸印を表示するインジケーターです。   また、はらみ足の発生をアラートや ...

MT4&MT5 |十字カーソルの表示方法と便利な6つの使い方

2019年8月5日

 

MT4十字カーソルの使い方

MT4を愛用している皆さん、十字カーソルを利用していますか?

十字カーソル(クロスヘア)は、値幅を測定したり損益比を計算したりする時に重宝します。今回は、十字カーソルの表示方法と便利な使い方6つを紹介します。

目次

  1. 十字カーソルの表示方法
  2. 十字カーソルの便利な使い方
    ・チャート上の任意の日時と価格を確認
    ・特定の2つの価格水準の値幅を調べる
    ・簡単な損益比率の計算
    ・テクニカル指標のシグナルとローソク足の対応関係
    ・レジサポラインのスキャン探索
    ・オシレーターの数値データを調べる

十字カーソルの表示方法

MT4の十字カーソルの表示方法は次の3つがあります。

  • MT4画面左上のツールバーにある「+」アイコンをクリック
  • ショートカットキー[Ctrl+F]キーを押す
  • マウスのホイールをクリック

通常のカーソルに戻したい場合は、MT4画面上で左クリックしてください。

 

また、ツールバーに「+」アイコンがない場合は、次の手順でツールバーに表示できます。

①ツールバーを右クリックし、「カスタマイズ」をクリック
②ツールバーの設定画面で、非表示欄にある「十字カーソル」を選択し、「挿入」をクリック

※複数チャートでの十字カーソルの同期インジケーターは、『【MT4&MT5】ライン・水平線・スクロールを複数チャートで同期するシンクロ系インジケーター!』で紹介しています!

 

 

十字カーソルの便利な6つの使い方

十字カーソルの使い方は、次の6つがあります。

 

1.チャート上の任意の日時と価格を確認

あるローソク足の形成日時や、特定の水準の価格を調べたいとき、そのポイントに十字カーソルを合わせると確認できます。縦軸に価格、横軸に日時がハイライト表示されます。

 

2.特定の2つの価格水準の値幅(pips)を調べる

十字カーソルをドラックすると、次の3つのデータを確認できます。

  • 始点から終点までのローソク足の本数
  • 始点から終点までの値幅(pips) (下1桁目は0.1pipsを表します)
  • 終点の価格

値幅測定

上の画像では、下降トレンドにおけるスイング波の高値・安値を起点にドラックしています。

スイング波を形成するローソク足の本数:23本
スイング波の値幅:59.4pips

 

このように、2点間のローソク足の本数(値動きの形成時間)や、特定の2つの価格水準の値幅を測定することができます。また、他にも次のような利用方法があります。

・レンジ幅の測定
・ボリンジャーバンドやエンベローブのバンド幅の測定
・移動平均線とローソク足の乖離幅を測定

レンジ幅は、レンジ上限と下限ラインを起点にドラックして求めます。

ドル円5分足

 

下のチャートでは、エクスパンション後の、+2σバンドが閉じた時点のバンド幅を測定しています。ちなみに、ボリンジャーバンドの幅の数値は、「Bandwith」というインジケーターで表示することもできます。

 

トレンド相場での移動平均線とローソク足の大きな乖離は、逆張りシグナルとして利用されます。下のチャートでは、陽線の高値とEMA(期間50)が15.0pips離れています。

 

3.十字カーソルを使った簡単な損益比率の計算

十字カーソルを使えば、エントリー前に損益比率(リスクリワードレシオ)を計算することができます。損益比率が事前に分かれば、損益比率が極端に低いトレードチャンスを見送ったり、ロット数を調整したりすることができます。

 

損益比の計算方法

①エントリー・損切り・利食い水準を手法ルールにもとづいて決める
②十字カーソルをドラックして、損切り幅と利食い幅を測定する
③「利食い幅÷損切り幅」を計算し、損益比を算出する

損益比算出

上の相場のトレードでは、利食い幅16.1pipsで損切り幅11.8pipsなので、損益比率は16.1÷11.8=1.36になります。

関連 FXでリスクリワードレシオを自動計算して、チャートに表示する5つの方法

 

4.テクニカル指標のシグナルとローソク足の対応関係を調べる

たとえば、移動平均線やストキャスティクスなどのゴールデンクロス・デッドクロスがどのローソク足で発生したか確認できます。

 

他にも、ダイバージェンスでのオシレーターとローソク足の対応関係や、複数のテクニカル指標の相互関係を分析するのにも利用できます。

MACDのダイバージェンス

関連 RSIのゴールデンクロス・デッドクロスの4つの使い方!

 

5.レジサポラインのスキャン探索

重要なレジスタンスライン・サポートラインを探すのにも役立ちます。十字カーソルに切り替えて、何度もローソク足が反発して意識されている水準を探しましょう。

スキャニングするときは、チャートをズームアウト(縮小)すると長期的に機能している水平線を見つけやすいですよ。下のポンド円では、147.566円が強力なサポートラインとして価格を下支えています。

サポートラインの探知

 

6.オシレーターの数値データを調べる

RSIやATR・MACDなど、サブウィンドウに表示したオシレーターの数値データを確認することもできます。調べたいライン上にカーソルを合わせると、横軸に数値が表示されます。

下のチャートでは、ATR(20)の極大値の数値を測定しています。

Pocket

-MT4&MT5

Copyright© FXの深研究 , 2020 All Rights Reserved.