MT4&MT5

2021/1/15

【MT5】ボリンジャーバンドを使ったEAを2つ紹介!【ブレイクアウト&逆張り】

  この記事では、MT5で使えるボリンジャーバンドのEAを2つ紹介します! 目次 ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA RSIボリンジャーを使ったブレイクアウトEA ボリンジャーバンドのブレイクアウト&逆張りEA このEAは、ボリンジャーバンドをローソク足終値で超えると逆張りでエントリーします。 売り:終値が+2σバンドを上抜ける 買い:終値がー2σバンドを下抜ける   また、設定の「Reversal Signal」をtrueにすると、終値がバンドをブレイクアウトするとその方 ...

FXトレード

2021/1/13

【FX】ニューヨーク時間の特徴6選!【順張りで仕掛けたい4つのパターン】

  この記事では、FX相場のニューヨーク時間の特徴を6つ紹介します。 ニューヨーク時間(夏時間:21時~5時、冬時間:22時~6時)にトレードしている方はぜひトレードに役立ててください! 目次 ニューヨーク時間の後半はボラティリティ低い! アメリカの祝日では、ニューヨーク時間は停滞相場になる! 金曜日の夜はトレード控えめに!【トレードするなら逆張りがおすすめ】 1日で最もボラティリティが高い時間帯は?デイトレするならこの時間帯! ニューヨーク時間でヨーロッパ時間のトレンドが継続しやすいパターン4 ...

MT4&MT5

2021/1/8

【MT5】アラート機能つき移動平均線インジケーターを4つ紹介します!

  この記事では、移動平均線のアラート機能つきMT5インジケーターを4つ紹介します! 目次 価格と移動平均線のクロスでアラート 2本の移動平均線のクロスでアラート 3本の移動平均線のクロスでアラート 上位足の移動平均線に価格のクロスでアラート   価格と移動平均線のクロスでアラート このインジケーターは、価格と移動平均線のクロス(=ローソク足終値がMAを超える)が発生したときに、アラートで知らせてくれます。 Candle Cross MA     2本の移動平均線の ...

MT4&MT5

2021/1/11

【MT4】垂直線を自動で引くインジケーター4選!【便利な5つの使い方も紹介】

  この記事では、垂直線の実践的な使い方と自動で垂直線を引けるMT4インジケーターを5つ紹介します! 目次 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! 指定した時間に垂直線を表示するインジ 一定時間ごとに垂直線を表示するインジ 上位足のローソク足形成時に垂直線が引かれるインジ 指定した3つの時刻に垂直線を引くインジ 私が活用している、垂直線の便利な5つの使い方! ローソク足の形成された時間を見る テクニカルとローソク足の関係を見る エントリーしたローソク足に引く 経済指標の発表時間に引く ヨ ...

FXトレード

2021/1/12

【アプリで投資】FBSコピートレードの特徴や機能、評判を丸ごと解説!

  この記事では、海外FX会社FBSのコピートレードについて解説します。 FBSコピートレードの使い方や機能、評判を紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてください! 目次 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードの評判は? FBSコピートレードのやり方を詳しく解説 →リスクフリー投資でまずはお試しを! FBSコピートレード口座の開設方法 FBSコピートレードとは? FBSコピートレードは、プロトレーダーの口座と自分の口座を紐づけて、プロトレーダーの取引をコピーして自動売買できるソーシ ...

FXトレード

2020/12/30

【MT5】ADXのインジケーターを7つ紹介!

  この記事では、ADXのMT5インジケーターを7つ紹介します! 目次 ADXをヒストグラム表示するインジ 平滑化ADX ADXをドット表示するインジ ADXのシグナルを矢印表示するインジ ADXでトレンドを識別し、ローソク足の色を変化させるインジ マルチオシレーター 上位足の平滑化ADXを表示するインジ ADXをヒストグラム表示するインジ これは、ADXのラインとヒストグラムの2つを表示するインジケーターです。 ヒストグラムの色は、+DIと-DIの位置関係を表します。 青:+DIが-DIの上に ...

MT4&MT5

2020/12/27

【MT5】垂直線を指定した時刻に自動表示するインジケーター5選!

  この記事では、指定した時刻に垂直線を繰り返し表示するMT5インジケーターを5つ紹介します! 目次 曜日つき垂直線を表示するインジ 垂直線を指定した時刻に自動表示するインジ 上位足のローソク足形成時間に垂直線を表示するインジ 垂直線でチャートを固定するインジ 曜日つき垂直線を表示するインジ これは1日の始まり(0時)に垂直線を繰り返し表示し、当日の曜日もあわせて表示します。 ※1分足~4時間足で利用できます 過去のチャートにおいて、任意のポイントの曜日を調べたい方におすすめのツールです。 Mo ...

FXトレード

2021/1/11

【FX】ピボットポイントの戦略・使い方をまとめて解説!

