FXの深研究

   テクニカルトレードのアイデア&テクニックを紹介!

FXトレード

2022/7/11

【FX】200日移動平均線の見方や手法をいろいろ紹介!

  この記事では、200日移動平均線の見方や手法を紹介します! 200SMAや200EMAをお使いの方は、ぜひお試しください。 目次 200SMAの基本 200MAの実践的な使い方 200MAを中心とするレンジ相場 20MAと50MAが絡みあうレンジ相場の対処法 200MAを使ったシンプルな順張り手法 トレンドを支えるメインMAを把握しよう! 1.200SMAの基本 200日SMAは、約1年の終値の平均価格であり、長期トレンドの把握に役立つトレンド指標で、機関投資家も注目しています。 デイトレー ...

MT4&MT5

2022/7/9

追加|ADXのMT4インジケーター5個!【TL&相関&パネル】

  この記事では、ADXを使った などのMT4インジケーターを5個紹介します! 関連:【FX】ADXの使い方や見方を徹底解説!【ボリバンやATRと好相性!】 目次 トレンドラインやレジサポラインを引くインジ 通貨ペアの相関関係&ADXによるトレンド検出 複数通貨ペアのADXパネル ADXの色がDMIの上下関係で変化するインジ ADXバー 1.トレンドラインやレジサポラインを引くインジ このインジケーターは、トレンドラインと15分足、1時間足、4時間足ベースのレジサポライン(K Lavel)を引き ...

MT4&MT5

2022/8/20

【矢印】シグナル系MT4インジケーター10選!

  この記事では、様々なテクニカル指標のシグナル発生を矢印で知らせるMT4インジケーターを10個紹介します! 関連:MACDのダイバージャンスの発生を矢印&アラート機能で教えてくれるMT4インジケータ! 目次 ストキャスティクスのシグナル ZigZagの高値安値 CCIのシグナル トレンド反転シグナル RSIのシグナル ACオシレーターのシグナル ピンバーの発生 DMIのシグナル 1.ストキャスティクスのシグナル このインジケーターは、ストキャスティクスメイン線が買われすぎレベルを下抜け ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】シグナル発生を知らせる矢印インジケーター10選!

  この記事では、移動平均線やRSIのシグナル発生を知らせる矢印インジケーターを10個紹介します。 目次 RSIシグナル 移動平均線のクロスシグナル MACDシグナル ストキャスティクスのシグナル CCIシグナル トレンド反転シグナル マルチシグナル ZigZagハイロー 1.RSIシグナル このインジケーターは、RSIが買われすぎレベルを上回ったり、売られすぎレベルを下回ると、ローソク足上に矢印が表示されます。 → RSI Arrow   また次のインジケーターは、以下のRSI逆張り ...

MT4&MT5

2022/8/20

【MT5】CCIインジケーターを23個紹介!【アラート・MTF】

  このインジケーターは、MT5で使えるCCIのインジケーターを23個紹介します! 目次 CCI variation CCIオルタナティブ ティルソンアルゴリズムCCI CCIレベルブレイクアウトのレジサポライン CCIローソク足 色が変化するCCI スムーズドCCI あ移動平均線つきCCI CCI&RSI&ウィリアムズ%R ヒストグラムCCI CCIシグナル CCI_Histogram_Vol アラート機能つきCCI MACDベースのCCI ウッディーズCCIあ CCIを非表示にできるインジ ...

MT4&MT5

2022/6/7

【MT4&MT5】マルチダイバージェンスインジケーターを2つ紹介!

  この記事では、任意のオシレーターのダイバージェンスを自動検出するMT4・MT5インジケーターを紹介します。 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! MT4|マルチダイバージェンスインジケーター【トレンドラインも引く】 このインジケーターは設定の「Osc」で選択したオシレーターをチャートに表示し、そのダイバージェンスやトレンドライン、チャネルを描画します。 オシレーターはMACD、ADX、CCIなど30種類あります。   主な設定 TH:弱気のダイバージェンス ...

MT4&MT5

2022/5/22

【MT4&MT5】OBVのインジケーター8選!

  この記事では、MT4やMT5で使えるOBVインジケーターを8個紹介します。 関連:【FX】オン・バランス・ボリューム(OBV)とは?使い方・戦略を徹底解説! 目次 OBVインジケーター OBVのダイバージェンス検出インジ 複数時間足のOBV OBVの一部を非表示にできるインジ アラート機能つきOBV OBVインジケーター これは、OBVをサブウィンドウに表示するシンプルなインジケーターです。 MT4版 → On Balance Volume MT4 MT5版 → On Balance Vol ...