  この記事では、ピボットポイントの使い方や戦略を解説します! 目次 【FX】ピボットポイントとは? ピボットポイントの5つの使い方 ピボットラインを利用したトレンド判定法 【小技】ピボットポイントの隠れレジサポライン ピボットポイントを使った、分割決済戦略! ピボットポイントの種類を紹介!【フィボナッチ、カマリラ、デマーク、ウディ】 スキャルピングトレーダーは、1時間足ピボットポイントがおすすめ! 【FX】ピボットポイントとは? ピボットポイントは、前日の終値・高値・安値を基に算出される5つの ...

【オプション戦略】バーティカルスプレッドとは?

2020年5月6日

 

この記事では、オプション戦略の「バーティカルスプレッド」について、次の3つの項目を解説します。

 

バーティカルスプレッドとは?【種類&損益図】

バーティカルスプレッドは、原資産市場が緩やかな上昇トレンド・下降トレンドの形勢時に有効なオプション戦略です。

原資産市場が強気 or 弱気であるか、またスプレッドの種類がクレジット or デビットのどちらかにするかで、4種類のバーティカルスプレッドに分かれます。

 

バーティカルスプレッドの組み合わせと損益図

バーティカルスプレッドは、満期日とタイプ(プットorコール)が同じで権利行使価格が異なる、2つの買い・売りオプションで構成されます。

※ストライク価格が同じで満期日が異なる、2つのオプションの売買で構築する、カレンダースプレッドと真逆のオプション戦略になります。

関連 【オプション】カレンダースプレッドとは?【戦略&損益図】

 

上で述べたように、バーティカルスプレッドには次の4種類があります。

・ブル・コールスプレッド
・ブル・プットスプレッド
・ベア・コールスプレッド
・ベア・プットスプレッド

ブル・コール(プット)スプレッドは、原資産価格の上昇で利益を上げる戦略で、ベア・コール(プット)スプレッドは、原資産価格の減少で利益を上げる戦略です。

また、ブル・コールスプレッドとベア・プットスプレッドは、デビットスプレッドの一種であり、ブル・プットスプレッドとベア・コールスプレッドは、クレジットスプレッドの一種になります。

 

それぞれの組み合わせと損益図について、簡単に紹介します。

1.ブル・コールスプレッド

組み合わせ

  • 権利行使価格Aで、コールを買う
  • 権利行使価格Bで、コールを売る

※基本的に、原資産価格は、A~Bの間になるよう調整します

 

利益/損失の式

原資産価格≦A:最大損失 = 支払った正味プレミアム
A<原資産価格<B:利益 = 原資産価格 ー 権利行使価格A - 支払った正味プレミアム
原資産価格≧B:最大利益 = 権利行使価格B - 権利行使価格A - 支払った正味プレミアム
損益分岐点=損益分岐点 = 権利行使価格A + 支払った正味プレミアム

※支払った正味プレミアム = ブル・コールスプレッド構築時のオプションAの価格 ー オプションBの価格

 

2.ブル・プットスプレッド

組み合わせ

  • 権利行使価格Aで、プットを買う
  • 権利行使価格Bで、プットを売る

 

利益/損失の式

原資産価格≦A:最大損失 = 権利行使価格B - 権利行使価格A ー 受け取った正味プレミアム
A<原資産価格<B:利益 = 受け取った正味プレミアム ー 権利行使価格B + 原資産価格
原資産価格≧B:最大利益 = 受け取った正味プレミアム
損益分岐点=権利行使価格B ー 受け取った正味プレミアム

※受け取った正味プレミアム = ブル・プットスプレッド構築時のオプションBの価格 ー オプションAの価格

 

3.ベア・コールスプレッド

組み合わせ

  • ストライク価格Aで、コールを売る
  • ストライク価格Bで、コールを買う

利益/損失の式

原資産価格≦A:最大利益 = 受け取った正味プレミアム
A<原資産価格<B:利益 = 受け取った正味プレミアム + 権利行使価格Aー原資産価格
原資産価格≧B:最大損失 = 受け取った正味プレミアム ー 権利行使価格B + 権利行使価格A
損益分岐点=権利行使価格A + 支払った正味プレミアム

 

4.ベア・プットスプレッド

組み合わせ

  • 権利行使価格Aで、プットを売る
  • 権利行使価格Bで、プットを買う

利益/損失の式

原資産価格≦A:最大利益 = 権利行使価格B - 権利行使価格A ー 支払った正味プレミアム
A<原資産価格<B:原資産価格 ー 権利行使価格A ー 支払った正味プレミアム
原資産価格≧B:最大損失 = 支払った正味プレミアム
損益分岐点 = 権利行使価格B ー 支払った正味プレミアム

 

 

バーティカルスプレッドのメリット&デメリット

バーティカルスプレッドのメリットは、次の3つです。

メリット

  • 最大損失を限定することができる。また、最大損失を事前に自由に調整できる
  • 買いオプションの支払うプレミアムを、売りポジションによる受け取るプレミアムで一部相殺して、取引コストを下げることができる
  • 買いと売りの2つのポジションを組み合わせることで、インプライドボラティリティやタイムディケイが、オプション価値に与える影響を軽減できる

 

デメリットは、次の3つです。

デメリット

  • 2つのオプションでバーティカルスプレッドを構築するため、取引手数料が単体の取引より大きくなる
  • 最大利益に上限がある
  • 単体のオプションと比べ、利益となる価格範囲が狭く、勝率がやや低下する

たとえば、最大損失が同じブル・コールスプレッドとコールオプション買いの損益図を比較してみると、下の図のようにブル・コールスプレッドのほうが損益分岐点が右側にあります。

 

バイナリーオプション取引ができるFX会社は?