MT4&MT5

2022/8/20

【アラート・MTFなど】CCIのMT4インジケーター13選!

  この記事では、CCI(商品チャネル指数)のMT4インジケーターを13個紹介します! 関連:ハーモニックパターンを検出するMT4インジケーター5選! 目次 アラート機能つきCCI 移動平均線つきCCI 複数通貨ペアのCCI 色が変化するCCI CCIを非表示にできるインジ CCIを使った通貨の強弱 Rcci 複数のCCI【MTF機能つき】 ウッディーズCCI MACD、CCI、Laguerre 1.アラート機能つきCCI このインジケーターは、CCIが買われすぎレベル(Upper Level) ...

【FX】ATRチャネルの使い方&戦略講座

2020年9月1日

 

この記事では、「ATRチャネル」の使い方や戦略を解説します。

ATRチャネルは、ATRにもとづくボラティリティの大きさを視覚化する指標で、利食いや損切り、ボラティリティブレイクアウト手法などマルチツールとして活躍します!

 

ATRチャンネルとは?【定義や計算式】

ATRチャネルは、移動平均線とその上下に計6本のATRバンドで構成するテクニカル指標です。

 

この指標では、チャネルの中心は指数移動平均線(EMA)です。

そして、上下のバンドはEMAを基準にATRの倍数分離れた水準に表示されます。

 

計算式は、次のとおりです。

計算式

  • 中心線:n期間EMA
  • ±1ATRバンド:中心線 ± x × ATR
  • ±2ATRバンド:中心線 ± y × ATR
  • ±3ATRバンド:中心線 ± z × ATR

※n・x・y・zはパラメーターです

 

推奨されているパラメーターの設定は、(n,x,y,z)=(20 , 1.4 , 2.8 , 4.2)です。つまり、ATRチャンネルの各ラインは次のようになります。

一般的なATRチャネルの設定

  • 中心線:20期間EMA
  • ±1ATRバンド:20EMA ± 1.4ATR
  • ±2ATRバンド:20EMA ± 2.8ATR
  • ±3ATRバンド:20EMA ± 4.2ATR

 

 

ボリンジャーバンドとの違いは?

ATRチャネルは、ボリンジャーバンドとよく似た指標です。

この指標では、ATRに基づいてボラティリティが測定され、ボリンジャーバンドのように相場の価格変動の大きさをローソク足上で視覚化することができます。

 

ボリンジャーバンドとの相違点は次のとおりです。

ATRチャネル ボリンジャーバンド
中心線 指数移動平均線 単純移動平均線
ボラの測定基準 価格の平均変動幅 標準偏差

ボラティリティの測定基準が異なるため、バンドの形や動きが微妙に異なります。

また、ATRチャネルの各バンドは、ボリンジャーバンドのσバンドと比べてレジサポラインとしての注目度が低く、逆張り戦略で機能しにくいです。

ATRに基づいた利食い・損切り戦略を使いたいトレーダーにおすすめです。

 

では、ATRチャネルの見方や使い方を具体的に見てみましょう!

 

 

ATRバンドでボラティリティを分析しよう!

相場は低ボラティリティと高ボラティリティのサイクルを繰り返します。

そのため、トレードの運用システムやポジション管理・環境認識はすべて、相場のボラティリティを考慮する必要があります。

 

ATRチャネルでは、各バンドの間隔でボラティリティの高さを判定します。

つまり、バンドの幅が広いほどボラが高く、幅が狭いほどボラが小さいです。

また、ATRチャネルの幅の広さ(=ボラの大きさ)でポジションサイズを調整することもできます。

ボラティリティが高いほど価格が急変動する可能性があり、その分リスクの高いトレードになります。

 

たとえば、ATRチャネルの幅が異常に広い場合は、相場が上下に激しく乱高下する危険性があるので、取引サイズ(ロット数)を小さくし、リスクを最小限に抑えましょう。

 

 

ATRチャネルを使った損切り戦略

損切りの置く位置は、ノイズ(価格の微小変動)を考慮する必要があります。

このノイズによるストップ刈りを避けるのに、価格変動の平均値を算出するATRは最適です。

 