みんなのFXでは、同一口座でバイナリーオプションを取引することができます!

取引金額は1Lotあたり50~900円で、1000円未満で気軽にオプション取引することができるので、オプション取引初心者の方におすすめです!

 

 

バーティカルスプレッドで勝つために知っておくべき5つのポイント

 

ポイント1

バーティカルスプレッドの最大利益や最大損失は、2つのオプションの価格や権利行使価格で事前に決定することができます。

たとえば、ブル・コールスプレッドでは、権利行使価格A~B間の幅を大きくすることで最大利益を大きくすることができます。

ただし、このとき最大損失も大きくなり、リスクリワードレシオが悪化します。

そのため、リスクリワードレシオが1:2以上となるように、オプションをうまく選択する必要があります。

 

ポイント2

バーティカルスプレッドは最大利益に上限があるため、原資産市場が緩やかな上昇トレンド・下降トレンドでうまく機能する戦略になります。

大きな価格の上昇(下降)が期待できる原資産市場でのバーティカルスプレッドは、利益を伸ばすことができないのでおすすめできません。

この場合は、コール(プット)オプションの単独買いが適しています。

 

  • トレンドの後期で、価格の伸びしろが少ない:バーティカルスプレッド
  • ブレイクアウトやトレンドの発生直後で、価格の大きな伸びが期待できる:コール(プット)オプションの単独買い

 

ポイント3

バーティカルスプレッドは、売りポジションの権利行使価格の位置が最も重要です。

 

売りポジションの権利行使価格 = 最大利益が発生する分岐点

 

たとえば、ブル・スプレッドの場合、満期日に原資産価格が売りポジションの権利行使価格Bより上で終える確率を上げるために、次のようなポイントに置くといいですよ。

  • トレンド方向にある強力なレジスタンスラインより下に置く

レジスタンスライン上に置くと、レジスタンスラインが価格の上昇を妨害するため、権利行使価格Bまで原資産価格が上昇する可能性が低くなるので要注意です!

バーティカルスプレッド

 

また、権利行使価格Aは強力なサポートライン下に隠すのがベストです。サポートラインによる買い圧力で、価格の下値が重くなり、上昇に転じやすくなります。

 

他にも、RSIやストキャスティクスなどのオシレーターで、トレンド方向に相場が動く余地が残っているか確かめましょう。

たとえば、RSIが70%以上では、買われすぎ状態で上値が重いため、ブルスプレッドには適していません。

RSIが30%以下で売られすぎ状態にある場合、大きく上昇する可能性があるため、ブルスプレッドに適した環境になります。

 

ポイント4

オプションの買いポジションでは、時間価値の減衰(タイムディケイ)により、オプション価値が低下します。

 

解決策の1つとして、同時に売りポジションを建ててバーティカルスプレッドを構築しましょう。

満期日の同じ買い売りのオプションは、セータの絶対値がほぼ同じなため、正味セータが0に近い数値となり、オプション全体の価値がタイムディケイから影響を受けにくくなります。

 

ただし、原資産価格と権利行使価格A・Bの距離で、正味セータはわずかですがプラスまたはマイナスの数値になります。

ブル・スプレッドの場合

・原資産価格が価格A・Bの中間にある:正味セータ-≒0
・原資産価格が価格A(買いポジの権利行使)に近いとき:正味セータ<0
→時間価値の減衰で損失が出る
・原資産価格が価格B(売りポジの権利行使)に近いとき:正味セータ>0
→時間価値の減衰で利益が出る

このように、ブルスプレッドでは、原資産が上昇すると、タイムディケイによる恩恵を受けることができます。

※ベア・スプレッドの場合は、正味セータの符号が反対になります

 

ポイント5

バーティカルスプレッドの収益は、インプライドボラティリティ(IV)の大きさに少し影響を受けます。

 

そのため、原資産のIVが低水準にあり、上昇の見込みが高い場合は、ブル・コール(プット)スプレッドがおすすめです。

IVの上昇 → オプション価格の上昇 → ブル・スプレッドの利益増加

 

また、原資産のIVが高水準にあり、減少の見込みが高い場合は、ベア・コール(プット)スプレッドがおすすめです。

IVの減少 → オプション価格の下落 → ベア・スプレッドの利益増加

 

※IVが高水準・低水準にある原資産を探す指標として、IVランクがおすすめです。

  • IVランク≧80%:IVは高水準にあるため、ベア・スプレッドで取引する
  • IVランク≦20%:IVが低水準にあるため、ブル・スプレッドで取引する

関連 インプライドボラティリティを異なる銘柄で比較できる指標 IVR&IVPとは?

関連 【オプション】コンドルとは?【5つの重要ポイント】

Pocket

-オプション取引

Copyright© FXの深研究 , 2021 All Rights Reserved.