ATRチャネルでは、ストップロスに±1ATRバンドを利用します。この戦略は、特に順張りやブレイクアウト手法でおすすめです。

 

損切りの置く位置

  • 買いポジション:エントリーしたローソク足の、-1ATRバンドの水準に損切を置く
  • 売りポジション:エントリーしたローソク足の、+1ATRバンドの水準に損切を置く

上の上昇トレンドでは、20EMAでの反発による押し目買いが仕掛けポイントです。

このとき、損切りは-1ATRバンドの水準に置きます。

 

価格が高値を更新するたびに、損切り水準を-1ATRバンドに沿って切り上げましょう。これをトレーリング・ストップ戦略といい、利益を大きく伸ばすことができます。

そして、ローソク足が-1ATRバンドにタッチしたら、利益が乗った買いポジションを利益確定します。

関連:【FX】実践的なトレーリングストップ戦略を8つ紹介!【長所&短所】

 

 

トレンド&レンジの検出

7本のバンドの傾き・方向で、トレンドの発生を見つけることができます。

 

トレンド判定法

  • 上昇トレンド:チャネルラインが全て上向き
  • 下降トレンド:チャネルラインが全て下向き

 

特に、価格が中央線に回帰せず、+1~+3(-1~-3)のATRバンドに沿って上昇(下降)する「バンドウォーク」状態では、非常に勢いの強いトレンドが発生していると考えられます。

 

また、各バンドの傾きが水平で推移しているときはレンジ相場です。

下のチャートでは、ATRバンドの間隔が狭く、ボラティリティが低いレンジになります。

このようなボラティリティの低いレンジ相場は、上下にふらふらと価格が動くため、逆張りで仕掛けにくいので要注意です。

 

 

トレンドの反転を示唆する2つのシグナル

トレンド相場の終わりでの「バンド幅の収縮」は、トレンドを継続させる力が低下していることを意味しており、トレンドの転換やレンジ相場へ移行する可能性が高いです。

 

 

また、ローソク足が±3ATRバンドを大きく外側にオーバーしたときは、その揺り戻しで相場が逆方向に急反転する可能性があるので気をつけましょう。

下のチャートではトレンドラインをブレイク後、ローソク足が+3ATRバンドを外にオーバーし、ブレイクアウトが終了しました。

 

 

ATRチャネルのボラティリティ・ブレイクアウト手法

ATRチャネルはボラティリティ・ブレイクアウト戦略にも利用できます。

「-2~+2ATRバンド内で価格が小刻みに動いている」圧縮レンジは、ブレイクアウトすると大きく相場が動く確率が高いです。

仕掛け例

  • エントリー:2つ目のバンドを終値で外抜けたら、ブレイク方向に仕掛ける
  • 利食い:3ATRバンドが内側に閉じたら利益確定
  • 損切り:反対方向の2or3ATRバンドの水準に置く

関連:【価格の破裂】ATRボリンジャーを使ったボラティリティ・ブレイクアウト手法

 

 

ATRチャネルのMT4・MT5のダウンロードサイト&設定方法

下記のサイトからダウンロードできます。

MT4版ATRチャネル

MT5版ATRチャネル

 

参考:図解|MT4&MT5にカスタムインジケーターを追加する2つの方法

 

ATRチャネルの設定

各パラメータは、「パラメーターの入力」タブで決めます。一般的な設定は下の画像を参考にしてください。

・Period ATR :ATRを計算するための期間
・MA_Periods:MA(中心線)の期間
・MA_type:MAの種類 0:SMA 1:EMA 2:SMMA 3:LWMA
・Mult_Factor1:最初のバンドを表示するためにATRに適用される乗数
・Mult_Factor2: 2番目のバンドを表示するためにATRに適用される乗数
・Mult_Factor3:3番目のバンドを表示するためにATRに適用される乗数

たとえば「Mult_Factor2=5」なら、±2ATRバンドは中心線から上下に5×ATR分離れた位置に表示されます。

 

各ラインの色は、「パラメーターの入力」タブで調整できます。

#0:中心線
#1:+1ATRバンド
#2:-1ATRバンド
#3:+2ATRバンド
#4:-2ATRバンド
#5:+3ATRバンド
#6:-3ATRバンド

-FXトレード

Copyright© FXの深研究 , 2022 All Rights Reserved.